2014-11

上信電鉄下仁田駅にて

上野村から元来た道を帰るのもつまらないので、山越えをして今話題の世界遺産富岡製糸場に立ち寄ってから帰ることにしました。山越えと言っても新しいトンネルができていて快適なルートでした。
山を越えて麓まで下りてきたところは下仁田でした。ナビ通りを進むとなんか細道に案内されてしまいました。うわっ騙された!向こう側に太い道があるんじゃん・・・なんて思っていたら、電車が見えてきました。
6113001.jpg
上信電鉄の下仁田駅の構内です。変わった機関車が止まっていたのでクルマを停めて撮影してみました。
6113002.jpg
デキ1とデキ2です。凸型のおもしろい形をしています。なんと大正13年(1924年)ドイツシーメンス社製の日本最古の機関車だそうで『上州のシーラカンス』なんて呼ばれ方をしているそうです。
そういえばこの機関車は模型で見たことがありました。偶然とは言え、実物を見ることができるとは感激です。
6113003.jpg
別角度より。他の電車も個性があっていい感じですね。
6113004.jpg
今でもイベントとかで走っているそうです。こういう機関車はいつまでも現役でいて欲しいですね。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

前線通過

今日の現場は久しぶりの浦安でした。
6112901.jpg
朝イチはこの通り、calmでいい感じだったんですが、

6112902.jpg
気象庁HPより
天気予報通り、11時ぐらいから寒冷前線の通過で大時化、その後大雨に。霧も出て視界も悪く最悪の天候でした。
東京湾の湾奥で南風が吹くとキツいです。冬は冬らしく北風でお願いします。

テーマ:クルージング - ジャンル:旅行

タナゴ釣りはじめました 番外編 新規ポイント開拓

毎週恒例のタナゴ釣りですが、今週は相方のYさんが多忙のためお休み。
あまり一人で行く気もしないので今日は新規ポイントの開拓をしてみました。

まずはおなじみGoogle Earthで偵察。
手賀沼のポイントをいくつか回っているうちに気付いたのですが、岸辺にある池状の場所がタナゴのポイントであることが多いようです。
6112805.jpg
池っぽい場所を発見!
さっそく現場に行ってみました。
6112801.jpg
んん?ここはヘラ師の釣り台へのアクセスルートか・・・
6112802.jpg
水路っぽい感じだけど浅い!
6112803.jpg
ここがGoogle Earthで見つけた池ですな。でも釣り人の姿無し。釣り座になっている形跡がないのでここでは釣れないらしい。
6112804.jpg
付近の水路を覗いたら・・・
おぉ!いるじゃないですか!クリアーウォーターのなかにバラらしき小魚が群れを成してます。ただ、ここはコンクリの三面護岸で深いのに水深そのものは15センチぐらいしかありません。これは釣りにならないなぁ。
というわけで今回は良い新規ポイントは発見できませんでした。
というGoogle Earthによるタナゴポイントの空中偵察を楽しむ今日この頃です。(笑)


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

富士山 from 羽田

今日は珍しく平日の仕事で現場は羽田でした。
平日の朝はチバラギから羽田まで行くのはちとキツいので昨日、門仲のPONさん宅に泊めていただき魚三で飲んでたわけです。(笑)
6112701.jpg
ひさしぶりにベタ凪でポカポカ陽気のいい一日でした。
真っ白に積雪した富士山もキレイに見えました。

帰り、常磐線で置石があって電車が4分遅れで上野駅を出発。回復運転をやってくれて特急並に飛ばして走ってチバラギの自宅最寄駅に着くころには2分遅れまで回復。おかげでバスに無事乗り継げました。
やっぱり日本の鉄道は素晴らしいですね。(笑)

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

ひさしぶりの魚三

今日は久しぶりにPONさんと二人で門仲の魚三に行ってきました。6112601.jpg
今日はちょっと出遅れたのもあり、1時間ぐらい並んでようやく入店。
相変わらずこの雰囲気は落ち着きます。
6112602.jpg
最近、魚三は瓶ビールの方がコスパがいいことが判明。(笑)
6112603.jpg
この子持ち鮎がスゴかったです。喉の下からお尻の先まで卵でパンパン。
これだけで日本酒が進みました。
いやー、門仲は、魚三は、間違いないですね。非常に癒されました。
PONさん、毎度泊めていただきありがとうございました。


テーマ:鮮魚 - ジャンル:グルメ

上野村観光

今日はそのまま群馬からチバラギに帰っても良かったのですが、せっかく来たのでちょっと観光してから帰ることにしました。
6120501.jpg
宿から国道に抜ける道。私設?アーケード。地方に行くとたまに見かけますね。
許可とか・・・まぁいいか。(笑)
6120502.jpg
上野スカイブリッジです。
6120503.jpg
長さ225m、高さ90mと壮大な吊り橋の歩道橋です。シャボン玉が飛びかっています。
6120505.jpg
スカイブリッジからの景色。紅葉した山々がキレイです。
6120504.jpg
バンジージャンプは禁止です。(笑)
6120506.jpg
続いて立ち寄ったのが『川の駅上野』です。
6120507.jpg
神流川の川辺に降りることができます。
6120508.jpg
めっちゃキレイな透き通った川です。
魚もウジャウジャいます。(笑)たぶんヤマメやイワナですね。放流しているんだと思います。
6120509.jpg
紅葉がまさに見頃です。ちょっと散策してみました。
6120510.jpg
吊り橋がありますね。
6120511.jpg
スカイブリッジに比べたらたいした高さはないですが、こちらの方がよく揺れます。(笑)
6120512.jpg
こちらからの紅葉もいいですね。
6120513.jpg
まさに日本の晩秋です。
6120514.jpg
滝があるというので行ってみたらダムでした。(笑)
6120515.jpg
釣り券の自販機『つりけんくん』。入漁料は一日2000円でした。結構するんですね。
川の駅の売店で上野村名産のイノブタ(昨日の宿の鍋が美味だったので!)やシイタケ、コンニャク、ギンナンなんかを買って帰りました。山の恵盛りだくさんです。

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行

野栗沢温泉 すりばち荘

ダムの仕事は昼過ぎに終わったのですが、こんな三連休の最終日にクルマで帰ったら間違いなく高速の大渋滞にハマってムキィィィィ!!!となるので今日は群馬の山奥の温泉で一泊して平日の明日ゆっくり帰ることにしました。
楽天トラベルでこの近辺の宿を探していたらダムの上流の上野村というところに良さげな温泉宿を発見!
宿泊者による評価が高かったのでこちらに決めました。
ダムの現場からは30キロほど。一時間もかからず到着しました。
6112411.jpg
こちらが野栗沢温泉すりばち荘さんです。
6112412.jpg
入り口が二か所あるのでどちらから入るのか迷ったのですが、こちらの右側が食堂の入り口で、
6112413.jpg
こちらの左側が温泉と宿泊客の入り口でした。
6112414.jpg
ロビーです。民宿と言うより旅館ですね。
薪ストーブがいい感じです。
6112415.jpg
2階の部屋に通されました。こたつ付きの和室です。
もの凄い山奥ですが、WiFiが使えます。上野村は全戸に光回線が来ているそうです。便利な世の中になりました。(笑)
6112416.jpg
2階の客室からの景色。のどかな渓谷です。ワンコが4、5匹いました。
6112417.jpg
さっそく温泉に入ります。フタは自分で開けます。(笑)
源泉は冷泉なので沸かし、循環です。
6112418.jpg
こんな山奥なのに温泉がしょっぱい塩化物泉なのがスゴいです。太古の海水が湧き出しているそうです。
源泉は飲むことができます。飲むと海水よりは薄く、スープみたいでおいしいのでゴクゴク飲んでしまいました。(笑)
いろんな病気に効くそうです。
6112420.jpg
夕食は母屋の食堂でいただきます。部屋からは外に出る必要はなく、2階の渡り廊下から行くことができます。
6112419.jpg
こちらも薪ストーブをガンガン焚いてくれてます。
6112421.jpg
食事はこの通りボリューム満点です!ニンニク味噌で食べる天ぷらがおいしい!
6112422.jpg
さらに、地元名産のイノブタ鍋や、
6112423.jpg
絶品のアユの塩焼きも激ウマでした。
6112424.jpg
シメは温泉水で打ったという手打ちうどん。
これが実にいい感じの塩味で鍋に入れる前にこれだけつまみにして酒飲んじゃいました。(笑)
6112425.jpg
朝ごはんです。
という感じで腹いっぱい食わせてもらって温泉入ってゆっくり休めて一泊7500円はお値打ちでした。
今回は一人で泊まりましたが、宿のご主人が親子で話し相手をしてくれていろいろとお話しできて楽しかったです。
これはいい宿を見つけました。またダムの出張が入ったら泊まりたいと思います。

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

またまた群馬のダム出張

先週に引き続き、またまた群馬のダムに出張で行ってきました。
6112401.jpg
相変わらずダムは超満タン。釣り人に聞きましたが、ここまで満タンは滅多にないようです。
6112402.jpg
紅葉がまさに見頃です。
6112403.jpg
ススキも実に秋らしいですね。
6112404.jpg
ダム上流の渓谷もいい感じです。


テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行

船シリーズ第52弾! ~護衛艦いかづち~

今日は横浜の現場でした。この現場は最近よく入ります。
二週間前にも来たばかりなので建造中の『いずも』はあまり変化がありません。
浮きドックに護衛艦『いかづち』が入っていたので撮影してきました。
6112301.jpg
DD107『いかづち』です。むらさめ型護衛艦の7番艦になります。
浮きドックで上架された護衛艦は初めて見ました。
6112302.jpg
右舷側です。
6112303.jpg
左舷側です。
アンカーは外してあるみたいですね。
6112304.jpg
右舷艦底後部。二軸推進で、フィンスタビライザーが付いているんですね。
6112305.jpg
艦首。見事なバルバスバウ(球状艦首)です。この中にソナーがあるのかな。

滅多に見られない護衛艦の艦底が見られてラッキーでした。


テーマ:自衛隊基地・駐屯地 - ジャンル:写真

10年ぶりの船橋

今日は用事があって船橋へ行ってきました。
ついでに10年ほど前に3年ちょっと住んでた船橋の会社の寮の近所がその後どうなっているか覗いてきました。
6112201.jpg
10年ぶりに乗った新京成の電車がピンクに!!これは衝撃(笑)
6112202.jpg
かつての最寄駅。住んでた頃より道が太くなり改札口が両面化されていました。
この踏切の横で夕方になると軽自動車の屋台で売りに来てた焼き鳥屋の焼き鳥がめっちゃうまくてよく買っていたんですが、今でもいるのかな?この時は日中だったので姿は見えませんでした。
6112205.jpg
こちらが今日の目当ての『らーめん房やぶれかぶれ』。
わたしが住んでた頃は店主の実家?の中華料理屋『前原飯店』で夜だけ『やぶれかぶれと』して営業していたのですが、今や自社ビルになってました!
6112204.jpg
あの頃から『鍋』系ラーメンでしたが、今もそんな感じですね。濃い目のつけダレがおいしいつけ麺でした。
食後にこの一帯をブラブラと歩いてみましたが、多少再開発され、なくなった店もあったものの基本的には変わってなかったですね。いろいろと懐かしかったです。ただ、住んでた当時は開店間際で物腰柔らかだった『やぶれかぶれ』の店主がこの10年で弟子にめっちゃ厳しい精悍なラーメン屋のオヤジになっていたのが何よりも驚きでした。(最初は別人かと思ったぐらい。)当時はよくラーメンのことなど詳しく教えてもらったりしていたんですが、今日は「10年ぶりに来ました!」とか話せる雰囲気じゃなかったです。(笑)

この街にはもう二度と住むことはないと思いますが、またたまにラーメンや焼き鳥食いに行きたいと思います。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

毎年恒例

宅急便が来ました。あれ?何か頼んだっけ?
6112111.jpg
と思ったらJALのJGC会員特典のカレンダーでした。今年もそんな時期なんですなぁ。早いもんです。
今年は一度もお金払ってJALの飛行機乗ってないのになんか申し訳ないです。(笑)
6112112.jpg
今年こそはフリート(飛行機)の方にしようと思っていたのに、そのままワールドビューティにしてました。汗
6112121.jpg
内容は世界の観光地(基本的にJALの就航地)とその土地の美人さんです。
相変わらず写真キレイです。さすがプロの写真は構図も完璧ですね。

ただ、さすがにこのカレンダーも飽きてきたので来年こそはフリートにしたいと思います。(笑)
そうそう、このカレンダーって毎年ベストセラーらしいんですよね。
買うと1620円とそこそこのお値段がします。
わたしも前の会社で広報を担当していたことがあって年末の挨拶用に会社のカレンダー作ったりしてましたが、だいたい一部千円はかかるんですよね。ホント千円札をバラ撒いているようなものです。せっかく業者に渡してもその辺に放っておかれたりしているのを見るとお金もったいないなぁっていつも思ってました。(笑)
というわけでカレンダーは大事にしましょう!

テーマ:懸賞・プレゼント - ジャンル:ライフ

タイリクバラタナゴは貝がいなくても繁殖できる?

日本在来のタナゴが激減してしまった理由は卵を二枚貝に産み付けるという繁殖形態にあります。
タナゴや貝が生息する水路の三面護岸化や農薬により二枚貝が激減してしまってその結果タナゴの繁殖ができなくなってしまったわけです。
ただ、タナゴそのものはクチボソと大差なく多少汚れた川でも平気で棲息できる魚だと感じてます。

タイリクバラタナゴも日本の在来種のタナゴと同じく二枚貝に卵を産み付けることで繁殖するわけですが、
6112001.jpg
手賀沼をはじめ、いるところにはとんでもなく爆殖しています。
いくら手賀沼が浄化されたとは言え、ヘドロ底メインの手賀沼でこれだけのタイバラが繁殖できるほどの二枚貝がいるのか多いに疑問です。
その疑問の答として可能性が高いのはタイバラは二枚貝がなくても繁殖できるのではないか。ということです。実際、タイバラを飼育していた人の話として水槽に二枚貝を入れてないのに新子が泳いでいたと事があったそうです。
確かにタイバラが二枚貝がなくても繁殖できる能力を得ていたとしたらこれだけ爆殖していてもおかしくありません。
また、最近増えているオオタナゴもこの能力がある可能性があります。

在来種のタナゴにはこの能力がないために多少浄化されても二枚貝が十分にいないので復活できないのかも知れませんね。

わたしもタイバラを飼育していますので二枚貝がなくても繁殖するのか確かめてみたいと思います。
水産学部の研究テーマとしてもおもしろいと思いますが、いかがでしょう?

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

タナゴ釣りはじめました 釣行20回目

今日は毎週恒例、大学同期のYさんとタナゴ釣り。9月に始めたタナゴ釣りも早くも20回目です。
前半は新しいポイントを探してみました。ところが、どこへ行っても三面護岸で川は浅く魚の姿は見えず。つい数年前までは自然の川だった場所もわざわざ護岸工事してタナゴも貝も全滅したそうです。必要ない工事でも土建屋にカネさえ回ればそこの生き物はどうなってもいいんですかね?環境省もなんだかんだ対外的に文句言う前にまずは身内の国交省をどうにかしたらどうなんでしょう?

何はともあれ、里山歩きは楽しいです。道なき道を走ってクルマがキズだらけになりますが・・・汗
6111901.jpg
山の下の水たまり。アマゾンだったら確実にアピストがいそうな落ち葉の積もり方。
6111902.jpg
完全にブラックウォーター。(笑)
水たまりに近づくと何かが動く。動き方が魚でもエビでもない。オタマ?と思って網を入れてみたら・・・
6111903.jpg
ザリガニのチビでした。
ザリガニのチビってあんな動きするんですね。
6111904.jpg
やっと見つけた昔ながらの自然の小川。砂底で水もキレイ。でも浅過ぎて魚はいません。
6111905.jpg
ようやく見つけた魚影。でもこれはオイカワかウグイのような気がしますね。
うーん。ある程度の水深とある程度の濁り、細めの川幅で自然の土or砂の底・・・こんなタナゴ的に好条件の小川はもうこのあたりにはないのかなぁ。
結局新しいポイントは見つからず手賀沼の既存ポイントでタイリクバラタナゴを釣ったのでありました。6111906.jpg
1時間ほどで5匹。Yさんは20匹ぐらい釣ったのかな。肌寒くなってきたのと日没でウキが見えなくなったので納竿。
最近、薄暗くなると鳥目でウキが見えないのです。困ったなぁ。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

ディクロスス・フィラメントスス

夏前ぐらいに導入したディクロスス・フィラメントスス(チェッカーボードシクリッド) Dicrossus filamentosus がいい感じに仕上がってきました。
6111701.jpg
右下はメスかな。
6111702.jpg
最初はチェッカー模様だけだったのに尾鰭のライヤーテールが伸び、背鰭や尻鰭にキレイな模様が出てきます。
こういう変化がドワーフシクリッドの飼育の醍醐味ですよね。
6111703.jpg
こんなキレイな魚がワイルドでも一匹300円ぐらいなのが信じられないですよね。
何度か産卵・孵化まで行ってますのでいずれは仔も取りたいと思います。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

水槽レイアウト用の石を調達

昨日の現場の付近は石の名産地でもあって石屋さんがたくさんあります。前から気になっていたのですが、展示即売をやってる石屋さんのひとつに立ち寄って水槽に入れる石を探してみました。
6111601.jpg
すぐ石屋の主人が出てきて、いろいろと石のことを教えてくれました。
石って三種類あるそうで、天然石、ダイナイマイトで爆破した石、爆破した石をサンドブラストで天然石ふうに加工した石の三種類だそうです。
6111602.jpg
天然石は実際に川底にあって何十年も何百年も川の中で磨かれた石を採取したもので表面独特に独特の風合いがありますが、もうほとんど採取し尽くされてしまっていて希少価値があるそうです。爆破した石は確かに表面が味気ないです。サンドブラストしたものは一見素人には天然石と見分けがつかないそうです。
611603.jpg
で、爆破モノの小さいのは非常にリーズナブルなお値段です。
水槽に入れるならこっちがいいよ。とわざわざ安いのを教えてくれました。実際、熱帯魚屋さんも仕入れに来ることがあるそうです。安いので思わず25個ほど買ってしまいました。(笑)それでもたったの1500円ほどなので石屋さんにはこれだけ説明してもらってほんの少しばかりでホントすみません。また来ます。と謝りつつ帰ってきました。

独特の縞模様のある緑色の石なので水槽に入れるとどんな風合いになるのか楽しみです。

ただ、石には多かれ少なかれpHや硬度に作用するものがありますので当然あまりにpHを上げたり、硬度を上げるものは魚の水槽には使えません。特に爆破モノみたいな粉吹いてるヤツは水質を変えやすいです。まぁ表面の粉をよく洗い流せばいいですし、一旦硫酸や塩酸などに漬ける『酸処理』をすることで水質を変えにくい石にすることも可能です。また、ソフナイザーというイオン交換樹脂をフィルターに通すことで水槽内で常に硬度を下げ続けることも対処療法的には可能です。ネットでこの石をググると水槽で使っている人もいるのでたぶん大丈夫なんじゃないかなぁ。とは思いますが、念のためどう水質が変わるかテストしてみたいと思います。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

群馬のダム出張

2か月ぶりに群馬のダムへ出張に行ってきました。
6111501.jpg
今年は春から水位が高い!って言われてましたけど、今日行ってみたらさらに高くなっててビビりました。
貯水率なんと98.7パーセントと満タンもいいところです。
6111502.jpg
紅葉がキレイでしたが、枝先がダム湖に浸かる寸前です。
6111503.jpg
まさにひたひた。
6111504.jpg
いつもは30メートルぐらい下にある浮き桟橋も浮き上がりまくりです。ここまで上がっているのは初めて見ました。
6111505.jpg
この先にある駐車場も水深10メートルぐらいのところに水没しちゃいました。
今年はアマゾンもずっと水位が高いみたいですが、日本のダムも水位高いです。
ダムと言えば流木です。
6111506.jpg
これだけ水位が高いと水没した森からいろいろと流木が下流に流れてきます。ダムの流木は基本的にとてもアクアリウムには使えなさそうな丸太系が多いのですが、たまにいい形のもあります。
6111507.jpg
ダムの湖面に漂う切株系流木です。(笑)
6111508.jpg
形はまずまず?
ただ、デカいですね。水槽で沈むとは限りませんし。
6111509.jpg
漂着系でいい形だったのはこれぐらいかな。
ただ、ダムの流木は海の流木と違って中心が生木のことが多いのが難なんですよね。
ちなみにこのダムは自殺の名所でちと気持ち悪くて一度も持ち帰ったことはありません。汗

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

地震雲?

快晴のチバラギの空に唯一浮かぶ変な雲。これ以外の雲は皆無。
6111402.jpg
これっていわゆる地震雲ってヤツですかねぇ。
6111403.jpg
このあと、パソコンのスピーカーに変なノイズが3回ほど入りました。
地震の前に電磁波が発生して地震雲が出来たり、ノイズが入ったりするらしいですね。
そろそろ次のデカいの来るんですかね。

テーマ:気になる! - ジャンル:ライフ

タナゴ釣りはじめました 釣行19回目

今日は毎週恒例、大学同期のYさんとタナゴ釣り。
先日のタナゴボウズの傷心癒えぬまま手賀沼へ。既存のポイントをいくつか回ってみましたが、クチボソすら釣れなかったり、クチボソばっかりだったり。
Yさんが発見したポイントへ移動。このポイントでもやっぱりクチボソオンパレード。しかもデカいクチボソばかり。こりゃ今日もダメか。と思っていたらまずまずのサイズのタナゴが釣れました。
6111302.jpg
豆バラ中心の現在の手賀沼でこのサイズは貴重です。
6111303.jpg
キレイなオスも釣れました。
ここで4匹釣れたところで手賀沼の登竜門的ポイントへ。ここのタナゴがこれまだ極小。一円玉にも満たない今年生まれの極小タナゴ。Yさんはつ抜けで釣れたけど、わたしは釣れず。今日は用事もあって昼で納竿。
この極小タナゴを釣るには、より細い仕掛け、より研いだ針と、もっともっと仕掛けも腕もレベルアップしないとムリ。やはり手賀沼は日本一タナゴ釣りのレベルが高いと思いますね。
最近は手賀沼でタナゴが一匹でも釣れれば満足に思ってしまう今日この頃です。(笑)

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

韓国旅客船沈没事故の判決

セウォル号沈没事故の判決が出ましたね。
船長は懲役36年だとか。死刑判決を求めていた遺族は怒り狂っているらしいです。ただ、いくら船長に重い過失があって国民感情が船長の死刑を求めていたとしても、これは事故なので殺人罪の適用はムリでしょう。これで死刑にしてしまったら韓国は法治国家ではない。ということになってしまいます。

それにしても気の毒なのがセウォル号の女性三等航海士(25)。韓国の商船大を出てこの船に乗って4か月でこの事故。こんなフツーに変針しただけで転覆するような積み付けメチャクチャな船のワッチさせられて当然事故って結果懲役10年。
乗りたての立場&上下関係の厳しい韓国じゃ、船長や一等航海士に『この船の積み付けヤバいんじゃないですか?こんな積み付けじゃ責任もってワッチできません。』なんて言えたもんじゃないでしょうしね。
シャバに出て来るころには35歳。人生終わりです。選んだ会社&乗った船が悪かったですね。少なくともヒュンダイあたりに行っとけばこんなことはなかったんでしょうけどね。やはり就職は大事ですね。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

アピストグラマ・バルロウィ

先日の松坂便で来たアピスト6種類のうち、4種類を引いてきました。
そのうちの最後のひとつがこちらです。
6111101.jpg
バルロウィです。2007年に Apistogramma barlowi として記載されています。 割と最近ですね。
つい一年ぐらい前にも松坂便で入荷していましたが、水槽満杯だったので導入を見送っていました。それ以来ちょっと欲しいな。と思っていたアピストです。
6111102.jpg
オスです。シミの出てない個体を選んできました。バルロウィのオスは尾鰭の下半分だけ黄色くなるのが特徴です。
ジュタイ(ケリー)にも顔が良く似てますね。どちらもペルー東部産なので比較的近い種なのかも知れません。
6111103.jpg
メスです。これはわかりやすい。(笑)
アピストとしては珍しくマウスブルーダーです。ぜひ繁殖させて稚魚を咥えるところを見てみたいですね。
というわけでアピストはペルー東部産が中心だった今月の松坂便でした。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ペルーアマゾン産カラシンミックスの同定に挑戦!

先日導入したミックスカラシンの同定に挑戦しました!
6111001.jpg
単純にヘッドアンドテールライトテトラかな? Hemigrammus ocellifer
6111002.jpg
これがわかりません。Hemigrammus系だとは思うのですが・・・わかる人教えてください。
6111003.jpg
レッドフィンセイルフィンテトラ?学名わからず。
6111004.jpg
ペルーの赤目赤線 ルブラインテトラ Hyphessobrycon sp.
6111005.jpg
スリーラインペンシル Nannostomus trifasciatus
6111009.jpg
スリーラインペンシルの中に一匹だけいた、いろんなところに赤い発色が出ているキレイな個体。唇も赤い。
6111006.jpg
黒いペンシルフィッシュ略して黒ペン Nannobrycon eques
6111007.jpg
ペルーグラステトラ Phenacogaster pectinatus
6111008.jpg
これはわかりやすい。マーブルハチェット。 Carnegiella strigata fasciata
以上8種類でした。もう1種類シラウオ系のカラシンが1匹だけいたのですが落ちてしまいました・・・
ほとんど右向いているのは水流が右から来ているからです。(笑)
それにしても魚の同定って楽しいですねぇ。あれでもない。これも違う。と時が経つのを忘れます。(笑)
そうそう、ミックスカラシンを導入したら水槽のコケが消え始めました。どうもペンシルを中心にコケを結構食ってくれているようです。ナイス副次的効果です。(笑)

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

護衛艦いずも 建造状況(2014年11月)

横浜の現場は先々週も行ったばかりなのですが、また昨日入ったので船の写真を撮ってきました。
先日も入ったばかりなので今日はスホマでテキトーに撮影です。ごめんなさい。
6110901.jpg
『いずも』は先々週と変化なし。最終段階の細かな内部の艤装をしているんでしょうね。
6110902.jpg
ずっとドック入りしていた『ひゅうが』がいなくなり、代わりに『はたかぜ』が入ってました。
艦齢30歳の比較的古い艦ですね。
6110903.jpg
先日は空だった浮きドックに『むらさめ』が入っていました。
これどうやって入れるんですかね。タグで押し込むのでしょうか。一度入れるところを見てみたいです。
という感じで二週間ぶりではラインナップにあまり大差なかったです。
いずもの二番艦24DDHもこの造船所で起工したようです。次回行く頃には下回りぐらいはできているかも知れません。

テーマ:船・港の風景 - ジャンル:写真

アピストグラマ sp."ケリー"

昨日の松坂便で来たアピスト6種類のうち、4種類を引いてきました。
そのうちのひとつがこちらです。
6110801.jpg
インボイスはケリーです。頬の模様が派手なキレイな個体です。
どう見てもジュタイっぽいですが、今回ジュタイとケリーと別々に来ました。一応別産地とのことで写真の個体はケリーとのことです。ジュタイが来るのは久しぶりですね。
6110802.jpg
アピスト英語サイトで調べてみると、sp."Kelleri"というのがいます。これがケリーのようですね。
本来の発音はケレリーになるのかな?
6110804.jpg
メスのつもりでセレクトした個体。ちとヤバいかな?汗
6110803.jpg
FBのアピスト英語サイトのメンバーでケリーの採集を行った人物によると、どうもジュタイという名前自体が間違っているそうです。ジュタイという街はアマゾン河をペルーから下り、コロンビア、ブラジルの三国国境を過ぎ、500キロほど下ったところにあります。そこに流れ込む支流がジュタイ川です。当初はここで採られたという話でジュタイという名前がついていたらしいのですが、これがまったくの間違いで正確な産地はジュタイ、ケリーともにコロンビアのレティシア周辺のようです。特に今回ジュタイの名前で来た分の黄色っぽいキレイな個体はレティシア周辺で採れるようです。対岸のペルー側のイツイ川にもいるという話もあります。こちらはレティシアの対岸になり地域的にはそう遠くはありませんのでいる可能性は十分あります。
というわけでジュタイよりもケリーの名前で呼ぶ方が本来はいいみたいですね。

名前はいずれにしろ、いい魚なので大事にしたいと思います。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

アピストグラマ・パウルムエルレリ

昨日の松坂便で来たアピスト6種類のうち、4種類を引いてきました。
そのうちの2種類がこちらです。
6110701.jpg
インボイスはアパッチです。
2012年に行ったペルーのナウタ近郊がアパッチの産地と聞いたことがあります。(そのときは獲れませんでしたが)
6110702.jpg
以前はペルーレガニの名前で来ていたこともあるらしいです。マスケンもこれと同じようですね。
さらにもう一種類
6110703.jpg
こちらのインボイスはカブキです。(笑)
6110704.jpg
アパッチとは別産地のド派手バージョン。赤い頬と赤い腹、見事にカブいてますねぇ。(笑)
調べてみたらアパッチは2013年に記載され学名がついてました。
Apistogramma paulmuelleri だそうです。パウルムエルレリと発音すれば良いのかな?ちと発音しにくいですねぇ。
ペルーのアピスト、どんどん分類が進んでますね。
学名はもうちっとわかりやすいのがいいんですけどね。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ペルーアマゾン産カラシンミックス

前回の松坂便で水族館向けにカラシンミックスの輸入があり、それがスゴくいい感じでした。
わたしも欲しくなりまして松坂さんにリクエストしてしたのですが今回の便で届きました。
6110601.jpg
アピストならほぼ温度合わせだけでドボンですが、カラシンはちょっと怖いので慎重に水合わせすることにしました。
水槽に浮かべて温度合わせ後、エアーチューブで水合わせ。水合わせ前に現地からの袋の水のpHを測ってみたら、pH5.7でした。おそらくイキトスの温室の地下水ですね。
6110602.jpg
ついでにTDSも。2860μs(×10が隠れてます。)もあります。
おそらくこれは塩が入っているんだと思います。一応水草水槽なのでそのままドボンしなくて良かったです。(笑)
温度合わせ、水合わせ完了!本水槽へ!6110603.jpg
テキトーレイアウト&コケコケでお恥ずかしいですが、90センチ水草水槽に放流しました!
6110604.jpg
これが想像していた以上に良いです!ホントに良いです!大小いろんなカラシンが10種類ぐらい入ってます!
6110606.jpg
放流してすぐ種類別に分かれて群泳するのがスゴい!
6110607.jpg
マーブルハチェット。ハチェットって飼うの初めてかも(笑)
ペルーでアピスト採集していると必ずいっしょに獲れるんですよね。
6110605.jpg
同一種の大群による群泳美もいいですが、こういういろんな種類がたくさんいるのも宝石箱を見ているようで楽しいですね。久しぶりにワクワクして、水槽をマジマジと30分以上眺めちゃいました。なんか、熱帯魚を始めたころを思い出しちゃいましたね。やっぱりわたしは小魚が好きです。(笑)

こういう本当の意味でのカラシンミックスは今となっては大変貴重ですもんね。
今度ゆっくり、何の種類が入っているのか調べてみようと思います。
松坂さん、土屋さん、いい魚をありがとうございました。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

タナゴ釣りはじめました 釣行18回目

今日は毎週恒例、大学同期のYさんとタナゴ釣り。
どSの手賀沼は行っても釣れずにストレス溜まりそうなので、以前100匹釣った癒しの地土浦へ。
現地に着くと、釣り人も誰もおらず完全貸切状態。これは釣りに没頭できる最高の環境です。

ところが午前中びっくりするぐらい釣れない。どうしよう・・・
6110507.jpg
と思っていたら午後から水温が上がり?ようやく釣れ出しました。足元に数百匹のタナゴの群れが居ついてくれて入れ食いに!短竿&グルテンの釣りもほぼマスター。やはり今までの釣り方は間違ってましたね。
6110501.jpg
キレイなオス
6110502.jpg
こちらはメスかな。大き目のメス率がとても高いです。大きいオスは持ち帰られてしまっているのかも。
6110503.jpg
なんだこりゃ!変わったのが釣れました。
透明鱗のタイリクバラタナゴですね。これは初めて釣りました。
6110504.jpg
観察ケースで観察。見事にスケスケです。
熱帯魚だとブラッシュとかいいますね。
6110505.jpg
時間も忘れて夢中になって釣っていたらめちゃくちゃ腹減ってました。時計を見たら14時半!
6110506.jpg
結局55匹釣ったところでタイムアップ。納竿となりました。
もうちょっと早めに群れが来てくれていたら今日も100匹行けたと思います。
6110508.jpg
帰り道、荒川沖の麺屋ゆうで特製もりそばをいただきました。
いやーこの見た目のインパクト!最高です。腹減っていたので一気に完食しちゃいました。(笑)
という訳でやっぱり土浦は間違いないですね。(笑)
ホント癒されました。


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

2014年11月松坂便

JDCの松坂便の輸入のお手伝いに行ってきました。
今回もいい魚がたくさん来ていました。いつもいろんな魚が見られるので手伝っていて楽しくて仕方ありません。月に一度の楽しみです。(笑)
6110401.jpg
今回の目玉?すんごいショートのプレコです。ボディはショートでも背鰭はフツーの大きさなんですね。これはスゴい。
6110402.jpg
淡水カレイ。河口から3700キロ上流の完全淡水の川にこんなのいるんですからスゴいですよね。
6110406.jpg
今回のアピストは、バルロウィ、アパッチ、カブキ(アパッチの産地違い)、ケリー、ローテル、ジュタイの6種類とロングフィンラム。
6110403.jpg
ジュタイは久しぶりですね。待っていた人も多いのでは?
6110404.jpg
ドルフィンキャット?東南アジアのナマズみたいな顔してますが、アマゾン産です。
6110405.jpg
ナイフ系かな。これは飼ってみたいですね。
6110407.jpg
最大サイズ?のブロキス。隣のロングノーズがかわいく見えます。(笑)
6110408.jpg
ミロソマかな。この辺のカラシンも最近よく来てますね。
現地の松坂さん、土屋さん、今回もいい魚をありがとうございました。関係者の皆様、夜遅くまでお疲れ様でした。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

タナゴ釣りはじめました 釣行17回目

昨夜は門仲のPONさん宅に泊めていただき、今日は昼にチバラギの自宅へ。
6110203.jpg
わたし以外は空気を運ぶ常磐線グリーン車で帰宅。
普通車でも座れるのにグリーン車に乗ったのはメシ食いながら帰りたかったからです。
6110202.jpg
上野駅の駅ナカで買ったバラちらしが美味でした。
至福のひと時です。
さて、天気もいいし、昼から手賀沼にタナゴ釣りに行ってみますか!
6110201.jpg
ところが、今日の手賀沼はタナゴ激シブです!
フナ、クチボソ、エビは釣れるのですが、タナゴはまったく釣れず。てか、まったくタナゴの当たりなし。先日そこそこ釣れたポイントもまったくダメ。いくつかポイントを移動してみるも行く先々でまったく釣れず。 結局まともにタナゴが釣れ出して以来初のタナゴボウズでした。
他の常連さんたちも話を聞いていると、今日はあまり釣れなかったらしいです。連休で釣り客が多いのか、昨日の雨が原因か?それともキラー入れられて根こそぎ持って行かれたのか?

やっぱり手賀沼みたいな釣り客や釣り客以外の観光客が集まるようなところは土日祝日は避けた方がいいと改めて実感しました。確かに釣り人が多いのでどこで釣れるかわかるし、いろいろ教えてくれる人もいて情報は集まるんですけどね。
ちとストレス溜まった一日でした。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

チャオチャオ 5周年”SUPER円盤食の会

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
旅行 (200)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (67)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (348)
酒・飲み物 (49)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (319)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (3)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (108)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (37)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード