2013-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~マチュピチュ遺跡探索その3~

酒船石?から戻ろうとしたら、何か小さなものが動いてます。
5113001.jpg
ん?ウサギ?
5113002.jpg
こちらに気付いたようです。
5113003.jpg
ピョコピョコと走ってます。
5113004.jpg
岩陰に隠れました。
5113005.jpg
そ~っと覗き込みます。
5113006.jpg
あら。尻尾がリスみたい。こりゃウサギじゃないですね。
調べてみたら、ビスカッチャという大型の齧歯類でした。ネズミの仲間なんですね。
5113007.jpg
遺跡の中に住んでいるみたいです。

偶然にもおもしろい動物を見ることができてラッキーでした。


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

年末ジャンボ宝くじ

今日はPONさんに髪を切ってもらいに東京へ。
アマゾン出発前に切ってもらったきりだったのでようやくサッパリしました。
PONさん毎度ありがとうございます。

ついでに有楽町の日本一の宝くじ売り場西銀座チャンスセンターで宝くじ買って帰ることにしました。
一番当たるという1番窓口は大行列でなんと数時間待ち!
5112901.jpg
とても待ってられないので隣の2番窓口で20分並んで買いました。
ちなみにさらにこの隣の売り場だと5分待ちで買えます。(笑)
5112902.jpg
億の細道へようこそ!(笑)
5112903.jpg
やっと売り場のそばまで列が進んで、やたら並ぶ理由が良くわかりました。細かく注文付けて買う人がかなりいるんですね。積んである宝くじの上から何番目を取れとかその中から何番目を何枚とか。
そりゃ大行列になるわ。と思いつつ、バラ30枚。と窓口の人にやさしい買い方をして帰りました。(笑)

当たったら、
・ぼったくりバーでわざわざボられて、え?それだけでいいの?と床に一万円札バラ撒いて帰る。
・豪華客船飛鳥Ⅱのスィートで世界一周。一日七食食べて劇太り。
・パイロット(船ではなく飛行機の方)ライセンス取得&セスナ購入。
・26フィートぐらいの釣り船購入。
・実家の周囲の土地を買い占めて隣人排除。
・自宅の庭にイガラッペ(ケブラーダ)を造成。アピストを外飼い。

以上がわたしの夢です。(笑)

テーマ:宝くじ・ギャンブル - ジャンル:ギャンブル

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~マチュピチュ遺跡探索その2~

続いて『市街地』へ。
5112801.jpg
マチュピチュの階段はかなり急。
足腰弱くなってから行くとキツいので若いうちに行った方がいいと思う。
5112802.jpg
右は自然石。こういう自然石を利用した石積みも結構ある。相変わらず見事な石組だ。
5112803.jpg
写真左が市街地入り口の門。
5112804.jpg
市街地入り口の門。ここが正門だったらしい。
5112805.jpg
門の中から。高さは2メートル以上ある。
5112806.jpg
市街地から見た見張り小屋。先ほどの『定番撮影ポイント』はあそこ。
5112807.jpg
このあたりの石積みも見事。キレイな三角屋根になっている。
5112808.jpg
すごいのが、すべて排水溝を完備していること。未だにちゃんと水が流れ、詰まったりしないらしい。
5112809.jpg
おもしろい岩があった。日本の『酒船石』みたいだ。
5112810.jpg
下から見る段々畑もすごい。このエッジの鋭さ!


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~マチュピチュ遺跡探索その1~

5112701.jpg
マチュピチュの定番撮影ポイントで記念撮影。
今日は『一人旅』なのでまわりにいる観光客に撮影してもらう。こういうとき一眼で撮ったことがない人に頼むとまずちゃんと撮ってもらえないので一眼を持っている人に頼むと間違いない。
一眼をぶら下げ、ブラジルの国旗Tシャツを着た、絵に描いたようなブラジル人観光客に撮ってもらう。
案の定うまく撮ってもらえた。「オブリガード!」とポルトガル語でお礼を言ったらびっくりした様子で『ブラジル人?』って聞かれた。(笑)「ジャポン!」と言い返したら納得していた。ブラジルだと日系人も多いから見た目だけじゃ判断つかないんでしょうなぁ。
5112702.jpg
マチュピチュの裏側。
向かいにある山はワイナピチュ。こちらも人数限定事前申込制で登ることができる。
わたしがチケットを取ったときにはまだ空きがあって登ることもできたが、結構キツい登りらしく、一人旅なので何かあったときに困るので登るのは断念。
5112703.jpg
こちらは主神殿。このあと行ってみよう。
5112704.jpg
見事なアーチ状の段々畑。
5112705.jpg
裏側の谷底はかなり深く感じる。
今にも転げ落ちそうな気がしてくる。
5112706.jpg
谷底を流れる川はウルバンバ川。川に沿って線路も走っている。
5112707.jpg
カリャンカと呼ばれる建物。訪問者の待機場だったらしい。
5112708.jpg
葬儀の石と呼ばれる岩。
階段がついている。
5112709.jpg
実際どんな用途の岩だったのかはよくわからないらしい。

さて、次は『市街地』の方に行ってみますかね。


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~マチュピチュ遺跡に到着~

マチュピチュ駅から遺跡まではシャトルバスで移動します。

Google Earthより。見事なまでの九十九折です。対向してくるバスと待合いながらクネクネと登って行きます。
ちなみに徒歩で登ることも可能です。徒歩の場合はまっすぐ登っていくショートカットの道があります。
徒歩だと2時間ぐらいかかるみたいです。
5112602.jpg
30分ほどでマチュピチュ遺跡の入り口に到着。ここが入場口です。
5112603.jpg
入場口で入場券とパスポートを提示します。
入場券は出発前に日本でネットで手配したのですが、どうしても最後のカード決済がうまくいかず、結局ペルーでガイドの竹島さんに手配してもらいました。128ソル(約4500円)でした。
入場券を出すと、ちょっと待っててと言われて入場券を印刷しなおしてくれました。ちょっと印刷するところが間違っていたようです。汗 とりあえず無事入れてよかったです。
5112604.jpg
入場口の内側。右側の建物で荷物を預かってくれたりします。
ここにスタンプが置いてあるので記念に押すといいでしょう。
5112605.jpg
さぁいよいよマチュピチュ遺跡です。
徒歩数分で目の前が開けました。
5112606.jpg
お~なんか見たことある!!(笑)
5112607.jpg
この建物は農産物の貯蔵庫だったらしい。
5112608.jpg
この谷底から登ってきたわけです。
5112609.jpg
マチュピチュの定番風景?いや、もっと高いぞ!
というわけでさらに10分ほど登りまして
5112610.jpg
やってきました。ここは見張り小屋です。
ここから見る景色がもっとも定番のマチュピチュ風景だそうです。
5112611.jpg
ついに、これぞマチュピチュという景色の場所にたどり着きました。
もっと感動するかなと思っていたのですが、意外とあっさりとした感想でした。
おそらく写真で見たことあり過ぎるので感動が薄いんでしょうね。ただ、この高さの感覚や空気感は実際に来てみないとわかりません。

それにしても日本から遠かったです。飛行機はアメリカのダラスとリマ経由で3回乗り、タクシーやコレクターボで2時間、鉄道で2時間、バスで30分、徒歩15分かかってようやく着いたのです。
この感覚、以前にも感じたことあるなぁと思いました。そうです。日本の黒部ダムと同じです。あそこもロープウェーやケーブルカー、バス、トロリーバスといろんな乗り物を乗り継いでようやくたどり着きますからね。まさにあの感覚です。

さて、遺跡をじっくり探索してみますかね。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

Google検索がクソ重い件

最近、Google検索があり得ないぐらい『重く』なりました。
検索をかけて検索結果が表示されるまで10秒近くかかり、その間プチフリーズ状態です。
検索のリンク先から検索結果に戻ると同じく10秒近くプチフリーズです。

こりゃ使い物にならん!というわけであれこれ調べていろいろ試してみたら劇的に治りました。
5112501.jpg
Googleツールバーの右側の設定→ツール→Quick Scrollのチェックを外すだけ。
これで元通りサクサクに戻ります。"Quick Scroll"が激重の原因だとは何とも皮肉ですね。



テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

2013 toto BIG

本日が2013年シーズンのtoto BIGの最終日でありました。
すっかりブログはサボってましたが、今年もほぼ毎回買っておりました。
最近、購入履歴がCSV出力できるようになりましたので出力してみたところ、
5112401.jpg
今シーズンは360口10万8千円分購入して当選は6等3回合計1710円。差引10万6290円の赤字で散々でした。

今年から6等が導入されたわけですが、去年まではほぼ同額の購入で5等が4回、1万円ほど当たってました。昨年6等があれば5回当たってましたので明らかに当たりにくくなっています。的中率も下がってますし、確実に『調整』が行われていると思います。

当たりにくくなるように『調整』が行われているのは前々から感じていました。
本来アトランダムのハズなのに、J2のガンバや神戸、J1の優勝争いをしている上位のチームが勝つ鉄板くじがほとんど出ない上に引き分けの0ばかり出るのです。何度か統計をとりましたが、明らかに0に偏っています。
ある程度勝敗を予想した上でそれらが出にくくなるよう、0ばかり出るよう、プログラミングされているとしか思えません。

今回のくじに限って1等が10億2円になりましたが、なんと1等が9口も出ています。
今回は、ガンバの引き分け、J1上位の負けなど多数の『波乱』があったため、本来カスくじだったくじが的中してしまい1等が9口も出てしまったんだと思います。

ちょっとこれだけ当たらないと買う気もなくなりますね。
買った瞬間にこりゃ当たらんわ。という0ばかり出るくじはどうにかしてもらいたいもんです。
少なくとも0と1と2が確率の1/3ずつ出るくじにして欲しいですね。


第662回 BIG くじ結果 2 1 1 1 1 0 2 2 1 0 2 0 2 1

1等
1,000,000,002 円 9口 1,473,453,045円
2等
2,063,370円 191口 0円
3等
39,549円 2,213口 0円
4等
9,810円 17,796口 0円
5等
1,740円 98,299口 0円
6等
570円 391,472口 0円

テーマ:toto - ジャンル:ギャンブル

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~マチュピチュ駅~

ペルーレイルの終点マチュピチュ駅に到着しました。

改めてビスタドームを撮影。
5112303.jpg
隣の引き込み線にはインカレイルの車両が。
5112304.jpg
帰りはこちらのホームから列車が出るようです。
5112305.jpg
マチュピチュ駅の駅舎。なかなかキレイです。
5112306.jpg
マチュピチュ駅の周りは高い山に囲まれています。マチュピチュの遺跡はどこでしょう?
5112307.jpg
マチュピチュ駅の駅前はお土産屋だらけです。
5112309.jpg
ここからマチュピチュの遺跡まではバスで行きます。
5112308.jpg
この辺の山はだいたい植物で覆われています。若干熱帯っぽい感じがしますね。
5112310.jpg
お、こちらはマチュピチュっぽいですね。(笑)
5112311.jpg
あれれ?こちらにも線路があります。
5112312.jpg
こちらがもともとの線路でさきほど降りたマチュピチュ駅は後からできたそうです。
5112313.jpg
もとはアグアスカリエンテ駅だったそうです。
アグアスカリエンテとはお湯という意味です。つまり温泉駅というわけですね。
後でこちらも探索してみましょう。
5112314.jpg
ここからマチュピチュ遺跡まではバスで行きます。歩道橋の下にいくつかバスのチケット売り場があります。
5112315.jpg
チケットは往復で18.5ドル。ソルで払うこともできます。
5112316.jpg
往復チケットを購入。バスは一社のみのようです。
5112317.jpg
バスは歩道橋の下の道からバンバン出ます。
満員になると出発するようです。
5112318.jpg
並んで待っていたら、『お一人のお客さんいませんか~?』と英語で聞かれました。「ハイ。一人です!」と手を挙げたら20人ぐらい待ってたところを先に乗せてくれました。
バスに乗るとき、『マチュピチュ遺跡の入場券持っているか?』と確認されました。入場券持たずに遺跡に行ってしまうとどうしようもなくなるので確認してくれたようです。もちろん持ってきてます!
5112319.jpg
バスは自由席。少々狭いです。駅から遺跡まではバスで20分ほど。
さぁいよいよマチュピチュの遺跡に到着です。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ブラインシュリンプエッグ3缶目

8月に開けた一缶454グラム入りブラインエッグを早くも使い果たしてしまいました。
5112301.jpg
アマゾンで採集してきたアピストが60ペアほど増えましたのでブラインの消費ペースが上がりました。
実に4か月で一缶です。汗
もう予備もないのでまた発注しないといけません。

我が家のアピストは100%ブライン給餌にしております。おかげでアピストの色の揚がり具合、体型は大変すばらしく仕上がっているのですが、毎日のブライン孵化もちと大変ですし、一缶6千円ぐらいしますのでちょっと負担になりつつあります。赤虫やミジンコ、おとひめなどの併用も考える今日この頃です。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

800000ヒット!

本日、800000ヒットを達成しました。

ちなみに本日でブログ開設2428日目
1日あたりの平均アクセス330回となっております。
引き続き、更新がんばりますのでよろしくお願いいたします。

おしけんブログの軌跡
 ブログ開設   2007.  3.31 
 10000ヒット 2007.  7. 6   開設  98日目   一日平均100アクセス
 50000ヒット 2008.  4.  3     開設 369日目   一日平均136アクセス
100000ヒット 2008.12. 7     開設 618日目   一日平均162アクセス
150000ヒット 2009. 6.19     開設 812日目   一日平均185アクセス
200000ヒット 2009.11.25     開設 971日目   一日平均206アクセス
300000ヒット 2010. 9.14     開設1264日目   一日平均238アクセス
400000ヒット 2011. 3.29     開設1460日目   一日平均274アクセス
500000ヒット 2011.11.15     開設1690日目   一日平均296アクセス
510000ヒット 2011.12.11     開設1717日目   一日平均297アクセス
520000ヒット 2012. 1.12     開設1749日目   一日平均297アクセス
530000ヒット 2012. 2.10     開設1778日目   一日平均298アクセス
540000ヒット 2012. 3.13     開設1810日目   一日平均298アクセス
550000ヒット 2012. 4.13     開設1841日目   一日平均299アクセス
560000ヒット 2012. 5.12     開設1870日目   一日平均299アクセス
570000ヒット 2012. 6.10     開設1899日目   一日平均300アクセス
580000ヒット 2012. 7. 8     開設1927日目   一日平均301アクセス
590000ヒット 2012. 8. 3     開設1953日目   一日平均302アクセス
600000ヒット 2012. 8.30     開設1980日目   一日平均303アクセス
610000ヒット 2012. 9.27     開設2007日目   一日平均304アクセス
620000ヒット 2012.10.30     開設2041日目   一日平均304アクセス
630000ヒット 2012.11.15     開設2057日目   一日平均307アクセス
640000ヒット 2012.11.27     開設2069日目   一日平均309アクセス
650000ヒット 2012.12. 5     開設2076日目   一日平均313アクセス
660000ヒット 2012.12.10     開設2082日目   一日平均317アクセス
670000ヒット 2012.12.16     開設2088日目   一日平均321アクセス
680000ヒット 2012.12.23     開設2095日目   一日平均325アクセス
690000ヒット 2012.12.30     開設2102日目   一日平均328アクセス
700000ヒット 2013. 1.12     開設2115日目   一日平均331アクセス
710000ヒット 2013. 1.21     開設2124日目   一日平均335アクセス
720000ヒット 2013. 1.30     開設2133日目   一日平均338アクセス
730000ヒット 2013. 2.16     開設2150日目   一日平均340アクセス
740000ヒット 2013. 3.26     開設2188日目   一日平均338アクセス
750000ヒット 2013. 5. 2     開設2225日目   一日平均337アクセス
760000ヒット 2013. 6. 8     開設2262日目   一日平均336アクセス
800000ヒット 2013.11.21     開設2428日目   一日平均330アクセス

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

カワハギ料理

今回もYさんに釣った魚をいただいちゃいました。
Yさん毎度すみませんね。ありがとう。

毎度お世話になってるPONさんにカワハギを食ってもらおうとPONさん宅へ。
結局いっしょに料理してもらっちゃいました。すみません。汗
5112001.jpg
まずはウマヅラハギから。カワハギ3匹分のデカさです。
5112002.jpg
ウマヅラのキモのデカいこと!身体デカい分、カワハギのキモの3倍はあります。これは食いがいありますね(笑)
5112003.jpg
PONさんと合作のカワハギ・ウマヅラの刺身とキモてんこ盛り。
ホントにうめ~。こんなに食えるのは釣り人冥利に尽きます。死ぬ前に何食いたい?と言われたら間違いなくこれですな。
釣ってすぐ血抜きをしてシメたので臭みゼロなのがすばらしい。
PONさんご一家の皆様、台所使わせていただき&泊めていただきありがとうございました。
帰宅後、まだまだ続くカワハギ尽くし(笑)
5112004.jpg
若干キモがゆるくなりましたが、今日も臭みゼロでおいしいお刺身です。
5112005.jpg
煮つけ。これが一番簡単でいいですな。骨もとらなくていいし。(笑)
5112006.jpg
カワハギの頭や外道のホウボウなどの煮つけ。
カワハギの頭の身がうまい!ホウボウもうまい!!
新たな発見がこちらでした。
5112007.jpg
一匹だけ釣れたトラギスを刺身にしてみました。
皮を引くのがちと面倒でしたが・・・
この刺身がうまい!とにかく身が甘くておいしい。刺身だけなら間違いなくカワハギよりも上!!

てなわけで大満足の魚漬けの二日間でした。(笑)

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

カワハギ釣り 真鶴

先月に続いて、今月も釣り具屋やってる大学の同期とカワハギ釣りに行ってきました。
先月は東京湾の剣崎沖でしたが、東京湾内はイマイチ釣れてないとかで今回は真鶴に行くことになりました。

天気はめっちゃいいんですが、季節外れの南西風で結構時化てます。
伊豆半島のおかげで北西の季節風には強い場所なんですが、南系の風だと思いっきり風表になってしまいます。
かなり時化てますが、出港するそうです。
5111902.jpg
今回は真鶴・福浦港の海斗丸で出漁しました。ここは午前船と午後船と分かれていて今日は午後船です。
5111903.jpg
港の入り口あたりが一番時化てますね。うちの仕事だったら中止レベルです。(笑)
5111904.jpg
時化た海ですが、さすが漁船ですね。船首でバンバン叩くこともなく安定感があります。
5111905.jpg
釣り客は片舷3人ずつぐらいとゆったりラクチンです。これぐらいの人数だと客的にはありがたいですね。
船宿的にはイマイチなんでしょうけど。
5111906.jpg
真鶴半島の先端へ。風上の右舷側は波しぶきがかかり、右舷側のお客さんは船室に避難していました。
5111907.jpg
真鶴半島の先端部にある三ツ石。
真鶴って子どもの頃からよく遊びに来ているんですよね。
幼稚園のときは祖父に連れて来られ、祖父お手製の石積みプールの中で泳いで遊んだりしてました。
小学生のときに来たときはタコ八郎が溺れて死んじゃった時でした。
大学生になってからはドライブ&バーベキューに来たりしてましたね。なかなか縁のある場所です。
5111908.jpg
初めて沖側から三ツ石を見ました。
まず最初のポイントはここ。かなり風が吹いてますが、頑張ってポイントをキープしてくれています。
ただ、ここは水深は30メートル以上と深く、波も結構あるので当たりが取りにくい!
ここで同期がデカいウマヅラハギをゲット!ここはカワハギよりウマヅラの多いとか。
ウマヅラの方がキモもデカいそうです。
わたしもさっそくカワハギがかかりましたが、途中でバラしてしまいました。するとバラしたカワハギが浮いて来て水面を漂っています。汗 水深が深いので巻き上げる途中で内臓が膨れてしまうようです。なんとか掬いたいところでしたが、カモメが咥えて持って行ってしまいました。おい!カワハギなんて食うのムリだろ!(笑)
5111909.jpg
ようやく1匹釣れました。いつも釣りをするときは最初の一匹目が釣れるとホっとします。(笑)
5111911.jpg
沖側での釣りは厳しいという判断になったようで、真鶴半島の東側の風裏へ。
お!ここならあたりが取りやすい!
さっそくガツガツ来ました。
5111910.jpg
うわ~ミノカサゴ釣っちゃいました。キレイな魚ですが、ヒレの先端に毒があります。
同期に針を外してもらってリリース。危ない危ない。
ポツポツとカワハギが上がってきます。5111912.jpg
これはフィラメントが長いオスですね。なかなかいいカワハギです。
5111913.jpg
ここのカワハギのあたりはガツガツ来るので結構わかりやすいです。
また、東京湾ではトラギスやフグなど外道が入れ食い状態でしたが、ここは外道が少ないですね。トラギスやベラはほとんど釣れません。
5111914.jpg
またミノカサゴ釣っちゃいました。即リリース。
ハサミでチョキチョキ鰭を切って持って帰ればいいそうですが、やっぱり怖い。刺身やから揚げにして食べたらおいしそうなんですけどね。
5111915.jpg
日没前にちょっとしたカワハギラッシュが来ました。
ラッシュも過ぎ、結局今日はカワハギ8匹で納竿。
最後に一匹釣れましたし、サイズもまずまずだったので満足できました。
日没後薄暗くなるまで釣らせてくれるのは良心的です。

だいぶ波をかぶるので船室に入っての帰港となりました。
帰りに他のお客さんの釣果を聞いたところ、だいたい皆8匹ぐらいでトップで14匹ぐらいでした。

これだけ時化ていても8匹釣れたのでここはかなりポテンシャルのある釣り場と確信しました。
これで凪いでいて、剥きアサリ(今日は冷凍アサリを使用)を使えば倍以上のカワハギが期待できそうです。
2回目のカワハギ釣りでなんとなくコツもわかってきました。来月も真鶴で勝負してみたいと思います。

Yさん、今回もありがとう。来月もよろしくです。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

クロネコポイントキャンペーンで景品ゲット!

宅急便のクロネコヤマトのHPでクロネコメンバーズに登録するとクロネコポイントを貯めることができます。
荷物の発送だけでなく、受け取りだけでもポイントが貯まりますので意外とカンタンに溜まります。

300ポイントほど溜まったので景品をもらうことにしました。
今回はこちらの景品を選びました。

クロネコヤマトミニカー・10tトラックです。
HPで申請して数日でヤマトの宅急便で送られてきました。
5111802.jpg
結構細かいところまでよく出来たミニカーです。
5111803.jpg
反対側から。
5111804.jpg
後ろのドアもちゃんと開きます。(笑)

次は宅配に来るクルマのクロネコヤマトミニカー・ウォークスルーとクロネコヤマトミニカー・クール宅急便をもらおうと思います。(笑)


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~ペルーレイル ビスタドームの車窓から その3~

マチュピチュ駅まであとちょっと。

だいぶ高度が下がってきて頂上付近まで緑の覆われている山が見えてきました。
5111702.jpg
ずっと岩肌むき出しの寒々しい山ばかり見ていたので緑に覆われた山を見るとホッとします。
5111703.jpg
線路脇の清流。プレコとかいないかな。
5111704.jpg
山の中で停車。マチュピチュまでトレッキングルートがいくつかあってここはそのスタート地点の一つ。
トレッキングする人はここで降りる。
5111705.jpg
緑のトンネルの中、曲がりくねった線路。
5111706.jpg
またあたりが開けてきた。こういう景色は見てて飽きない。
5111707.jpg
段々畑はインカの遺跡か?
5111708.jpg
途中にある水力発電所。ウルバンバ川の高低差を利用して発電をしている。
マチュピチュまで最安で行く方法というのがあると聞いた。何やらクスコからこの発電所まで労働者が通うバスがあるそうで、それに乗ってここまで来てここからマチュピチュまでは線路を歩いて行くのだとか。確かにその方法ならかかる費用は数百円で済む。この方法でマチュピチュを目指しているらしい旅人を何人も線路脇に見かけた。
5111709.jpg
こういう岩肌が見える山は水槽レイアウトにしてみたくなりますね。
5111710.jpg
だんだん見たことあるようなマチュピチュの景色っぽくなってきました。
5111711.jpg
マチュピチュ駅のあるアグアスカリエンテの街が見えてきました。
5111712.jpg
そのまま引き込み線の方に入って行き、マチュピチュ駅到着。ほぼ定刻通りでした。

いやーペルーレイル、ホント快適です。景色もいいですし、ここまでですでに大満足なんですが!(笑)
肝心のマチュピチュに行かなければ!!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~ペルーレイル ビスタドームの車窓から その2~

マチュピチュ駅まであと一時間ぐらいかかります。
5111601.jpg
だいぶ切り立った渓谷沿いを走るようになってきました。
日本で例えるなら、四国の土讃線の大歩危・小歩危のあたりがずっと続く感じかな。
こういう渓谷沿いを走るので雨季で増水したときに線路ごと流されてしまうことがよくあるそう。
数年前に大規模な災害で線路が流失し、観光客がマチュピチュに取り残されたのは記憶に新しい。
線路沿いを良く見ていると、ひん曲がった線路が川の中に落っこちていたりします。
5111602.jpg
ここの車窓からの景色が素晴らしいのが次々と違う形の山が見えること。
日本の山だと地質的に同じなのか似たような形や色の山が続くことがほとんどなのだけど、このあたりの山はひとつひとつ特徴があります。
5111603.jpg
稜線がキレイな山です。
5111604.jpg
山と空と雲。絵になります。
5111605.jpg
こんな山奥にも人が暮らしています。小屋や吊り橋があります。
5111606.jpg
だいぶ高い山に囲まれるようになってきました。
5111607.jpg
手掘りの岩肌むき出しのトンネルをいくつもくぐって行きます。
5111608.jpg
川沿いの石垣はインカの遺跡なのだろうか?
5111609.jpg
マチュピチュの山っぽくなってきました。
5111610.jpg
白い岩肌は石灰分かな?このあたりの川のpHは高そう。
5111611.jpg
ここらの山もむかしは海の底だったんだろうか。隆起して山になったのかな。
5111612.jpg
こういう水草水槽を作ってみたい。
5111613.jpg
この辺はカルスト台地みたいな感じ。
5111614.jpg
あら。また車内サービス?と思ったら車内販売だった。Tシャツなんかを売りに来ます。

マチュピチュまでの鉄道の旅はまだまだ続きます。(笑)


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~ペルーレイル ビスタドームの車窓から その1~

ペルーレイルのビスタドームはオリャンタイタンボの駅を定刻通り7時5分に発車。
ここからマチュピチュ駅まで距離にして約50キロ、高低差600メートルの下り坂を1時間半ほどで走っていく。

この列車、とにかく車窓からの景色が素晴らしい。
5111502.jpg
インカの聖なる谷の山々が大パノラマで見ることができる。
5111503.jpg
雪山もこの通り。
5111504.jpg
オリャンタイタンボの街から見えた山もよく見える。
5111505.jpg
空気が澄みきっているので木や岩のひとつひとつの輪郭がハッキリ見えるのが素晴らしい。
5111506.jpg
30分ほどで最初の駅に到着。
ペルーレイルは単線なのでここで上り列車と行き違う。
5111507.jpg
このクルマはこの街のスクールバスらしく子どもが10人以上乗り込んでいる。
周りのアメ公どもがこんなちっさいクルマに何人乗るんだよ!!と驚きの声を上げていた。
5111508.jpg
上りの普通列車。先頭はディーゼル機関車で客車は5両。最後尾に貨車が連結されている。
さて、行き違いが完了したところでビスタドームも出発。ポイント切り替えはどうするのだろう?と思って見ていたら、運転手の助手?が下りて行って切り替えていた。この後もポイントもすべてこのやり方。
5111509.jpg
ペルーレイルはインカの聖なる谷の谷底を流れるウルバンバ川沿いに敷設されており、ほとんどウルバンバ川沿いを走って行く。
川の中の緑色に見えるものは水草だろうか?それともただのコケだろうか?

5111510.jpg
高低差がかなりあるので川の流れは速い。この川もアマゾン河の支流のひとつでこのあたりが最上流部になる。
5111511.jpg
雪山が近づいてきた。
5111512.jpg
ビスタドームの天井窓のおかげで雪山の上の方も良く見える。素晴らしい車両だ。
5111513.jpg
車内サービスが始まった。
5111514.jpg
サンドイッチの軽食と、ドリンクとフルーツは選択式。ドリンクはいろいろあったけどマカ茶にしてみた。フルーツはみかんをチョイス。

マチュピチュまでの鉄道の旅はまだまだ続きます。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

さいたま水族館 アマゾン展

今日は埼玉県の羽生にあるさいたま水族館に行ってきました。
いつもなら常磐道、外環、東北道と高速を乗り継いで行くのですが、今日は事故で外環が渋滞していたので下道で行ってみました。チバラギの田んぼハイウェイから16号線で春日部まで行って春日部から4号線、意外にも1時間45分ほどで到着しました。こんなに近いなら次からも下道で行きます。(笑)

さいたま水族館は入場料400円と良心的な水族館です。
5111402.jpg
なんか平日なのに子どもがいっぱいいるなぁと思ったら今日は埼玉の県民の日で学校は休み。
水族館も子ども無料ということでいっぱいお客さんが来ていたようです。
12/1まで特別展でアマゾン展を開催しています。今回はこれが目当てでやってまいりました。
実は今回のアマゾン展には、昨年のアマゾンツアーでさいたま水族館のYさんとご一緒した御縁でわたしのアマゾン旅行の写真を提供させていただいております。
5111403.jpg
ピラニアをはじめとしてアマゾンの生き物がいろいろ展示されています。
5111404.jpg
アピストもいました。アピストが水族館にいるのは珍しいですね。
5111405.jpg
ピライーバの頭のはく製。デカいですね~。
5111406.jpg
インディオの民芸品の展示。吹き矢がいいですね。
5111407.jpg
わたしの写真はほんの少しかと思っていたら、パネル展の写真はほとんどのわたしの写真でした。(笑)
まるでわたしの写真展のようでうれしくなっちゃいました。
5111408.jpg
昨年のアマゾンでの採集風景。懐かしいですね。つい先日のことのようです。(笑)
5111409.jpg
昨年のアマゾンツアーでごいっしょしたYさんによるアマゾン講座もありました。
5111410.jpg
アマゾンの写真をプロジェクターで映しながら、Yさんによる解説付きでとても楽しいアマゾン講座でした。
Yさんありがとうございました。

アマゾン展は12/1までです。Yさんによるアマゾン講座は11/24(日)にもあります。
周りは大きな公園で家族で楽しめるところですのでぜひ行ってみてください。

帰りは埼玉名物のナマズの天ぷらを食って帰ろうと思ったのですが、行きつけのお店が定休日で食べられず。残念!

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~ペルーレイル ビスタドーム車内~

程なくして乗車開始。
5111302.jpg
チケットに書かれたアルファベットが号車名。そのアルファベットの入り口に行けば良い。
まぁ二両編成なので迷いようもないのだけど。

車掌さんにチケットとパスポートを見せればOK。
日本語でコンニチワとあいさつされた。(笑)
5111303.jpg
ビスタドームの車内はこんな感じで日本の特急と大差ない。
5111304.jpg
先頭の右側は運転席で左側は展望席になっている。
5111305.jpg
この先頭の席は眺め最高の特等席(たぶん他の席と値段はいっしょ。)。席番は1と2。
ここに座りたかったなぁ。
5111306.jpg
車内後方はこんな感じ。車内中央の席は向い合せで固定なのかな?
5111307.jpg
シートはまずまず。背もたれはそこそこ厚いけど、シートは狭くも広くもない。
5111308.jpg
席番は飛行機のように1列目は1A、1B・・・とかじゃなくて前から順番に1、2、3・・・と横並びで数字が振られているので窓側なのか通路側なのかわかりにくい。
わたしの席は7番で進行方向左側の窓側だった。通路側だったらどうしようと思ったけど窓側で良かった。
5111309.jpg
ビスタドームの名前の通り、頭上もガラス張りになっている。
5111310.jpg
テーブルは小さ目。まぁハイラム・ビンガムのようにフルコースが出るわけではないのでこれで十分。
前の座席の上部にステイをぶっ差すユニークなテーブルだ。

ひょっとしてガラガラ?と思ったら、発車間際にわんさか乗ってきてほぼ満員に。話し声を聞いているとほとんどアメリカ人のようだ。わたしの隣には通路挟んで反対側のアメリカ人カップルのペルー人ガイドが座った。

さぁまもなくマチュピチュに向けて出発進行!


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~オリャンタイタンボ駅~

オリャンタイタンボ駅に無事到着。
ここからマチュピチュに行くにはペルーレイルという鉄道のみで道路はありません。
かつてはクスコからヘリも飛んでいたらしいのですが、現在はヘリはなくなったそう。
5111201.jpg
チケットは日本にいる間にネットで手配済。飛行機のチケットを買うようにフツーに手配できます。
チケットは自分で印刷して持参。発車時刻は7時5分。30分前から入場できるらしい。
ちょうど駅に着いたのが発車の30分前だったのですんなり入場することができました。
5111202.jpg
ホームが低い、いかにも『外国の駅』にテンションが上がります。(笑)
5111203.jpg
もうすでに列車が到着して待っています。乗るのはあれかな?
5111204.jpg
こちらはインカレールという別の会社の列車でした。
5111205.jpg
かつてはペルーレイルだけだったらしいのですが、現在は3つの会社で競合しているらしいです。
ちなみに会社は別でも同じ線路を走ります。
5111206.jpg
ちょっと台車が気になります。(笑)
5111207.jpg
タラップと号車番号札?が外され、そろそろ出発するようです。
ほぼ満席のようです。
5111208.jpg
マチュピチュに向け、先に出発して行きました。
赤い旗は尾灯の代わりのようですね。
5111209.jpg
駅の待合所は吹きさらし。この裏にトイレがあります。
5111210.jpg
キレイな売店もあります。飲み物やパンを購入。値段は日本とほぼ同じ。
わたしが乗るペルーレイルは3種類の列車を運行しています。ひとつはハイラム・ビンガムという豪華列車。片道350ドル。もう一つはビスタドームという眺めの良い列車で片道70ドル前後。もう一つはエクスペディションという普通車。
豪華列車も乗ってみたいところでしたが、今回は往路をビスタドーム、復路はエクスペディションに乗ることにしました。
5111211.jpg
やって来ました。わたしがこれから乗るビスタドームです。
ディーゼルカーですね。
5111212.jpg
サボはクスコ~マチュピチュになってます。オリャンタイタンボはこのだいたい中間点になります。
5111213.jpg
ビスタドームの名前のとおり、天井がガラス張りになっていて車窓からの景色がより楽しめるようになっています。
5111214.jpg
オリャンタイタンボからだと二両編成。クスコからだともっと長い編成になるらしいです。
5111215.jpg
こちらの機関車が引っ張る方はエクスペディション。
ちなみにハイラム・ビンガムも機関車が引っ張る列車です。
5111216.jpg
入り口にタラップが取り付けられました。そろそろ乗車できるようです。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

月刊 AQUA LIFE (アクアライフ) 2013年 12月号

今日は熱帯魚雑誌の『アクアライフ』を買ってきました。
『楽しい熱帯魚』、『フィッシュマガジン』の休刊で、アクアライフが唯一の月刊誌となってしまいました。来月からは980円に値上がりするそうですので今月号が最後の880円の価格となります。

今月号134ページの松坂さんの連載記事"AMAZONIA"に、先日のアマゾンツアーでわたしが撮影した水草の写真が採用されております。良かったらご覧ください。

なお、来月もしくは再来月にわたしのアマゾン旅行記が掲載される予定です。
これまたお楽しみに。(笑)

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

2013ペルーアマゾン旅行記 4日目 ~オリャンタイタンボ駅へ~

アマゾン旅行4日目です。
今日は竹島さんとは別行動でマチュピチュにひとりで行きます。
マチュピチュは日帰りで今夜もオリャンタイタンボに泊まります。

マチュピチュで時間をいっぱい使えるよう、オリャンタイタンボを早朝に出発することにしました。
というわけで今朝は五時に起床。

だいぶ明るくなってますが、まだ太陽は山の向こう。
5111002.jpg
宿のワンコもまだ夢の中。
5111003.jpg
6時に宿を出発。歩いてオリャンタイタンボ駅まで向かいます。
今日は朝からいい天気。空気が澄みきっていて山が良く見えます。
5111004.jpg
アルマス広場まで来ました。山がキレイに見えます。
5111005.jpg
こちらの山は太陽の日が当たり始めてます。
5111006.jpg
ツインピークス(勝手に名付けました。(笑))も良く見えます。
5111007.jpg
遺跡の山はまだ日陰。
5111008.jpg
こちらもまだ日陰ですね。南米とはいえ標高2800メートルですのでかなり寒いです。
5111009.jpg
駅に向け川沿いに下り坂を降りて行きます。
5111010.jpg
昨日は暗くて見えなかった川。あんまりキレイじゃないですね。
何か魚はいるのかな。寒いから熱帯魚はいないでしょうね。
5111011.jpg
雪山が見えました。電線が邪魔ですが。
宿から徒歩15分ほどでまもなく駅に到着です。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~オリャンタイタンボ 夕食~

あっという間に暗くなった。
5110901.jpg
とりあえず駅の方まで行ってみる。
5110902.jpg
ここは駐車場。
概ねこの街はさほどヤバさを感じないけど、このあたりだけちょっと暗くて夜はイヤかも。
5110903.jpg
こちらはマチュピチュ行きの鉄道のチケット売り場。わたしは出発前に日本でネットで手配済。
5110904.jpg
お!石焼ピザがうまそう!このあたりはピザ屋がやたら多い。
5110905.jpg
結局オリャンタイタンボ駅まで来てしまった。(笑)
ちょうどマチュピチュからの列車が到着したところで駅前は客と客引きでごった返してる。
5110906.jpg
明日はあれに乗るんだな。楽しみ楽しみ。(笑)
5110907.jpg
駅前には売店がいくつもあっていろんなものを売っている。
試しに茹でトウモロコシを買ってみる。
5110908.jpg
歯抜け状態のトウモロコシがおもしろい。いろんな種類があるんですなぁ。
味はまずまず。
5110909.jpg
ここのレストランで夕食を取ることに決定。
5110910.jpg
なかなか落ち着いた内装。
5110911.jpg
メニューはスペイン語と英語で書かれている。
こちらはドリンクメニュー。
標高3400メートルのクスコはだいぶ息苦しかったが、2800メートルのオリャンタイタンボまで下りてきてだいぶ楽になった。ビール飲んじゃえ!(笑)
5110912.jpg
こちらはフードメニュー。
竹島さんにテキトーに注文してもらう。
5110913.jpg
このあたりの名物のマスの料理を頼んでもらった。
このマスがなかなかおいしい。
5110914.jpg
定番のポテトフライ。
このレストランではWiFiが使えた。
帰りは上り坂になるのでモトカロ拾ってアルマス広場までラクチンで帰ることに。5110915.jpg
あれ?ここのモトカロなんか違う。と思ったらアマゾンのモトカロと違ってドア付きなんですなぁ。寒いところはモトカロも違うんですな。
バットマンが流行っているらしく、バットマンデザインのモトカロが多い。
5110916.jpg
アルマス広場に到着。水など買って宿に戻ってさっさと寝る。
今日はリマからクスコ、オリャンタイタンボと移動して長い長い一日だった。

明日は早起きして、いよいよマチュピチュへ。



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~オリャンタイタンボ 遺跡~

明るいうちにオリャンタイタンボの街の見れるところまで見てみることに。
5110801.jpg
正面に遺跡。細い川を渡る橋がある。この川もアマゾン河の支流のひとつ。
5110802.jpg
明日は竹島さんと別れて単独行動になる。朝イチにマチュピチュまで鉄道に乗るので駅の場所を教えてもらった。
この坂をずーっと下った突き当りにオリャンタイタンボの駅があるとのこと。
5110803.jpg
お土産屋やレストランがいくつもある。さすが観光地。
5110804.jpg
すぐ後ろも山。この街もインカの聖なる谷の一部。
5110805.jpg
来た道を振り返る。坂の上がアルマス広場。
5110806.jpg
お土産屋に並ぶ目出し帽。ハロウィン向けか?
5110807.jpg
いろんな帽子が売られていて楽しい。
5110808.jpg
オリャンタイタンボの遺跡にも行ってみる。
5110809.jpg
閉園間際らしいので入り口からちょっとだけ見学。
ホントは入場料が必要。
5110810.jpg
階段状の見事な遺跡だ。
5110811.jpg
遺跡の上の方まで歩いて行くことができる。明日、竹島さんはこのあたりを散策するとのこと。
5110812.jpg
インカの聖なる谷はつるべ落とし。一気に暗くなる。
5110813.jpg
民芸品のお店を覗いてみた。
5110814.jpg
iPadケースを作って売るとはなかなかトレンドを理解してますなぁ。
5110815.jpg
自転車を大量に載せたクルマが何台も通る。
5110816.jpg
これはサイクリングツアー会社のクルマらしい。
ツアー客は自転車で目的地まで走って行って帰りはバスや電車で帰ってくるので自転車をクルマで回送するのだとか。

さて、そろそろ晩飯にしますかね。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

アピストグラマ・エレムノピゲ "ディアマンテ"

先週の松坂便で来たディアマンテ。ようやく水槽の前の方に出てきてくれたので撮影しました。

ディアマンテ=ダイヤモンドの名前の通りキレイなアピストです。
5110702.jpg
レッドチークもいいですし、特にボディはダイヤモンドの粉を吹いたよう。
先っちょオレンジの背ビレを常に立ててくれているのも撮影しやすくありがたいです。
5110703.jpg
メスもさっそく黄色くなり、攻撃的になっているのでもしかしたらもう産卵したのかも知れません。
メスも背びれの先っちょが少しオレンジになるんですね。

松坂便、結果が出るのがやたら早いです。(笑)


テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ポータブルナビ購入

この夏、愛車ファンカーゴのナビが突然ぶっ壊れました。
新車で納車の際にHDDナビもオプションで付けたんですが、9年乗ってたいして使わないままぶっ壊れてしまいました。20万もしたのになぁ。
故障の原因はおそらくHDDが逝ったんだと思います。修理すると5万ぐらいかかるみたいでしばらく放っていたのですが、ナビがなくても出かけられないことはないのだけど、どうも船乗りのサガなのか現在位置が把握できてないと気持ちが悪くて仕方ないのですよ。
そんなわけでクルマでの出不精の原因になっておりましたのでポータブルの新品を買うことに決めました。

価格ドットコムで調べたら、パナソニック(旧サンヨー)のこれが一番売れているらしいのでこれに決定。
5110601.jpg
GORILLA CN-GP530D です。

さて、どこで買いますか。一瞬、楽天の優勝セールの方が安いかな?とも思って調べてみたら
だいたい24000円前後。
価格.comで調べたら21650円前後が最安値。断然こっちの方が安いです。
カードの使える店で発注。昨日の夕方頼んで今日にはもう届きました。速いです。
5110602.jpg
どこに着けようか迷ったのだけど、結局旧ナビの画面に着けちゃいました。もう旧ナビはラジオしか使えないのでここで構いません。

ちょっと画面が小さいけど、ワンセグのテレビも付いているし(旧ナビは地デジ、ワンセグとも見られない。)、サクサク動くし、データも新しいので今のところ満足です。

さて、ナビも新しくなりましたし、またクルマでどっか出かけましょうかね。

テーマ:AV機器・家電製品 - ジャンル:ライフ

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~オリャンタイタンボ 散策~

宿も決まったので暗くなる前にちょっくらオリャンタイタンボの街を散策。
5110501.jpg
どこへ行っても見事な石積みと石畳。
5110502.jpg
この裏山も遺跡。
5110503.jpg
この岩は人の顔に見える。
5110504.jpg
見事なインカ式台形の入り口。
ここに住む人は何百年も同じ石組みを使って住んでいると思うとすごいなぁ。
5110505.jpg
こちらの路地もいい感じ。石畳が美しい。
5110506.jpg
お!第一ヤギさん発見!!
5110507.jpg
除草作業お疲れ様です。(笑)
5110508.jpg
手前側の山も遺跡。
向こう側の山はなかなか印象的。
5110509.jpg
電線にはエアープランツが!
5110510.jpg
アルマス広場まで戻ってきました。
5110511.jpg
それにしてもこの山々は圧倒的。
5110512.jpg
アルマス広場一帯には売店や宿、レストラン、お土産屋など一通りそろっている。
5110513.jpg
オリャンタイタンボの街はどこにいてもたいてい水の音がする。
インカの時代からの水路が現在でも使われていて勢いよく水が流れているのだ。

ギリギリ遺跡見学もできそうなので行ってみますかね。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

熱帯性水草の路地栽培の結果

タイトルに露地栽培なんて書きましたが、ただ単にアマゾン旅行出発前にトリミングした水草をバケツに入れて庭の隅に放っておいただけです。(笑)

放り込んでおいたのはトニナ、ルドウィジア、ロタラです。いい感じで侘び草みたいになってます。(笑)
5110402.jpg
トニナも水槽内よりはだいぶ小型化しましたが、枯れずに生き残ってます。
雨水だけで維持しているので硬度が低くてかえって良いのかもしれません。
5110403.jpg
ルドウィジアやロタラはバリバリ水上化してますが、トニナは水上化しないと聞いていた通りでギリギリ水上化してません。
確かにアマゾンでも水上化したスターレンジはよく見かけますが、水上化したトニナは見たことありません。
5110404.jpg
この水面ギリギリがトニナの『限界』みたいですね。

だいぶ寒くなってきたのでこのあたりで見納めかな。
このまま放っておいたら間違いなく枯れるだろうけど、翌年復活するかな?さすがにムリか。


テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~オリャンタイタンボ 宿~

オリャンタイタンボの宿は、いくつか回ってみて良さそうな宿に決めましょうということにしてあったので事前に予約はしていない。
さぁ宿を探さねば!
5110301.jpg
ボク、いい宿知ってる?知ってるわけないか。(笑)
5110302.jpg
どデカいかぼちゃをトラックで運んでいた。
5110303.jpg
オリャンタイタンボのアルマス広場。
渓谷の谷底にある街なので太陽が山の影に隠れると一気に暗くなる。
5110304.jpg
小さいけど、小ざっぱりとしたいい感じの街だ。
5110305.jpg
街のすぐ後ろは山。そのほとんどがインカの遺跡らしい。
5110306.jpg
石畳の道。この道を通って乗り合いタクシーでやってきた。
5110307.jpg
路地もすべて石畳。街全体が遺跡の中にある感じ。
5110308.jpg
宿やバーが並ぶ。もともと遺跡だったところがそのまま店や宿になっている。
5110309.jpg
竹島さんの知り合いがオススメしていたというHostal El Tamboという宿を覗いてみる。
小学生ぐらいの男の子が出てきて「宿見せて」と言ったら親切に案内してくれた。
途中から宿の奥さんも出てきた。奥さんも感じがいい。
中庭があっていろんな木や花が植えられている。5110310.jpg
なんか実がなってる。
5110311.jpg
こちらは多肉植物かな?
5110312.jpg
こちらはフロント。
5110313.jpg
トイレとシャワーは外。シャワーは温水。
このあたりはシャワーがない宿が多いらしいので温水シャワー付きはナイス。
5110314.jpg
2階のテラス。床はギシギシ言うけどキレイに掃除されている。
5110315.jpg
テラスからの眺め。正面の山は遺跡。
5110316.jpg
部屋は四人部屋。シングルベッドが二つと二段ベッドが一つ。
部屋の中もキレイに掃除されていていい感じ。
5110317.jpg
この部屋を二人で使っていいとのことで一人20ソル(約700円)と格安なので即決。
WiFiはないから外でやってきてと男の子に言われる。(笑)

あっさりと、いい宿が決まって良かった。
さすが旅行者同士の情報は間違いない。意外とダメなのが地元民の情報。そりゃ地元民はまず地元のホテルに泊まったりしないのだから詳しいハズがない。これは海外に限らず国内でも言えることだ。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

アピストグラマ・ビタエニアータ ”ティグレ・ミノ”

ペルーアマゾン滞在中、漁師のジョニーがティグレ川に遠征に行って獲ってきたのがこのビタエニです。

ティグレ・ミノ。尻鰭のシマシマ加減が見事なキレイなビタエニです。
これが来た後にシノブローズレッドを獲ったのですが、そのときはこれと同じ魚なんじゃないかと思いました。
こうしてみるとぜんぜん違いますね。
このビタエニは9月の松坂便で日本に着ました。先月は他に60ペア引いてきたのでこちらはパスしたのですが、後になってやっぱり欲しくなり、10月便の輸入のときにまだアグアに在庫がいたので残り全部(と言っても3ペアほどですが)いただいてきました。
ただ、シノブ同様、日本の水槽内ではここまでの発色には至っておりません。どうにかこの発色にもっていきたいものです。
5110202.jpg
こちらはいっしょに採集してきたコリドラス・アルマータス。
丸丸としていてなかなかいいコリです。
5110203.jpg
こちらも同じくいっしょに採集してきた水中シダ。
シャーマンシダの名前で入ってきているものと同じ系統だと思いますが、こちらの方が一段とキレイです。
これらの魚や水草はティグレ川のイントゥトというところのインディオ保護区にあるケブラーダで獲れたそう。
4111614.jpg
ティグレ川というと、昨年、飛行機から見た、蛇行が印象的だった川です。
5110204.jpg
Google Earthより。
イントゥトの場所を調べてみたら、この写真の左上のかなりの上流。
曲がりくねったティグレ川だけに行くだけでもかなり大変そう。
ジョニーは一か月かけて採集してきたらしいですが、イキトス帰還後に見事にマラリア発症。
一生マラリアとお付き合いすることになってしまいました。

そんな大変な思いをしてジョニーが獲ってきてくれたアピストです。大事に飼ってやりたいと思います。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

アピスト水槽用底面クリーナー

我が家のアピスト水槽のうち、やたらと浮泥だらけの水槽があります。
その浮泥除去用の器具を作ってみることにしました。

それで昨日千葉ニュータウンまで行ったわけです。
カインズホームがまだオープンしてなかったのでジョイフルホンダでいろいろとパーツを買ってきました。
さすがジョイフルホンダ、なんでもそろいます。(笑)

買ってきたのはステンのパイプ(外径10ミリ)とチューブ(内径9ミリ 1メートル50円で3メートル)とホースニップル(370円)と塩ビのねじ込みソケットです。製作費千円以下。
5110101.jpg
それぞれを接続して完成。何も切ったりせずにカンタンに接続して作れるのがナイスです。
ソケット部分はバケツに入れる部分です。ホースのままだといつのまにかバケツから出ていて床を濡らしてしまうことがよくあるのでその対策でつけています。

塩ビの水道用品はいろいろと揃っているので楽しいですね。

ホントは立ち上げ用のポンプや中断用のバルブなんかもつけたいんですけどね。
とりあえず『吸って』(笑)立ち上げます。

究極は医療用の吸引器が欲しいです。(笑)
こういうやつですね。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (9)
旅行 (200)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (67)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (348)
酒・飲み物 (50)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (319)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (4)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (108)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (37)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。