2013-10

カインズモール千葉ニュータウンオープン

発展著しい千葉ニュータウンにまた新しいショッピングモールができました。
カインズモール千葉ニュータウンです。
場所は千葉ニュータウンのど真ん中のコストコの隣です。
ホームセンターのカインズホームとその系列のベイシアというスーパーを中心に回転寿司の銚子丸なんかの飲食店もいろいろ入ってます。
5103101.jpg
ホームセンターのカインズホームは来週オープンでまだ入れませんでした。こちらもオープンしたら来てみますか。
5103102.jpg
スーパーの方は開店セールでいろいろ安くてやたらと混み合ってました。
5103103.jpg
肝付きのウスバハギの刺身なんてのが安かったので買ってみたら、見事に苦玉(胆嚢。これを潰すと苦くて食えなくなる)潰れてて苦くて食えたもんじゃありませんでした。
スーパーの鮮魚部に苦玉の知識がある人がいないんですかねぇ。
5103104.jpg
肉はたまにはいいの食おうと思って松坂牛を買ってみました。
確かに脂がサラっとしていてうまいのだけど、最近この手の霜降り肉食うと胸焼けがしてダメ。もう年ですな。汗

いやーそれにしても千葉ニュータウンはすごいです。
街そのものも海外の住宅街みたいだし、道路も広くて便利。ジョイフルホンダだけでも十分なのにありとあらゆる店があって便利です。
つくばエクスプレス周辺も発展が著しいですし、常磐線沿線は完全に置いていかれているなぁと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

一眼のレンズ壊れる

現在、愛用のカメラはキャノンのEOS KISS X4、レンズはEF-S18-135mm F3.5-5.6 ISなんですが、先日のアマゾン旅行中にレンズの中からカラカラと音がし始め、ズームとフォーカスが引っかかるようになり、ついにはズームもフォーカスも回らなくなってしまいました。
おそらくレンズの中の部品が外れたか、隙間から細かい砂が入ってギヤが欠けてしまったものと思われます。
どうしてもアマゾンなんかを旅行していると、船やモトカロに乗っているときにレンズのズームするあたりの隙間から細かい砂が入ってしまうんですよね。それで壊れたんだと思います。

調べてみたら、これ修理すると2万ぐらいかかるみたいです。
新品で買うと、最新版のSTMは約5万します。
これ一本で旅行中はたいていの撮影に事足りる使い勝手のいいレンズなのでこのレンズは使い続けたいんですよね。

まぁもう3年使っているのでそろそろ買い替えの時期でもあるんですよね。
次欲しいなと思っていたのは、
EOS 70Dなんですがボディのみで約11万円です。
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMレンズ付きだとボディ価格プラス3万で買えるんですよね。
既存のレンズを修理したり、レンズだけ買うよりこっち買った方がお得かも知れません。

ただ、70DはKISS X4よりボディが200グラムも重たいのがネックなんですよね。

以前、EOS 5D Mark2を譲ってもらえる話もあったのですが、確かに映りはめちゃくちゃいいんですけども、あまりの重さに断念しました。あれはとても旅行なんかには持って行けません。盗難に遭ったり、水没させたときのショックもハンパないですし。汗
やはり旅行のときは軽さは命です。そんなわけでKISSを使い続けているんですけどね。(笑)

70Dを買ったら旅行のときは従来通りX4で、家で使う場合は70Dという感じで使い分けますかね。

テーマ:Canon Photo - ジャンル:写真

アグア10月松坂便

10月の松坂便が到着するとのことで佐倉のアグアの温室まで手伝いに行ってきました。
今回はユナイテッド航空(旧コンチネンタル)で来たそうです。

とんでもなくデカいデンキウナギ。こんなデカいのも無事到着です。
5102902.jpg
手を突っ込むと数万ボルトの電気に感電してヘタするとあの世行きになります。汗
5102903.jpg
アピストも9種類来ていました。
5102904.jpg
ロングフィンビタエニ。
5102905.jpg
モラード。
5102906.jpg
アルゴドン?
5102907.jpg
アピストグラモイデス プカルパエンシス。
他にはまっ黄色のトラユル、ディアマンテなども来ていました。
今回はトリプルAクラスのディスカスが素晴らしかったです。

個人的には、ディマンテとモラード、先月の在庫からティグレミノを引いてきました。
また写真が獲れたらブログに載せたいと思います。
ホントはトラユルやプカルパエンシスも欲しかったんですが、水槽満室でもう入れるところがありません。泣く泣く断念しました。

松坂さん、土屋さん今回もいい魚ありがとうございました。 また来月も楽しみにしています。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~オリャンタイタンボへ~

マチュピチュへ旅行する場合、リマからクスコに来てクスコで一泊して翌日マチュピチュに行くパターンが一般的らしい。ただ、標高3400メートルのクスコにいきなり来て一泊すると高山病にかかるリスクが高くなるそう。
そこでガイドの竹島さんオススメなのがクスコとマチュピチュの間のオリャンタイタンボで一泊するプラン。オリャンタイタンボは標高2800メートルと比較的低いため身体もラクな上、マチュピチュまで近いのでクスコから鉄道でマチュピチュまで行くより安く早く行ける。というナイスなプランなのである。
クスコからオリャンタイタンボまではコレクティーボ(乗り合いタクシー)で行くとの事。

歩いてオリャンタイタンボ行きのコレクティーボ乗り場へ。
5102802.jpg
コレクティーボはハイエースみたいなワゴン車にすし詰めで乗せられる。満員になったら出発。
ずっと待ってたらしい客のおっさんが『バモス!バモス!(さぁ行こう!)』と叫んでいた。(笑)
5102803.jpg
Google earthより。
クスコからオリャンタイタンボまでは標高3800メートルのチンチェーロという街を通る峠越え。
当然、ワインディングの峠道でおまけに運転手が飛ばす飛ばす。軽い高山病で気持ち悪いうえにすし詰めの車内ですっかり車酔いしてしまった。あたりの絶景は見る余裕もなく、ひたすら目を瞑り左手首の乗り物酔いのツボを押しまくり必死に耐える。当然写真は一枚も撮ってない。汗
峠を越えたところで街に着いた。2時間ぐらいかかるような話だったが、1時間ちょっとで着いてしまった。もう吐く寸前だったのでホっとする。
ところでここがオリャンタイタンボ?
5102804.jpg
ここはオリャンタイタンボではなく、その手前のウルバンバだった。
どういうわけか山の斜面に711とか書いてある。セブンイレブンの総本山か?と思ったら選挙が7月11日にありますよ。的なメッセージらしい。
ここからオリャンタイタンボ行きのコレクティーボに乗り換え。
オリャンタイタンボまで直行ではなかったが、結果的にここで一休みできたので良かった。直行だったら確実に吐いてたと思う。汗
ウルバンバからオリャンタイタンボまでは20キロほどで30分もあれば着くとのこと。5102805.jpg
ウルバンバもオリャンタイタンボもインカの聖なる谷の谷底にあり、道は概ね平坦。ここなら酔わない。
5102806.jpg
景色を見たり、写真を撮る余裕も出てきた。すごい山だ。
5102807.jpg
コレクティーボは地元民の足なので当然乗客はほとんど地元民。途中で何度も乗り降りする。
しばらくすると道路がペルーレイルの線路と平行に走るようになる。
5102808.jpg
向こうからペルーレイルの列車がやってきた。明日はあれに乗る。
5102809.jpg
線路の向こうは川。ウルバンバ川といい、この川もアマゾン河の支流のひとつだったりする。
5102810.jpg
オリャンタイタンボの街に近づく。
5102811.jpg
道路が石畳に変わった。終点の街まであとちょっと。
5102812.jpg
オリャンタイタンボに到着。クスコからは2時間弱。交通費はたったの7.5ソル(約270円)と激安。

さて、宿を探しますか。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~クスコ市内観光 史跡めぐり~

クスコ市内観光はまだまだ続きます。
5102701.jpg
噴水のある一角。
5102702.jpg
スターバックスの裏側。こちらが入り口。
5102703.jpg
スタバの入り口に繋がれていたワンコ。ラブラドールかな。
5102704.jpg
道端のお土産屋さん
5102705.jpg
アルパカ一家登場!
5102706.jpg
実はこれが初アルパカ。思わず写真を撮ってしまう。(笑)
これも『プロ』のモデルさんで一人1ソル(ホントは写真一枚1ソルらしい。)徴収。
もちろん子どもにも取られる。汗
5102707.jpg
ラ・メルセー教会。
ドーム型の屋根が見事。
5102708.jpg
立派なホテルの中庭。
5102709.jpg
一泊3万円ぐらいするらしい。
とても貧乏旅行人には泊まれない。ハネムーンなんかだったらいいかも。
5102710.jpg
遺跡がそのままホテルになっているのがすごい。
5102711.jpg
これはどこの門だったっけ。
5102712.jpg
サントドミンゴ教会の石垣。
ここは元はコリカンチャというインカの太陽の神殿でこういう丸い石垣は高貴な場所だったらしい。
5102713.jpg
土台はインカの神殿で上部の教会はスペインの征服後に建てられたもの。
5102714.jpg
見事な石組みです。
5102715.jpg
神殿には金銀財宝でいっぱいだったらしいが、すべてスペインに持って行かれてしまったそう。
5102716.jpg
インカの時代からある水路です。インカの水道技術は非常に高く、あちこちに現存しています。
5102717.jpg
サントドミンゴ教会全景。

さてそろそろオリャンタイタンボに向かいますか。


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

相次ぐ熱帯魚雑誌の休刊

熱帯魚雑誌の『楽しい熱帯魚』。今月は本屋に並んでないなぁと思っていたら9月で休刊してました。汗
『楽熱』はつい最近、全面リニューアルしたばかりだったのだけど不発に終わったんでしょうね。

『楽しい熱帯魚』はちょうどわたしが熱帯魚始めたばかりの高校生のときに創刊したんですよね。
出版元はまったく熱帯魚業界とは関係ないエ○本の会社なのでそれまでのしきたりに縛られない自由奔放な紙面作りをしていたんですよね。例えばそれまで既存の雑誌ではご法度だった個々のお店の値段を載せた広告は衝撃でした。
内容的には初心者向けの情報が多かったですが、既存の雑誌にはあまり載ってなかったDIY系の記事が多かったのはナイスでした。

ただ、熱帯魚の素人が作っている雑誌だけあって誤植や間違った情報がやたら多くて、この雑誌を見て情報を仕入れたお客さんがバイト先のショップに来て、『アナロワください。』「アロワナですよね?」『いや、楽しい熱帯魚にアナロワって書いてあった!』なんてやりとりがあったり、水草のカタログ的な記事で写真と名前や解説が全部ズレててやっぱりそれ見て来たお客さんに『この店の草の名前は間違ってる。』と指摘されたこともありました。汗

個人的には、何度かわたしの撮った写真やHPの紹介が載ったことがあります。
5102601.jpg
ただ、この会社は写真提供しても一切ギャラくれないし、掲載号の献本もないんですよね。
メール一本で『HPの写真載せていいですか?』「いいですよ。」『はい。ありがとうございます。』で終了。
逆に今まで良く持ったなぁとも言えますね。

当時は業界一位の出版数を誇った『フィッシュマガジン』も今は隔月だし、残る月刊誌は『アクアライフ』だけになってしまいました。
内容はともあれ、選択肢が減ってしまうのは寂しいことですね。

と思ってたら、なんと『フィッシュマガジン』も来年の1月号で休刊が決まったそうです。
ネット全盛の現代、むかしと違って情報がタダでタイムラグもなく入る世の中になり、出版業界も厳しいんでしょうね。

残る『アクアライフ』にはがんばってもらいたいものです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

アケビ

今年は暑かったせいか庭のアケビが豊作です。

糖度もかなり高く甘くておいしいです。
大き目の方が甘味が強く、食べごたえもあっておいしいですね。

アケビの木は一本だけでは受精せず、他の木の雄しべを雌しべにつけてやる必要があります。

今年もパッションフルーツに挑戦したのですが、今年はぜんぜんダメでした。
やはり高温に弱いらしく暑かった真夏はまったく花を付けませんでした。

来年は早めに挑戦してみたいと思います。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

アマゾン 祭の後症候群?

アマゾンから帰国して丸一か月が経過しました。
帰国直後は時差ボケや腹痛でかなりの体調不良となり、体重も高校生以来の2ケタまで減ったりしていたのですが、帰国後20日ほどで全快。食欲も戻り、体重も無事?3ケタに回復しました。(笑)

ただ、体調が戻った後もなんか常にぼーっとして仕事が手につかないのです。
やらなきゃいけないのがわかってるのについつい後回しにしてしまう。
雑誌に掲載される予定の今回の旅行記も気付いたら締切が迫っていてやっとこさ仕上げました。

ブログも更新しなきゃと思っているのに、明日でいいか。と思っているうちに更新しないまま一週間経ってしまう。

うーん。どうも変だ。この話をアマゾンに行ったことがある人に話してみました。
アマゾンに何度か行ったことがある某ショップの店長も、こないだ同時期にアマゾン入りしていたTさんもやっぱり帰国後はおかしくなるそう。店長は帰国後一か月以上やはり仕事が手につかなかったそうで、水草をトリミングしようとしてハサミ握ったままぼーっとしていたこともあったらしい。
お二人ともやっぱりそうだよね。アマゾン行って帰ってくるとおかしくなるよね。という結論でした。

どうもこれって言わゆる『祭りの後症候群(燃え尽き症候群)』なんじゃないかと思うんですよね。
アマゾン旅行という非日常、おそらく人生で数度しかない大ハレ舞台。毎日がイベント満載で緊張、感動、歓喜といった感情の高まりの連続を数週間続けて、ごく日常生活の日本に戻ってきたら、やっぱりおかしくなるんでしょうね。

むかし、戦争に行って日本に復員して帰ってきた兵隊さんがやはりおかしくなって、何も手につかずひたすらブラブラしていたそうです。戦争ブラブラ病なんて呼ばれていたそうですが、なんとなく気持ちがわかる気がします。

それぐらいアマゾンもすごいところです。


さて、そろそろマヂメに仕事しないといろいろヤバいぞ!っと。汗

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~クスコ市内観光 石壁めぐり~


アルマス広場から裏路地へ。
石畳の道を地元のクルマが走ります。高校生のころゲーセンでよくやったクルマのゲームがヨーロッパの石畳の街並みを走るゲームでした。それを思い出しましたね。
5102302.jpg
インカの石壁は隙間なく積み上げられているのだが、ここの石壁は一段とすごい。
5102304.jpg
隙間ができないように四角だけでなく五角、六角・・・と一個一個加工されているのである。
このあたりになんと12角の石があるという。
5102303.jpg
さて、どこだろう。
ちなみにこの子どものように壁に触ると警備員に怒られるので注意。
5102305.jpg
この石同士の入れ込み方!
日本の城の石垣もすごいと思ってたけど、インカの石組には足元にも及びません。
5102306.jpg
これは何角になるんだろう?
5102307.jpg
8角?
5102308.jpg
見つけました。12角です。
なんで12角なのかは1年の12月を示しているとか王族が12人いたとか諸説あるらしいです。
岩壁巡り、これはなかなか楽しいかも知れない。(笑)5102309.jpg
さらにこの先には12角の上を行く14角!があるそうです。
5102310.jpg
ありました!意外と小さいですが。
5102311.jpg
こちらが14角です。うーん。ちと無理矢理感がありますが、確かに14角です。
先ほどの12角もそうですが、こういう石って特に意味はなくて単なる職人の腕自慢や暇つぶしだったような気がしてならないんですけどね。(笑)
5102312.jpg
こちらの裏路地も両サイドが石壁です。
5102313.jpg
見事な石壁です。石のサイズもバラバラです。
レンガのように長短2種類の組み合わせで積み上げて行けばいいと思うのですが、むかしのインカの人はそれは許せなかったんでしょうねぇ。
5102314.jpg
古代インカの石壁の中にあるATM。なんともシュールです。(笑)



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~クスコ市内観光 昼食~

ちょうどお昼も過ぎたので昼飯を食べることに。

アルマス広場の一角のレストランに入る。
5102212.jpg
店の名前はプカラ。
5102213.jpg
素焼きの器がいい感じ。
5102214.jpg
メニュー。この店は日本人が経営しているそう。
5102215.jpg
どうも軽めの高山病になったらしく、少し吐き気がする。時差ボケ+寝不足もありちとキツい。
高山病に酒はご法度ということで、アグアコンガス(炭酸水)で我慢。
高地で飲む炭酸水は泡がデカく、飲むと胃の膨張感が強い。これは初体験。
食事は軽めにとることにした。5102216.jpg
ジャガイモのスープ。ふだんインスタントばかり飲んでいるのでこれはうまい!
5102217.jpg
サラダ。ペルーのサラダは彩りも良く美味しい。
腹も落ち着いたところで市内探索を続行。
5102218.jpg
アルマス広場はかなりキレイにしてます。
5102219.jpg
こんな路面電車風の観光バスも走ってます。
5102220.jpg
街に溶け込んでいるけど、実はスターバックスだったりする。
オススメのトイレポイント。お世話になりました。(笑)
5102221.jpg
カテドラル。ものすごい重厚感。
よく見ると一つ一つの彫刻が細かい。5102222.jpg
500年も前からここにあるのはすごい。
5102223.jpg
カテドラルのそばにいたヤギねーちゃん。
『プロ』のモデルで写真撮影は有料。一人1ソル。

クスコ市内観光はまだまだ続きます。


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~クスコ市内観光 アルマス広場周辺~

中央市場からアルマス広場へ。
5102101.jpg
石造りの門をくぐる。
5102102.jpg
クスコの街はもともとインカ帝国の首都。1500年代にスペインから来た征服者がインカの神殿をぶっ壊してその石組の土台の上に教会などを建てたらしい。その石組は未だに健在でその石組の上に建物が建てられている。
5102103.jpg
インカの岩壁。見事なまでに隙間なく岩が積まれている。
5102104.jpg
サンフランシスコ教会。
5102105.jpg
さすがペルー一の観光地だけあって観光客が多い。
5102106.jpg
ラ・メルセー教会前。
5102107.jpg
黄金文化のインカらしいパフォーマンス。
5102108.jpg
まもなくアルマス広場到着。
5102109.jpg
アルマス広場着。
ペルーはどんな街にも中心に教会があり、そこにアルマス広場がある。
5102110.jpg
左がカテドラル。右がラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会。
5102111.jpg
この建物は1650年に再建されたものらしい。
5102112.jpg
噴水は清掃中(笑)
5102113.jpg
見ごたえがある建物です。
5102114.jpg
カテドラル。1550年から100年がかりで建てられたという。
ここの鐘は南米一の大きさを誇るらしい。
5102115.jpg
クスコは盆地なのでどの方向も山に囲まれている。
5102116.jpg
ペルーでは街を見下ろす丘には街の守り神として必ず十字架が建てられるそう。
5102117.jpg
リオデジャネイロみたいなキリスト像が山の上にある。
5102118.jpg
こちらの山は十字架。

さて、そろそろ昼飯でも食いますか。


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ザ・プレミアム・モルツ うまい!が、すごい。専用ケース届く

先日、ザ・プレミアム・モルツ うまい!が、すごい。フルセット届くという記事を書きましたが、後日発送となっていた専用ケースが届きました。

これがとんでもなくデカい!!ヘタなアタッシュケースよりもデカいです。汗
とてもじゃないですが、これを持って友達のとこに電車で行く。なんてのはムリなサイズです。汗
5102002.jpg
開いてみるとこの通りです。
5102003.jpg
確かにフルセットがキレイに収まるんですが、このケースのデカさにはドン引きしました。汗
グラスのスタンドがいらないのでその分ケースを小さくして欲しかったですね。


テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

船シリーズ第51弾! ~護衛艦いずも~

今日は久しぶりに横浜の現場に行ってきました。
今回は一眼を持って行かずコンデジでの撮影なので写真イマイチです。

前回は5月に行きましたが、そのときはまだドック内で建造していた22DDHが8月に進水して『いずも』と命名されました。個人的には『あかぎ』か『かが』と命名されると予想していたので『いずも』は意外でした。
現在は艤装岸壁で艤装中です。
5101902.jpg
右舷斜め前方より。
5101903.jpg
右舷斜め前方より全景。
5101904.jpg
正面より。さすが軍艦だけあってシャープな艦首ですね。
5101905.jpg
左舷斜め前方より。
5101906.jpg
左舷正横より。コンパクトな艦橋です。
内火艇もキレイに収まってますね。
5101907.jpg
左舷斜め後方より。この角度が一番『空母』っぽく見えますね。
5101908.jpg
左舷艦尾。艦尾の『いずも』の艦名を見たかったのですが、これ以上接近できませんでした。

という訳で初めて『いずも』の全景を見ることができました。
さすが19500トン、長さ248メーターと海自史上最大の艦だけあって迫力がありますね。

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

釣ったお魚フルーコース

今日は朝から、昨日釣ってきた魚の魚料理のオンパレードです。

まずはカワハギから。
釣ってすぐに活け締めし、血抜きもしてますので鮮度はバツグンです。
カワハギはとてもカンタンに調理ができます。頭の上の棘の下に切れ込みを少々入れ、あとは手で割くようにちぎるとこんな感じで見事に真っ二つになります。このキモのデカいこと!
あとはキモを丁寧に取り外し(苦玉を潰してしまうと台無し)、皮を剥いてやるだけであっという間に下ごしらえ完了です。
5101802.jpg
このキモがたまらないのです。わたし的には世の中で一番うまいものがこのカワハギのキモだと思っとります。(笑)
5101803.jpg
キモと刺身。
5101804.jpg
キモはキモ醤油にして刺身にあえて食べます。
これがとんでもなくうまい!
今回釣ったキモの中で特にうまいキモがいくつかありました。明らかに油分が高く、きめ細やかクリーミーで舌の上でとろけるのです。今まで食ったキモの中で一番のうまさです。これって個体差?地域差?性別?完璧に活け締めしたから?とにかく、このキモのうまさには恍惚の表情を浮かべてしまいました。(笑)
他にもあれこれと作りました。5101805.jpg
カワハギの煮つけ。
5101806.jpg
カワハギのフライ。

5101807.jpg
トラギスの天ぷら。
これがフワフワで絶品!トラギスは外道ですが、絶対持って帰って食べた方がいいです。
5101808.jpg
トラギスのフライ。
フライよりも天ぷらの方がおいしいかも。
5101809.jpg
メイチダイの塩焼き。
この時はマダイだと思ってて食ったらぜんぜん味が違くてビックリ。
メイチダイは刺身がいいみたいですね。
この他に、カワハギを入れた鍋も作りました。また、カワハギの身だけ切り出して天ぷらにしましたが、これまた絶品でした。

という訳で大満足の釣ったお魚フルコースでありました。(笑)


テーマ:鮮魚 - ジャンル:グルメ

カワハギ釣り

今日は釣り具屋やってる大学の同期と東京湾のカワハギ釣りに行ってきました。
カワハギ釣りは非常にスキルの求められる釣りでなおかつ釣ったカワハギのキモがめちゃくちゃうまいので一度釣りに行ってみたいと思っていたんですよね。

今日は久里浜の山下丸で出漁しました。
5101702.jpg
ポイントは久里浜と剣崎と間。
台風一過で天気は良かったものの、北風が10メーター近く吹いています。
釣りにならないかな?と思いましたが、意外と平気でした。
さすが釣り船ですね。凌波性もいいですし安定感があります。
仕掛けはこんな感じです。
5101703.jpg
ビーズの付いた三本針。
5101704.jpg
カワハギは好奇心が強いのでこんな集魚板を付けます。
5101705.jpg
エサはアサリのむき身です。
カワハギは頭がいいのでエサの付け方も工夫してやらなければなりません。
こんな感じで仕掛けもキレイでエサも虫エサではないので女性にも人気がある釣りだそうです。
実際何人か女性の釣り客も乗っていました。
5101706.jpg
さっそく釣れましたが、フグやトラギスばかりでなかなか本命のカワハギが釣れません。
5101707.jpg
ようやくいいサイズが釣れた!と思ったらタイでした。
釣った時はマダイかと思ってましたが、メイチダイというフエフキダイ科の魚でした。
5101708.jpg
ようやくコツを掴んできて本命ゲット!これぐらいのサイズがコンスタントに釣れるとおもしろいんですけどね。
当たりが小さく、なかなか乗りません。確かにこの釣りは難しい。
何度かバラシもあって結局カワハギは6匹でした。
もうちょっと釣りたい所でしたが、帰り道の橋がくぐれなくなるというので早上がりとなりました。5101709.jpg
ここの船は低い橋をくぐるため、自動でマストが倒れ、ブリッジが引っ込む構造になっています。
5101710.jpg
この通り。よく出来てますね。
5101716.jpg
ただ、この日は台風による異常潮位で橋がくぐれませんでした。
5101711.jpg
結局、船外機のついた足舟に乗り換えての帰還となりました。
5101712.jpg
無事帰還。かなり水位が上がっていて桟橋も水没しています。
こういうこともあるので長靴必携ですね。
本日の釣果はこの通り!
5101713.jpg
左半分がわたし。(トラギスは二人分。)右半分が同期です。
5101714.jpg
こちらがわたしの釣果。小さいのはリリースすれば良かったかも知れません。
5101715.jpg
こちらは同期の釣果。サイズを揃えてくるところがさすがです。
同期は自分が釣った分を惜しげもなくプレゼントしてくれました。ありがたくいただきました。
これだけカワハギがあると夢のようなカワハギ尽くしが楽しめます。

というわけで初めて行った割にはまずまずの釣果でした。
これはなかなかハマりますね。今シーズンあと何度か行ってみたいと思います。

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

台風一過

昨日は無事、台風がやってくる前に自宅に到着しました。

今朝は台風が直撃しましたが、久しぶりの本格台風でしたね。風速30メートルはすごいです。
雨も昨日から250ミリも降って庭も池のようになってしまいました。

昼前に雨も上がり、風も収まってきたので、台風で散歩行けずに膀胱満タンの愛犬ハルと近所の川の土手まで行ってきました。
『川の様子を見に行った男性が川に落ちて流されました。』てなニュースにならないように慎重に川を見てきました。

ありゃ河川敷が水没しています。
今回の台風は川そのものはたいして増水していないのですが、一晩で250ミリもの雨が降ったので雨水で河川敷が水没したようです。
5101602.jpg
結構大きな水たまりになっています。
5101614.jpg
ゴルフ場のカートも水没してしまっていますね。
ふだん台風のときは増水に備えてカートとかはもう一段上の土手に上げるのですが、今回は油断したようです。
5101603.jpg
水深は20センチほどで深くないです。
ちなみに本格的に本流があふれるとこのあたりは魚だらけになります。
5101604.jpg
電車の鉄橋の下も大きな水たまりができてます。
5101605.jpg
運転再開したばかりの電車がゆっくりやっくり鉄橋を渡っていました。
5101606.jpg
まだ風が強いので愛犬ハルも険しい表情をしています。
5101615.jpg
国道の橋の下にも大きな水たまりができていました。
5101607.jpg
支流から本流に流れる水路。濁流になってましたが、今回は本流の水位があがっていないようでバンバン放流していました。本格的に水位が上がるとこのすぐ足元まで水が来ます。
5101608.jpg
遊水地の方も部分的に雨水が溜まっただけのようです。
午後からはちょっくら用事があって佐倉のアグアの温室まで行ってきました。5101609.jpg
台風一過で空気が澄んでいてまるで南米のような空です。
途中、印旛沼周辺はあちこち水没していてアグアの温室も心配でしたが、多少土地が高いようでまったく問題ありませんでした。
5101610.jpg
印旛沼横の川。橋の下ヒタヒタまで水位が上がってます。
5101613.jpg
川幅も普段の倍以上でしょうか。
5101611.jpg
印旛沼も普段より2メーター以上水位が上がっています。
5101612.jpg
増水でカミツキガメもいっしょに溢れだしているんじゃないでしょうか。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

松崎・石部の棚田

西伊豆・松崎滞在3日目です。
毎日温泉三昧でうまいもの食って酒飲んで極楽生活です。

台風が接近しているので今日は早めに帰ることになりました。

帰る前にこのあたりの名所の石部の棚田を見に行ってきました。

海沿いから細く曲がりくねった道を登って行きます。
原チャリを借りて行ったので楽勝でしたが、クルマだとちとキツいかも知れません。
5101502.jpg
台風接近で曇ってますが、晴れていれば眼下に駿河湾も見える絶景です。
5101503.jpg
見事な棚田です。こないだ行ったペルーのインカの畑も見事な段々畑でしたが、こちらも負けていません。
5101504.jpg
白い札のようなものは棚田のオーナー制度によるもので一区画年間35000円でオーナーになれるそうです。
5101505.jpg
水車小屋がいい感じです。
5101506.jpg
むかしながらの『はざ掛け』です。
5101507.jpg
ホント、日本の原風景という感じでいいですね。一眼持って来れば良かったなぁ。

というわけで突然の伊豆松崎旅行でしたが、非常に良い時間を過ごせました。
連れて行ってくれた先輩、お世話になった元役員さんありがとうございました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

下田・釣り

今日は松崎から下田に来ました。

爪木崎です。沖に8月にクルージングで行った利島や新島が見えます。
5101402.jpg
台風接近で海が時化つつあります。
ちょっとここいらで釣りをしてみました。
本命はキスだったのですが、メゴチはポツポツ釣れるもののキスはまったく釣れません。そこで小型美魚釣りに走ってしまいました。(笑)
5101403.jpg
ニシキベラですね。キレイです。
5101404.jpg
ヨスジフエダイですかね。
5101405.jpg
ベラの仲間?
5101406.jpg
カゴカキダイですね。
他にギンポやハゼなども釣って6種類達成(笑)。
って最近釣りに行くとこういう方向に走ってしまうのはよくないですなぁ。汗
帰りに下田の懐かしいところに寄ってみました。
5101407.jpg
観光船の黒船です。
5101408.jpg
黒船のバックは黒船ホテル。子どものころ、毎年夏休みは下田に来てこのホテルに泊まっていました。
5101409.jpg
この桟橋でよく釣りをしました。アジを250匹釣ったこともあります。
あれから25年ぐらい経ちますがまったく変わってないですね。

松崎でもう一泊して明日帰ります。


テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

伊豆・松崎へ

今日は久しぶりに船の仕事だったのですが、仕事終わった後に『このあと伊豆に行くけどいっしょに行く?』と元職場の先輩に誘われ、二つ返事で連れて行ってもらっちゃいました。(笑)
今日は日帰りの仕事のつもりだったのでカメラも着替えも何も持ってません。汗

5時間ほどのドライブで到着したのは西伊豆の松崎。
松崎に元職場の元役員さんの別荘があり、そこに泊まらせてもらうことになりました。
元役員さんとは10年ぶりの再会です。こちらの別荘には15年ほど前に2回遊びに行ったことがありました。

別荘には温泉を引いていて掛け流しで最高です。

アマゾンから帰国後、忙しい毎日で温泉でも行ってゆっくりしたいなぁと思ってましたのでちょうど良かったです。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

水槽部屋のサーキュレーターを新調

我が家では三畳ほどの水槽部屋で30本ほどの水槽をエアコンつけっぱなしで管理しています。
三畳の狭い部屋とは言え、エアコンだけでは室温のムラが生じるのでサーキュレーターで室内の空気を撹拌して温度ムラをなくしてやります。
そのサーキュレーターとしてこちらの製品を使用しておりました。
ハイ。四国にいたころに出張先の松山のホテルの部屋が暑くてたまらずに隣のホームセンターで購入した扇風機です。前の仕事をしていたころは常に出張のお供でした。(笑)
退職後、実家に戻り水槽部屋を作ってからは水槽部屋で365日24時間つけっぱなしで使っていたのですが、先週ピタリと止まってしまいました。分解して掃除してみたのですが、ものすごくゆっくりファンが回るもののまったく風は起きず、使い物になりません。モーターが逝ったようです。購入したのが2007年。6年の使用で寿命を迎えたようです。
で、代わりにいいサーキュレーターがないか探していたのですが、音羽の師匠にお店でも使っているVORNADO(ボルネード)をオススメされました。
調べてみたら、VORNADOは主にこの4機種が水槽部屋に向いているようです。




以上の4点です。違いとしては550JPと650JPがプレミアムシリーズで530Jと630Jがノーマルの製品です。
プレミアムシリーズの方が値段が高いですが、米国製で3年補償、音が静かで消費電力も小さいという特徴があります。ノーマルの方は中国製で2年補償、消費電力がやや大き目となっています。
数字の大きい方がより大きな部屋向きです。

さて、どの機種にしようか迷ったのですが、中国製のノーマルの方が壊れやすいという話も聞きましたし、つけっぱなしで使いますので消費電力が小さい方がランニングコストがかかりません。というわけで6~12畳用の550JPに決めました。
楽天で8450円でした。ポイントを使って送料込6000円でゲットです。

さっそく届きました。パッケージは日本語で書かれています。
5101202.jpg
なんとなく『残念な日本語』っぽく見えますが、一応『ちゃんとした日本語』です。(笑)
5101203.jpg
アメリカのカンサス州で作っているんですねぇ。
それにしても『生産国:米国』がちょっとひっかかります。フツーにMade in USAとか、アメリカ合宿国製とか書けばいいと思うんですけどね。アメリカって空港の書類なんかでもそうですが、日本語を自国を表現するとき『米国』という表現が好きですよね。
5101204.jpg
パッケージの四方には商品の説明が書かれてます。
あら。ボルナドって書かれてます。ボルネードじゃなかったの?(笑)
5101205.jpg
20メートル先まで風が届くの驚異的。
5101206.jpg
室内の空気を撹拌するので冷暖房効果が上がるとの事。
前置きが長くなりましたが5101207.jpg
こちらが製品です。想像よりちっこいですね。
デザインはアメリカ製らしい大雑把なデザインでイマイチです。汗
5101208.jpg
おもしろいのがスイッチ。ストップの次が風量最強でその次が中で最後が小の三段階です。
変な順番ですね。さすがアメ公の作る製品です。(笑)
5101209.jpg
設計寿命は8年とのこと。なかなかの高寿命じゃないですか。
ってよく読むと、年間110日の使用で1日5回、8時間使用した場合に8年なのでつけっぱなしだと9倍使うことになるので寿命は1年ぐらいってことですかね。
5101210.jpg
さっそく水槽部屋に置いてみました。比較のため古い方の扇風機も置いてみます。
サイズはボルネードの方が小さいですが、風は明らかにボルネードの方が強いです。
音は風量が強だとかなりうるさいです。中以下にすると気にならなくなります。
水槽部屋内の空気の撹拌効果はかなり高いです。部屋の中の温度が均一になったのを実感しました。

わたしの場合、水槽部屋というちょっと特殊な環境ですが、リビングに置いてエアコンの効果を高めるために使うとかなり効果があると思います。(本来そういう使い方用。)
値段もまずまずですし、ぜひ使ってみてください。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

アピストグラマ・ビタエニアータ ”シノブローズレッド”

今回のペルーアマゾン旅行で採集してきたアピストグラマ・ビタエニアータ”シノブローズレッド”ですが、こちらもだいぶ色が出てきました。
5101103.jpg
各ヒレのオレンジの乗り具合、尻鰭の縞模様とかなり派手でキレイなビタエニです。
5101104.jpg
写真イマイチですが、ヒレを広げるとこの通り。
5101105.jpg
この通り、ヒレも長いです。
5101106.jpg
右下の個体は同一の場所で採集した個体ですが、ヒレにオレンジ色は乗っていません。
ただ、現地での採集直後はこんなもんじゃなく、もっともっとキレイでした。
5101102.jpg
この通り、ヒレの色、尻鰭の縞模様がもっと濃くて、強烈な印象でした。
今回の採集で一番のヒットです。

これだけのポテンシャルを持つ魚です。ぜひこの色は水槽内でも再現したいですね。
ちなみに採集場所ですが、
5101107.jpg
イキトス近郊ナナイ川水系の三日月湖の岸辺です。
5101108.jpg
この通りのブラックウォーターで落ち葉が積もっています。この中にいます。
水質は、pH5.1でした。

こちらも総勢20ペアほどいるのですが、キレイにオレンジ色を出しているのはほんの数ペアです。
もうしばらくのトリートメントの後、オークション出品する予定です。
ご興味のある方はよろしくお願いします。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

アピストグラマ・アガシジィ ”アレモンスーパーレッド”

今回のペルーアマゾンで採集してきたアガシジィ”アレモンスーパーレッド”がだいぶ落ち着いてきました。

60×45×45水草水槽に20ペア収容しています。
このアガシジはこんな場所で採集してきました。5101005.jpg
レケーナから2時間半ほどボートで遡上した地点。
アレモン川へ湖から流れ出す小川です。
5101006.jpg
幅は1.5メートルほど。深さは1メートルもありません。落ち葉が水面近くまで積もっています。
採集したエリアはここの30メートルほどのエリアです。
5101007.jpg
水質はpH5.0、水温27.4度です。
このように非常に狭いエリアでの採集でしたが、いろんなカラーバリエーションが混じっているのに気付きました。
5101002.jpg
尾鰭に赤が乗らないタイプ。
5101003.jpg
尾鰭に半分だけ赤が乗るタイプ。
5101004.jpg
尾鰭に赤が乗るタイプ。

といった感じです。さらに背びれの色の乗り具合も個性があります。
いずれもボディはメタリックでキレイです。

これだけいろいろバリエーションがあると見ていて楽しいですね。
ワイルドの個体をいっしょに入れて観察できるのも採集者ならではの楽しみです。(笑)
また、今回は初めて水草水槽にアピストを入れてみましたが、なかなかいいですね。これからは水草水槽にもアピストを入れてみようと思います。

これらの個体はもうしばらくのトリートメントの後、オークション出品する予定です。
ご興味のある方はよろしくお願いします。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~クスコ市内観光 中央市場~


徒歩で中央市場周辺へ向かう。
5100902.jpg
左は旧サンペドロ駅。以前はここが駅前だったらしい。
5100903.jpg
こちらはサンペドロ教会。
5100904.jpg
その『駅前』にあるのが中央市場。
やはり市場好きとしてはクスコの市場も押さえなきゃ(笑)
市場の中は何でも売っている。5100905.jpg
フルーツゾーン。いろんな種類のフルーツが売られている。
5100906.jpg
大好きなチェリモヤもあった。ひとつ購入。
5100907.jpg
こちらは薬草なんかを売る店。右下の木は香木だそう。
5100908.jpg
こちらは乾燥トウモロコシいろいろ。
5100909.jpg
市場の食堂。ランチは2~300円で食べられる。
5100910.jpg
お昼時でどの食堂もいっぱい。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ドコモの携帯に『表示不可メール/Unsupported Mail』が来まくる件

ここ最近、こんなメールが来ます。
5100801.jpg
表示不可メール/Unsupported Mail です。
特にここ数日がひどいです。何通も来ます。

最初は迷惑メールか何かと思ってたら、ホントにわたしに来ているメールが表示不能のようです。
ググってみたら、パソコンでは見られるようなのでPCに転送。
添付ファイルを開いてみたらパソコンでは見ることができました。

困ったことにこの表示不可メール/Unsupported Mailは法則性がないのです。
同じ発信先からのメールやパソコンから転送しているメールでも表示不可メールになったり、ならなかったりします。

最初はこのバカ○○○製の携帯が悪いのかと思ってましたが、どうやらドコモのSPモードがバグってるようです。
家にいるときはパソコンに転送してすぐ見られますが、出先でこれが来るとホント困ります。
ダイレクトメールならまだいいのですが、昨日は友人からのメールが見られませんでした。
ドコモには早急に対応してもらいたいですね。

テーマ:NTT DoCoMo - ジャンル:携帯電話・PHS

サンシャイン水族館 特別展「アマゾン展~赤い大河と生き物たち」

今日は池袋のサンシャイン水族館まで行ってきました。

期間限定の特別展「アマゾン展~赤い大河と生き物たち」を見るためです。
5100702.jpg
入り口ではトゥッカーノが出迎えてくれました。
5100703.jpg
ホントこの鳥大好きなんですよね。いつか飼いたいです。
5100704.jpg
まずは水草水槽。カラシンがこれでもか!と入っています。
水草が水流にたなびいています。これは斬新なレイアウトですね。
5100705.jpg
アマゾンの魚の頭骨標本。この三種類とも食ったことがあります。(笑)
5100706.jpg
ホーリーがいました。こないだアマゾンで釣りまくってきたやつです。(笑)
5100707.jpg
ピグミーマーモセットです。超小型のお猿さんです。これも飼ってみたいなぁ。
5100708.jpg
デンキウナギです。デカい!
5100709.jpg
マタマタです。ガメラみたいですね。
そして目玉の
5100710.jpg
アマゾンの赤い川水槽です。
5100711.jpg
ロートカイルまで入っているとはマニアックです!
5100712.jpg
ロートカイルは発見できませんでした。
実際のネグロ川はもっとブラックウォーターが濃いかな。ただ、あれだけ濃くしてしまうと何も見えなくなっちゃうか・・・汗
5100713.jpg
モルフォ蝶の大量展示。ゴージャスです。(笑)
5100714.jpg
水族館のレストランではアマゾン展限定メニューも出されていました。
5100715.jpg
一日10食のピラニアの姿揚げは完売していました。
インパクトがあるので人気あるみたいですね。
ちなみにこのピラニアはわたしも食べてる松坂さんのとこのピラニアです。

というわけで、通常の入場料1800円の他、特別展の料金300円もかかりましたが、なかなか楽しめました。
特別展は10/14までですのでまだの方はぜひ行ってみてください!

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~クスコ着~

クスコの街は山に囲まれた盆地にあり、着陸前は山を間を縫うようにして降下していく。結構おっかない。現在は有視界飛行による日中のみの離着陸なのだが、これからは夜間も離着陸できるようにするらしい。危ないからやめた方がいいと思うのだが。

11:13に着陸。リマからの飛行時間は56分。かなり近い。
着陸と同時にエンジンのカバーが取れちゃった!と思ったら逆噴射だった。エンジンのカバーがスライドして逆噴射する現代のエンジンとは違ってこのエンジンはカバーがガバっと開いて逆噴射するらしい。こんなエンジンは初めて見た。(笑)

クスコの空港は結構混んでいて離陸機の通過待ちでスポットインは11:20。

空港が盆地にあるのがよくわかる。
5100602.jpg
こうして見てもクラシカルなエンジンだ。
コックピットの上部には現代の飛行機にはない天測用の窓もついている。
5100603.jpg
クスコは高地。腕時計の気圧計を見てみたら、なんと684hPa。これだけの低気圧はおそらく初体験。
5100604.jpg
ちなみに腕時計の高度は3190m。実際は3309m。富士山並の高地で既に息苦しい。
今まで行った中で一番の高地かも知れない。
5100605.jpg
空港内に高山病の予防薬の広告があった。こうざんびょうのたいしょほうなんて書いてある。
5100606.jpg
到着ロビーにはツアー会社がいくつもあってクスコ周辺のツアーを勧誘してくる。
空港内でタクシーを拾うと少々高いので外で拾う。
5100607.jpg
クスコの空港の正式名称はAeropuerto Internacional Alejandro Velasco Astete アレハンドロ・ベラスコ・アステーテ国際空港。
5100608.jpg
タクシーで街中へ。クスコのタクシーはメーターはなく事前交渉制。
空港の外で拾ったのでちょっと安い。
5100609.jpg
街中に到着。今日の宿泊地であるオリャンタイタンボに行く前にクスコの街を観光することに。
坂道がキツい。空気が薄く、ちょっとした運動で息が上がってしまう。
5100610.jpg
徒歩で街の中心部へ。陸橋を越える。
5100611.jpg
下には線路が。レールが三本敷かれている。貨物線らしい。
5100612.jpg
線路の両サイドは道路。空港まで繋がっている。
5100613.jpg
街中のフルーツ屋台。クスコもフルーツが豊富なようだ。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 3日目 ~クスコへ~

ペルー旅行3日目です。
今日はいよいよクスコに行きます。

昨夜は深夜3時(日本時間17時)に日本から仕事の電話が入り、結局そのまま眠れずに朝を迎えてしまった。
寝不足でかなり眠い。


7時に朝食を取る。宿の手作り納豆がうれしい。

そのまま空港に向け出発。数日分の着替えだけバックパックに詰めてあとの大きな荷物は宿で預かってもらうことにした。軽装でラクチンだ。
5100502.jpg
今日はペルビアン航空でクスコに向かう。
チケットは出発前に日本でネットで取った。ペルビアンはペルーのLCCでLANの半額程度で乗ることができる。
ちなみにリマ~クスコ往復で180ドルほど。
5100503.jpg
セキュリティチェックを通り、出発ロビーへ。
セキュリティチェックの没収箱に鉄アレイが入っていた。機内で体力作りするつもりだったんだろうか?
5100504.jpg
左が国内線で右が国内線の案内。
クスコ行きはめちゃくちゃ多い。
5100505.jpg
いろんな航空会社の飛行機で混み合うリマ国際空港。
滑走路が一本しかなく、ターミナルも狭いので拡張計画があるらしい。
5100506.jpg
あら。LCCなのにボーディングブリッジから乗れるんですね。
昨年は同じくLCCのスターペルーを使ったけど、スターペルーは沖止めバス搭乗でした。
9:35搭乗開始。
5100507.jpg
機材はボロく狭い。さすがLCC。ほぼ満席。
5100508.jpg
うわっ。なんだこのエンジンは!初めて見たぞ!てか、この飛行機、機材は何??
5100509.jpg
ってB737なのか!こんなエンジン積んだB737は初めて見た!
どうもB737-200という40年以上前の機材らしい。大丈夫なのか?ちゃんと飛ぶのだろうか??汗
9:52出発。意外とちゃんと時間に出るじゃないですか。ただ、滑走路まで混んでいて離陸したのは10:17。5100510.jpg
離陸して雲の上に出ると、すぐアンデス越え。
湿気の多い、リマ近郊の海岸地帯から内陸部の乾燥地帯に入ると眺めが良くなってきます。5100511.jpg
見事な山岳地帯になってきました。
5100512.jpg
ほとんど雨が降らないそうでそのおかげでナスカの地上絵なんかもいまだに消えることなく残っているとか。
5100513.jpg
それにしてもレトロなエンジンです。クスコまで止まるなよ!!
5100514.jpg
雪山も見えてきました。
5100515.jpg
雪が積もるにはそれなりに標高が必要だそうで標高4000メートルはあるとか。
5100516.jpg
こちらは見事な渓谷。渓谷に降りていく九十九折の道もハッキリ見えます。
5100517.jpg
ときどき碧いキレイな湖も見えます。
5100518.jpg
こちらは地層になっているのが良く見えます。飛行機から見えるぐらいですからものすごいスケールです。
昔は海底だったんでしょうか。
5100519.jpg
このあたりの山はホント変化に富んでいて見てて飽きません。
ひたすらシャッターを切りつづけました。
ガイドの竹島さんによるとリマ→クスコは左舷側の席が景色も良くオススメだそうです。
左舷側の窓側を押さえていただき、ありがとうございます!
5100520.jpg
出た!南米ランチボックス!(笑)南米の飛行機は国内線でも機内食の軽食が出ます。
5100521.jpg
中はハムチーズサンドとカップケーキ。
ハムチーズサンドのパンがしっとりしていてなかなかおいしい。
5100522.jpg
見事な雪山が見えてきました。
5100523.jpg
雪山の尖がり具合が素晴らしいです。
5100524.jpg
アンデス版剣岳という感じですね。
ペルーに登山に行く人も多いみたいですが、その気持ちが良くわかります。
5100525.jpg
さて、そろそろ着陸するみたいです。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

手賀沼ドッグラン

チバラギにはドッグランがありませんでした。
おそらく、河川敷や田んぼなど広くて犬を放せそうなところがたくさんあるので需要がなかったんだと思います。
うちの愛犬ハルはパニくりやすい性格なので、そういうところで放すといったいどうなるのか予想が付かず、最悪車道に飛び出してクルマに轢かれて死んだりしそうなので飼い始めてから一度も放したことはありませんでした。
柏まで行けばドッグランもあるのですが、クルマ酔いもするのでなかなか連れて行けません。

そんなチバラギにドッグランが出来たとタウン誌に載っていました。
手賀沼フィッシングセンターの中に出来た手賀沼ドッグランです。
さっそくハルを連れて行ってみました。

不安そうなハル。クルマには喜んで乗るのですが、車内ではまったく落ち着きません。
『まさか病院に連れていかれるんじゃないですよね??』
5100402.jpg
自宅からクルマで10分ほどで到着。これぐらい近ければクルマ酔いしやすいハルでも大丈夫です。
5100403.jpg
魚好きなわたし的には釣り堀や養殖が気になるところですが、ドッグランの受付へ。
料金は年間3万円。月払いだと3千円、1回だと500円です。
ハルが気に入らないと困るので、とりあえず1回にしてみました。
5100420.jpg
こちらがドッグランです。9/20にオープンしたばかりだけあってキレイですね。
5100404.jpg
ドッグランは小型犬用と大型犬用に分かれています。
こちらは小型犬用の入り口。
5100405.jpg
こちらは大型犬用。大型犬用の方が広いです。
5100406.jpg
ひさしのあるベンチやフン用のゴミ箱やスコップなどが準備されています。
ジョウロはおしっこしたときにかけるための水が入っています。
5100407.jpg
テーブルもあります。飲食は人間、犬ともに禁止されています。
5100409.jpg
オープン仕立てということもあって草(芝ではなくて牧草らしい)はまだ疎らで粘土質の土がむき出しです。
もうちょっと時間が経って完全に地面が草で覆われるとワンコの足も汚れずいい感じになることでしょう。
さぁハルの7歳にして初のドッグランデビューです。5100408.jpg
しばらくあちこちにおいをかいでいます。
真ん中には行かず、隅っこばかり行くのが小物ぶりを物語ってます。(笑)
5100410.jpg
だいぶ慣れてきましたが、どういうわけかとことこ速足で歩くものの、走りません。汗
5100411.jpg
ボールを投げたらようやく走りました!(笑)
5100412.jpg
それでも数回で飽きちゃいました。汗
5100413.jpg
たった30分ほどで帰ろうよ~モードに入ってしまいました。汗
おい!500円分楽しめよ!!(笑)
今日は寒く、ちょっと小雨も降ってきたので撤収することにしました。
結局他のワンコは現れませんでした。
5100414.jpg
こちらの施設は釣り堀と魚の養殖場がメインです。ついでに見学していくことにしました。
5100415.jpg
日淡も少々売られてます。モクズガニが欲しい!(笑)
5100416.jpg
鯉に興味津々のハル。『何ですか!この生き物は!!』
5100417.jpg
足を洗う設備もあります。
5100418.jpg
足がドロドロになってしまったので洗って帰ることにしました。
5100419.jpg
帰宅後は初めてのドッグラン体験にグッタリしていました。

てなわけで他の犬との交流はできなかったのですが、ハルのドッグランデビューは意外とフツーに終わりました。
土日はかなりのお客さんが来るらしいので、また次回行ってみて別のワンコと交流させてみたいと思います。

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット

2013ペルーアマゾン旅行記 2日目 ~リマ 昼食・天野博物館・夕食~

昼食はあらかじめリクエストしてありました。
それはメロ食いまくりです。
メロとはマゼランアイナメのことで日本では『銀ムツ』の名前で売られていました。
現在はメロ(マゼランアイナメ)として売られています。
もともと南米の太平洋側で獲れる魚で日本には冷凍されて輸出されています。
煮つけなどでおいしい魚ですが、一度生で刺身で食べてみたかったのです。 
5100316.jpg
バスを乗り継いでやってきたのがこちらSakana Maruという日系人がやっている魚料理の店です。
竹島さんがあらかじめ電話してメロがあるか聞いておいてくれました。

まずはビール。ペルーでは最高級のピルセンです。
5100302.jpg
ペルーの定番のビールのつまみ。炒ったジャイアントコーンです。ちょっと粉っぽいんですが、クセになる味です。
5100303.jpg
たぶんふつうのジャガイモじゃなくてキャッサバイモのフライ。
これサクサクで大好きなんですよね。
待ってました!
5100304.jpg
これがメロの刺身です。今日は刺身にできる生のメロがお店にあったのでできました。
煮つけにするとあれだけこってりとした魚です。刺身にすればうまいに違いない!
さっそくいただいてみましたが、確かに脂は乗っているものの、思ったよりはこってりとはしていませんでした。
それなりにおいしい刺身ですが、やはりメロは火を通して食べた方が美味しいかも知れません。
5100305.jpg
もう一品。メロ入りの海鮮スープです。
カニやエビ、貝も入っていて絶品でした。
5100306.jpg
山盛りご飯。
いやーメロを刺身で食うという夢が叶いました。
日本人でメロの刺身を食ったことがある人はほとんどいないでしょう。(笑)
5100307.jpg
それにしても先ほどのペンキにはやられました。
こりゃもう落ちないですね。この旅行、腕にペンキ着いたまま過ごさなければなりません。涙
5100308.jpg
街中のカフェでティータイム。
1杯70円から。
5100309.jpg
立ち飲みですが、地元の人に人気があるようでひっきりなしにお客さんがやってきます。
街中の両替商で両替。100ドルが280ソルに(1ソル=約35円)
5100310.jpg
こちらは地図屋さん。
5100311.jpg
地図専門店だけあっていろんな地図を扱っています。
5100312.jpg
アマゾンの川の名前入りの最新の地図を購入しました。
5100313.jpg
昨年見学しなかった天野博物館を見学。
日本のADAとは関係ありません。(笑)
天野氏が集めたアンデス文化の貴重な資料を学芸員さんが詳しく解説してくれます。館内は残念ながら撮影禁止。
素晴らしい展示の数々と詳しい解説でいい勉強になりました。
5100314.jpg
どんよりと曇っていることが多いリマですが、今日は見事に晴れました。長袖では暑いぐらいです。
相変わらずの晴れ男パワーを発揮しております。(笑)
夕方になったので乗り合いバスで宿へ。5100315.jpg
夕食は焼きそばでした。こちらの宿は仕事で長期滞在しているお客さんが多いそうです。
遠い異国の地で日本式の宿に泊まり、フツーに日本食が食べられるのはとてもありがたいですね。
リマは日本のマグロ漁船の補給地になっており、マグロ船関係で長期滞在しているお客さんもいて、ビールを飲みながらいろいろマグロ船の話など聞くことができました。

さて、明日はいよいよクスコに飛びます。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

2013ペルーアマゾン旅行記 2日目 ~リマ ミンカマーケット~

乗り合いバスに乗り、ミンカマーケットへ。

ミンカマーケットは空港のそばに割と最近できたマーケットだそうで、かなりキレイ。
リマにもこんなキレイなマーケットがあったんですねぇ。
5100219.jpg
フィッシャープライスって漁師価格ってことだろうか?
5100202.jpg
お菓子屋さん。
マーケットは青果、肉、魚とジャンルごとにコーナーが分かれている。5100203.jpg
果物屋さん。
5100204.jpg
パイナップルだけでも数種類ある。
5100205.jpg
バナナ専門店。そのまま食べる甘いバナナだけでなく、揚げて食べるイモ的な調理用バナナなんてのもある。
ペルーのバナナの種類はハンパじゃない。
5100206.jpg
こちらはアボカド専門店。日本に来ているアボカドは一種類だけだと思うが、こちらは何種類もある。
5100207.jpg
こちらは肉コーナー。
生鮮類の区画もかなりキレイです。
5100208.jpg
このマーケットに限らず、このあたりでは鳥を丸ごと吊るしてあるのをよく見かける。
5100215.jpg
お魚コーナー。
やっぱりわたし的にはここがメインです。(笑)
5100209.jpg
カレイやムツなど、やはり太平洋だけあって、日本にもいそうな魚がいますね。
5100210.jpg
カツオです。
5100211.jpg
こちらはシイラ。
5100212.jpg
これはマガキ貝かな?
5100213.jpg
貝類も豊富。
5100214.jpg
これはそのままセビッチェにするのかな?
5100216.jpg
こちらはサメ。見事なサメ肌です。
5100217.jpg
巨大イカ。ロールイカ作成中。
5100218.jpg
当然海水魚だけかと思っていたら、アマゾンの淡水魚も!
タイガーショベルにプレコにミロソマ。
うーん。やっぱり市場は楽しい。
さて、食材を見た後は昼ごはんです!

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (11)
2017 八重山釣り旅行 (13)
2017 徳島タナゴ釣り遠征 (5)
2017 四国タナゴ釣り遠征 (12)
2017 北陸 (0)
旅行 (203)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (77)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (390)
酒・飲み物 (51)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (418)
飛行機 (101)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (10)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (110)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (64)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード