2013-07

ペルーアマゾン旅行記 15日目 ~帰国 リマからアトランタへ~

さて、いよいよ帰国の途につくことになる。
南米からの帰りはホントめんどくさい。これから24時間近く飛行機に乗ることになるのだ。

まだ、腹の具合が良くない。最終手段の現地の薬を飲むことにした。この手の腹痛は日本の薬は効かない。現地の薬を飲めばたいていピタリと治まる。ただ、身体にはよくないらしい。

21時、すっかりお世話になった宿を後にし、空港へ。

22時、空港でデルタ航空のアトランタ行きにチェックイン。帰りも行きと同じくアメリカのアトランタで乗り継ぎ。
スーツケースに入りきらなかった荷物をリュックに入れて預けようとしたら、『ダメ。』と言われた。
何度かお願いしたら渋々OKが出た。どうも簡単にチャックが開くようなカバンは基本的に預からないらしい。
セキュリティチェック&出国審査場の前でガイドのTさんとお別れ。二週間ホントお世話になりました!5073102.jpg
ゲート前で出発までしばらく待機。どうやら定刻に出るらしい。
ゲート前の売店はやたら高かった。どこの国も同じか。
5073103.jpg
23時50分搭乗開始。機材はB767。行きはボロ機材だったが、帰りは比較的新しい機材のようだ。
7割ぐらいの搭乗率で結構席が空いている。このあと窓側の二人掛けの席に移る。
ほぼ定刻にリマを離陸。これでペルーともお別れ。次南米に来れるのはいつになるだろう?5073104.jpg
アンデス山脈上空を通過中。地図上、真横に今回のツアーで行ったタラポトやイキトスも確認できる。
5073105.jpg
配られた軽食。
うつらうつらとしていて、ふと目を覚ますと
5073106.jpg
パナマ上空に差し掛かるところだった。
5073107.jpg
パナマ上空を通過中。夜なのでよくわからないが、光の線になっているところがパナマ運河っぽい。
パナマ運河も死ぬまでに一度は通航してみたいなぁ。
5073108.jpg
飛行機はカリブ海を北上し、キューバ上空へ。
5073109.jpg
夜明けのキューバ上空。キューバ上空をアメリカの飛行機が飛べるとは平和な時代なんですなぁ。
国によって使っているライトの色が違い、夜景の印象が異なる。キューバは赤っぽい感じ。
5073110.jpg
キューバを縦断し、フロリダ海峡を北上。アメリカまであとちょっと。
5073111.jpg
朝焼けが美しい。
5073112.jpg
ここで朝食。それなりのテイスト。
5073113.jpg
フロリダ半島沿いに北上。
こうしてみると、アメリカって○○ビーチとか××ビルとか□□スプリングとか似たような地名ばかりなんですなぁ。
5073114.jpg
さぁアトランタまであとちょっと。
5073115.jpg
夜も明け、地表の景色も見えてきた。
フツーのアメリカの朝の様子が垣間見える。

まもなくアトランタに到着。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 14日目 ~リマ 宿へ~

自然史博物館の見学を終え、再びバスを乗り継いで宿に戻る。

宿のそばの遊園地?
5073002.jpg
地元の子どもに人気があるらしい。
5073003.jpg
このあたりは高級住宅街らしく、キレイなお店が多い。
5073004.jpg
『家 My HOME』は宿なのだろうか?
宿に戻り、シャワーを浴びる。あぁあったかいシャワー気持ちいい~。

宿にはお土産屋も併設されているのでお土産を購入し、帰国のための荷造り開始。
お約束のように荷物がスーツケースに収まらないのでリュックに入れて持って帰ることにした。

宿で夕食。
5073005.jpg
ちらしずしに刺身と完全に和食。これはうれしい!
5073006.jpg
アボカドにお新香。
5073007.jpg
箸置きはナスカの地上絵(笑)
昼に市場で買ってきたフルーツを切ってもらう。5073008.jpg
チェリモヤ。うーん。最高にうまい。ヨーグルトみたいな味がする。個人的に一番好きなフルーツ。
5073009.jpg
パッションフルーツ。パッションフルーツというと、やたら酸っぱいイメージがあるが、これは完熟していてとても甘い。
あ~腹いっぱいで幸せ。

帰国便の出発は深夜。それまでは宿でしばし休憩。
ネットを見ていたら気になる情報が!
5073010.jpg
台風が来ている!
5073011.jpg
しかもダブルで!!
台風のコースによってはちょうど成田に着くときに直撃しそう。
この旅、最後の最後までホントに雨に祟られるなぁ。
無事帰れるのだろうか?


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 14日目 ~リマ 自然史博物館その3~

自然史博物館も一通り見て終わったところでうれしいサプライズ!
我々の目の前をたまたま通りがかったオルテガ博士が研究室に招いてくれたのである。

こちらがオルテガ博士。名前からしてかっこいい(笑)が、ペルーの淡水魚類研究の権威でもある。
我々のツアーに先行してペルー入りしていたN水遊園の方たちと共同調査を行ったとの事。
5072902.jpg
オルテガ博士の所蔵品のはく製をいろいろと見せてくれるとのことである。
5072903.jpg
何よりも圧巻だったのがパナクエ・ギガンテ?
5072916.jpg
とにかくデカい。これは生きている実物をアマゾンで潜って見てみたい。
ちなみに『これ売ってくれないか。』と尋ねたところ、『またまた~』とオルテガ博士に笑われたらしい。(笑)
5072904.jpg
こちらもデケ~
5072905.jpg
これはロリカリアになるのかな?
5072906.jpg
ナマズさんのはく製も。
5072907.jpg
こちらはホルマリン漬け。
5072908.jpg
何気なく貼ってあるポスターも興味深い。
5072909.jpg
こちらもペルーアマゾンのお魚さんいろいろポスター。
5072910.jpg
博士の所蔵本も見せていただいた。
5072911.jpg
これはわたしも持ってます!(笑)
5072912.jpg
リオネグロの魚。あらこれはブラジルですね。
5072913.jpg
中身はネグロ川にいる魚のイラストと解説。
この本は欲しがる人多そうな気がする。
5072914.jpg
イナンバリ川の魚の図鑑。
5072915.jpg
コリドラス・ワイツマニーが載っている。
なるほどワイツマニーがいるのはこの川でしたか!
というわけで、最後の最後にオルテガ博士にお会いできてホントいい記念になりました。
突然の訪問にも関わらず、親切に我々を迎えてくれたオルテガ博士ありがとうございました。


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

高松から羽田へ

県庁通り中央公園前のバス停から高松空港リムジンバスで高松空港へ。

このリムジンは飛行機の出発時刻に合わせてほぼ3台数分おきのダイヤで運行される。
このバスに乗るときのポイントとしては、一番最初のバスに乗らないこと。
一番最初のバスは乗る人が多く、途中のバス停から乗るとまず相席になる。2台目、3台目のバスが空いててオススメなのである。空港到着時刻はほとんど同じ。
というわけでほぼ満席の1台目のバスを見送り、数分後の2台目のバスでゆったりと空港へ。

クラスJに空席があったので千円払ってクラスJに変えてもらう。

ANA側のボーディングブリッジには何かとお騒がせなB787が止まっていた。
そういや、B787の騒動もここ高松空港に緊急着陸してから始まったんですよね。
やはり『初物買いの銭失い』の典型だと思うんですよね。ただ、機体の形がキレイなので好きな飛行機ですけどね。
5072802.jpg
わたしが乗るJALの機材はB767です。
やはり最低限B767には乗りたいですね。B737はキライです。
5072803.jpg
空港の土手に書いてある『さぬき』の文字。
高松に着陸すると『ママー!たぬきって書いてあるよ~!!』という子どもの声をよく聞いたなぁ。(笑)
5072804.jpg
中国のLCC春秋航空の機材が離陸していきました。
そういや高松にも就航していたんですよね。
わたしの便は定刻よりやや早めに出発。朝イチの便や最終便は『遅刻』してくる客が多くて遅れることが多いのだけど、日中の便は客も少な目でまず時間通り飛ぶからいいですね。

今日は天気が良く、離陸してから高松市街や昨日行った屋島付近の瀬戸内海などよく見える。
写真撮りたいが、まだ電子機器使用禁止なので我慢。
5072805.jpg
電子機器使用OKになったときには瀬戸内海上。
左側は小豆島。半島の先端は地蔵埼。真ん中は備讃瀬戸東航路。
5072806.jpg
『世界一狭い海峡』の土淵海峡が見える。
最大幅は約400m、最狭幅は9.93mでギネスブックにも認定されているらしい。
5072807.jpg
小豆島の北側。こちらもだいぶ採石されてハゲ山になっているところが目立つ。
5072808.jpg
淡路島。
5072809.jpg
明石海峡大橋がクッキリ見えた。
5072810.jpg
神戸港。神戸空港や一突、二突、三突も良く見える。
5072811.jpg
大阪上空。こないだ行ったUSJも見えた。
5072812.jpg
大阪城。
元職場の大阪のビルも発見!
5072813.jpg
大阪を過ぎて奈良あたりから雲がもくもくと出始める。
5072814.jpg
雲を抜けると渥美半島上空だった。
このあと、再び雲の上を飛び続け、羽田にはほぼ定刻通り到着。
羽田で、これから大阪に帰る後輩と待ち合わせ、空港で飛行機を見ながら一杯飲む。
5072815.jpg
ポケモンジェットが降りてきた。
羽田の2タミは滅多に来ないのでたまに来るとどこか新鮮味を感じる。
5072816.jpg
ポケモンジャンボはそろそろ見納めか。
後輩を見送った後、空港バスでチバラギに帰宅。

というわけで、非常に『濃い』2泊3日の高松出張でした。(ほとんど食ってばかりですが。(笑))
高松は悪夢のような7年間の転勤でもう二度と住みたくない場所ではありますが、たまに旅行や出張で行く分にはいいかも。と思えた3日間でありました。


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

高松のお土産

玉藻公園見学を終え、そろそろ空港へ向かわなければなりません。
とりあえず再び琴電に乗って瓦町へ。

琴電の車内。この電車は元は京浜急行の車両で、1970年頃にできたものです。
車齢45年近くになります。あちらこちらでレトロ感がありますが、琴電の自前の工場で整備して大事に使ってますね。
瓦町で、むかしよく行ってた熱帯魚屋、模型屋などに立ち寄り、スーパーへ。
5072702.jpg
お土産は地元のスーパーで買うのが間違いない!ということで石丸の讃岐うどんをゲットしました。
一つ198円だったかな。(売り出しになると178円ぐらいになると思う。)
5072703.jpg
もひとつ、香川名物のしょうゆ豆もゲットしました。
そら豆を甘辛く煮ただけの食べ物ですが、好きなんですよね。
なんか、子どものときによく食べたイナゴと同じ味がします。(たぶん醤油と砂糖で同じ味付けなんだと思う。)
さらにしょっちゅう酒を買ってた酒屋にも立ち寄りまして
5072704.jpg
入手困難な高知のレア栗焼酎『ダバダ火振り』を一升瓶で2本ゲットしました。
酒屋のじいさんがわたしのこと覚えててかなり懐かしがっていました。(笑)

ホテルに戻り、預けていた荷物を受け取って荷造り。
酒とうどんでスーツケースがパンパンです。(笑)

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

玉藻公園

高松築港駅のすぐそばにあるのが

玉藻公園です。高松に7年住んでいながら一度も行ってなかった高松のメジャー観光スポットです。
いつでも行ける。と思っているとついつい行きはぐれるんですよね。(笑)
5072602.jpg
玉藻公園はもとは高松城があった場所にある公園です。
高松城は徳川家の親戚の松平家の城でした。
5072603.jpg
入場料は200円で園内を見学できます。
5072604.jpg
二の丸跡。
園内はかなり広大です。城跡見学という感じです。
5072605.jpg
お堀に架かる鞘橋を渡ります。
5072606.jpg
天守台石垣。ここにかつて天守閣があったそうですが、明治時代に老朽化で解体されてしまったそうです。
石垣も老朽化がすすみ、崩落の危険性があったので5年ぐらいかけて積みなおしたそうです。
そう言えば、わたしが住んでいたころにそんなニュースを聞いた覚えがあります。
5072607.jpg
天守台は登ることができます。
5072608.jpg
天守閣の基礎部分ですね。
5072609.jpg
天守台の展望台から見たお堀。日本三大水城だけあって見事なお堀です。
5072610.jpg
すぐ向こう側は高松駅前です。琴電の高松築港駅もすぐ隣です。手前は先ほど渡ってきた橋。
5072611.jpg
高松城の数少ない城らしい部分、艮櫓が見えます。
5072612.jpg
石垣に生えている多肉植物?
5072613.jpg
こちらも多肉系?
5072614.jpg
お堀に魚がたくさんいるのが見えます。定番の鯉かな?
5072615.jpg
いや、クロダイ(チヌ)です!
ここのお堀は海と繋がっているため海水なので海水魚がいるのです!
5072616.jpg
でっかいボラもいました。
5072617.jpg
こちらはフグですね。
5072618.jpg
ガチャガチャで魚のエサを買って与えることができます!
5072619.jpg
うわ!マダイまでいる!!(笑)
ここで釣りしたら入れ食いだろうなぁ。即捕まるんだろうけど。(笑)
これは何コレ珍百景に登録しなきゃ!と思ったらとっくの昔に登録されてました。汗
5072620.jpg
魚のエサのガチャガチャの中に紙が入ってました。
あたり だそうです。(笑)
5072621.jpg
入場口で『鯛願城就』のステッカーと交換してくれました。
カラフルでなかなかいいデザインです。
ってムダに運を使ってしまったか??(笑)
5072622.jpg
それにしても日本の城の石垣ってエッジが素晴らしいですよね。
5072623.jpg
どこの城に行ってもこのエッジの出し方に惚れちゃいます。
この城も天守閣があったらいいのになぁ。
5072624.jpg
と思ったら復元計画もあるみたいです。
予算的に実現は厳しいみたいですが。
5072625.jpg
さきほど展望台から見えた艮櫓(うしとらやぐら)です。
ここが玉藻公園では一番の見どころかも知れません。
5072626.jpg
1677年に完成、昭和40年にこの場所に移築されたそうです。
この石垣もいい感じですね。
5072627.jpg
園内で盆栽の展示即売会もやってました。小さいものは千円ぐらいから買えます。
そういえば、盆栽も香川の特産品なんですよね。
5072628.jpg
こちらは盆栽ではありません。自然に石の上に生えた『ド根性松』です。まさに天然盆栽ですね。
これで樹齢18年だそうです。このまま育つのでしょうか?興味津々です。
5072629.jpg
こちらは内苑御庭という大正時代に作られた庭園です。
松の木が見事なキレイな庭園ですね。
5072630.jpg
月見櫓です。フェリー乗り場の道路から見えるのはこの建物だったんですね。

という感じで、お堀にタイがいたり、なかなかおもしろい玉藻公園見物でありました。
栗林公園とセットで見学すると面白いかも知れません。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

高松築港へ

昨日の商談はだいぶいい感じで進みました。
アフター5は元職場で元上司と一杯飲み、ちと飲み足らなかったので一人でかつての行きつけのバーに行きました。
5年ぶりぐらいだったのにもかかわらず、バーテンのおねえさんがわたしのことをフルネームで覚えててビックリしました。さすがですね。

さて、高松出張3日目。今日の午後の飛行機でチバラギに帰ります。
今朝も朝うどんからスタートです。
商店街に王将ができててビックリ。あそこは前はマックだった気がする・・・
5072502.jpg
今日の朝うどんは麺処綿谷
5072503.jpg
こちらの名物スペシャルぶっかけとてんぷら2品いただきます。
これでたったの600円(スペぶ440円、天麩羅80円×2)です。
5072504.jpg
スペぶは牛、豚の肉とわかめ、温泉卵、レモン、ネギが乗ってます。
揚げ玉と粗挽きトウガラシ、ゴマはトッピングで入れ放題。うどんの麺も一玉が多く、『小』で十分な量です。
5072505.jpg
巨大なてんぷらふたつ。イカゲソとカボチャです。乗っけてみたらうどんが見えなくなりました。
朝から腹いっぱいで苦しいです。
瓦町から琴電に乗り、高松築港へ。
5072506.jpg
琴電の1200形電車。元は京急の電車だったそうです。
路線ごとに色分けされていて黄色は琴平線です。
5072507.jpg
同じく1200形。緑色は長尾線です。
5072508.jpg
高松築港駅の改札口。
転勤で来た頃、自宅のネットがなかなか繋がらず、フリースポットのここでよくネット繋がらせてもらってました。(笑)
5072509.jpg
高松築港駅の駅舎。ここが始発駅です。
5072510.jpg
高松築港駅前。ビルは四国一高い高松シンボルタワーです。
かつてはここに国鉄高松駅があり、写真の右側あたりに連絡船の桟橋がありました。
再開発で今は写真左奥にJR高松駅があります。
5072511.jpg
JRホテルクレメント高松。むかしは全日空ホテルクレメント高松でした。
いつのまにかANAからJRに変わったようです。
ここが高松で一番いい宿になるのかな?

さて、これより高松に7年住んでいながら一度も行ってなかった有名観光スポットに参ります。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

高松ドライブ その2

懐かしいスポットを見ながら海岸沿いに東へ。

うどんのたも屋。テレビチャンピオンでチャンピオンになった店だったと思う。
このうどん屋もよく行ったなぁ。
5072442.jpg
うどん屋の裏。よくここにクルマを止めていたのだが、進入禁止になっていた。
ここでよく刑事が張ってたのを目撃したが、怪しいブツの取引でもやってたのだろうか。
それにしてもこの役所のクソ役人には散々煮え湯を飲まされたなぁ。今思い出しても頭に来る。
5072443.jpg
高松東港へ。屋島の手前に泊まっているの神戸・三宮行きのジャンボフェリー。
5072444.jpg
スリッパ型のおもしろい船型のジャンボフェリー。ジャンボと言っても3000トンぐらいしかなくてたいしてジャンボじゃない。このフェリーは数十回乗ったと思う。片道1500円前後で神戸まで行けるのはすごい。
都会の空気が吸いたくて何度も神戸まで行ったっけ。このフェリーにはホント助けられた。感謝感謝。
さらに東へ
5072445.jpg
屋島湾。ここもよく来たなぁ。壇ノ浦の合戦はこの奥です。
5072446.jpg
さらに進んで屋島の反対側まで来ましたよ。
5072447.jpg
思わずセカチューの防波堤に来てしまった。(笑)

5072448.jpg
この防波堤はいったい何回客人を案内したことだろう?(笑)
防波堤の先っちょまでは行ったことなかったような気がする。ので先っちょまで行ってみた。
5072449.jpg
先っちょ尖がってる山は五剣山。五剣山という力士もいたが、香川出身でこの山からしこ名を取ったらしい。
5072450.jpg
防波堤の先っちょから防波堤の付け根を見た図。
5072451.jpg
防波堤のすぐ下には小魚がいっぱい。メバルかな。

そういや、いまから十数年前、初めて香川に来たとき連れて来てもらったのがこのあたりだったなぁ。
まだセカチューも撮る前でこのあたりはまったく無名な漁港。ただ、なんとなく雰囲気良くてこのあたりに住みたいなぁなんてその時は思った。
その後、ホントに香川に転勤になり、セカチューの撮影があり、映画を見てまさかあそこで撮影したとは!と驚いたっけ。
なんかこの映画を見るたびに自分自身の記憶と重なる部分があっていろいろ思い出すんですよね。
5072452.jpg
さらに進んで鎌野漁港へ。ここもよく釣りに来たなぁ。たいして釣れなかったけど。
四国=釣り天国というのも幻想だったなぁ。まったく釣れないこともないけど、おかっぱりだとたいして釣れない。船出せばそこそこ釣れるのだけどね。
5072453.jpg
典型的な瀬戸内側の漁船。太平洋側では見られない。おそらくこの船型で外海に出るとすぐぶっ壊れるのだと思う。
5072454.jpg
ここからは小豆島が良く見える。地蔵埼の灯台も見える。
5072455.jpg
セカチューでは『夢島』として登場した稲毛島。
5072456.jpg
鎌野漁港脇のキレイなビーチ。
瀬戸内海のビーチで泳ぐ人は少ない。かつてシュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)が出てから一気に泳ぐ人が激減したらしい。
それにしても暑い!
5072457.jpg
外気温34度!これはキツい!

さて、そろそろ約束の時間。仕事にかからねば・・・

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

高松ドライブ

暑くて寝苦しい一夜だったが、なんとか眠りにつき、今朝はフツーに起床。

今回はあえて朝食付きではない宿を選んだ。
それは、朝うどんを食いたかったからである。

高松転勤中に行きつけだった『こだわり麺や』で朝うどん。
以前はなかった肉ぶっかけがメニューに加わっていたので肉ぶっかけと半熟ゆで卵の天ぷら、鶏天を食べる。
この店は相変わらず感じが良い。
レンタカーにするかタクシーにするか迷ったのだが、おそらく金額的に同じなので自由度が高いレンタカーを借りることにした。本音としては高松はおっかないので運転したくない。
意外と高松市街中央部にレンタカー屋が少ない。ほとんど高松駅前と空港周辺に営業所がある。
一軒だけ中央部にあったレンタカー屋で借りることにし、うどん屋から徒歩で向かう。
5072422.jpg
道沿いにあった『ア歯科』。ア歯科は徳島にもあったなぁ。
5072423.jpg
名前のインパクトもさることながら、電話帳の一番先頭に載るのも狙いらしい。
このア歯科の向かいになかなかおいしいお好み焼き屋があって、高松にいたころよく通っていたのだが、『おばちゃんはお好み焼き屋を卒業します。』というモーニング娘。やAKBのようなセリフの張り紙を店頭に張り出し、閉店してしまったことがあった。あれは残念だったなぁ。
5072424.jpg
不二の屋。不二家ではない。
営業形態は洋菓子とレストランでホンモノの不二家とまるで同じ。完全にパクリ。
さすがに店頭にペコちゃんはいないけど。(笑)
高松市内に二軒ある。
5072425.jpg
レンタカーはマツダのデミオ。一番安くて禁煙車だったのでこれにしました。
5072426.jpg
最近のクルマは安いクルマでもハンドルにカーテスレオのボリュームコントローラーとかついているんですなぁ。これは便利。
ただ、こういう平べったいクルマは好きでないのだよね。座高が高いので(笑)乗り心地が良くないのですよ。
レンタカー屋を出発するときのレンタカー屋のスタッフが忠告してくれた。『ここは恐ろしく運転マナーが悪いところですから気を付けてくださいね。』
「ハイ。以前7年住んでましたから重々承知してます。」お互い苦笑いで別れたのであった。

てな会話のあったレンタカー屋を出発して数分後、距離にして1キロも行かないところでさっそく事故りかけた。汗
その先で右折する予定だったので片側二車線の道の追い越し車線を走っていたのだが、路肩に路駐しているクルマがいて左側の車線を走る車がそれを避けるために追い越し車線側のわたしの目の前に大きくはみ出した来たのだ。
わたしは急ブレーキを踏んでギリギリ回避。追い越し車線側にわたしの車がいるのだから、本来、ブレーキを踏むという選択肢以外はないと思うのだが、ここは香川。進路変更で回避、他人がブレーキ踏むのは当たり前。という考えらしい。いや何も考えてないからこういう運転ができるんだろう。さすが香川は死亡事故率全国一位を常にキープしているだけある。

こりゃ改めて気を引き締めて運転しなきゃ。
5072427.jpg
香川にいたころ終始気になったのが店員のタメ口接客。
客に対して敬語で話すという概念がない。
その典型例のような看板。(笑)
最初に向かったのはイオン。
イオンでトランクス購入(笑)。イオンのどこにクルマ止めたら売り場に近いか、どこにデカいトランクスが売っているか、いまだに完全に把握してたりする。(笑)
イオンで無事トランクスをゲットし、着替えを確保。

前に住んでたあたりに行ってみる。
5072428.jpg
相変わらず山の形がおもしろい。山だけみたら中国の水墨画のよう。
5072429.jpg
久しぶりに見る瀬戸内の海の色に驚く。こんな水色だったっけ。
東京湾でも外海の太平洋でも沖縄の海の色ともまた違う独特の水色。
5072430.jpg
すぐ目の前は備讃瀬戸東航路。宇高航路の交差点でもある。
5072431.jpg
おにぎりみたいな大槌島と小槌島。この間が航路。
ここが四国と本州の最接近地帯だったりする。
5072432.jpg
これがあの有名な鬼が島(女木島)。
そういやここも行ってなかったなぁ。島に行くと洞窟があって鬼がいるらしい。
実は桃太郎は人徳がなくて誰もいっしょに鬼が島に行ってくれなかったので、仕方なく猿、キジ、犬の動物を連れて行ったらしい。
5072433.jpg
四国一高い高松シンボルタワーと東洋のダイヤモンドヘッド、東洋のテーブルマウンテンと呼ばれる屋島。その左奥側は小豆島。

こうしてみると、結構いいところに住んでたんだなぁ。と思った。
ホント、食い物はうまいし、ロケーションもいい。

これで人間性とクルマの運転さえまともだったらいいところなのにつくづく残念。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

高松着

結局15分遅れたまま高松着。

荷物台ではやっぱりうどんが回っていた。(笑)
5072416.jpg
この器は香川名産の庵治石でできているのかな?
5072417.jpg
香川県魚のハマチもいた。(笑)
空港からリムジンバスで高松市内へ。
以前は高松駅行きだったのだが、行先が変わっていて間違えたかと思った。
このリムジンバスは年々バス停が増えていく。わたしがいた7年の間にも4つぐらい増えた。また2つ増えたようだ。少しでも客を拾いたいのだろう。

30分ほどで高松市内へ。
今日の宿はこちら。
昨年泊まったスーパーホテルと迷ったのだが、ちょっとこちらの方が安かったのでこっちに決めた。
古い宿だが、冷蔵庫、ウォッシュレット、ネット完備で設備的には文句なし。立地も良い。
ただ、エアコンの効きが甘かったのがネック。フロントに言ったら扇風機を用意してくれてなんとか過ごせた。
ホテルで一休み後、夕食を食べに街に出てみる。5072401.jpg
西日本一長いというアーケード街は相変わらずの自転車の無法地帯。
ここは中国か!というぐらい四方八方から自転車がやってくる。
ただ、国道11号を渡ると自転車が急に減った。押して歩いている人もいる。高松もマナー良くなったなぁと思ったら・・・5072412.jpg
自転車走行禁止になったらしい。見張っている人もいて自転車に乗ってると注意される。
高松にいたころ、この商店街を歩いてて何度か自転車に後ろからぶつけられたこともあったし、アーケードを横切る自動車に轢かれそうになったこともあった。ちょっと改善されたのはいいことだと思う。
さて、今夜はせっかく高松まで来たのでうまい魚を食うことにした。
高松にいたころよく行った魚料理の店。わたしの送別会もここだった。
5072402.jpg
まずはカツオの塩たたき。カツオがほんのり温かくて絶品。
5072403.jpg
アナゴの刺身。
香川に来て、これを初めて食べたときは衝撃的だった。確かアナゴって血に毒があって生で食ってはいけないのでは?と思っていたのだが、瀬戸内一帯では刺身で食べる。活きてるアナゴで血が身に回ってないものは問題ないらしい。
脂が乗っててうまい。
5072404.jpg
これはビールではなく、うまい日本酒が呑みたくなる!
5072405.jpg
まずは高知の辛口をチョイス。
5072406.jpg
揚げ出しふう天麩羅。エビやナスなど。餅がうまい!
5072407.jpg
夏野菜とイカの炒め物。これはうまかった。隠し味はイカのワタかな。キュウリを炒めて食うとうまいのね。
これは個人的にパクろう。(笑)
5072408.jpg
マダイのあら炊き。この手のあらの料理大好き。香川の魚料理の甘辛の味付け好きなんですよね。
5072409.jpg
シメはジャコ飯と素麺。
ご馳走様でした~ やっぱりここは間違いない。
食後は商店街を探索。
5072410.jpg
商店街の中心部にあるドーム。ちとカネかけ過ぎでは?
5072411.jpg
マックスマラ!すごい名前つけるなぁ。さすが香川!
と思ったら、マックスマーラというイタリアの有名ブランドらしい。すみません。汗
5072413.jpg
宮脇書店の本店は高松にあったりします。
5072414.jpg
何より驚いたのはセブンイレブンができてたこと!
長年、四国島内にはセブンイレブンは一軒もないのにテレビではCMだけはやっているという不思議な状態だったのだが、ついに四国上陸を果たしたんですなぁ。

他にもアーケードに王将ができていたり、高松もだんだん日本っぽくなっているんですなぁ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

高松へ

先々週の全国行脚に続き、またまた羽田へやってきました。
行先はまさかの香川の高松。大学の先生の紹介で高松のお客さんのところへ営業に行くことになりました。
最初、このお話いただいたときは自分でも笑ってしまいましたが、高松とはホント腐れ縁のようですね。(笑)

今回の予定は前後の仕事の関係もあって二泊三日と短めです。

今回も旅のはじまりはやっぱりラウンジビールです。
5072302.jpg
羽田のサクララウンジ。今日はクッキーとゼリーがあったけど、やっぱり伊丹には及ばない。
おしぼりも昔は布のおしぼりだったんだけどなぁ。
5072303.jpg
空弁をいただく。メロ焼き御膳。メロ(マゼランアイナメ)大好き!
しばしビール飲みながら飛行機鑑賞。5072304.jpg
ワンワールド塗装のB777-200。
ラウンジの目の前の搭乗口は福岡や那覇などJALの幹線だけあって主力機のB777がひっきりなしに出入りする。
5072305.jpg
JTAのジンベエジェットB737-400。石垣行きかな?
ビール飲んでる間に風向きが変わったらしく、離陸が16Rに変わりました。5072306.jpg
退役間際のANAのB747-400。日本の翼からジャンボが消える日も近い。
5072307.jpg
B777-300。B777-200よりだいぶ長い。500人乗りのJALの主力機。
5072308.jpg
真っ黒機材の北九州行きスターフライヤーA320。
初めて見たとき、垂直尾翼の字は筆記体でLFって書いてあるのかと思った。Sの筆記体ってこんなのだっけ?
さて、そろそろ搭乗・・・かと思ったら機材変更で15分ほど遅れる。という。
高松便って四国転勤中おそらく100回近く乗ってると思うのだけど、たいてい遅れるのだよね。5072309.jpg
搭乗口も8番から5Aに変更されてしまった。
今日は珍しくセンターに近い!と思ったら、やっぱりJALの味噌っかすゾーン(3~6)に追いやられてしまった。
15分遅れで出発。機材はB737-800で座席はクラスJの右舷側の窓側。左舷側は取れなかった。
B737のクラスJの右舷側は普通席と同じ三人掛けで肘掛のテーブルもハーフサイズでなんか損した気分になる。やはりB737のクラJは二人掛けの左舷側の方がいいなぁ。5072310.jpg
上昇するとずっと雲の中でほとんど何も見えない。
5072311.jpg
それにしてもスゴい雲。この雲を避けながら飛んでいくのだが時折激しく揺れる。
5072312.jpg
たまに下界が見える。湖が見えた。どうもダム湖っぽい。
あとで調べてみたら、大井川の上流にある井川湖というダム湖。近くには寸又峡がある。
その後はずっと雲の中。
高松着陸に向けて降下を開始。
5072313.jpg
雲の下に出て見えてきた街。ここは見覚えがある!
5072314.jpg
姫路ですね。修復中の姫路城が見えます。
5072315.jpg
こちらは瀬戸内海。相生から日生にかけての一帯ですね。

ここで最終着陸態勢。ここからは電子製品使用不可です。


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

日本でアマゾンのナマズを喰らう

アマゾンではいろんな魚を食いましたが、特にうまかったのがこちらです。

見事な虎柄のタイガーシャベルノーズです。ペルーアマゾンでは高級魚でドンセージャと呼ばれています。
5072202.jpg
現地ではこんな感じで葉っぱに包んで蒸し焼きにして食べます。
あのナマズはうまかったなぁ。また食いたいなぁ。なんて思っていたら、松坂さんが冷凍便で食材用のピラニアやコロソマなどといっしょに輸入してくれました。
さっそく、分けてもらいに佐倉まで行ってきました。
5072203.jpg
解凍したタイガーシャベルノーズの身です。肉みたいですね。
5072204.jpg
身をスライスして臭み防止でレモンを擦り込みます。
結果的にはレモンをやらなくてもほとんど臭みはなかったようです。
5072205.jpg
シンプルにバター焼きにしてみました。
擦り込んだレモンのおかげでレモンバターソース風味であっさりとしていておいしいです。
もっとたっぷりバターを使ってバターで揚げる感じにしてもおいしいかも知れません。
5072206.jpg
骨の周りは焼き肉のたれで焼いてみました。このあたりの身は脂が乗ってておいしいです。
5072207.jpg
愛犬ハルにもおすそ分け。うまそうに食ってました。
ピラニアに続き、タイガーシャベルを初めて食った日本犬かも知れません。(笑)

という訳でピラニアだけでなくタイガーシャベルノーズもおいしいですよ。みなさんも一切れいかがですか?
松坂さんのところで購入可能です。

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

ペルーアマゾン旅行記 14日目 ~リマ 自然史博物館その2~

続いて自然史博物館の別館です。

こちらは鉱物館です。
中は鉱物の展示がいっぱい!
5072102.jpg
こちらは化石かな?
5072103.jpg
こちらは金属の鉱石かな?
5072104.jpg
『石好き』のわたしにはたまらない展示の数々です。
5072105.jpg
このアクリルの展示台もなかなかキレイでいいですね。
5072106.jpg
これはマラカイト?当たり前ながらスペイン語表記なのでよくわかりません。
5072107.jpg
ビンに入っているのは錫石らしい。
5072108.jpg
階段状の展示がいいですね。
5072109.jpg
こちらは宝石系かな?
5072110.jpg
こちらは鍾乳石?
5072111.jpg
縦型の周期表は初めて見ました。
5072112.jpg
気になる展示が・・・
5072113.jpg
うわ!ウラン鉱石じゃないですか!
5072114.jpg
袋に入った怪しい粉もいっしょに展示されてます。
なんとなく放射性ウラン鉱石ってスペイン語で書いてあるような気がするんですが・・・
だいじょうぶなんですかね?これ。汗


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 14日目 ~リマ 自然史博物館その1~

セントロからバスを乗り継いでやってきました。
自然史博物館です。
5072002.jpg
ペルーにいる生物の、主にはく製が展示されています。
5072003.jpg
ペルーの海水魚。
5072004.jpg
カジキのはく製。
5072005.jpg
シュモクザメやノコギリザメのはく製。
太平洋沿岸だけにこの辺は日本と同じような分布ですね。
淡水魚の展示もありました。5072006.jpg
カラチャマ・ギガンテ!!巨大プレコのはく製です。
5072007.jpg
こちらはロリカリアですね。
5072008.jpg
ツクナレです。
5072009.jpg
両生類コーナー。亀やカエル。
5072010.jpg
アリクイですねぇ。
5072011.jpg
これはバク?
5072012.jpg
恐竜の化石?
5072013.jpg
これは海にいた恐竜かな?
5072014.jpg
こちらはサメでしょうね。
5072015.jpg
お!これはサーベルタイガーじゃないですか!!
5072016.jpg
サーベルタイガーの復元模型です。これはちょっと感動しましたね。
こんな生き物が実在したとはスゴいですよね。
5072017.jpg
外にはクジラの骨格標本が。
5072018.jpg
池があったので思わず覗いちゃいました。水があると、ついつい覗いてしまう悲しいサガです。(笑)
メダカみたいなのがいますね。
5072019.jpg
これは石のお金でしょうか??
5072020.jpg
古代に実在したという巨大ワニの模型。ホントにデカいです。これは圧巻。
5072021.jpg
同じく巨大亀の甲羅の化石。まさにドラゴンボールの亀仙人の甲羅みたいです。
5072022.jpg
巨大ワニに食われる巨大亀。ワニは亀を丸のみしないと思うのだけど・・・(笑)

続いて別館です。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 6日目 ~南海フェリーの船旅~

一週間の紀伊半島、九州、四国旅行もいよいよ最終段階。
これより南海フェリーで徳島から和歌山へ渡り、名古屋に帰ります。

徳島のフェリー乗り場に着くころには激しい雷雨に。
5071902.jpg
これから乗るフェリーは『フェリーつるぎ』です。2604トン、108メートル。
あまりに激しい豪雨なので外に出て撮影する気がしません。
5071903.jpg
乗船開始。南海フェリーの徳島乗り場はクルマから降りることなく、ドライブスルーでチケットが買え、そのまま乗船できるので便利です。
5071904.jpg
車両甲板。甲板はスカスカ。この便はお客が少ないようです。
5071905.jpg
後ろ半分ガラガラです。このフェリーも千円高速で大打撃を受けた航路の一つなんですよね。

5071906.jpg
デッキのイス席。雨なのでさすがに誰もいません。
5071907.jpg
太陽光発電システムが搭載されていました。
多少は燃費が向上するのでしょうか?
5071908.jpg
南海フェリーと言えば萌えキャラです。船内のあちこちに描かれています。
5071909.jpg
船内。売店はソッコーて閉まってしまいました。やる気ないですね。
5071910.jpg
二等の雑魚寝部屋。
5071911.jpg
こちらはグリーン席(一等)。座席のようです。プラス500円。
出港の時間です。
5071912.jpg
ホーサー自動レッコマシーンでホーサーレッコ。
こんなマシーンがあるとは。綱取りの人件費削減ですね。
5071913.jpg
さよなら。徳島。もうしばらくは来ることないと思うけど。
5071914.jpg
こちらは東京~徳島~北九州を結ぶオーシャン東九フェリーの桟橋。
まもなく対岸にできる新しいターミナルに移ります。
5071915.jpg
水産会館。ここも仕事でよく来たなぁ。
5071916.jpg
こちらは小松島。ここもよく来ました。
この旅、三度目にして最後の船旅は2時間ほどであっという間に対岸の和歌山に到着。5071917.jpg
和歌山に上陸。
高速を乗り継いで深夜に名古屋に無事到着しました。

一週間の総走行距離は2280キロでした。フェリー使ってなければこの2倍ぐらいの距離になると思います。フェリーさまさまです。

今回の旅では那智の滝や高野山などの名所や、本州最南端、最西端、日本本土最西端などの端っこ巡りもでき、うまいものもたくさん食べられて良い旅行でした。これで思い残すこともなく名古屋から旅立ちます。

というわけで旅行から一年以上引っ張ってしまいましたが、紀伊半島、九州・四国旅行記を終わります。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 14日目 ~リマ セントロ(旧市街)その4~

セントロ散策もそろそろ終盤です。
5071801.jpg
建物も黄色ければタクシーも黄色です。
色がマッチしてますね。
5071802.jpg
何気ない建物も良く見るとすごい彫刻が施されています。
5071803.jpg
こちらのちょっとした広場の建物も黄色一色。
5071804.jpg
カフェのメニュー。カラフルでキレイです。
5071805.jpg
本屋もありました。思わず熱帯魚関係の本がないか探してみましたが、やっぱりありませんでした。(笑)
5071806.jpg
廊下の幾何学模様がいい感じです。
5071807.jpg
正面から見たリマ大聖堂。
5071808.jpg
黄色一色の街並みもこのあたりで終了。
5071809.jpg
お店のショーケースが見ていて楽しい。こちらはフルーツ。
5071810.jpg
こちらはドリンク。
5071811.jpg
こちらはお菓子なんかも売っている。
5071812.jpg
バルコニーがいい感じ。
5071813.jpg
このビルもおもしろい。
5071814.jpg
こちらも教会かな。
5071815.jpg
空に飛びかうのはコンドルか??

さて、お次はバスに乗って博物館へ。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 6日目 ~徳島・鳴門~

この旅のラスト訪問地は徳島です。5071701.jpg
徳島にやってきました。これで四国四県すべて回りました。写真は新型のディーゼル車。一両編成です。
バックの山は映画にもなった眉山ですね。
徳島は日本で唯一電車が走ってない都道府県だったりします。
徳島の鳴門と言えば、『びんび家』でよく魚を食べて帰りましたが、5071702.jpg
地元の人の話だとこちらの『あらし』の方がオススメだそうです。
そんな話を聞いていながら一度も食べに来ることもなく転勤になってしまったので、今日こそは食べて帰ろうと思ったわけです。
5071703.jpg
これまた地元の人の話だと、『あらし』は『びんび家』の親族がやってるらしいです。
5071704.jpg
確かにメニューも似た感じです。
5071705.jpg
まずは大好きなあら煮を注文しました。
5071706.jpg
続いて、魚卵の煮つけ
5071707.jpg
メインはサバの刺身定食です。
『鯖の生き腐れ』というようにサバは鮮度が落ちるのが早く、なかなか刺身を食べることはできません。
産地が近い四国ならではのメニューです。
脂が乗っていてとてもうまかったです。
5071708.jpg
腹も一杯になったので徳島のフェリー乗り場へ。
正面は眉山です。だいぶ雲行きが怪しくなってきました。
5071709.jpg
吉野川の土手の上を走っていると、ポツポツと大粒の雨が降り出しました。
最後まで四国に拒絶されてます。汗

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

E6系スーパーこまちで帰宅

旅行8日目。西へ東へ北へ激しく移動した旅行もようやく今日で最終日です。

今日はチバラギに帰るだけなので東北新幹線で仙台から上野へ。

新しいE6系スーパーこまちに乗るために仙台で1時間半待ちましたよ(笑)

スーパーこまちははやてorはやぶさと併結して17両編成にもなります。
これは日本最長の旅客列車かな?
5071602.jpg
はやてとスーパーこまちの併結シーンを撮ろうと思って待ってたら、はやてとつながったまま来ちゃいましたよ。あ゛!併結すんのは仙台じゃなくて盛岡だ!とここでようやく気付いたのでした。汗
すっかり勘違いしておりました。
5071603.jpg
E5系はやてとE6系スーパーこまちの連結部分。
5071604.jpg
それにしてもこの紅いスーパーこまちはカッコイイ。
正直、新幹線って画一的であまり好きでないのだけど、この紅いスーパーこまちだけは好きですね。
このテカリぐらいがなんとも言えません。
ただ、このテカりに一眼のAFが戸惑うようでピントが合いにくくて困りました。汗
5071605.jpg
スーパーこまちは秋田新幹線の在来線部分を走るのでフツーの新幹線より一回り小さいです。
その分、座席配列も2-2でゆったりしています。普通席の料金でグリーン車気分?が味わえます。(笑)
5071606.jpg
先頭の座席だったので大型テーブルがついていて便利でした。
テーブルの下にコンセントもあります。
5071607.jpg
仙台名物の牛タン弁当も食いました。ヒモを引っ張ると温まるヤツです。

5071608.jpg
やっぱり温かい弁当はいいですね。
想像以上にうまかったです。
乗り心地として、小さい分かちょっと揺れますね。サスペンションはE5系のはやての方がいいみたいです。
5071609.jpg
あっという間に上野に到着。
はやてのグランクラスにも乗ってみたかったのですが、この乗車時間だと普通席で十分ですね。
5071610.jpg
最後尾ながら上野駅で一人撮影会。
5071611.jpg
うーん。やっぱりこの紅色はいいですね。地下ホームでもこれだけ映えます。
5071612.jpg
東京駅に向けて、あっという間に消えて行きました。

というわけで大阪~盛岡~仙台~山形と巡った7泊8日の旅行もこれにて終了。
毎日楽しかったですが、ちと飲み食いしすぎました。しばらく静養したいと思います。汗


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

蔵王温泉かわらや

お釜の絶景を鑑賞後、下山。
何気にここから山形県でお釜は宮城県にあったりします。県境ではあるんですけどね。
5071562.jpg
下山中に見つけたナゾの落書き。
この手の落書きのコレクションをしております。(笑)
5071563.jpg
蔵王温泉に日帰り入浴して帰ることにしました。
5071564.jpg
こちらは源泉です。こういうところを覗くの好きなんですよね。
5071565.jpg
見事な乳白色の硫黄泉です。こういう温泉大好きです。
日帰り入浴はいくつかあるのですが、テキトーにここに入ってみました。5071566.jpg
かわらやです。
ここが大当たりでした。
湯船の真下に源泉があり、湯船の底がスノコになっていてまさに湧き立て、かけ流しの温泉に入れる素晴らしい湯でした。
pH1.7という強酸性の温泉でいっしょに湯船に入っていた地元の方に『時計大丈夫?』と心配されてしまいました。地元の方によると、蔵王温泉の中でもこの温泉が一番『濃い』そうで、ここに入ってしまうと、他の温泉では『薄く』てダメだそうです。この方とはいろいろ温泉談義ができて楽しかったです。
入浴後は見事に肌がスベスベになりました。
5071567.jpg
かわらやの前の源泉。そこいら中源泉だらけです。
山形市内に戻り、レンタカーを返却。再びバスで仙台に戻り、宿のある多賀城へ。
5071568.jpg
今日は多賀城在住の名古屋時代の元上司宅で一杯ごちそうになりました。
元上司宅からの風景ですが、このあたりは震災のときは津波でかなりの被害があったそうです。
5071569.jpg
鉄塔の向こう側に太平洋フェリーのファンネル(煙突)が見えます。
以前ここからフェリーに乗って北海道の苫小牧まで行ったことがありますが、仙台港ってこんなに近かったんですね。
5071570.jpg
元上司の地元の銘酒『鳥海山』を中心に、たくさんご馳走になりすっかり酔っぱらってしまいました。
ご馳走様でした。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

山形 蔵王・お釜

旅行7日目です。
今日は仙台からバスに乗って山形へ。
仙台から山形へ向かう高速バスはものすごく本数があり、5~15分おきにバスが出ていてとても便利です。
料金は往復1600円と格安です。
5071531.jpg
あっという間に1時間足らずで山形駅に到着。
なぜ山形へ来たのか。それは山形県が通過のみで唯一ちゃんと来たことがない都道府県だったからです。
これで47都道府県完全制覇しました。感無量です。
さて、全国制覇したのはいいんですが、山形で何をするかまったく決めずに来ちゃいました。
無計画もいいとこです。汗
5071532.jpg
とりあえず『るるぶ』を買って一人作戦会議です。
ちなみに海外の行ったところは『地球の歩き方』を、国内の行ったところは『るるぶ』を集めていたりします。(笑)
作戦会議の結果、天気がよくなってきたのでレンタカーを借りて山の方に行ってみることにしました。5071533.jpg
ところが山を登っていくとご覧の通り霧で真っ白け。
5071534.jpg
山形の中心部からお釜の駐車場まで一時間かからずに到着しました。結構近いです。
ただ、この通り霧で真っ白け。視界100メートルぐらいでしょうか。
5071535.jpg
そうそう、今回レンタカーで出てきたのはトヨタのポルテでした。
5071536.jpg
ふだんファンカーゴに乗っているのでだいぶ似たような感じのクルマで乗りやすいです。
ハンドルの向こう側に物入れがあるのが便利ですね。財布をここに入れておいて有料道の支払いとかで重宝しました。
さて、お釜の方に行ってみましょう。
5071537.jpg
うーん。あの世への道みたいでこれはこれでミステリアスでおもしろいのですが、何にも見えません。汗
5071538.jpg
本来ならここから絶景が見えるハズなのですが・・・
5071539.jpg
とりあえずそばにある山の刈田岳(標高1,758m)に登ってみました。
5071540.jpg
数分で頂上に到達。やっぱり真っ白。
この時期は空気が湿ってて山の上の方で冷やされて霧が出やすいんでしょうね。
来る時期を間違えたかなぁ・・・
5071541.jpg
頂上には刈田嶺神社があります。10円のお賽銭でいろいろお願いしました。
とりあえず霧を晴らしてください!!
5071542.jpg
神社にあった温度計。12度です。さすが山の上ですね。
一瞬でも霧が晴れる瞬間がないかしばらく粘ったのですが、まったく霧が晴れそうにありません。
諦めて帰ろうと思ったのですが、蔵王山頂レストランで昼食を取ってから帰ることにしました。
5071543.jpg
名物の蔵王釜かつ丼です。お釜に入ってます。(笑)
かつ丼を食べ終えたころ、ふと外を見ると・・・
5071544.jpg
あら!霧が晴れてきたじゃないですか!!
ダッシュでお釜に方に戻ると5071545.jpg
一気に霧が晴れ、この絶景!お釜を拝むことができました。
相変わらずの晴れ男パワーとさきほどの10円のお賽銭の効果に大感謝です。
が!最悪のトラブル発生!!ここで一眼のバッテリーが切れたのです。
まさかこのタイミングでバッテリーが切れるとは!!
駐車場に戻って車内に置いてあった予備のバッテリーと交換し、お釜鑑賞ポイントに戻ると・・・
5071546.jpg
あーまた霧に包まれてます。
千載一遇のチャンスを逃してしまったか!?
と思ってたら
5071547.jpg
また霧が晴れてきました。いやー見事な景色です。
5071548.jpg
このあたりは火山でお釜と呼ばれる五色沼は火口湖です。
5071549.jpg
周りの山はカルデラです。
5071550.jpg
再び霧に包まれました。
5071551.jpg
しばらくするとまた霧が晴れてきました。この繰り返しです。
霧が晴れる瞬間がなんとも美しいです。

5071552.jpg
バックの山にはまだ雪が残ってます。
5071553.jpg
五色沼に光が当たると緑色に輝きます。この池の水は酸性で生き物はいないそうです。
5071554.jpg
お釜に向かって右側の風景。こちらもキレイです。
5071555.jpg
ちょっと撮影ポイントを移動。
こういう景色の水草レイアウト水槽を作ってみたくなります。

という感じで、霧で諦めて帰る人も多い中、お釜の絶景を見れたのは幸運でした。
絶景を見ることができて大満足です。

ただ、ここは厳密には宮城県なんですよね。汗

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

仙台・塩釜へ

この旅行、まだまだ続きます。
盛岡の次は仙台へ。

盛岡駅で新幹線に乗ろうとしたら、目つきがヤバい、どう見ても警察のSPがウジャウジャ。エスカレーターでホームに上がっていくと、制服を着た警官や報道陣、駅員にサンドされて誰かがエスカレーターを降りてきました。
こりゃ誰か政治家だろうな。と思ってたら、エスカレーターの途中ですれ違ったのは安倍総理でした。ありゃ。一番の大物が来た!(笑)ただ、安倍総理は参院選の応援で疲れ切ってて、なんか大物のオーラは一切なかったです。
安倍ちゃん、ポンポン大丈夫?アベノミクスのインサイダー情報教えて!あべし ひでぶ?とか、すれ違いざまに聞いてみたかったけどSPに本格的に怒られそうだし、それを報道陣に撮影されそうだったのでやめときました。

総理の進路上の警備は万全でしたが、エスカレーターですれ違う人はノーマークだったのが気になりました。あれはテロリストが総理とすれ違いざまに殺そうと思えばいつでも殺せますよ。もっといろんなパターンを想定した警備をした方がいいと思いますね。
とか妄想しつつ、総理の写真撮っておけばよかったとホームに上がってから思ったのでした。

E5系『はやて』であっという間に仙台到着。盛岡から一駅です。
5071512.jpg
それにしても先頭車両の形状はスゴいですね。先頭部分だけで車両の半分使ってますもんね。
5071513.jpg
仙台駅です。仙台に来るのは三度目ぐらいかな。震災後は初めてです。
仙台から仙石線に乗って多賀城へ。
今日の宿はこちら。
駅から徒歩圏内で値段もまずまず。楽天の評価も3.9と割と高かったのでこちらにしました。
部屋は喫煙部屋(禁煙部屋はどういうわけか料金が高い。)だったのがちょっとイヤでしたが、併設しているスーパー銭湯に無料で入れるのは良かったです。
夕方、再び仙石線に乗って塩釜へ。
5071514.jpg
10年ほど前に友人がこのあたりに住んでて一週間ほど居候してたことがありました。
そのときに松島から観光船に乗ってこの塩釜の港で船を降りたことがあります。
ここに去年まで勤めていた会社の東北支店があり、就職したときの最初の直属の上司と、名古屋時代の上司が勤めていて、その訪問とご挨拶も兼ねてやってきたのでした。
ここは震災のときの津波の映像がたくさん撮影されている場所でもあります。
5071515.jpg
今日はここで花火大会があり、花火見物の観光船も出るのでたくさんの観光客でごった返していました。
元上司二人と現地スタッフのみなさんが快く迎えてくださり、花火が始まる前から大宴会!
たくさんの酒や食べ物を用意してくれていました。
5071516.jpg
特にこのシャコがデカいこと!
5071517.jpg
四国にいたときもよくスーパーで買ってゆでて食べてましたが、こんだけデカいシャコを食べたことはありませんでした。ひたすらハサミでシャコの両サイドを切ってバリバリ剥いて食ってました。(笑)うまい!
5071518.jpg
すっかり出来上がったころ、花火の打ち上げ開始!
5071519.jpg
花火が上がると一発ごとに大歓声です。これは関東ではあまりないことなのでちょっと驚きました。
5071520.jpg
特にこのニコちゃんマークの花火は大人気でこれが上がるたびに大歓声でした。

こちらのオフィスは人は無事だったものの、クルマ数台が流されたとのことです。
いまはあんな津波があったことなど信じられないぐらい平和な場所です。
花火は去年から復活したそうですが、花火大会を楽しめるぐらい復興が進んでいてちょっと安心しました。

東北支店のみなさん、ありがとうございました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

盛岡 わんこそば 初駒

旅行6日目。盛岡3日目です。
昨日は結婚式の3次会までひたすら飲み続け、今朝もそれなりに二日酔いだったものの、ホテルのうまい朝飯をしっかり食ってました。この後に決戦が控えていたのに・・・(笑)

そうです。盛岡名物のわんこそばを食うことになっていたのです。
決戦の場はこちら。初駒本店さんです。
5071502.jpg
決戦会場。
5071503.jpg
こちらは薬味いろいろ。自分の好きな味で楽しめます。
5071504.jpg
エプロンをつけ、決戦スタート。
そばが、汁が飛び交いますのでエプロン必須です。
お給仕さんが掛け声とともにどんどんそばを放り込んできます。(笑)
そば自体はとてもおいしいです。
80杯目ぐらいで苦しくなってきました。わたし的にはキリのいい100杯でギブアップしようと思ったのですが、お給仕さんは許してくれません。涙5071505.jpg
結局109杯でギブアップ。うーん。朝メシ食わなきゃ良かったか・・・
まぁこれ以上ムリすると、記録よりも記憶に残る男になってしまうのでやめておいて良かったと思います。汗
5071506.jpg
全員で400杯以上平らげました。本日の最高記録は新郎の156杯。わたしは2位。ちなみにお店の最高記録は256杯だとか。
これだけのお椀があるのもすごいです。塗り物なので全部手洗いなんだとか。
ちなみに、食べたお椀を積み上げてくれるお店は盛岡でも少ないそうで、マッチ棒でカウントする店もあるそうです。
5071507.jpg
こちらはリーズナブルコースの『野鳥の会』方式のカウントです。
実は数年前にもこちらのお店でわんこそばに挑戦したことがあるのですが、そのときは108杯でしたので1杯記録更新できました。(笑)

という訳で、じゃじゃ麺、冷麺、わんこそばの盛岡三大綿を制覇し、盛岡の街を後にしたのでした。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

盛岡食い倒れ

旅行5日目。盛岡2日目です。

昨日の到着から盛岡はずっと雨。梅雨前線のまっただ中にいるようです。
5071402.jpg
ウコンの力に頼る我々。(笑)
昨日は久しぶりの再会で飲み過ぎました。汗
昨日、食べた盛岡名物です。
5071403.jpg
じゃじゃ麺です。お店の人曰く、ジャージャー麺とじゃじゃ麺は違うそうです。
きし麺みたいな平打ち麺にキュウリとミソダレが乗っています。
5071404.jpg
食べ方が親切に書かれています。
5071405.jpg
こちらはチータン。じゃじゃ麺を食べた後の器に生卵を溶き、そこにスープを注いでくれます。
自分好みの味に調整していただきます。これが実においしい!
5071406.jpg
散々飲んだ後のシメにこれまた盛岡名物の冷麺をいただきました。
コシの強い麺とスープがおいしいです。
同級生の結婚式は三次会まで続き盛大に無事終わりました。
卒業以来の再会となる同級生もいっぱい来ていてさながら盛大な同窓会でした。(笑)
5071407.jpg
披露宴でも冷麺が出てきました。新郎の粋な計らいです。(笑)

大阪に続いて盛岡でも食い倒れてます。汗

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

伊丹から花巻へ

さて、これより今回の旅のメインの盛岡へ伊丹空港から花巻空港経由で向かいます。
明日、盛岡で大学時代の同級生の結婚式があるからです。

JALのマイレージの期限が迫っておりまして、マイル消費のため飛行機を使おうと思ったら東京から花巻へは飛行機の便がなかったため一旦大阪に来たわけです。で、大阪に3泊もして観光も楽しんだわけで(笑)
この伊丹~花巻便はフツーに買うと37000円もします。羽田~伊丹は14000円ぐらい、羽田~伊丹~花巻で合計51000円相当が12500マイルですからかなりお得ですね。

久しぶりにやってきました。伊丹空港です。
大阪駅からバスに乗って30分ぐらいで着きます。近いですね。
JGCカウンターで並ばずにチェクイン5071302.jpg
セキリュティもJGC専用レーンができてましたが、1レーンしかなく、JGC持ちのビジネス客が多くだいぶ待たされました。一般レーンの方が早かったかも知れません。
5071303.jpg
サクララウンジです。意外にも伊丹のサクララウンジに入るのは今回が初めてです。
5071304.jpg
この旅2度目のラウンジビール。
5071305.jpg
どういうわけかソルマックにエネジードリンクもありました。
毎日飲み通しの身にはありがたいです。(笑)
5071306.jpg
さらに青汁やポテチまでありました。
明らかに羽田のサクララウンジより充実してます。
ビジネス客が多いので宣伝も兼ねていろいろ置いているんでしょうね。
5071307.jpg
ちっこいジェット機がやってきました。ブラジル製のエンブラエル170(E70)です。
E70は初めて見ました。今日はこの機種に乗ります。
搭乗時刻も迫ってきたので搭乗口へ。5071308.jpg
E70は小型機ですが、搭乗橋から乗り降りすることができます。
搭乗口で同じく明日の結婚式に出席する同級生と遭遇しました。同じ飛行機のすぐ後ろの席でした。(笑)
5071309.jpg
これから乗るのは鶴丸じゃない方のE70です。
5071324.jpg
E70の機内。ゆったりとした皮張りシートで乗り心地が良いです。これならクラスJじゃなくてもぜんぜんイケますね。
定刻通り伊丹を離陸。電子機器の使用がOKになった後、撮影を開始。5071310.jpg
大阪上空。生駒のあたりかな。
5071311.jpg
奈良上空?
5071312.jpg
津上空。このあたりはよく仕事で来たなぁ。
この真下あたりに鈴鹿サーキットがあるハズ。
5071313.jpg
四日市上空。ここも仕事でしょっちゅう来てた場所。
四日市港の橋はまだ完成してないんですなぁ。よく見えました。
5071314.jpg
伊勢湾湾奥。手前は木曽三川河口。右上はセントレア。
5071315.jpg
名古屋港。去年まで住んでたあたりも見えます。
5071316.jpg
名古屋中心部。緑が多いあたりは名古屋城。高いビルがあるのは名古屋駅周辺かな。
名古屋を過ぎると山間部へ。
5071317.jpg
虹がかかってます。
5071318.jpg
中央アルプスのあたり?頂上付近にまだ雪が残っている山もありますね。
5071319.jpg
富士山もクッキリと見えました。もう雪はまったくないみたいですね。
5071325.jpg
長野県松本市上空?
5071321.jpg
こちらは諏訪湖ですね。
5071322.jpg
日輪の中に飛行機の影が映る『ブロッケン現象』です。キレイに見えました。
5071323.jpg
このあたりから雲行きが怪しくなってきました。
梅雨前線に突入したようです。花巻着陸までベルトサイン点灯しっぱなしで激しく揺れましたが、土砂降りの花巻空港に無事着陸しました。気温なんと21度!大阪は36度ぐらいありましたので一気に15度も下がったことになります。ちょっと肌寒いぐらいです。

花巻空港からはバスで盛岡駅へ。盛岡駅からタクシーで19時ごろホテル入りしました。
大阪からは4時間ちょっとで来れたことになります。
北陸や北海道から来た同級生は一日がかりだったそうですし、何気に大阪からが一番時間的には速かったのかも知れません。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

交通科学博物館

大阪滞在4日目です。
今日は夕方に大移動しますが、それまで時間があるので前から行ってみたかったこちらに行ってみました。

交通科学博物館です。大阪のJR環状線弁天町駅の高架下にあります。
こちらも大阪駅から15分ほどと便利です。入場料は400円と格安です。
5071202.jpg
まずは船の模型の展示から。『交通』科学博物館なので鉄道以外の乗り物の展示もあります。
5071203.jpg
こちらはリニアモーターカー。
5071204.jpg
初代新幹線0系。
5071205.jpg
0系新幹線の運転席。めっちゃシンプルな運転席ですね。
5071206.jpg
クハ151形こだま これは実物大モックアップだそう。
5071207.jpg
クハ151の運転席。このあたりは見慣れた運転席ですね。
5071208.jpg
運転席の横にサイドミラーが付いています。
5071209.jpg
こちらもモックアップの101系。ドアの開け閉め体験ができます。
5071210.jpg
EF52 1 1928年製の鉄道記念物です。
こういうデッキ付きの機関車が実際に走っているところを見てみたかったですね。
5071211.jpg
飛行機やクルマ、バイクの展示もあります。
5071226.jpg
ヘッドマークいろいろ。懐かしいブルートレインのヘッドマークばかりです。
5071212.jpg
HOゲージの大レイアウト。一日に何度か運転も行われます。
外にもいろいろ展示があります。
5071213.jpg
DF50 18 DF50は四国・西条の四国鉄道文化館にも展示がありましたね。
5071214.jpg
DD54 33 この機関車は初めて見ました。
斬新なデザインですが、故障や事故が多く、『失敗作』だったそうです。
この33号機がDD54の唯一の現存機なんだとか。
こちらは昔の京都駅を再現したエリア。蒸気機関車などが展示されています。5071215.jpg
D51 2です。
5071216.jpg
こちらはC62 26。
5071217.jpg
C62は運転席に入ることができます。
蒸気分配器。昔の映像で機関助手がここを調整しているところをよく見ますが、ボイラーで発生した蒸気をこのバルブで調整していたわけですね。
5071218.jpg
C62の焚口。その下に見えるのが自動給炭装置かな?
5071219.jpg
運転席の天井に貼られていた汽笛合図一覧。
船の汽笛のように蒸気機関車の汽笛にも短音と長音の組み合わせでいろいろと意味があったのですね。
5071228.jpg
こちらはキハ81。面白い顔したボンネット車両です。ブルドッグなんて言われてたとか。
これは模型では見たことありましたが、実車を見たのは初めてです。
5071221.jpg
マロネフ59 1。旧型の寝台車です。こういう旧型客車って好きなんですよね。
こういう寝台車で旅行してみたかったです。
5071222.jpg
80系電車。東海道線の電車の元祖です。
5071223.jpg
ナシ20。ブルートレインの食堂車です。
5071224.jpg
なんと、この食堂車の社内で駅弁を食べることができるのです!
5071220.jpg
車内で大阪近辺の各種駅弁が購入できます。
5071225.jpg
肉の駅弁も気になったのですが、明石のひっぱりだこ飯にしました。
容器はタコ壺をイメージした陶器です。
さすが明石のタコだけにおいしかったです。入れ物は記念に持ち帰りました。

というわけで非常に楽しめました。来て良かったです。
全体的に昭和のテイストを感じる交通科学博物館ですが、子どものころよく行った東京・万世橋の交通博物館を思い出し、懐かしくなりましたね。
交通科学博物館から日本橋へ移動。
5071227.jpg
模型屋を何軒か覗きました。
日本橋には模型屋が隣接して建っているので模型屋巡りにとても便利です。
それと、大阪では関東の車両が売れ残るようで関東では入手しずらいものが特価で売られていたりするのもうれしいですね。
結局何も買わなかったのですが、いい目の保養になりました。



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

熱帯食堂

大阪滞在3日目です。

ようやく大阪の街歩きにも慣れてきました。
梅田は地上を歩いてはダメで地下道を使うと便利なのがわかりました。
ただ、この地下道もドラクエのロンダルキア並のダンジョンでわけわからないんですけどね。汗

今日は阪急電車に乗って高槻へ。
毎度阪急電車に乗るたびにシブいいい色の電車だなぁとつくづく思います。
高槻市駅で毎度ブログでお世話になっているCicaさんと合流しまして、熱帯食堂へ。
熱帯食堂は、バリ・タイ料理のお店です。
今回は4度目ぐらいかな。
開店と同時にほぼ満席。相変わらずの人気店です。
5071102.jpg
まず2リットルのタワービールいただいちゃいます。
Cicaさんはクルマで来たそうなのでわたしひとりで2リットルいけるかな・・・(笑)
5071103.jpg
ランチのサテ、ナシチャンプル。
5071104.jpg
ランチの豚あぶり焼き。
さらにもう一品
5071105.jpg
ランチのグリーンカレー。
三人前のランチを二人でいただきます。
結局ビール含めてもすべて完食。相変わらず熱帯は鉄板です。久しぶりにうまいアジア飯食いました。

その後は近所の喫茶店に移動し、おいしいチーズケーキをいただきながら歓談。
Cicaさん、今回もありがとうございました。すっかりごちそうになってしまい、申し訳ないです。
Cicaさんと別れ、この後はどこか行こうかと思ったけど、あまりにクソ暑いのでホテルに戻って休むことに決める。
夜、ちょっと涼しくなったところで再始動!
5071106.jpg
最近話題のフローズン生ビールをいただく。
5071107.jpg
これがクリーミーでおいしい!夏場はこれに限りますなぁ。
食後は高層ビルの最上階のバーに行ってみる。
5071108.jpg
夜景はキレイなのだけど、バーの氷が製氷機の氷だったのが残念。やはりバーは氷が命です!

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

USJ

大阪滞在2日目です。

今日はUFJじゃない(そっちは銀行)、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に行ってきましたよ。(笑)

アメリカのユニバーサルスタジオは学生時代に帆船でロングビーチに入ったときに行ったことがあるのですが、USJは今回が初めてです。一度行ってみたかったんですよね。
5071002.jpg
大阪駅からJRで15分ぐらいで着きます。近いですねー。
5071003.jpg
夏休み前の平日でガラガラかと思いきや、かなりの人出でビックリ!
ただ、よくよく見ると大半が日本人じゃない。ツアーで来たアジア人のようだ。
5071004.jpg
メインストリートのバックに見えるのは高速道路の橋。
ディズニーランドは周りの建物が見えないように設計されているらしいが、USJは橋だのタワーマンションだの丸見えで興醒め。この辺のツメの甘さがいかにも大阪らしい。(笑)
5071005.jpg
入場口から近かったのでテキトーに乗ってみたアトラクション。
これが横にグルグル周り気持ち悪いのなんの。初っ端からまいったなぁ。汗
5071006.jpg
後ろの建物はハリボテ。(笑)
5071007.jpg
この辺はアメリカらしくて雰囲気いいですなあ。
それにしても今日は暑い!!35度以上あるかも。
5071008.jpg
スパイダーマンのアトラクションに乗ってみました。こちらも動きが激しくリバース寸前。汗
ほとんど目を瞑ってました。目開けてたら吐いてましたね。汗
5071009.jpg
街角にいたスパイダーマン。
そういや子どものとき、スパイダーマンってクモじゃなくてスパイのスパイだぁマン。だと勘違いしてたっけ。(笑)
5071010.jpg
動く(笑)スパイダーマンもいましたよ。
5071011.jpg
バックドラフト。こちらは気持ち悪くならなくて良かったです。(笑)ここいらからようやく復活してきました。
アメリカのユニバーサルスタジオに行ったときもこのバックドラフトは見ました。これだけ火を使ったり、客かけまくったりする施設は日本じゃできないだろうなぁと当時は思ってましたが、日本でもできたんですねぇ。(笑)
5071012.jpg
乗り物酔いも治まり、ここいらで昼食。
名物のタワーハンバーガーいただきました。2800円也。
つい勢いで頼んじゃいましたが、2~3人前あって食べるのが大変でした。まぁネタ用ということで。(笑)
5071013.jpg
イベントで水掛け祭をやってました。盛大にズブ濡れになります。これは楽しい!
5071014.jpg
お次はジョーズ。
そうそう、アトラクション乗車中は撮影禁止です。神戸大のアホ学生の事件があったからかな?
5071015.jpg
ジョーズを待っている間の小屋にて。
満船飾が施されてましたが、Z旗が一枚もありません。個人的にはZ旗のデザインが好きなので残念です。
Z旗が嫌いな隣国の人に配慮しているんですかねぇ。
5071016.jpg
中央にある池と高速道路。
そういや、この高速を走っているとすぐ近くにUSJみたいな建物があるんですよね。
わたしもなんだろう?といつも思っていたのですが、大阪市の清掃工場だそうです。
実際USJと間違って行ってしまう人も多いとか。
5071017.jpg
ジュラシックパーク。恐竜が歩いてました。四足歩行のこの恐竜、中には4人入っているのかな?(笑)
5071018.jpg
最後にバックトゥザヒューチャー。これはあまり酔わずに乗れました。(笑)

5071019.jpg
有名人の手形。
誰の手形かと思ったらギャル曽根!!(笑)
あ~ウォーターワールド見逃した!これは大失敗。

あっという間に閉園時間の18時。それにしても閉園時間が早過ぎる。土日は20時までだそうだけど18時はいくらなんでも早い。

というわけでまずまず楽しめました。それにしても飲み物とかき氷にお金使ったなぁ。(笑)

ついついTDLと比較してしまいますね。乗り物系はUSJの方が上だと思いますが、料金、開園時間、雰囲気などはやっぱりTDLの方がいいかな。と思いました。
一旦宿に戻り、宿のそばのイタリアンで食事。
5071020.jpg
イタリアンなのにどういうわけか馬肉もいろいろやってる店で、馬刺しカルパッチョを頼んだらいろんな部位の馬刺しが出てきておいしかった。思わずワイン2本開けちまいました。
うーむ。さすが食い倒れの街大阪。うまいものばかりで困る。(笑)

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

大阪へ

ハイ。今週は営業とサマーバケーション他もろもろの用事で一週間の全国行脚です。
さいたまの現場の仕事を終え、羽田空港へ。
リムジンバスであっという間に着いたおかげでひとつ前の便に変更してもらえました。

久々のサクララウンジでのラウンジビールです。
今日は大阪へ向かいますのでターミナルは北ウイングになります。
北ウイングのサクララウンジは初めてです。
ラウンジでゆっくりする間もなく搭乗
5070903.jpg
最初に予約していた便は最近何かと話題のB777でしたが、ひとつ前の便はB767でした。
予約していた便では富士山を撮ろうと思って右舷側の席を押さえていたのですが、この便では左舷側で何も見えず。
伊丹の滑走路がクローズになってた影響で少々遅れて伊丹着。
満席のリムジンバスで大阪駅へ。
5070902.jpg
丸ビルで降ろされ、ホテルまでの行き方がよくわからない!
地図上では行けるのだけど、道路が渡れない!でっかいスーツケースを抱えて上がったり下りたりを繰り返し、クソ暑いしめんどくさいのでタクシー乗ったらやたら近くてタクシーの運ちゃんの機嫌悪いのなんの。わたしは細かいおつりは運ちゃんにあげる方ですが、あまりに態度悪いので五千円札出してしっかりおつりもらいました。だからタクシー乗りたくないんだよなぁ。
今日の宿はこちらです。
三泊で一万円少々の安宿です。フロントは改装したてで美しく、愛想もよかったです。部屋はまずまず。
ただ、風俗街のど真ん中でした。(笑)
腹も減ったので近所で食事。
このあたりはいろんな店があって便利です。
5070904.jpg
今夜は無難に大阪王将にしておきました。(笑)
さて、明日は遊びますよ!!

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

日本の端っこ巡り 本土四端制覇!

おっと、このネタアップし忘れておりました。
予てより、日本の端っこ巡りに挑戦しておりますが、昨年の紀伊半島~九州~旅行で日本の本土最西端神崎鼻に到達しまして、わたしの日本の端っこ巡りの達成状況はこのとおりとなりました。
5070801.jpg
黄色いピンが到達、赤いピンが未到達の場所です。


日本最東端
東京都・南鳥島 1999年8月練習船海王丸で周囲を数周周回。上陸はせず。
日本最西端
沖縄県・与那国島 2011年8月到達
日本最南端
東京都・沖ノ鳥島 未到達
公共交通機関がないため到達困難

日本最北端
北海道・択捉島 未到達
北方領土のため到達困難

日本本土最東端
北海道・野沙布岬  2009年9月到達
日本本土最北東端
北海道・知床岬 2009年9月観光船で到達。陸路なし。上陸はせず。
日本本土最西端
5020119.jpg
長崎県・神崎鼻 2012年5月到達

日本本土最南端
鹿児島県・佐多岬 2010年6月到達
到達可能・有人日本最南端
沖縄県・波照間島 2011年12月到達

日本本土最北端
北海道・宗谷岬 2010年9月到達。この後、日本最北端のネズミ捕りにひっかかる。
というわけで、日本四端と呼ばれている、納沙布岬(東)、与那国島(西)、波照間島(南)、宗谷岬(北)、日本本土四端の納沙布岬(東)、神崎鼻(西)、佐多岬(南)、宗谷岬(北)のすべて到達しました。

さらに本州最南端、最西端、四国最東西南北端など細かいところも達成しましたのでこちらも改めて紹介したいと思います。
残す日本の最北端の択捉島、最南端の沖ノ鳥島は到達困難ですが、なんとか行ってみたいですね。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 14日目 ~リマ セントロ(旧市街)その3~

セントロの街歩きはまだまだ続きます。

街角のお店。なんかうまそう。
5070702.jpg
風格のある入口発見!
5070703.jpg
門をくぐるとキレイなアーケードでした。
5070704.jpg
ここはリマ中央郵便局のアーケード。
お土産屋がいくつもあります。絵葉書のお店が多いかな。
5070705.jpg
郵便局のそばのお土産屋だけにチョウや鳥の切手が売られていました。
5070706.jpg
地図屋を発見!これは買わなきゃ!
リマ周辺の地図、ペルー全土の地図、南米全土の地図など。
川の名前が入っているものをいくつか購入。
一つだけ川の中州まで入っている細かいペルー全土の地図を発見!これはいい買い物ができました。
5070707.jpg
こちらは郵便局です。

セントロ散策はまだ続きます。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
旅行 (199)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (66)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (344)
酒・飲み物 (49)
日常 (175)
ネタ (182)
ニュース (236)
船 (309)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (2)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (107)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (35)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード