2013-02

ADAのハサミが真っ二つに折れた件

愛用のADAのハサミ、プロシザースヌードを使って有茎草(ルドウィジア)のトリミングをしていたのですが、トリミングの途中、確実に切っているハズなのにどういう訳か水草が切れていません。
なんで切れないのかちょっと考えましたが、次の瞬間、ハサミの刃の片方が折れて水槽の底に落ちているのを発見しました。

こんな感じで真っ二つです。
5022802.jpg
不可解なのがこの切断面。金属疲労なんでしょうか?
床に落として壊したり、固いものを切ってて折れたならまだあきらめもつくのですが、ルドウィジア1本切っただけで折れてしまったのは腑に落ちません。
5022803.jpg
別の角度より。

調べてみたらこれを買ったのは2007年頃でした。
手持ちの水草用ハサミの中では結構高い方になりますが、5年で折れてしまうとは非常にショックです。

ADAのハサミが真っ二つに折れた件 »

スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ペルーアマゾン旅行記 10日目 ~キストコーチャ その8~

ビールの、留守番の松坂さんに荷物を預けてキストコーチャ湖の水中観察へ。

湖岸沿いを歩いて行ったらここで行き止まりになった。昔は橋があったらしいが、壊れてしまったらしい。
戻りながら水中観察できそうなところを探す。
5022702.jpg
ここはニムファだらけ。ここでは泳げない。
5022703.jpg
これはイモ系かな?水中化するのだろうか??
5022704.jpg
ときどき湖が見えるところがある。
5022705.jpg
ここはエントリーしやすそうだ。ここで潜ってみよう。
その前に水質調査をする。 5022706.jpg
pH7.6 TDS100μs 水温30.1度と、どの数値もかなり高い。
流れ出しのない閉鎖された湖だからだろうか。
さぁ、シュノーケルをつけてエントリー。このツアーで初めてシュノーケルが役に立つ。5022707.jpg
潜ってみると、結構濁ってる。透明度は1メートルぐらいしかない。
5022708.jpg
ポツリポツリと魚がいる。これは中型シクリッドかな?アピストっぽくも見えるが・・・
5022709.jpg
ゲオフォーガス系かな。
動画も撮ったのでご覧ください。

お!コリがいた!このツアー初コリ。(笑)コリはトリリネアタスとレウコメがいるのを確認。
後はシクリッドとカラシンぐらいかな。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 10日目 ~キストコーチャ その7~


植物園の見学を終え、湖へ。
5022602.jpg
キストコーチャ湖に到着。
5022603.jpg
池のほとりはうっそうとしたジャングル。
5022604.jpg
向こう岸までは結構ある。500メーター以上はあるのではないだろうか。
5022605.jpg
Google Earthより。
この湖は写真右側のイタヤ川の河川湖(三日月湖)かと思っていたのだが、どうも人造湖らしい。
大きさは南北1キロ、東西600メートルほど。
5022606.jpg
岸辺の水草はニムファが中心。どういうわけか、この湖ではスターレンジ系がまったく見当たらない。
5022607.jpg
水は若干ブラックウォーターっぽい。底は泥混じりの細かい白砂。
5022608.jpg
白砂のビーチ。これもたぶん人工砂浜と思われる。
5022609.jpg
ビーチに水棲昆虫がいるのをYさんが発見!コオイムシかな?
5022610.jpg
ビーチの傍らにはこんなお店もある。
5022611.jpg
店の前では魚を焼いててビールも飲める。まさにアマゾン版海の家。(笑)
松坂さんが海の家でビール飲みながら荷物番をしてくれるそうなので、荷物を預けて水中観察に出かけることに決めた。

続く

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 10日目 ~キストコーチャ その6~


池を覗いた後は植物園へ。
5022502.jpg
『花の庭』と書いてあるようだ。
5022503.jpg
んーなんか植えてあるが、テキトー。(笑)
5022504.jpg
なんだこりゃ。『キストコーチャ人工砂浜』とかいてあるようだが・・・
5022505.jpg
番号が振られている・・・
5022506.jpg
おばちゃんが登場して教えてくれた。どうもこのおばちゃんはここの管理人らしい。
ここは亀の人工ふ化場で亀の卵が埋まっているとか。
って、なんで植物園にあるんだよ!(笑)
5022507.jpg
頼んでもないのにおばちゃんが延々とついて来ていろいろと説明してくれるが、スペイン語なのでまったくわからない。汗
5022508.jpg
地元の中学生?は熱心にメモを取っている。
5022509.jpg
出ました!コカの葉。ってどれがコカなのかさっぱりわからない。
5022510.jpg
ヤワリピリピリ。これは薬草だそう。
おばちゃんに導かれるまま植物園の奥へ奥へ。
5022511.jpg
かなりぶっとい木が生えていた。
意外な話だが、アマゾンのジャングルに太い木はあまり生えていない。
土が痩せていて大きくなれないのだとか。
5022512.jpg
それにしてもこの植物園、蚊がうじゃううじゃいる。
みんなが刺されまくって、とてもじゃないけど耐えられないので撤収。
おばちゃんは話し足りないらしく残念そうだが、ちゃっかりチップをもらって帰っていったのだった。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 4日目 ~宿毛フェリーの船旅 船内探検~

クルマを車両甲板に停め、船室へ。

おっと、船尾側のこちらは団体用とドライバー用なのでわたしのような一般客は入室禁止。
フェリーには必ずドライバー用の部屋があって、一般客よりも優遇されています。まぁお得意様ですからね。
5022402.jpg
こちらが一般客用の2等客室。
5022403.jpg
いわゆる雑魚寝部屋です。
5022404.jpg
床はカーペット敷きでなかなかキレイ。
この奥に1等客室があるのだけど、写真撮り忘れました。汗
5022405.jpg
貸毛布は100円です。無人販売しています。(笑)
5022406.jpg
ついつい気になってしまう配置図。
コバルトLINEというのは前の会社名らしい。
5022407.jpg
図面の配置図もあったのでしげしげと眺める。(笑)
やっぱりこの船も船長室は右舷側。これは昔からの伝統と、ルール上、右から来た船を避けるため、右側が見えやすいように右舷側に船長室がある。
5022408.jpg
ひとつ上のデッキのゲームコーナー。たいていフェリーのゲームコーナーはパチスロだ。
この奥にファミリー室がある。
外のデッキへ。
5022409.jpg
船尾側からデッキを見た図。
5022410.jpg
意外とデッキは広い。何もないけど。
5022411.jpg
船尾側。こちらからひとつ下のデッキに降りられる。
5022412.jpg
総員退船時はここに集合。
5022413.jpg
このあたりはファンネルから降ってくるススがいっぱい落ちている。
エンジンモーションの激しい出入時はここにいるとススだらけになってしまう。
さて、そろそろ出港です。

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 10日目 ~キストコーチャ その5~

動物園に続いて植物園へ。

この木道を渡っていくようです。
5022302.jpg
って目の前に池を発見!
5022303.jpg
池があったら覗いてみたくなるのはサガです。(笑)
5022304.jpg
水はブラックウォーターっぽいですね。
5022305.jpg
ほとんどスイレン(ニムファ)系です。
5022306.jpg
黄色い花が咲いている水草も。これはタデ系かなぁ?
5022307.jpg
この浮き草は何だろう?サンショウモっぽいけど、サルビニアとかそっち系かな?
5022308.jpg
ニムファの水中葉発見!ただ、このスイレンは大きくなる系っぽいのでアクアリウムには不向きかな。
5022309.jpg
これはタデ系かな?
5022310.jpg
さらにその先には桟橋が・・・
生簀みたいのがあるけどなんだろう。
5022311.jpg
生簀の中身はジャンボタニシだった!
エサの水草も入っている。
5022312.jpg
でけ~ 貝食いのトカゲのエサ用に養殖しているのかな?
5022313.jpg
桟橋から木道を見た図。遠足の小学生がワラワラ歩いてやってきた。
さて、次こそは植物園へ。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 10日目 ~キストコーチャ その4~

水族館から出ると、まだまだ支離滅裂な動物の展示は続いていた。

サルの檻の前にどこからともなく犬が乱入。金網越しに犬と猿のケンカが始まった。
犬が乱入してくる動物園なんて初めてだ。(笑)
これを見ながら一生懸命レポートを作成する地元の小学生が実にシュール。
『きょう、動物園で犬と猿がケンカしていました。これがまさに犬猿の仲ってやつでしょうか。』なんて書いているんだろうか。(笑)
動画も撮ったのでご覧ください。

金網越しのサルパンチに犬がやられてます。(笑)
しばらくサルコーナーが続きます。5022202.jpg
こんなニホンザルっぽいサルも南米にいるんですね。金色の毛がキレイです。
5022203.jpg
こちらは地元の人的には『うまそう』に見えるサルかも。(笑)
5022204.jpg
サルの次はカメでした。(笑)
5022205.jpg
アナコンダもいました。やっぱりバランバランの展示ですね。
5022206.jpg
デカいインコ。これは中南米原産かな。
5022207.jpg
南米のイノシシ。親子三人川の字でお昼寝中。
種類的にはペッカリーになるのかな?
5022208.jpg
バクもいました。
エサはやっぱり夢ですかね?(笑)
5022209.jpg
こうして見ると、なかなかかわいい顔してますね。
という感じで支離滅裂な動物園は終了。続いて植物園へ。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 10日目 ~キストコーチャ その3~

支離滅裂な展示のこの動物園、次に現れたのは

水族館だった。
5022102.jpg
中に入ると意外とフツー。いや結構充実しているかも。
イキトス周辺にいる魚を展示しているらしい。
種類ごとに分けてあり、水草も入ってて割とちゃんと展示しているじゃないですか!
5022103.jpg
セベラムかな?
5022104.jpg
オトシンうじゃうじゃ。入れ過ぎ。(笑)
5022105.jpg
これはエロンガータ・ハチェットかな?
5022106.jpg
バラクーダですね。
5022107.jpg
オスカーですねぇ。
5022108.jpg
一応、各水槽にはこんな看板がついていて、スペイン語の魚種名と学名が書かれています。
5022109.jpg
中型シクリッド。土食うヤツですね。
5022110.jpg
Sardinaと書かれていた魚。淡水イワシ?これもエロンガータ系なのかな?
5022111.jpg
Pez Acharaと書かれていたナマズさん。
5022112.jpg
エンゼルフィッシュ発見!ペルーアルタムですなぁ。
5022113.jpg
ペンシル系?のカラシンも!
5022114.jpg
コリもいました。ヴァージニアエ=ザンガマですなぁ。
スペイン語的にはミゲルちゃんコリらしい。よく意味がわからん。(笑)
5022115.jpg
コリもウジャウジャ。入れ過ぎだって!(笑)
5022116.jpg
コリ水槽をもう一本発見。
この水槽に入っている水草は何気にシャーマンシダですねぇ。
5022117.jpg
ってトリリネうじゃうじゃ。オトシンもコリも入れ過ぎ!!
現地では、日本に例えるならドジョウみたいなもんなんでしょうね。
5022118.jpg
ピラニアももちろんいました。
5022119.jpg
こちらはプレコ水槽。
5022120.jpg
リーフフィッシュもいます。
5022121.jpg
エレクトリカ・・・なんとなく名前でわかりますね。
5022122.jpg
やっぱり電気ウナギでした。でけー
という感じで思ったよりも充実した展示で楽しめた水族館でした。
去年もここに来たというMさんの話だと、去年はかなりショボくてどういうわけか東南アジア産のグラミーが泳いでいたりしたそう。割と最近リニューアルしたようです。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 10日目 ~キストコーチャ その2~

キストコーチャの動物園の見学のはじまりはじまり。
この動物園ではペルーのロレト州にいる動物を集めて展示しているようです。

最初にいたのは鳥さん。猛禽類かな?
続いてアマゾンカワイルカ!5022002.jpg
なかなか人懐っこいイルカです。
5022003.jpg
ここのイルカはタッチができます。ピンク色のお腹をすりすりしてもらうのが好きみたいです。
5022004.jpg
イルカの尻尾。尻尾もピンク色です。
5022005.jpg
この池にはピラルクーがいるらしいが、濁りと浮き草で見えるのは波紋だけ。汗
5022006.jpg
ピラルクの池の上には猿がいる。
5022007.jpg
なんじゃこりゃ。アマゾンにはこんなおっさんみたいな猿がいるのか??(笑)
5022008.jpg
突然、真っ赤な花。結構大きい。これは何の花だろう?

5022009.jpg
一応、各動物の檻の前にはこんな看板がついている。
5022010.jpg
ホンモノのジャガーさんです。
いやーキレイですねぇ。
ってジャングルでこんなの出くわしたら間違いなく卒倒しますが。汗
5022011.jpg
どういうわけか目の前でゴロゴロし始めました。
こうして見ると、ジャガーもデカいネコですね。
尻尾の付け根の下あたりにハート型の模様があります。
5022012.jpg
でっかい水棲トカゲさん。こんなのもいるんですねぇ。
5022013.jpg
カワウソもいました。
これ日本に連れて帰って四国の川に放したら大騒動になるだろうなぁ。(笑)
ハイ。みなさんお気づきのとおり、ここの動物園は展示がメチャクチャです。汗
分類も何もなく、ただテキトーに敷地内に動物を展示しております。(笑)

続く

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

南大東旅行記 9日目 ~釣り~

南大東島旅行も9日目。それでもまだ折り返し地点だったりする。(笑)

朝食。冷凍納豆登場!
今日は朝から釣りに出かける。
台風も遠ざかり、封鎖されていた港も開放されるハズ・・・
と思っていたら、北港は封鎖されたまま。仕方ないので漁港で釣りをすることに。

相変わらずコマセを撒くといろんな魚が寄ってきて、サビキにポツポツと魚がかかる。
5021902.jpg
ムラサメモンガラです。これはフツーに水槽で飼いたい。(笑)
5021903.jpg
ヒメフエダイかな?
これは初めて見た。(笑)
5021904.jpg
これはどうもイチモンジブダイのメスっぽい。
一応、沖縄で良く食べるイラブチャーになるのかな?
うーん。いろいろキレイな魚が釣れて楽しいけど、もっとガッツリ食えそうな魚が釣りたいなぁ。

暑さに負けて昼前に撤収したのであった。

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

南大東旅行記 8日目 ~南大東島原チャリツーリング~

星野洞の後は原チャリで島のあちこちをブラブラとツーリング。

製糖工場。
さとうきびは島を守り島は国土を守る
意味がよくわからないスローガン。(笑)
5021802.jpg
給水塔。沖縄の島には必ず島のどこかにある。
ここの水は海水を脱塩して作っているらしい。
5021803.jpg
南大東島地方気象台。日本の台風観測の最前線。
ラジオゾンデの打ち上げもやっているらしいので滞在中に一度は見に来なきゃね。

と見たところで宿に戻り、日課(笑)の昼寝。
昼寝から起きたら晩御飯。いやーぐうたらな生活を送ってますなぁ。(笑)
5021804.jpg
右上はカジキの煮つけかな。今日もうまい晩御飯でした。
食後、釣りに行ったPONさんを見に行ってみる。
5021806.jpg
台風一過の漁港。PONさんは釣れないらしい。やっぱりここのポイントはイマイチなのかな?
5021805.jpg
漁港の外はうねりはあるものの、だいぶ波は収まってきたようだ。
5021807.jpg
漁港の中をウミガメが泳いでいた。ここに何匹もいるらしい。漁港の主かな?
5021808.jpg
日が暮れはじめた。台風対策で漁船は陸上にガッチリ係留されたまま。
5021809.jpg
漁港の脇の不気味な階段。
ちと怖いのでここは登らず。
そんなこんなで今日は釣りもせず、宿に戻ってさっさと寝てしまう。
明日は釣りをがんばろう。

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

ヤフオクのナイジェリア詐欺

ただいま、ヤフオクであれこれ出品しているのですが、とある商品にこんな質問が来ました。

Hello Seller... I am Mrs ○○ From Canada,i saw your item placed on yahoo auction,am buying for my son in Nigeria,i will offer you 2000usd for the item plus shipment to Nigeria bY EMS SPEED POST i will make the payment bank to bank transfer so kindly email ○○@gmail.com

2000ドル+送料を出すからナイジェリアまで送ってくれないか。
という内容です。

相場が10万円前後の商品なので破格の条件ではありますが、どう考えても胡散臭いのでググってみたら、案の定、詐欺でした。しかもかなり有名な詐欺だそうです。汗

ヤフオクの質問欄にこのコメントを書いてメールでやりとりをした上で商品を送らせ、代金は架空の金融機関に振り込んだように見せかけるそうです。典型的な取り込み詐欺ですね。

結構引っかかる人が多いようで、日本貿易振興機構(ジェトロ)のHPでも、通称419詐欺事件(ナイジェリア刑法419条に抵触する犯罪)として注意を呼び掛けておりました。

というわけでみなさんもナイジェリアとの胡散臭い取引にはくれぐれもご注意ください。

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

730000ヒット!

本日、730000ヒットを達成しました。

ちなみに本日でブログ開設2150日目
1日あたりの平均アクセス340回となっております。
引き続き、更新がんばりますのでよろしくお願いいたします。

おしけんブログの軌跡
 ブログ開設   2007.  3.31 
 10000ヒット 2007.  7. 6   開設  98日目   一日平均100アクセス
 50000ヒット 2008.  4.  3     開設 369日目   一日平均136アクセス
100000ヒット 2008.12. 7     開設 618日目   一日平均162アクセス
150000ヒット 2009. 6.19     開設 812日目   一日平均185アクセス
200000ヒット 2009.11.25     開設 971日目   一日平均206アクセス
300000ヒット 2010. 9.14     開設1264日目   一日平均238アクセス
400000ヒット 2011. 3.29     開設1460日目   一日平均274アクセス
500000ヒット 2011.11.15     開設1690日目   一日平均296アクセス
510000ヒット 2011.12.11     開設1717日目   一日平均297アクセス
520000ヒット 2012. 1.12     開設1749日目   一日平均297アクセス
530000ヒット 2012. 2.10     開設1778日目   一日平均298アクセス
540000ヒット 2012. 3.13     開設1810日目   一日平均298アクセス
550000ヒット 2012. 4.13     開設1841日目   一日平均299アクセス
560000ヒット 2012. 5.12     開設1870日目   一日平均299アクセス
570000ヒット 2012. 6.10     開設1899日目   一日平均300アクセス
580000ヒット 2012. 7. 8     開設1927日目   一日平均301アクセス
590000ヒット 2012. 8. 3     開設1953日目   一日平均302アクセス
600000ヒット 2012. 8.30     開設1980日目   一日平均303アクセス
610000ヒット 2012. 9.27     開設2007日目   一日平均304アクセス
620000ヒット 2012.10.30     開設2041日目   一日平均304アクセス
630000ヒット 2012.11.15     開設2057日目   一日平均307アクセス
640000ヒット 2012.11.27     開設2069日目   一日平均309アクセス
650000ヒット 2012.12. 5     開設2076日目   一日平均313アクセス
660000ヒット 2012.12.10     開設2082日目   一日平均317アクセス
670000ヒット 2012.12.16     開設2088日目   一日平均321アクセス
680000ヒット 2012.12.23     開設2095日目   一日平均325アクセス
690000ヒット 2012.12.30     開設2102日目   一日平均328アクセス
700000ヒット 2013. 1.12     開設2115日目   一日平均331アクセス
710000ヒット 2013. 1.21     開設2124日目   一日平均335アクセス
720000ヒット 2013. 1.30     開設2133日目   一日平均338アクセス
730000ヒット 2013. 2.16     開設2150日目   一日平均340アクセス


テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

水槽部屋ができるまで その2

2012年10月26日
5021016.jpg
水槽部屋にエアコンを設置。
換気扇のコンセントをエアコンに使おうと思ったら、電源がエアコン専用回路になってないとかで設置業者とちと揉めるが、結果的にはこのコンセントを使うことで決着。

今日以降、温度管理はヒーターを使わず、エアコンつけっぱなしで対応することに。

手持ちの流木などを入れて一応立ち上げ完了。
5021502.jpg
意外と手持ちの流木がなく(後で発見したのだが)、水槽はスカスカ。
パイロットフィッシュ兼今後のメンテナンスフィッシュ用にブラックモーリーを投入。
5021503.jpg
スドーの産卵窟ナイスニーを入れてみた。
実はこの製品、産卵場所としてはあまり評判がよろしくない(高さが高すぎるらしい。)のだが、以前知人からたくさんもらってうちにいっぱいあったのと、隠れ家としてはいいかなと思ってとりあえず入れてみたのだった。
5021504.jpg
一本ベアタンクの水槽も作った。ここにはペルーのワジャガ川で採集したプレコを入れるつもり。
2012年10月30日
5021505.jpg
近所のショップで練習用にボレリー・オパールを購入。
アピストを買ったのはこれが初めてだったりする。
5021506.jpg
安価なアピストの割にはなかなかキレイですなぁ。
2012年11月1日
5021507.jpg
水草付きの流木を入れてみようと思い、試しにチャームで一つだけ取り寄せてみた。
でっかいホチキスで水草を流木にガッチャンコしただけのヤツが届いた。
うーん。これはイマイチかな。やっぱり自分で作った方がいいかな。
5021508.jpg
チャームのおまけのウィローモス付きろ材。とりあえずこれも投入。

さて、アマゾンからの魚がいよいよ今日の夕方到着する。
送ってもらったのは、プレコ数匹、コリ1匹、アピストがインカ、トラユル、アタフアルパ、なんかのシクリッドの幼魚といったラインナップ。無事届いてくれるといいのだが・・・
その祈りもむなしく、魚の入った荷物が途中のリマで一日留め置かれてしまい、1日遅れで到着することになったのだった。
2012年11月2日
千葉の佐倉のアグアの温室まで魚を取りに行ってきた。
やはり、寒いリマで留め置かれてしまった影響で、プレコ、インカ以外のアピストはすべて死着という悲しい結果だった。
何とか生き残ってくれたのが
5021509.jpg
インカ50。こいつらが生きていてくれたのが何よりも救いだった。
さすが標高の高いところに住んでいるアピストだけあって低温に強いようだ。
5021510.jpg
到着直後にも関わらず、その片鱗を見せつけてくれる。
5021511.jpg
別のオスインカも背びれをおっ立ててる。こりゃテンションあがります。
5021512.jpg
なんかのシクリッドの幼魚。獲った時よりかなり成長していてあれ?こんなの獲ったっけ?と思う。(笑)
後で、ゲオフォーガスの一種と判明。
5021513.jpg
こちらはおまけでいただいてきたアピスト・ジュタイのオス。
頬が赤くなる種類らしい。
5021514.jpg
ジュタイのメス。
5021515.jpg
今回のツアーで一匹だけ獲れたコリドラスのロレントエンシスも無事到着。
とりあえずゲオフォーガスの幼魚と同居してもらうことに。
という訳で当初の予定とはだいぶ違ったラインナップになったのでした。
ありゃ。ベアタンクは不要になっちまったなぁ。どうしよう。

何よりも立ち上げ9日目で魚入れちゃって大丈夫かなぁ?
やっぱり最低でも一か月は待ちたいところだったなぁ。とかなり不安になったのでありました。

続く

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

南大東旅行記 8日目 ~星野洞~

午後は星野洞へ行ってみました。

島の北西部の農地のど真ん中にあります。
5021402.jpg
星野洞の名前の由来は星野さんの土地で発見されたからとのこと。
5021403.jpg
受付はこちら。入場料を払うと解説の入ったテープレコーダーを貸してくれる。
5021404.jpg
受付にいたわんこ。足が短いので大東犬かと思ったら違うらしい。柴犬とパグのミックスだったかな?
5021405.jpg
星野洞の入り口。絵に描いたようなダンジョンの入り口だ!(笑)
5021406.jpg
ダンジョンに突入!
5021407.jpg
これまた見事なダンジョン。湿気がすごい。
音がやたら響く。PONさんが奇声をあげてエコーを楽しんでいる。(笑)
5021408.jpg
スロープと階段を降り切るとこから先は鍾乳洞。
5021409.jpg
うわっ!これはすごい!!
5021410.jpg
見事なまでの大鍾乳洞!!広さはなんと千坪もあるらしい。
5021411.jpg
天井につらら状にぶら下がる鍾乳石が見事!
5021412.jpg
こういうのを見ると映画のインディジョーンズやファミコンのスペランカーを思い出す。

天井が下がってきたりしてぶっ刺さったりしないだろうか。(笑)
5021413.jpg
地面に生えているようなのは石筍といい、天井の鍾乳石と繋がったものは石柱と呼ぶらしい。
5021414.jpg
ここの鍾乳石はかなり太い。
5021415.jpg
ここまで鍾乳石が成長するまでいったい何年かかったのだろう?
いずれは全部繋がってしまうのだろうか。
5021416.jpg
もうすぐくっつきそうなのもいくつもある。
ここの洞窟はかなり湿度が高い。この湿度の高さが鍾乳洞にとっては大事らしい。
5021417.jpg
さらに奥へ進んでいく。
5021418.jpg
このあたりの鍾乳石はカーテン状になっている。
5021419.jpg
星野洞の一番底から上を見上げる。
5021420.jpg
カーテン状の鍾乳石が見える。
5021421.jpg
ここの鍾乳石は色艶がいいなと思う。
5021422.jpg
あれ?ここの鍾乳石は斜めになっている。斜めになることなんてあるのか?
と思ったら、ここは落盤したらしい。やっぱり落盤することもあるんだ。おっかねー。
という感じで大満足の星野洞でした。南大東島一番の観光地と言っても過言ではないでしょう。
ここを見てしまうと、沖縄本島の玉泉洞がしょぼく感じてしまってならない。

一般公開されているのは星野洞だけだが、実は南大東島にはこういう鍾乳洞がたくさんあるらしい。
地底湖に行くツアーなんてのも用意されている。結局行かなかったのだけど、そっちも行っておけば良かったなぁ。


テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

南大東旅行記 8日目 ~台風一過~

台風4号は、昨日の深夜、沖縄本島と大東島の間を通過しました。
非常に激しい風雨で何度か停電もありましたが、無事朝を迎えることができました。
本格的な台風の直撃を久し振りに体験しました。

当初の予定では、今日は北大東島に移動する予定でしたが、船が来ないため南大東島で足止めとなりました。
台風5号も来ているため次の船は23日になるようです。北大東島には行けず、この船で那覇に帰ることになりそうです。

台風一過の今朝は朝からいい天気でしたが、台風の吹き返しの強風が吹き荒れていました。

台風一過の空は秋空のような雲です。
5021302.jpg
朝食。朝からゴーヤチャンプルに、コロッケとガッツリです。(笑)
朝食後、島内の見回り?に出発しました。
5021303.jpg
島中のあちこちの道が折れた枝や木くずだらけになっています。
5021304.jpg
亀池港です。
昨日より多少波は低いものの大荒れでした。
5021305.jpg
塩屋海岸も大荒れです。
5021306.jpg
島の西側のこのあたりが一番風表になっているようで大時化です。
5021307.jpg
西港にも来ました。やっぱり大時化です。
5021308.jpg
岸壁の上にも青波が打ち寄せています。
5021309.jpg
こりゃ船はムリですね。
5021310.jpg
どごーん!!
5021311.jpg
南大東漁港です。
こちらは島の北側にあり、風裏になるので海は穏やかです。
向こう岸の北大東島は風表になり、断崖絶壁に当たった波しぶきが高く上がるのが見えます。
5021312.jpg
北港です。こちらも穏やか。ただ、まだゲートは開かず、釣り人には開放してくれないようです。
まだ釣りはできそうにないので宿に戻り、一休み。
5021313.jpg
今日のランチは近所のスーパーのおにぎり弁当と大東寿司にしました。
さて、午後は洞くつ探検でもしましょうかね。

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

南大東旅行記 7日目 ~台風接近! 亀池港 夕方編~

おっと、気付いたら南大東島旅行記を2か月も更新していませんでした。すみません。汗

日課の昼寝をして、起きたら夕方でした。
朝と昼に続いてPONさんと亀池港に行ってみることにしました。
当然濡れるので最初から海で泳ぐ格好で出発。(笑)

昼よりもどんよりと曇って、雨も少々降っています。
5021202.jpg
相変わらず高波が打ち寄せています。
5021203.jpg
どごーーん!!
またまた動画でどうぞ。(笑)

ノーカット版でお送りしました。(笑)
5021204.jpg
PONさんとただ二人、ひたすら波を眺める。
雨のように降り注ぐ波しぶきでズブ濡れになるのにどういうわけか見てて飽きない。
次、デカいの来たら帰ろう・・・いや、もう一回・・・という感じで延々と波を眺めてしまう。(笑)
PONさん『ひたすら波見てるオレ達ってなんなんだろう』
わたし「なんなんですかね」
PONさん『きっとバカなんだろうね』
わたし「バカなんでしょうね」

結局、30分ぐらい眺めていたのであった。

※地元の方の指導の下、安全な場所から撮影しております。
宿に戻り、今日三度目ぐらいのシャワーを浴びる。
テレビをつけたらNHKで台風関連のニュースをやっていた。
5021205.jpg
大東島の予想最大瞬間風速は35メートル!本島は45メートル!
続いて泊港が映った。5021206.jpg
ハイ。大東海運は欠航です。そりゃこの波ですから絶対ムリです。
5021207.jpg
ありゃ。この真ん中にいるのは『だいとう』じゃないですか。
このまま泊港内で台風をやり過ごすようです。ヘタに沖出しするより安全なんでしょうね。
5021208.jpg
台風4号は沖縄本島と大東島の間の本島寄りを通過する模様。
南大東島への直撃は免れたが、右半円側なのでそれなりに風雨は強いハズ。
5021209.jpg
この台風の中でもバッチリ晩御飯が出た。
今日はカジキのカルパッチョとチキン。ご馳走様です。

食後、宿の別のお客さんが車で海を見に行くとの事。いっしょに行かないか誘われたが、またズブ濡れになって風呂に入るのも面倒なのでPONさんだけ行くことになった。
後で聞いた話では西港に行ったそうで、昼とはまったく違ってて高波にさらわれそうになったらしい。危ない危ない。
この後、日が暮れ、暗くなるとともに風雨が強まる。台風対策で窓枠を板で固定したりするのかな?と思ったら、島の人は慌てず騒がず、植木を屋内にしまうぐらいで台風対策終了。
今回の台風はミドルクラスで直撃もしないのでこの程度で大丈夫らしい。さすが慣れたものだ。
もともと、南大東島はすり鉢型なので外周の高台が堤防替わりになって台風に強いらしい。
その地形のおかげで離島の割には高い木が多いとか。

深夜がこの台風のピークで、風や雨の音で何度も目が覚める。何度か停電もした。
さすが沖縄の本格的な台風だ。
このまま無事に朝を迎えられるのだろうか・・・

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 4日目 ~宿毛フェリーの船旅 乗船~

一時間ほど待っていたら、ようやくフェリーがやってきた。

港内で回頭中。佐伯港では船尾付けするようである。
5021102.jpg
左舷の舷側には宿毛名物、だるま夕日が描いてある。
5021103.jpg
さすがのテクニックで接岸完了。
右舷の舷側には灯台の絵が描いてある。
どこの灯台だろう?と思ったら、豊後水道にある水ノ子島灯台だそう。

5021104.jpg
船名はニューあしずり。船籍は宿毛市。
実はこの航路にはこのニューあしずりより新しいフェリーがもう一隻就航していたのだが、経営難で高く売れる新しい方を売ってしまい、古い方のニューあしずりを残したそう。この一隻でピストン輸送をしている。
船首の方に移動。
5021105.jpg
宿毛フェリーの『ニューあしずり』999トン、長さ73.62メートル。
綱取り(係留索を岸壁のビットに引っかける作業をする人)のおっちゃんは一人だけしかおらず、船尾の作業が終わると、自転車に乗って船首に移動して作業していた。手伝ってあげれば良かったかな。(笑)
5021106.jpg
宿毛からのクルマが降ろされ、いよいよ乗船開始!
船尾からまっすぐ乗り込む。
5021107.jpg
999トンの小さな船体だが、乗用車なら65台、トラックなら16台搭載可能だそう。
自転車を載せている外国人旅行者もいた。
さて、船室はどんな感じなんだろう?

続く

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

水槽部屋ができるまで その1

先日、かねてより作業を進めておりました水槽部屋がようやく完成しました。
その水槽部屋ができるまでの軌跡です。

水槽部屋や水槽台の導入を検討されている方の参考になるよう、あえて恥ずかしい失敗の数々も載せておきます。
同じ失敗をされないよう、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

まず、水槽部屋計画は10年ほど前に実家をチバラギに新築したときから始まります。
その時の様子はわたしのホームページにまとめてあります。

せっかく完成した新築の実家&水槽部屋でしたが、完成直後にわたしが四国に転勤になってしまい、この水槽部屋は母の手により納戸にされてしまいました。涙

2012年6月
水槽部屋の新築から約10年、会社を辞めてチバラギに戻って来まして、水槽部屋計画を復活させることにしたのです。
まず、納戸化された水槽部屋の中の荷物の片付けが大変でした。荷物の行き場がない!
これは家の裏に物置を買って解決。
ようやく納戸が水槽部屋スペースに戻りました。
2012年8月
次に水槽のレイアウトです。
実家に戻ったら、アピストを本格的に始めようと考えておりました。
手持ちのスチール水槽台をズラリと並べてもいいかな?とも思ったのですが、見栄えも良くないですし、高さの方向のスペースがもったいないので専用の水槽台を買うことにしました。
水槽台のいいのがないか調べていたら、音羽のお店のAPAP水槽台が良さそうなのでこれに決めました。
ちょうどこのころにアマゾンに行くのも決めておりまして、アマゾンに行く前に水槽部屋を立ち上げて、アマゾンで獲ってきた魚を飼おう!と考えていたのですが、水槽台の発注が殺到していてアマゾンから帰国後に完成することになってしまいました。
この予定の狂いが後々までいろんなところに支障をきたすことになります。
2012年10月20日

アマゾンからの帰国直後、ついにやってきましたAPAP水槽台!かなりしっかりとした梱包です。
こうしてみるとかなりデカいですね。
5021002.jpg
水槽部屋に運ばれ、梱包を解いたAPAP水槽台。かなりガッシリ作られていていい台です。
それなりのお値段がしただけあります。
この台は、水槽、水槽台メーカーのプレココーポレーション製だそうです。
5021003.jpg
あら?すでに水草水槽がセットされてる。
そうなんです。アマゾンで水草を採って帰ってきたのでこれを植えてしまわないと枯れちゃいますので仕方なく先に水草水槽を立ち上げたのです。
ホントは一番最後にこの水草水槽を立ち上げたかったんですけどね。
これを先に立ち上げたことで、あとあとまで大変なことになります。

APAP水槽台は当初の予定通り、階段下の天井が低くなっているスペースに収まりました。

5021004.jpg
うーん。やっぱり水草水槽が邪魔っけだなぁ。汗
5021005.jpg
水槽台の扉は水草水槽のメタハラのアームにはギリギリセーフで引っかかりません。(笑)
5021006.jpg
コンセントもギリギリセーフで柱にかからず。これは結果オーライでした。

さて、水槽をセットしようかな・・・と思ったところで水槽台に強度上の重大な不具合を発見。
これはちょっと許容範囲を超えてましたので作り直していただくことになりました。

ここで困ったのが、作り直しの水槽台を待っていると、後から送ってもらうことになっていたアマゾンで獲った魚が先に届いてしまうことです。
本来はアマゾン出発前にセットして、2か月ぐらいかけて水作りをしようと思ってましたので、ただでさえ水作りの時間が短いのにこれでは致命的です。
ショップの方と相談の上、とりあえず不具合のある台(ただちに安全に支障はない。←どっかで聞いたことがあるセリフ。(笑))で水槽を立ち上げておいて新しい台が届いたら水槽をシフト。ということになりました。
これまたあとでめんどくさいことになります。
2012年10月22日
水槽台の交換の話もまとまり、暫定的ながらも水槽のセットを始めることにしました。
今回、水槽台に収める水槽はテトラの41センチ水槽です。
アピスト飼育では一般的には36センチのM水槽を用いますが、なぜこんなハンパな水槽にしたかと言うと、以前、四国でコリドラスを飼っていたときにこの水槽をズラリと並べて飼っていたので、たくさん持っていたからです。
従って水槽台も奥行き41センチ仕様で特注しました。
5021007.jpg
手持ちの41センチ水槽だけでも足りたのですが、試しに新しいテトラの41センチ水槽を取り寄せてみました。
だいぶ仕様が変わっていました。左が旧で右が新です。
旧は底がプラ底でしたが、新はガラスになっています。
外寸も若干違うようです。
5021008.jpg
この水槽台は代替品到着後に返品しますので、とりあえず予定の設置場所の隣にシフトして水槽をセットしました。
5021009.jpg
うーん。ここでやっちまったな。と思いました。
このテトラの41センチ水槽は水槽同士を並べると水槽上部の外周にある帯が干渉してキレイにピッタリとは収まらないのです。
この水槽と水槽の間の隙間が気に入りません。
やっぱりM水槽にしとけば良かったかなぁ。
気を取り直してエアー配管の組立です。5021010.jpg
自分で作っても良かったんですが、ショップで作ってもらいました。
組立は塩ビ管を繋げるだけです。
5021011.jpg
組立完成です。左上にブロアーが来ます。こういう感じで円形にするのがいいみたいです。
塩ビ管同士の接続部分はハメ込むだけで接着剤は不要だそうです。
ブロアーのパワーが強いので多少漏れてもまったく問題ないようです。
外すときは塩ビ管を木槌で叩けば簡単に外れます。
水槽台にエアー配管をセットします。
5021012.jpg
結索バンドで水槽台の裏側の枠に固定するだけです。これは簡単ですね。
いい場所にエアーのコックがつけてあります。ブライン湧かしなどに使うコックも多めにつけてくれています。
このあたりの設計はさすがですね。
2012年10月23日
5021013.jpg
ブロアーです。本来は浄化槽用。楽天のポイントが貯まっていたので楽天で買いました。
これ一台で水槽30本程度のエアーは楽々供給できます。
5021014.jpg
テトラのブリラントスポンジフィルターを水槽の本数分準備。
このときにパイプを短く切っておけば良かった。
2012年10月24日
5021015.jpg
スポンジフィルターを各水槽にセットし、ソイルを敷き、水張り完了。
一番調子のいい水槽のろ材をすすいだ水を各水槽に投入。
過去、このやり方で立ち上げているのでなんとかなるハズ。

続く

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

アグアの2月便の熱帯魚その他

ペルーアマゾンは雨季に突入し、熱帯魚採集はオフシーズン。
毎月恒例の松坂便は先月の1月便が最終だと思っておりましたが、今月も入荷したとの連絡をいただき、佐倉の松坂さんの温室までまたまたひとっ走り行ってきました。

いつもはアメリカ経由便でたいてい夕方や夜に遅れて到着なのですが、今回はメキシコ経由の便で来たそうで時間通り朝到着したそうです。寒いアメリカ経由と違って暖かいメキシコ経由なので着死も少なく、状態も良かったです。この便はなかなかいいですね。

という訳でいつもよりかなり早く11時過ぎに到着すると、開梱作業の真っ最中でしたので仕入れに来たショップの方々に混じってお手伝いしてきました。
5020902.jpg
熱帯魚はこんな段ボールと発泡スチロール、新聞紙にビニール袋に包まれて運ばれてきます。
ひたすら箱を開け、ストック水槽に分配していきます。
5020907.jpg
開梱して空になったビニール袋が山のように積もってます。
今回はかなりすごい魚が来ていました。
5020903.jpg
プラチナのシルバーアロワナです。
湿気とライトの加減でキレイに撮れませんでしたが、見たことないようなキレイなアロワナでした。
5020904.jpg
こちらはアルビノのナマズさん。かなりのお値段だそうです。
5020905.jpg
こちらはミズヘビベイビー。ちょっと欲しくなりましたが、家族に間違いなく怒られるので自重。(笑)
5020906.jpg
こんなちっこいのに一人前にとぐろ巻いてます。(笑)
さて、大型魚の開梱作業が一段落したところでお目当てのアピストです。
5020908.jpg
アピストは一匹ずつ、こんなちっちゃな袋に入れられて運ばれてきます。
ホント、タフな魚です。
5020909.jpg
アピストの開梱作業開始です。(湿気で曇っちゃいました)
5020910.jpg
まずは種類ごとに袋からプラケに放流されます。
5020911.jpg
次にオスメスが分けられます。
ショップのみなさんはさすがプロですね。あっという間にオスメス、混じりを選別していきます。
この状態からわたしもチョイスさせていただきました。
5020912.jpg
ホントはトラユル(トラ柄のユルエンシス)が欲しかったんですが、今回の便にはいなかったそうで、ユルエンシスのトリオ(オスが多かったのでオス小1と大1とメス1)と、エスメラルダ1ペアを引いてきました。
自宅に戻り、水槽で温度合わせの後、リリースしました。
5020913.jpg
エスメラルダです。ちとデカいですが、リリース直後にしてこの発色はスゴいですね。
ちなみにこのアピストはモラードという名前で特に青いのをエスメラルダと呼ぶらしいです。
5020915.jpg
ユルエンシスです。大小2匹のオスを引いてきましたが、こちらは大の方です。
トラユルではないですが、十分魅力的ですね。
5020914.jpg
背びれビンビンです。ユルエンシスの魅力はこの背びれかな。
どちらも今後の仕上がりが楽しみなアピストです。
キレイに育てて子どもを取りたいですね。

松坂さん、奥さん、宏樹さん、送ってくれたイキトスの土屋さん&ジョニーとタイワン、今回もどうもありがとうございました。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

Pocket WiFi LTE(GL04P)

2010年3月からモバイル端末はこちらを使っておりました。

G-CallモバイルのUSBタイプです。モノはEMOBILEとまったく同じものです。
導入から三年近く経ち、最近動作が不安定になってきました。
年間80日ぐらい出張に出ていた会社を辞めて実家に戻り、モバイル環境ももう必要ないかな、これも処分しようかなと思っていたのですが、たまに出かけたときになきゃないでやっぱり不便なんですよね。

そんなことを考えてた矢先に、G-Callから『Pocket WiFi LTEに乗り換えませんか?』という営業電話がかかってきました。本体は無料、先代のUSBタイプの方のキャンセル料も不要で月々の料金も100円程度安くなるとのことでしたので乗り換えることにしました。
5020802.jpg
届いたのがこちらです。Pocket WiFi LTE(GL04P)です。やはりモノはEMOBILEとまったく同じものですね。
さっそく使ってみましたが、差せばすぐ使えるUSBと違ってWiFiなのでちょっとした設定とバッテリーの充電が必要でしたが、すぐ使えました。速度もUSBのより速いです。
電車の中でも使ってみましたが、まったく問題ない速さでした。WiFiなので、PC、スマホと何台も繋げられるのもナイスですね。
ただ、先日の北温泉ではさすがに山の中なので使えなかったです。まぁあそこは携帯も圏外ですからね。(笑)

二点ほどネックなのは、USBの方はバッテリーの充電を考える必要がなかったのでその点がちょっとめんどくさいのと、2年契約なのでそれ以前に解約すると違約金が取られる点ですね。

うーん。今思えば、USBを解約して新規でLTEにした方がキャッシュバックとかあって良かったかも。2年以上使っていたから解約金もさほど取られないハズだし・・・
って、めんどくさそうだからまぁいいか。(笑)

そうそう、ちょっと笑えたのが使い古しのUSBの方の返却方法です。『お客様ご負担で郵送してください。』としか書いてありません。
書留で送れとか書いてないので普通郵便で送りました。(笑)途中でなくなっちゃったらどうするんでしょ?
まぁもうこんな再利用しないでしょうけど、誰かに盗られて使われた場合はわたしの責任になるんでしょうか?

テーマ:データ通信カード - ジャンル:コンピュータ

九州・四国旅行記 4日目 ~大分から佐伯へ~

昨夜の宿は大分市内のこちらでした。
楽天トラベルの評価が割と高く、温泉にも入れるということでこちらをチョイスしたのですが、土方のおっさんたちの常宿らしく、ちょうどチェックイン時間がかぶってしまい、フロントがおっさんだらけでタバコ臭くて第一印象は最悪でした。

部屋はまずまず。窓の外が通路というなんかホテルというよりマンションの一室のような不思議な宿でした。
温泉はヌルヌル系でなかなか良かったです。
仕事で泊まる分にはいい宿かもと思いました。
朝風呂に入って、9時半に大分を出発。
今日最初の目的地の佐伯へ。5020702.jpg
高速で来たら40分ぐらいで着いてしまった。下道でも良かったかも。
市内のスーパーで大分の焼酎など仕込んでフェリー乗り場へ。
5020703.jpg
今日はフェリーで四国に渡ります。
大分県の佐伯と高知県の宿毛を結ぶ宿毛フェリーです。
5020704.jpg
看板を反対側から見ると『ようこそ 佐伯へ』
5020705.jpg
昨日のうちにフェリーの予約はしてありましたが、チケットはこちらで買わなければいけません。
5020706.jpg
こちらは裏口。
5020707.jpg
レストランフェリー。なんとも昭和のテイストです。
5020708.jpg
そしてどういうわけか古本コーナー。
確かにフェリーは一日数本しかないので、スペースの有効活用としてはいいアイデアかも。
5020709.jpg
券売所。ダイヤは一日三往復。フェリーが一隻でピストン輸送をしている。
以前はフェリーが二隻あってもっと頻繁に往復していたのだが、大赤字で破たん。別会社が引き継ぎ、フェリーを一隻に減らしてなんとか経営しているらしい。
5020710.jpg
4メーター未満のクルマを載せて片道9650円。(現在は11,180円)
片道78キロ、所要時間3時間10分の航路としてはかなり高い。が燃料が高騰しているので仕方あるまい。
ただ、このフェリーのショートカット効果は素晴らしい。5020711.jpg
佐伯から陸路で名古屋に帰ると962キロもあるが・・・
フェリーを使って四国経由で帰ると5020712.jpg
689キロと273キロもショートカットできるのである。
5020713.jpg
乗船待ちの列にクルマを止めてフェリーを待つ。
フェリーが来るまでしばし散歩。5020714.jpg
フェリーの桟橋。フェリーの桟橋はどこ行っても必ず赤い色をしているが、これは法律で決まっているのだろうか?
5020715.jpg
佐伯港。なかなか風光明媚なところだ。
5020716.jpg
出ました!両面フェリー。(笑)鹿児島の桜島のフェリーもこんなフェリーだった気がする。
佐伯とすぐ隣の大入島を結ぶフェリーらしい。
5020717.jpg
どういうわけか街の裏の方に一つはある自販機がぶっ倒されてました。

さて、そろそろフェリーが来るかな・・・

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 3日目 ~別府 観海寺温泉 いちのいで会館~

武雄温泉を出発、さてこの後どうしよう。
佐賀県の県庁所在地の佐賀市や吉野ヶ里遺跡とか、意味もなく佐賀空港とか行ってみようかとも考えたのだけど、大雨が降ってきてやる気ゼロに。
昼飯も食いたいな・・・と思ってたら、高速の入り口まで来ちゃった。
もういいや。高速乗っちゃえ。(笑)

金立SA(一応佐賀市)で定食を食べて、佐賀県コンプリートとしました。
これで46都道府県で滞在完了。残るは山形県のみとなりました。
食後はそのまま高速を東へ東へ。
途中、鳥栖ジャンクションを通過。福岡から高速を走っていくと長崎でも熊本でも大分でも鹿児島でも九州のどこに行くにしても強制的にこのジャンクションを通過させられるので、佐賀県を踏破することになる。
以前もこの形で二度ほど佐賀には来ていたのだが、さすがにこれだけで佐賀県に行ったことにするのはどうかと。(笑)今回は温泉に入ったり、食事をしたりしたのでようやく佐賀県に行ったうちにカウントできるでしょ。(笑)
5020614.jpg
大雨のなか高速をひた走り、2時間ちょっとで別府に到着。九州の東西って高速使うと意外と近いんですなぁ。
別府は前にも来たことがあり、メジャーどこの温泉は制覇済。
今回はガイドブックに載っていたこちらの温泉に立ち寄ってみる。
5020602.jpg
別府市内の急坂を登った山の上にある観海寺温泉 いちのいで会館。
こちらはメインは仕出し屋さんで、ここで食事をするとおまけで温泉に入れる。という珍しいスタイルの温泉。
温泉だけ入ることはできない。あくまで食事がメイン。
食事とお風呂で1300円。高いのか安いのかよくわからない値段設定だ。(笑)
ただ、着いた時間が15時半ごろとちょっと遅かった。5020603.jpg
普段は定食のようなものが出るらしいが、今日はこの弁当だけしかないとのこと。
さっき昼食べたばかりだけど、まぁいいか。(笑)
フツーにおいしいお弁当でした。
弁当を食べ終わり、温泉へ。普段は風呂が先で温泉が後らしい。5020604.jpg
風呂は露天風呂が二つ。
男湯と女湯が日替わりで変わるらしい。
5020605.jpg
お~山の上だけに眺めは最高!さすが温泉の街別府。街のあちこちから湯気が上がってる。
これで天気良ければもっと良かったのになぁ。
5020606.jpg
そしてこちらの温泉の一番のウリはこの青いお湯。
ガイドブックに載ってたこの青いお風呂の写真が実にキレイでそれで来てみたわけです。
ってなんか湯船の水位が低くないか?
5020607.jpg
ありゃ。どうも掃除するのにお湯を抜いてたらしい。
5020608.jpg
奥のでっかい湯船もお湯がない。
どうも閉店間際でもうお客が来ないと思ったのか掃除を始めた矢先にわたしが来てしまったようだ。
5020609.jpg
結局入れた湯船は一番奥のこちらのみ。
5020610.jpg
まぁ入っていたのはわたしだけの貸切状態でこの湯船を満喫できたので良かったです。
5020611.jpg
次回は天気のいい日のもっと早い時間帯に来てみよう・・・
5020612.jpg
泉質はナトリウム塩化物温泉。要は海水かな。
源泉の泉温100度というのがすごい!さすが別府!!
5020613.jpg
源泉。噴気がすごい。
ここで野菜を蒸したりしているのかな?
という具合に温泉をハシゴし、今日の宿の大分へ向かったのでありました。

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 3日目 ~佐賀 武雄温泉~

佐世保から高速に乗り、東へ。
長崎県から佐賀県に入り最初の武雄南インターで降りる。

あら、このインターからは武雄温泉と嬉野温泉のどっちにも行けるんだ!(笑)
どっちに行こうか迷ったけど、死んだ親父と同じ名前の武雄温泉に決定。
5020502.jpg
お!この道は佐賀のどこへも行ける。(笑)
佐世保から30分ほどで武雄温泉に到着。かなり近いですなぁ。5020503.jpg
なんとも雰囲気のある建物です。大正三年に建てられたとか。
この楼門と奥にある新館は東京駅も設計した辰野金吾という人の設計だそうです。
5020504.jpg
こちらは武雄温泉の源泉。
5020505.jpg
泉質はアルカリ単純泉です。
アルカリ単純泉は要はフツーの風呂なのでクセのない麦焼酎みたいなもんであんまり好きじゃないんですよね。
5020506.jpg
楼門の下。向こうに見える建物は新館です。
5020507.jpg
楼門を反対側から見た図。
内側は駐車場になっています。
5020508.jpg
敷地にはいくつかの共同浴場と貸切風呂があります。
5020509.jpg
こちらの共同浴場に入ってみました。
5020510.jpg
共同浴場の裏は水槽の中に入れたくなるような見事な尖った岩山です。(笑)
5020511.jpg
中にあった看板。
佐賀県で初めて電燈がついたのはここ武雄温泉なんだそうです。

浴室は撮影禁止。結構熱かったです。
入浴後は新館の見学です。
5020512.jpg
こちらも楼門と同じく辰野金吾の設計で国の重要文化財です。
1973年までは共同浴場だったそうで、現在は資料館になっています。
5020513.jpg
かつての脱衣場。
5020514.jpg
むかしガラス。この時代の技術では均一の厚さのガラスを作ることができず、必然的にこういう曇ったガラスになったそうですが、風呂場の目隠しとしてはちょうど良かったようです。
5020515.jpg
男湯。壁と平行に作られた湯船がユニークです。
結構深いですね。
5020516.jpg
女湯。こちらは長方形です。こちらも深いです。
 5020517.jpg
2階にも上がることができます。
5020518.jpg
2階は客間になっています。廊下や階段の雰囲気がレトロでいいですね。
5020519.jpg
キレイな和室です。
5020520.jpg
2階の窓から見た楼門。
5020521.jpg
階段はかなり急です。
という具合に見学していたら、なんとなく愛媛の道後温泉本館に雰囲気が似ているなぁと思いました。泉質も熱さも似ています。
道後温泉本館は明治時代の建物ですが、武雄温泉は大正時代の建物なのでちょっと近代っぽくなってますね。

さて、さらに東へ東へ。

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 3日目 ~佐世保 海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)~

昨夜の宿はこちらでした。
佐世保の駅から近く、楽天の『お客様の声』でも4.0越えをしていたのでこちらにしました。

建物は古かったですが、スタッフの感じは良く、部屋も広くてなかなか良かったです。
フェリーであまり眠れなかった上に一日中クルマで走り回っていたのもあって、どこへも行かずさっさと寝てしまいました。
今日、朝イチで向かったのがこちらです。
5020402.jpg
海上自衛隊佐世保資料館です。このとおり立派な建物です。
ここは旧海軍の佐世保水交社の跡地だそうです。
受付を済ませると、まずはエレベーターで一番上まで行って各フロアーを見学しながら降りてきてください。と案内されます。
5020403.jpg
7階の展望ロビーからの景色です。
高速道路が邪魔っけですが、軍港らしく軍艦が見えます。
5020404.jpg
付近の案内図。海自や米海軍の施設だらけです。
5020405.jpg
泊まっている軍艦は米海軍のワスプ級強襲揚陸艦ボノム・リシャール 満載排水量40500トン、全長257メートルです。この数か月前に佐世保に配備されました。
艦尾のウェルデッキのホバークラフトの揚陸艇3艇の他、ヘリやハリヤーなども搭載可能で軽空母という感じです。

ここから先は6階から1階までペリーの来航、明治維新後の海軍の創設から現代の海上自衛隊までの変遷を詳しく展示しています。
模型中心の展示でしたが、その時代時代の軍艦同士の大きさの違いがよくわかりました。
特に日本海海戦時代の三笠やそれ以外の軍艦の違いが興味深かったです。
護衛艦シミュレーターなんてのもあって佐世保港入港を体験できました。
もちろんどこにもぶつけずに完璧に着桟させましたけどね。(笑)

館内は展望ロビー以外は撮影禁止だったのが残念でした。
さて、資料館見学の次はメシです。朝から何も食ってないのでかなり腹が減りました。5020406.jpg
佐世保と言えば佐世保バーガーでしょう。
5020407.jpg
ガイドブックに出ていたこちらのお店でハンバーガーを食べることにしました。
5020408.jpg
ふだんあまりハンバーガーは食べないのですが、こちらのハンバーガーはめっちゃうまかったです。
さすが佐世保名物ですね。

腹も満たされたので次は風呂に入りたくなってきました。
高速に乗って東に向かうことにします。

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

奥那須・北温泉2013

毎年恒例の大学同期との温泉ツアーに行ってきました。
今回もここ数年続けて訪れている栃木・奥那須の北温泉が目的地です。
北温泉に行く前に観光スポットの殺生石に立ち寄りました。
5020304.jpg
あら。去年はものすごい雪が積もっていたのに今年はほとんど積もってない!
今日は二月にも関わらず、東京の気温は20度近く、このあたりも14度ぐらいあり、花見のころの陽気です。
5020305.jpg
お地蔵さんはみんなこっちを向いて拝んでます。ありがたい気持ちになります。(笑)

このあと、すぐそばにある日帰り湯の『鹿の湯』に立ち寄ったのですが、改修中で入れませんでした。
別の日帰り湯に入りましたが、真っ白な硫黄泉で気持ち良かったです。
本日一発目の温泉で気持ち良くなったところで北温泉に向かいました。
山を登り、北温泉に近づくにつれて雪も増えるのかな?と思ったら、たいして積もっていません。
5020306.jpg
例年は灰色一色の世界ですが、今年はかなり遠くまで見通せます。

到着しました。北温泉です。やっぱり雪が少ないですね。
5020302.jpg
北温泉は江戸時代から続いている老舗温泉旅館で昨年、映画『テルマエロマエ』のロケ地にもなりました。

5020303.jpg
雰囲気のある内湯の『天狗の湯』
去年まではものすごく湯が熱かった気がするのだけど、今年はだいぶぬるくなってました。
源泉の温度が下がったのかなぁ?それとも一般人向けにマイルドな温度に変えたのかな?
5020309.jpg
25メートルプールのような巨大露天風呂もあります。
5020307.jpg
囲炉裏端で晩御飯です。
5020308.jpg
直接クルマで入れない山の中の宿の割にはしっかりとしたご飯を出してくれます。

この後は深夜まで毎年恒例の露天風呂に漬かりながらの宴会でした。
あれだけ暖かった天候が急変して猛吹雪になり、露天風呂では死ぬかと思いました。(笑)
風呂入り過ぎ、酒飲み過ぎでグッタリです。汗
5020310.jpg
吹雪は今朝も収まらず、山はこの通り真っ白。
いま降ってる雪なのか強風で山から飛んできた積雪なのかどっちなんでしょう?
5020311.jpg
昨日の暖かさで溶けた雪道が凍ってアイスバーンになり、駐車場まで歩いていくのが大変でした。

という具合で、大変疲れましたが、とても楽しいひとときでありました。
参加したみなさんお疲れさんでした!また来年もよろしくです。


テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

毎年恒例温泉ツアー

毎年冬に大学の同級生たちと温泉旅行に出かけています。

秋田・乳頭温泉
5020202.jpg
群馬・万座温泉

他には岩手の夏油温泉などにも行きました。
どこも源泉かけ流しで極上の温泉ばかりです。
今年はここ数年続けて行っている5020203.jpg
栃木・奥那須 北温泉です。
去年はこんな感じで雪に閉ざされてましたが、今年はどんな感じでしょうか?
それでは行ってきます。


テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 2日目 ~長崎 日本本土最西端 神崎鼻~

さて、陸路最西端の次は本土最西端へ向けて元来た道を戻ります。

日没が近いのでちょっと急がねば。
5020102.jpg
まもなく日本本土最西端の神崎鼻に到着です。
って、ここは標識が結構多くてわかりやすいですね。
5020104.jpg
着きました。日本本土最西端の神崎鼻です。陸路最西端の宮ノ浦から1時間半かかりました。
ここは公園になっています。
5020103.jpg
ガイドマップの看板もありました。
ここは以前は小佐々町という町でしたが、合併して今は佐世保市になっています。
5020105.jpg
さぁ本土最西端まで歩いていきましょう。
端っこマニア的にはこの端っこまであとちょっとの時間がなんとも楽しいのです。(笑)
5020106.jpg
最西端の碑の前に最西端の地モニュメントの見学です。
5020107.jpg
ありました!最西端の地モニュメントです。
海っぺりのホントに最西端のあたりに立っています。
5020108.jpg
最西端の地モニュメント。
真ん中にはハンドルみたいな輪っかがついています。
5020109.jpg
ホントにホントの最西端はこの釣り人の足元の岩でしょうか。
5020110.jpg
続いて四極交流広場に行ってみます。
5020111.jpg
何やら地球儀みたいのがあります。
5020112.jpg
上から眺められるようにもなっています。
日本の端っこを球面状に立体的に表した広場になっています。
5020113.jpg
端っこの緯度や経度もわかるようになっています。
うーん。日本の端っこの中でも一番カネかけてるのはここかも。(笑)
5020114.jpg
四極交流盟約書なんてのもあるんですね。これも足元に埋め込んでありました。
それぞれの端っこの街に関する説明もありました。
5020115.jpg
最北端 北海道稚内市
5020116.jpg
最東端 北海道根室市
5020117.jpg
最南端 鹿児島県佐多町
5020118.jpg
最西端 長崎県小佐々町
という具合にそれぞれの端っこの説明を読んでいたら、その端っこに行ったときのことをいろいろと思い出しました。
5020119.jpg
そしてこれが日本本土最西端の碑です。
これでついに日本本土東西南北、その他到達可能な日本のメジャーな端っこ含めてすべてコンプリートしました。
感無量であります。
5020120.jpg
最西端からの景色。向こうの島は先ほど行った陸路最西端のある平戸島です。
5020121.jpg
本土最西端の夕陽。夕日的にはちょっと曇っててイマイチでした。
5020122.jpg
ここも証明書を発行してくれるそうです。特に集めてないですし、もう夕方だったんでもらいませんでした。
さらに佐世保市はわたしのように日本本土の東西南北端をすべて踏破した人に記念として佐世保市長から四極踏破証明書をくれるそうです。なかなかサービスがいいですね。
おまけ
5020123.jpg
本土最西端の自販機はやっぱりコカコーラでした。
日本の端っこの自販機はまずコーカコーラですね。意識して置いているのかもれしません。
5020124.jpg
本土最西端のトイレ。(笑)
というわけで今日は一日走りどおしでグッタリです。
今夜は佐世保市内のビジネスホテルに泊まり、ゆっくり休むことにしました。

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (11)
2017 八重山釣り旅行 (13)
2017 徳島タナゴ釣り遠征 (5)
2017 四国タナゴ釣り遠征 (11)
2017 北陸 (0)
旅行 (203)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (77)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (390)
酒・飲み物 (51)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (418)
飛行機 (101)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (10)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (110)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (64)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード