2012-12

良いお年を

今年は、
4月に退職を決意、有休消化に突入。
5月に紀伊半島・九州・四国旅行、チバラギに引っ越し。
6月に沖縄南大東島旅行。退職
10月にペルーアマゾン旅行。

と激動の一年でした。
半年の充電期間を経て来春から人生リスタートです。

皆様、今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:今年一年を振り返る - ジャンル:日記

690000ヒット!

本日、690000ヒットを達成しました。

ちなみに本日でブログ開設2102日目
1日あたりの平均アクセス328回となっております。
引き続き、更新がんばりますのでよろしくお願いいたします。

おしけんブログの軌跡
 ブログ開設   2007.  3.31 
 10000ヒット 2007.  7. 6   開設  98日目   一日平均100アクセス
 50000ヒット 2008.  4.  3     開設 369日目   一日平均136アクセス
100000ヒット 2008.12. 7     開設 618日目   一日平均162アクセス
150000ヒット 2009. 6.19     開設 812日目   一日平均185アクセス
200000ヒット 2009.11.25     開設 971日目   一日平均206アクセス
300000ヒット 2010. 9.14     開設1264日目   一日平均238アクセス
400000ヒット 2011. 3.29     開設1460日目   一日平均274アクセス
500000ヒット 2011.11.15     開設1690日目   一日平均296アクセス
510000ヒット 2011.12.11     開設1717日目   一日平均297アクセス
520000ヒット 2012. 1.12     開設1749日目   一日平均297アクセス
530000ヒット 2012. 2.10     開設1778日目   一日平均298アクセス
540000ヒット 2012. 3.13     開設1810日目   一日平均298アクセス
550000ヒット 2012. 4.13     開設1841日目   一日平均299アクセス
560000ヒット 2012. 5.12     開設1870日目   一日平均299アクセス
570000ヒット 2012. 6.10     開設1899日目   一日平均300アクセス
580000ヒット 2012. 7. 8     開設1927日目   一日平均301アクセス
590000ヒット 2012. 8. 3     開設1953日目   一日平均302アクセス
600000ヒット 2012. 8.30     開設1980日目   一日平均303アクセス
610000ヒット 2012. 9.27     開設2007日目   一日平均304アクセス
620000ヒット 2012.10.30     開設2041日目   一日平均304アクセス
630000ヒット 2012.11.15     開設2057日目   一日平均307アクセス
640000ヒット 2012.11.27     開設2069日目   一日平均309アクセス
650000ヒット 2012.12. 5     開設2076日目   一日平均313アクセス
660000ヒット 2012.12.10     開設2082日目   一日平均317アクセス
670000ヒット 2012.12.16     開設2088日目   一日平均321アクセス
680000ヒット 2012.12.23     開設2095日目   一日平均325アクセス
690000ヒット 2012.12.30     開設2102日目   一日平均328アクセス

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

ペルーアマゾン旅行記 9日目 ~アマゾンで一番中州がキレイに見える丘~

アマゾン河本流での熱帯魚巻き網漁見学を終え、下流へと下る。

この3600キロ先に海がある・・・とは思えないぐらいここでも十分川幅は広く、流れは速い。
4123002.jpg
ペルー海軍の軍艦が停泊していた。船のジャンル的には『河用砲艦』になるのかな?
4123003.jpg
川岸にくっきりと地層が見える。増水・減水の繰り返しで土砂が堆積してできたのだろう。
4123004.jpg
岸辺に定置網のような網を張って魚を獲っている漁師がいた。これは食用魚を獲っているものと思われる。
4123005.jpg
ただ、ただ、だだっ広い。(笑)
途中の川岸で上陸することになった。
4123006.jpg
泥の岸にボートを着けて上陸。足元がズブズブと潜ったらイヤだなぁと思ったが、意外と締まっていた。
松坂さんはボートで留守番しているという。
4123007.jpg
岸辺に生えていた植物はコメ。アマゾンでは泥の川岸に直播きして稲作をするのだそう。
川岸沿いの丘を登る。いわゆる河岸段丘という地形だ。丘の上に小さな村があった。
4123008.jpg
ジョニーがジャングルでナッツを採ってきてくれた。
乾かさないと、このままで食えないらしい。
4123009.jpg
頭上になっていたのジャックフルーツかな?
4123010.jpg
ここのバナナは背がやたらと高い。こんなバナナは見たことがない。
4123011.jpg
民家があった。ここの家も東南アジアのような茅葺の家である。
不思議なことにここの道だけはやたら良くてコンクリートでキレイに舗装されていた。
コンクリートの道を登っていくと丘に頂上に到着。4123012.jpg
ここからはこの通り、アマゾン河の中州が一望にできる。
松坂さんとっておきのアマゾンで一番中州がキレイに見える丘とのこと。
まずフツーの観光客は来ないらしい。
4123013.jpg
中州の反対岸にも広大なビーチがある。ビーチにテントのようなものが見えるが何をしているのだろう?
4123014.jpg
丘のてっぺんには教会があった。ここの日陰で一休みさせてもらうことになった。
それにしても今日は暑い。軽く30度は超えていそうだ。
4123015.jpg
ジョニーがフルーツを何種類か『現地調達』してきてくれた。
まずはメロン、これはまぁまぁ。
4123016.jpg
パイナップル。これは良く熟れてて甘かった。
4123017.jpg
スイカ。これも水分たっぷり。
この暑さの中、丘を登ったのでこのフルーツは実にナイスな差し入れだった。
コンクリの道沿いにいろいろフルーツが生えていたので見せてもらった。4123018.jpg
パイナップル。ふだん食べているフィリピンのものとは種類が違うらしい。
4123019.jpg
良く見ると、パイナップルの花が咲いていた。こんな場所にこんなかわいい紫色の花が咲くんですなぁ。
4123020.jpg
カシュー。ヘタのように見える部分はおなじみカシューナッツ。黄色い実はフルーツとして食べられるが、熟れてないものは青酸が含まれているそうで毒である。
4123021.jpg
ヤシの木の花。
これだけでインテリアになりそう。
4123022.jpg
これは傷薬になる植物。樹液を傷に塗ると液体絆創膏のように傷がふさがり、治りが早いとの事。
4123023.jpg
再び高速ボートへ。
雨季にはこの階段まで水が来る。収穫が終わったコメはすべて水没し流される。その後、上流から栄養分たっぷりの泥が積もり乾季には再び干上がってそこでまたコメができる。肥料も何もいらない。
延々とこのサイクルが繰り返される。アマゾンの恵は魚だけではないのである。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 2日目 ~福岡 糸島半島~

本州最西端に到達し、続いて長崎県の本土最西端を目指すことにしました。

下関にて。キハ47かな?まだまだディーゼルカーが現役なんですね。
海岸沿いに下道を走って行こうかな。とも考えたのですが、それだと今日中に着きそうにないので途中まで高速を使うことにしました。
4122902.jpg
関門橋が見えてきました。この橋を渡れば九州です。
4122903.jpg
関門海峡を通過中。電光掲示板に2という数字が見えます。これはいま関門海峡の流速が2ノットだよ。ということを示しています。
かつて、帆船の日本丸が機走だったのにもかかわらず潮に負けてバックしてしまったという伝説もあるぐらい潮が速くなるところです。
4122904.jpg
博多市内の博多湾沿いを通過中。
博多も出張で来たなぁ。
そのまま高速で長崎まで行ってしまっても良かったのですが、博多から高速を降りて海岸沿いに下道を走っていくことにしました。
4122905.jpg
糸島半島の二見ヶ浦というところに立ち寄りました。海の中に夫婦岩という岩があり、鳥居も立ってます。
4122906.jpg
日本中に夫婦岩がありますが、ここの夫婦岩は形も良くていい感じです。
この岩、水草レイアウトに入れてみたくなります。(笑)
4122907.jpg
続いて、芥屋の大門という奇岩にも行ってみました。
この向こう側に洞窟があるらしいのですが、船か潮が引いてないと行けないみたいです。
4122908.jpg
この岩はこの通り、見事な六角形や八角形の玄武岩柱状節理で出来ています。
こういう岩もなかなか珍しいですね。
このまま海岸沿いに西へ西へ進みます。まもなく佐賀県です。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

ルンバ

ちょっと前からルンバが欲しいなぁと思っていたのですが・・・
1台65000円もします。掃除機にこの値段は出せないなぁと思っていたのですが・・・
なんと上記のルンバ537Jと同等品が半額の3万前後で買えるじゃないですか!
3万ぐらいだったら、母の誕生日祝いで買ってしまおうと即決しちゃいました。
4122801.jpg
注文した翌日に届いたのがこちらルンバ560です。わたしが買った時は29800円でした。

さっそく箱から出してみました。

この安さのからくりは、アメリカモデルのリファービッシュ品だからです。
もともと日本モデルよりアメリカモデルの方が安く、さらに返品された中古品を再生した商品のため安くなっているわけです。
確かに多少傷はついていましたが、フィルター等は新品ですし、そんなに気になるほどのものでもありませんでした。

さっそく使ってみましたが、そんなに音も大きくないですし、丁寧に掃除してくれます。
ずっと見てましたが、見てて飽きないです。(笑)
ベッドの下とかまで入って掃除してくれるのがいいですね。どっちゃりと愛犬ハルの抜け毛を吸い取ってくれました。お腹(バッテリー)が減ると電源まで自動で帰ってくるのがなかかかかわいいです。(笑)

ただ、ヘタレの愛犬ハルはルンバにビビりまくりです。汗
ルンバがいなくなるのを待ってから廊下を通ったりしています。(笑)

ハルはこんなことは絶対にしないですね(笑)

テーマ:AV機器・家電製品 - ジャンル:ライフ

ペルーアマゾン旅行記 9日目 ~アマゾン河本流 熱帯魚巻き網漁を見学~


アマゾン河本流へ出た。とにかくだだっ広い。河口から3600キロも上流とはとても思えない。
しかも、陸に見える場所は中州。その向こう側にもまだアマゾン河がある。雨季にはさらに川幅が広がる。
とにかくアマゾンのスケールはケタ違いだ。
4122702.jpg
アマゾン河本流にも漁師が船を出していた。
4122703.jpg
漁を終えた船が岸辺に着けていたので近づいて話を聞いてみた。
4122704.jpg
ってキミ!船が沈みかけてるじゃん!!
めぼしい魚は獲れなかったようだ。
このあたりでは時折ジャボン!という音がする。4122705.jpg
音の正体はアマゾンカワイルカ。呼吸のため水面に上がってくるが、水が濁っているのでその姿はよく見えない。
4122706.jpg
ちょうど二艘引きの漁船が巻き網漁を始めるところだったので見学させてもらう。
二艘引きの巻き網漁船団はこんな感じで魚を獲る。4122707.jpg
ある程度上流に向けて遡り、ここだ!というところで二隻は分かれ、網を張っていく。
4122708.jpg
川の流れに対し、垂直に網を張る。
4122709.jpg
網が張れたら、川の流れに乗せてしばらく川を下っていく。
網の底にはおもりがついてて底引き網状態になる。
4122710.jpg
そろそろかなというところで二隻は合流し、巻き網状態にする。
4122711.jpg
網の一端は片方の漁船に固定し、もう一端をもう一隻の漁船に取り込んでいく。
4122712.jpg
三人で並んで網をキレイに揃えながら取り込んでいく。
4122713.jpg
揚網完了!何やらピンク色の魚がいっぱい入っているのが見える!
4122714.jpg
ピンク色の魚の正体はナイフフィッシュだった。
4122715.jpg
一見、アルビノのようにも見えるが、色素が薄目のナイフらしい。
縞模様も入っている。
4122716.jpg
こちらは縞模様なしのナイフ。
4122717.jpg
大型ナマズの幼魚も獲れた。どうやらこのポイントはこういう大型ナマズの幼魚がメインターゲットらしい。
4122718.jpg
もう一回見せてもらう。
4122719.jpg
今度もピンクのナイフが多いが、ちょっと違う魚も入ったようだ。
4122720.jpg
うわ~カンディルもいる!ブルーカンディルかな?
一応、売り物になるそうで、このカンディルはキープされていた。
4122721.jpg
ボドワードの幼魚?
4122722.jpg
これはバラクーダかな?
4122723.jpg
これはプレコ?ロリカリア?
この水切りのついた青いケースがなかなか使いやすい。ちょっと欲しくなってしまった。(笑)
日本でも百均に売ってるかな?
4122724.jpg
キープされた魚。これはカラシン?シクリッド?
という感じでアマゾン河本流のこんなど真ん中でこれだけ魚が獲れることに驚いたのでありました。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 9日目 ~イキトス港~

高速ボートはイタヤ川を下り、イキトス港へ。

学生の頃、確か練習船の水路誌(港や航路などの解説書)でマナウス港やイキトス港を調べた記憶がある。
記憶が定かではないが、マナウスは5万トンまで、イキトスは5千トンまで船が入れる。とか書いてあってアマゾン河ってそんな大きな船が入れるんだ!と驚いたのを覚えている。

英語版のWikipediaによると、
Ocean vessels of 3,000 tons or 9,000 tons and 5.5 metres (18 ft) draft can reach Iquitos from the Atlantic ocean, 3600 km away.と書かれている。イキトス港は外海を走るタイプの船なら3000トンまで、喫水5.5メートルの平底の河船なら9000トンまで大西洋から3600キロ遡って入港できるのだそう。

以前、ブラジルに行ったときはマナウスやサンタレンで10万トン以上の外航船を見かけたことがある。
おそらく喫水は10メートル以上あるハズ。そんな船が航行できるアマゾン河ってやっぱりすごい。

大型船が見えてきた。
4122602.jpg
港へ降りる階段には屋根がついている。
4122603.jpg
プッシャーバージ(前方のはしけを後ろのタグボートを押すタイプの船)は喫水が浅いのでアマゾンの貨物船はこのタイプが主流のようだ。
4122604.jpg
こちらはペルー海軍の基地。アマゾン河でも海軍がいるのがおもしろい。
桟橋に泊まっているクラシックな船は士官用のヨットかな?
4122605.jpg
ラブホみたいな(笑)大型船。今回イキトス港で止まっていた船の中では最大級。
3000トンぐらいあると思う。だいたい伊豆七島に行く東海汽船の船ぐらいの感覚。
4122606.jpg
港が狭いのでこんな大型船でも槍着け(船首を陸に向けて停泊すること)なのがすごい。
4122607.jpg
大中小の客船が並ぶ。これらの船はアマゾン河のどこかの港町を結ぶ定期船らしい。
4122608.jpg
船首を桟橋につけて荷役中の船。この船は上のデッキが客席で下のデッキと船首は荷物用。
4122609.jpg
こちらの船もまっ平。一般的にはV字の船底の方が安定性や経済性が良いのだが、アマゾン河では波がなく、乗り揚げ対策もあってかやっぱり平底が主流。
4122610.jpg
岸辺にはたくさんの人がいるのが見える。世界中どこへ行っても港町は活気があるものだ。
4122611.jpg
これはプッシャーバージのプッシャーのタグボートだけまとまって停泊しているのかな?
4122612.jpg
陸路で他の街と繋がっていないイキトスは水運だけが頼り。
干ばつでアマゾン河の水が干上がってしまったらこの街は終わってしまう。
4122613.jpg
イキトス港の出口、アマゾン河との合流点にさしかかる。
4122614.jpg
アマゾン河本流側から見たイキトス港内。入り口は非常に狭い。幅200メートルもないだろう。
流れも強いし、ここを通る船の船長は相当操船に気を遣うことだろう。

さて、お次はアマゾン河本流での熱帯魚採集を見学する。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 2日目 ~本州最西端 毘沙の鼻~

フェリーから九州へ上陸。最初に向かったのが本州最西端 毘沙の鼻です。
っていきなり九州・四国旅行じゃなくなってますが、端っこコレクターとしてはここは行かなくてはなりません。(笑)
4122521.jpg
門司の道沿いにあった『めだかすくい』の看板がちと気になる。(笑)
4122522.jpg
関門トンネルを通過。料金は150円。ETCは使えない。
最近話題の吊り下げ式の天井であることはこのときは知る由もない。
本州に再上陸。
4122523.jpg
下関の海岸を北上。
4122524.jpg
途中に水産大学校があった。通称下水。
元職場の職員の大半がこの学校の出身者。こんなところにあったとは!
国道を離れ、海岸の方へ細道を走っていく。
4122525.jpg
途中にこんな看板があった。なかなか親切な端っこだ。(端っこまで何もないところも多い。)
フェリーを降りてから1時間ほどのドライブでついに到着!
4122526.jpg
え゛?これだけですか?汗
と思ったら、
4122527.jpg
キレイな看板もあった。
4122528.jpg
さらにこの先に『本州最西端』があるようだ。
時間外は門が閉まってしまってそこまで行けないらしい。
徒歩数分で
4122529.jpg
ついに到達!本州最西端 毘沙の鼻!!
これはなかなか立派な端っこです。(笑)
4122530.jpg
なるほど。関門海峡のところよりも微妙にこちらの方が本州最西端なんですね。
4122531.jpg
本州四端の解説もついていました。中2日で最南端と最西端を達成してしまいました。(笑)
最東端と最北端も行かなきゃなぁ。
4122532.jpg
最西端の展望台からの景色です。
向こうに見える島は蓋井島(ふたおいじま)という人口100人ほどの有人島です。
4122533.jpg
足元のがけ下に見える海岸。この先に『本当の最西端』の碑が波打ち際の磯に建っているらしい。ただ、そこまで行くにはロッククライミング状態になるらしく、とてもそこまでは行く気がしないのでそちらはパス。
4122534.jpg
最西端の到達証明書も発行してくれるらしい。そう言えばこの手の証明書ってまったく集めてないなぁ。(笑)
4122535.jpg
本州最西端の自動販売機とトイレを発見!
他の端っこでもコカコーラの自販機だったけど、やっぱりここの自販機もコカコーラなんですなぁ。(笑)
さて次はこの旅のメイン、本土最西端を目指すとしますか。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 9日目 ~イタヤ川 熱帯魚巻き網漁を見学~

アマゾン河本流に向け高速ボートでイタヤ川を下る。
一昨日、市内観光をしたあたりの沖まで来た。
4122502.jpg
このあたりでも熱帯魚採集の漁船が出ていたので高速ボートで近づいて見学させてもらう。
4122503.jpg
漁船は例のエンジンがついた小さなカヌー。
子どもも採集を手伝っていた。
4122504.jpg
さっそくごっちゃりと獲れていた。ナマズやミロソマなどが多い。
ひょっとして観賞魚漁船じゃなくて食用魚漁船だった?と思ったら、網の目が細かいので観賞魚漁船らしい。
4122505.jpg
カショーロやピラニアもいる。
4122506.jpg
キレイなナマズさん。この手のナマズはぜんぜん知識がないので良くわからない。
4122507.jpg
こちらはキレイなナイフ系。
4122511.jpg
こちらもナイフ系かな。
4122508.jpg
ボドワードの幼魚かな?
4122509.jpg
さすがにこれはジョニーのやらせ。(笑)
4122510.jpg
ピラニアの腹の赤さがまぶしい。これは食用になるのかな?
てな具合にいきなりいろいろ獲れててテンション上がるが、『こんなウ○コだらけのところでボート止めるな!さっさと本流に行け!!』と松坂さんに怒鳴られる。汗
確かにここは貧民街のトイレ兼用のイタヤ川の最下流部分で水が淀んでいて汚い。

高速艇はイタヤ川の河口へと向かったのだった。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 9日目 ~アマゾン河本流へ向けて高速艇で出港~

ペルーアマゾン旅行も9日目。当初の予定では定期船でレケーナへ行く予定だったが、船が勝手に行先変更して出て行ってしまったので今日は船旅の代案で高速艇をチャーターしてアマゾン河本流に行き、熱帯魚漁を見学することになった。

5時30分起床。6時に松坂さんの温室へ向かう。

朝からデカい犬がウロウロしていてちと怖いが、ペルーの犬は大人しく、滅多に吠えたりしない。
温室に着いたらまずは採集した魚の安否確認。4122302.jpg
サポソアで採集したプレコたちは元気で一安心。
4122303.jpg
朝食はパンとコーヒーをテキトーにいただく。
6時45分温室発。イキトスに来てからはだいたい8人で行動することが多く、モトカロを3-3-2に分かれて乗る。デカいわたしと松坂さんの二人で乗ることが多くなってきた。今朝も松坂さんと先発で船が出るベレン地区に向かった。船着き場に行く前に両替をするという。

イキトスの街中に両替商がたむろしているエリアがあり、そこでモトカロを降りた。両替商と言っても電卓持ってウロウロしているだけの怪しいペルー人である。ただ、銀行よりもレートはいいらしいが、顔なじみの両替商でないと騙されることが多いらしい。
確かに昨日の昼は何人も両替商がウロウロしていたのだが、今朝はまだ早かったようで誰もいない。
しばらく待つとようやく両替商が現れた。
なるほど。わたしは用心棒替わりに連れて来られたのか。(笑)
両替をしている様子を隣で眺めていると、両替商がなにやら一枚一枚お札に小さいハンコを押しながら渡してくる。
4122304.jpg
お札を見てみると、あちこちにいろんなハンコが押してあるのがわかる。
これは『確かにわたしがわたしたお札ですよ。』という意味で押すらしい。
この手の怪しい両替商は札の枚数をごまかしたり、ニセ札を渡したりすることが海外ではよくある話だが、ここイキトスの両替商はさらに上を行っていて、こちらが渡した米ドルを偽札とすり替えて『お前から受け取った米ドルは偽札だから返す。』とまんまと交換させられてしまうことがあるらしい。そんなこともあるのでハンコ押された札は信頼の証なのである。(笑)
世界のあちこちで両替したが、ここまでする両替商は初めて見聞きした。
両替が終わり、ベレン地区の船着き場へ。船着き場は一昨日、見学した市場の下に方にある。
今日乗る船はこちら。
4122305.jpg
大型の船外機付きのスリムな高速艇。20人ぐらいは乗れる。
わたしらは両替商待ちをしたので後から来たみんなが先に船に乗って待っていた。
4122306.jpg
すぐベレン地区を出港。アマゾン河本流に向けてイタヤ川を下っていく。
4122307.jpg
両岸は貧民街。何があってもおかしくないエリアである。
4122308.jpg
このイタヤ川はこのエリアの住民の道路でもあり、上水道でも下水道でもある。
当然、炊事洗濯、トイレも全部この川の水。
4122309.jpg
岸辺に並ぶ高床式住居。雨季にはこの住居の床板スレスレまで水が来る。
当然今船で走っているあたりは水面下10メートルぐらいになる。
4122310.jpg
船もいろいろ泊まっている。この船の船名はなぜかOKINAWA。沖縄と関係あるのだろうか??
4122311.jpg
地元民の足は船。毎度おなじみのエンジンにシャフトをつけただけの動力で川を行き来する。
東南アジアでは芝刈り機のエンジンを改造したものと聞いていたが、ここイキトスでは最初からこの用途で製造・販売されているそうである。確かにシャフトの先にはプロペラガードのようなものもついている。
4122312.jpg
バナナ満載の船。これから市場に出荷するのかな?
4122313.jpg
こちらの船は載せすぎて喫水線が船べりギリギリ。乾舷がほとんどない。いつ転覆してもおかしくない。(笑)

さすがに高速艇もここでは低速で進んでいくのであった。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

680000ヒット!

本日、680000ヒットを達成しました。

ちなみに本日でブログ開設2095日目
1日あたりの平均アクセス325回となっております。
引き続き、更新がんばりますのでよろしくお願いいたします。

おしけんブログの軌跡
 ブログ開設   2007.  3.31 
 10000ヒット 2007.  7. 6   開設  98日目   一日平均100アクセス
 50000ヒット 2008.  4.  3     開設 369日目   一日平均136アクセス
100000ヒット 2008.12. 7     開設 618日目   一日平均162アクセス
150000ヒット 2009. 6.19     開設 812日目   一日平均185アクセス
200000ヒット 2009.11.25     開設 971日目   一日平均206アクセス
300000ヒット 2010. 9.14     開設1264日目   一日平均238アクセス
400000ヒット 2011. 3.29     開設1460日目   一日平均274アクセス
500000ヒット 2011.11.15     開設1690日目   一日平均296アクセス
510000ヒット 2011.12.11     開設1717日目   一日平均297アクセス
520000ヒット 2012. 1.12     開設1749日目   一日平均297アクセス
530000ヒット 2012. 2.10     開設1778日目   一日平均298アクセス
540000ヒット 2012. 3.13     開設1810日目   一日平均298アクセス
550000ヒット 2012. 4.13     開設1841日目   一日平均299アクセス
560000ヒット 2012. 5.12     開設1870日目   一日平均299アクセス
570000ヒット 2012. 6.10     開設1899日目   一日平均300アクセス
580000ヒット 2012. 7. 8     開設1927日目   一日平均301アクセス
590000ヒット 2012. 8. 3     開設1953日目   一日平均302アクセス
600000ヒット 2012. 8.30     開設1980日目   一日平均303アクセス
610000ヒット 2012. 9.27     開設2007日目   一日平均304アクセス
620000ヒット 2012.10.30     開設2041日目   一日平均304アクセス
630000ヒット 2012.11.15     開設2057日目   一日平均307アクセス
640000ヒット 2012.11.27     開設2069日目   一日平均309アクセス
650000ヒット 2012.12. 5     開設2076日目   一日平均313アクセス
660000ヒット 2012.12.10     開設2082日目   一日平均317アクセス
670000ヒット 2012.12.16     開設2088日目   一日平均321アクセス
680000ヒット 2012.12.23     開設2095日目   一日平均325アクセス


テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

京都・名古屋

大阪・高槻で一泊して京都へ。
まず向かったのが梅小路蒸気機関車館。
バスを乗り間違えてしまい、あさっての方向から歩いてようやく到着。

ついにやってきました!梅小路蒸気機関車館。こちらでは全部で19両の蒸気機関車が保存されており、そのうち動態保存車両は7両あります。
ここは子供のころから一度は来てみたかったんですよね。
4122202.jpg
一番好きなC62 2も初めて生で見ることができました。感激です。
4122203.jpg 
機関車館と同じ公園に今年できたばかりの京都水族館にも立ち寄りました。
4122204.jpg
ペンギンの水中給餌の展示です。これはなかなか斬新な展示ですね。
4122205.jpg
イルカのショーもあります。バックには東寺や新幹線、さらには機関車館のSLの煙が見え、汽笛も聞こえてくるのがなかなかシュールです。(笑)
京都から名古屋へ移動。N700系新幹線で35分とあっという間に到着しました。
名古屋では元職場の忘年会に出席。今朝の3時半まで飲んでおりました。汗
二日酔い&寝不足で向かったのが名古屋港水族館です。4122206.jpg
こちらは学生時代、練習船が名古屋港に寄港したときに一度来たことがあります。
4122207.jpg
こちらのイルカのショーは圧巻です。
プールのデカさ、大きなオーロラビジョンを活用した映像、音響効果、ショーに参加するイルカの数・・・
間違いなく日本トップクラスのイルカショーです。
4122208.jpg
同時にこれだけの数のイルカが演技するのは迫力があります。
名古屋港水族館の見学を終え、チバラギに向けて出発。名古屋からは新幹線です。わたしが乗るひとつ前ののぞみはほぼ満席状態でしたが、わたしが乗ったのぞみはガラガラでした。3人掛けシートを一人で使えてラッキーでした。N700系新幹線ではなく700系ののぞみだったのでガラガラだったのかも知れません。N700系にはついているコンセントも700系はついてないですからね。
気付いてみれば、この旅行ではN700系7000番台さくら、N700系のぞみ、700系のぞみと三種類の新幹線に乗ることができました。

という感じで駆け足で広島→大阪→京都→名古屋と毎晩飲んだくれて水族館をハシゴした3泊4日の出張兼旅行でありました。
梅小路蒸気機関車館、京都水族館、名古屋港水族館はまた後日詳しくレポートしたいと思います。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

広島から大阪へ

広島での打ち合わせを終え大阪へ。

N700系7000番台九州新幹線さくらに初めて乗車。
どうもこの新幹線の先っちょ部分を見るとうちの愛犬ハルを思い出してしまう。(笑)
4122102.jpg
空力を計算しつくされたこの曲線美は素晴らしい。
4122103.jpg
さくらの座席。前身のひかりレールスター同様指定席はグリーン車並の2-2シート。
この座席に普通指定席料金で乗れるのは素晴らしい。東京までこれで行ければいいのになあ。
4122104.jpg
座席をはじめ内装は木目調でいい感じ。テーブルもA4ノートパソコンが置いて使える広さ。
新大阪から今夜の宿の高槻へ移動。
毎度お世話になっているCicaさんと二年ぶりに大阪・高槻のタイ料理・バリ料理の専門店『熱帯食堂』でディナー。
4122105.jpg
まずは2リットルの生ビールタワー!これタイで見たなぁ。
4122106.jpg
タイ料理の王道。トートマンクン(エビのすり身フライ)。
ふわふわでおいしい。
4122107.jpg
わたしもよく作って食べてるラーブ(ひき肉サラダ)
4122108.jpg
こちらも定番のソムタム(青パパイヤサラダ)
4122109.jpg
そして今日のメイン。今月限定メニューのプーニムパッポンカリー(タイのソフトシェルクラブのカレー炒め)。
このイエローカレーはタイ料理で一番好きなメニュー。しかもソフトシェルクラブなので甲羅ごと食べられるのが実にナイス。
期待を裏切らず美味。
4122110.jpg
サテ(串焼き)盛り合わせ。この牛サテが実にうまかった。
4122111.jpg
シメにもち米のカオニャオに料理をぬったくって食べて腹いっぱい。
やっぱりバリ&タイ料理はまちがいなくうまい。鉄板です。
これだけでは終わらずに近所のカンボジア料理レストランすろまいをハシゴ。
カウンター席だったので写真は撮らなかった。カンボジア料理は初めて食べたけどなかなかおいしかった。
特に初めて飲むこのベトナムの酒がうまかった。
ネップモイというベトナム米焼酎です。アーモンドの香りがします。久しぶりにこれは!という酒に出会えました。さっそく買ってみようっと。(笑)
腹いっぱいであんまり食べられず残念。
旅好きの店員さんとの会話も楽しかったし、なかなかいいお店に出会えた。うちの近所にあればいいのになぁ。

何よりも久しぶりにCicaさんといろいろ話ができたのがよかったです。
いつもブログでやりとりしているので二年ぶりという感じはまったくなかったんですけどね。
Cicaさんありがとうございました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

広島出張

やっと写真がアップできましたので写真入りでお伝えします。
4121901.jpg
羽田サクララウンジにて。飛行機を見ながら飲む昼ビール最高!(笑)
4121902.jpg
飛行機が間近に見えるのがこのラウンジのいいところです。
やっぱりラウンジは飛行機が見えなきゃ!
4121903.jpg
ANAの最新鋭機B787が立て続けに降りてきました。
何機も就航しているんですねぇ。
4121904.jpg
空弁をいただきます。今日は石狩寿司にしてみました。
4121905.jpg
うーん。見た目はうまそうなんだけど、ちょっとパサついていて味も薄くてイマイチかな。
さてと、15分遅れで離陸。
いつもはクラスJなのですが、予約の段階で満席。久しぶりに普通席です。隣がいなかったので快適でした。
4121906.jpg
天気は快晴。東京都心がよく見えます。
西へ進んで
4121907.jpg
中央アルプスの駒ケ岳のあたりかな?雪山がキレイです。

久しぶりの有償JALフライトでした。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

広島出張

ただいま羽田のサクララウンジです。飛行機見ながら生ビール飲んでます。
これから仕事の打ち合わせと忘年会めぐりを兼ねてまずは広島に飛びます。
広島→大阪→京都→名古屋と回る予定です。

二年近くぶりに金払ってJALの飛行機乗ります。笑
ここ最近はずっとマイル使ってタダ乗りでしたので。
ちなみにいまさらながら今年ファーストフライトです。JGCの特典で5000マイルもらえます。
年に一度は金払って乗った方がお得ですね。

どういうわけか写真がアップロードできなかったのでテキストのみで更新しました。

それでは行ってきます。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 2日目 ~阪九フェリーの船旅 北九州新門司港入港~

瀬戸大橋や来島海峡の通過を見たかったのだが、起きたら5:40。
あと20分で北九州・新門司港入港というところだった。

新門司港まで1マイル!飛行機でも電車でもめったに寝れないのに船だけは良く眠れるんですよね。
4121802.jpg
練習船のボンクにも必ずついているけどフェリーの寝台にもあった。
これって法定備品かなんかなんだろうか??
4121803.jpg
短7長さ1。大学一年のときに必死に覚えましたなぁ。
これって疑問信号の短音5回と短音5回以上鳴らすまでは区別つかないよなぁ。(笑)
4121804.jpg
朝はこのフェリー名物の焼き立てパンをいただく。焼き立てだけあってアツアツで美味しかった。
他には昨日の晩飯の残りが安く売られていた。(笑)
4121805.jpg
新門司港フェリーターミナルはこんなところにあるんですね。
さすがに関門海峡からは外されてます。
4121806.jpg
デッキに上がってみました。
朝日はまずまずです。
4121807.jpg
北九州空港の脇を通りました。スターフライヤーの一番機が東京に向けて飛んでいきました。
4121808.jpg
北九州新門司港と大阪南港を結ぶ名門大洋フェリーのフェリーおおさかです。
阪九フェリーとほぼ同じ航路ですが、阪九の方が一人用個室があったり、コストパフォーマンスがいいようです。
4121809.jpg
まもなく着岸です。
結局定刻より数品遅れての到着となりました。
4121810.jpg
フロントに部屋の鍵を返して車両甲板へ。
4121811.jpg
15分ほど待たされてようやく九州上陸です!

上陸と聞くとこのテーマソングがずっと頭の中で鳴り響きます。
練習船に乗ってた時の上陸のときにも当直士官に『上陸かかれっ!』と言われるとやっぱりこのテーマソングが頭の中でかかっていおりました。(笑)
どうも中学のときにこのゲームをやり過ぎたようです。
4121812.jpg
上陸後にも外から一枚記念撮影。

さて、まずは端っこ巡りで本州最西端まで行ってみようかな・・・

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 8日目 ~ナウタからイキトスへ~

今日のナウタへの釣り&採集は日帰り。
14時30分にナウタを出発し、イキトスへ。15時55分に到着。
大雨のなか帰りもアホみたいにかっ飛ばしたので1時間25分で着いてしまったのだった。

早速、松坂さんの温室に採集した魚をリリース。

ナウタの細い流れ込みで採集したシクリッド。
このあたりで取れるアピストはアパッチだそうだが、どうもアピストではない。
帰国後、Mさんの情報によりBujurquina apoparuana という小型シクリッドの幼魚だったことが判明。

youtubeにこの魚の動画がありました。
いま、うちの水槽で泳いでますが、あまり大きくならないシクリッドのようでちょっと安心しました。(笑)
4121702.jpg
続いてウナギです。これは2匹獲れました。こんなアマゾンの上流部までウナギがいるとは驚きです。海から遡上してくるんですかねぇ。これはIさん親子にプレゼントしました。
という感じで時間もなかったこともあり、わたしの採集魚はショボショボです。汗
どうも採集と釣りと撮影の両立はなかなか難しいですね。必ずどれかがおろそかになってしまいます。
松坂さんの温室の水質も調べてみました。4121708.jpg
松坂さんの温室の水源は井戸水なのですが、その値はpH6.3 TDS114μsとまさに理想の水質です。
アピストなどの低pHを好む魚には落ち葉を入れて調整しています。
4121709.jpg
アピスト水槽の値。pH4.9 TDS116μs。これもいい数値ですね。
4121710.jpg
落ち葉を入れた洗面器でブラックウォーターも作っています。
この水質はpH4.7 TDS1240μs。TDSが異様に高いです。落ち葉に導電性の物質が含まれているのでしょうか??

という感じの水質でありました。それにしても蛇口をひねると理想の水質の水が出てくるのはうらやましいですね。
一旦宿に戻って休憩後、18時より夕食。
またあの中華でした!(笑)
4121703.jpg
ワンタンスープ。
4121704.jpg
山盛りポテトフライ。
4121705.jpg
麺が食べたい!という松坂さんのリクエストにより、五目焼きそばもどき?
ペルーの中華の麺はどうもスパゲティみたいな感じでちょっとイマイチ。具はおいしい。
4121706.jpg
あんかけチャーハン?これで一人前。ペルー人、炭水化物摂り過ぎ!!(笑)
4121707.jpg
晩飯の時間に毎日やってるペルーのおバカ番組。絶大な人気を誇るらしい。

さて、明日は高速ボートをチャーターしてアマゾン河本流に行ってみます。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

670000ヒット!

本日、670000ヒットを達成しました。

ちなみに本日でブログ開設2088日目
1日あたりの平均アクセス321回となっております。
引き続き、更新がんばりますのでよろしくお願いいたします。

おしけんブログの軌跡
 ブログ開設   2007.  3.31 
 10000ヒット 2007.  7. 6   開設  98日目   一日平均100アクセス
 50000ヒット 2008.  4.  3     開設 369日目   一日平均136アクセス
100000ヒット 2008.12. 7     開設 618日目   一日平均162アクセス
150000ヒット 2009. 6.19     開設 812日目   一日平均185アクセス
200000ヒット 2009.11.25     開設 971日目   一日平均206アクセス
300000ヒット 2010. 9.14     開設1264日目   一日平均238アクセス
400000ヒット 2011. 3.29     開設1460日目   一日平均274アクセス
500000ヒット 2011.11.15     開設1690日目   一日平均296アクセス
510000ヒット 2011.12.11     開設1717日目   一日平均297アクセス
520000ヒット 2012. 1.12     開設1749日目   一日平均297アクセス
530000ヒット 2012. 2.10     開設1778日目   一日平均298アクセス
540000ヒット 2012. 3.13     開設1810日目   一日平均298アクセス
550000ヒット 2012. 4.13     開設1841日目   一日平均299アクセス
560000ヒット 2012. 5.12     開設1870日目   一日平均299アクセス
570000ヒット 2012. 6.10     開設1899日目   一日平均300アクセス
580000ヒット 2012. 7. 8     開設1927日目   一日平均301アクセス
590000ヒット 2012. 8. 3     開設1953日目   一日平均302アクセス
600000ヒット 2012. 8.30     開設1980日目   一日平均303アクセス
610000ヒット 2012. 9.27     開設2007日目   一日平均304アクセス
620000ヒット 2012.10.30     開設2041日目   一日平均304アクセス
630000ヒット 2012.11.15     開設2057日目   一日平均307アクセス
640000ヒット 2012.11.27     開設2069日目   一日平均309アクセス
650000ヒット 2012.12. 5     開設2076日目   一日平均313アクセス
660000ヒット 2012.12.10     開設2082日目   一日平均317アクセス
670000ヒット 2012.12.16     開設2088日目   一日平均321アクセス

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

ペルーアマゾン旅行記 8日目 ~ナウタ ケブラーダで採集!~

昼食後、ナウタ近郊のケブラーダ(小川のこと。ブラジルだとイガラッペ)で採集をすることになった。

お!なかなかキレイなケブラーダじゃないですか!
4121502.jpg
透き通ったブラックウォーターに底砂は白砂。ここは期待できますなぁ。
4121503.jpg
下流側は橋。この橋はナウタ街道。アクセス抜群!
4121504.jpg
まずは水質調査。水温25.2度、pH6.5 TDS12μs。と、まさに南米の熱帯魚の理想とされる水質でした。
ちょっと上流に行くと・・・4121505.jpg
別のグループが巻き網で採集をやっていた。
どうもペルー人ではないようだ。聞いてみたらドイツ人のシッパーがオーストラリアから来た客といっしょに採集をしているそうだ。まさに我々のツアーと似たような感じ。
オーストラリア人にもアマゾン好きがいるんですなぁ。
4121506.jpg
オーストラリアに負けじと我々も巻き網で採集開始!
4121507.jpg
ナイフ系の魚が獲れました。
わたしはこれを使って採集開始。4121508.jpg
鉄筋の枠に網を張ったいわゆるアピスト網。これを使って採集をやってみたかったんですよ!!
川の岸辺にアピスト網を突っ込んで持ち上げると・・・4121509.jpg
最初に獲れたのは南米ミズカマキリでした。魚じゃなくて昆虫かよ!(笑)
4121510.jpg
次に獲れたのはエビでした。汗
4121511.jpg
このエビ、赤いスポットが入っていてなかなかキレイ。リリースしてしまったけど持って帰れば良かったなぁ。
ただ、手の長いスジエビ系なので魚といっしょに入れておくと魚を食べてしまうらしい。
4121512.jpg
流木にはコケが生えていた。南米ウィローモス?これも持って帰れば良かったかも。
アピストが獲りたかったのだけど、こちらの川にはあまりいないようだ。増水しているらしく岸辺でも首ぐらいまで水深がある。これではアピストを獲るには水深が深過ぎる。4121513.jpg
そこでこの細い流れ込みで採集してみることにした。
4121514.jpg
覗いてみるとアピストのようなシクリッドの小さいのがいる!
アピスト網を使って数匹獲ることができた。やった~。でもこれなんだろう?
それからどういうわけかウナギも獲れた。ウナギもこんなところにいるんだね。
このあたりには水草のスターレンジも生えていたので採集した。
4121515.jpg
ちなみにこの細い流れ込みのpHは5.9。やっぱりこの手の川の水はpHが低い。
4121516.jpg
この川の砂浜は地元の人の洗濯場でもある。
獲れた魚にバカ騒ぎするオーストラリア人と日本人。その手前で黙々と選択する地元の女の子。
実にシュールな光景だ。(笑)
4121517.jpg
さらに水浴びに親子連れがやってきた!
アマゾンではこういうキレイな川は炊事洗濯の水道、そして風呂も兼ねているのである。
4121518.jpg
水浴びの親子の横を採集を続ける我々。地元の人はいたって無関心。(笑)
あれほどまでに晴れていたのに急に真っ黒な雲が出てきた。雷も鳴っている。
『雨が降る。帰るぞ!』と松坂さんの撤収命令。
え゛~もうちょっと採集したいのになぁ。
4121519.jpg
結果的にはこの撤収命令はナイスタイミングだった。
荷物をクルマに積み込み、出発するとすぐ大粒の雨が降ってきた。
4121520.jpg
イキトスへ向かう途中で前も見えないぐらいの大雨に!
うーん。やっぱりこのツアーは雨にたたられるなぁ。

でも、ナウタはなかなか良かった。メシもうまいし。
ナウタぐらいのこじんまりとした街の方が好き。どうもイキトスは忙しない。
ナウタで三泊ぐらいして釣り1日、採集1日でのんびりしたいなぁ。

採集した魚は松坂さんの温室で見てみよう・・・

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 8日目 ~ナウタ ランチ~

ナウタのマラニョン川での釣りを終え、ランチを食べに行く。
今朝はふりかけごはんだけだったのでやたら腹が減った。
モトカロで街の入り口まで行き、チャーターしたクルマに乗り換えレストランへ。
レストランはナウタの街の入り口からちょっと走ったとこにあるこちら。

『気さくなレストラン』という名前らしい。
4121402.jpg
割と最近出来たばかりらしく、かなりキレイ。
4121403.jpg
中もオープンエアでいい感じ。
4121404.jpg
テーブルクロスもノリがパリって効いていてなかなか小ざっぱりとしている。
4121405.jpg
ドリンクは酒飲みはビール。飲まない人はこちらのドリンク。チチャモラーダにしては赤い。カムカムかな?
4121406.jpg
メニュー。肉も魚もあるらしい。
ピラルクー(パイチェ)を食べたい所だったが・・・
4121407.jpg
10月から2月までは禁漁らしい。って養殖モノだったらいいんじゃないの?天然か養殖か区別がつかないからダメなのかな??
料理ができるのを待つ間、厨房を覗かせてもらった。4121408.jpg
グリル。炭火で肉やソーセージなんかを焼いている。うまそ~(笑)
4121409.jpg
こちらは揚げ物。バナナやポテトを揚げている。
料理が続々とやってきた。4121410.jpg
定番のアボカド&トマトのサラダ。
4121411.jpg
こちらも定番のポテトフライ。
4121412.jpg
メインのグリル盛り合わせ。チキンにポーク、ソーセージと盛り沢山。
なかなかおいしかった。
ペルーで外食するならこれを食べておけば鉄板かも知れない。
こちらのレストランはファーム(農場&養殖場)もやっているそうで、見て行ってもいいよ。とのことだったので食後に見学させてもらうことになった。
4121421.jpg
こちらはダットサンのガレージ&トイレ。ここのトイレは新しいだけあってキレイだったが、トイレットペーパーはどういうわけかトイレの外に置いてあってこれに気付かないと後で悲惨なことになる。(笑)
4121413.jpg
ガレージの横に竹が生えていた。アマゾンにも竹があるんですなぁ。
枝の生え方が日本の竹とは違う感じに見える。
4121414.jpg
放し飼いのニワトリ。さっき食ったのもここで放し飼いされているニワトリなのかな?
海外で食うチキンはたいていこういう放し飼いの地鶏なので間違いなく日本の鶏よりうまい。
4121415.jpg
これはアヒルと七面鳥?
4121422.jpg
七面鳥のお母さん、卵を温めてます。
4121416.jpg
ワニやカメの養殖もやっているらしい。
親ワニの上に子ワニ、その上に孫ワニが乗ってます。(笑)
4121417.jpg
この子ワニはちっこくてかわいい。連れて帰りたい!(笑)
4121418.jpg
養殖池も何面もある。ピラルクーを養殖しているらしい。時々ピラルクーの呼吸音が聞こえてくる。
4121419.jpg
炭焼き小屋もあった。ペルーではこんなふうに炭を焼くんですね。
なるほどここのレストランは炭から食材からすべて自給自足なんですね。
こういうファームリゾートみたいのもやってみたいなぁ。
4121420.jpg
池のほとりの農場の子ども。
『ママ~変な外人が池覗いて喜んでるよ。』『シっ。見ちゃダメよっ!』てな感じで見送られたのであった。

この後はケブラーダで採集!


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 8日目 ~ナウタ マラニョン川でナマズ釣り~

釣りをするため、ナウタの街の川辺でモトカロを降りる。4121301.jpg
この川はマラニョン川。
岸辺のピンク色のものは花びら。なかなかキレイ。
4121302.jpg
川幅は結構ある。だいたい800メートルぐらいか?
Google Earthで見てみると・・・
4121303.jpg
上の写真で向こう岸に見えるのは中州でさらにその向こう側にも川と中州があるのがわかる。
トータルの川幅は4キロ近い。上流部のこのスケールなのだからアマゾンはやっぱりすごい。
この写真の右側の白っぽい色をした川はウカヤリ川。ナウタの街のすぐそばでマラニョン川と合流している。この合流部分より下流はアマゾン河となる。いろいろ説はあるが、ウカヤリ川をアマゾン本流という説が主流らしい。
アマゾンはたいてい大きな川の合流部分に街がある。例えば、イキトスはアマゾン河とイタヤ川、ナナイ川の合流部分。ブラジルのマナウスはアマゾン河(ソリモエンス川)とネグロ川、サンタレンはアマゾン河とタパジョス河といった具合で、マラニョン川とウカヤリ川はナウタというわけである。
4121304.jpg
まずはこの緑色の船が止めてあるところで釣りをした。
ちなみにインカ50を獲ったユリマグアス近郊やプレコを獲ったサポソアはこのマラニョン川の上流のさらに支流のワジャガ川沿いである。
今日はとにかく暑い。久しぶりにいい天気だ。
緑の船のポイントは当たりはあるのだが、針にかからない。どうも魚が小さいようだ。
4121305.jpg
日陰を求めてポイントを変えることにした。
4121306.jpg
ここでなんと今日乗るハズだった客船を発見!!SOFY IIである。
ちゃっかりユリマグアス行きに行先を変えている。
当初の行先はウカヤリ川のレケーナだったので、本来ではあれば、このナウタの港にはいないハズである。
うーん。予定通りだったら、あの操縦席の後ろの個室に泊まっていたのに!!
気を取り直して釣り再開。
4121307.jpg
この水上ガソリンスタンドで釣りをすることになった。
こんなところで釣りをして大丈夫なのだろうか??
ガソリンスタンドの主人に釣りをしていいか聞いたところ快くOKをしてくれた。
4121308.jpg
ガソリンスタンドの給油機。
ガソリンとディーゼル。数字はオクタン価かな?少々低いような気もするけど。
4121309.jpg
足場も良く、日陰もあって最高のポイントだ!
さぁ釣れるかな?
とりあえずエサ釣り。エサは鶏の砂肝。
4121310.jpg
いきなりガツガツとあたりが来てナマズが釣れた!
4121311.jpg
スポット入りのキレイなナマズさんです。
その後も大小ナマズが入れ食い。4121312.jpg
こちらは体色がキレイなナマズさん。
川の流れはかなり速く、ちょっと投げると流木が沈んでいるらしくときどき根がかる。
根がかると土屋さんやジョニーが泳いで取ってきてくれて非常に申し訳ない気持ちになる。
ガイドのTさんは投げずにガソリンスタンドの足元でバンバン釣っている。どうも足元にウジャウジャいるらしい。土屋さんの竿に大物がかかり、竿をへし折られてしまった!!
4121313.jpg
ボドワード?これはかなりデカイ。
限りなくプレコに近い感じのナマズさん。
ここまでで釣れたナマズをギャラリーの子どもやガソリンスタンドの主人にあげようと思って聞いたら、『そんな貧乏人が食う魚はいらない。』と言う。
4121314.jpg
また別のナマズが釣れた。これもいらないよね・・・
と思ったら、
4121315.jpg
『それはうまいからくれ!』とガソリンスタンドの主人が食いついてきた!(笑)
4121318.jpg
どーぞどーぞと差し上げると、『やった~これうまいんだよねぇ。』と喜ぶガソリンスタンドの主人。(笑)
わたしらとしてはどう味が違うのか見た目ではさっぱりわからない。
この主人『英語できる?』と聞いて来て、英語でいろいろと話した。英語も日本語も勉強しているそうである。
なかなかペルーには英語が喋れる人が少なくてスペイン語はわからないわたしは現地の人と会話できなくて残念だったのだが、この人とはいろいろ会話ができて楽しかった。うーん。やっぱりスペイン語やポルトガル語も勉強しなきゃダメだなぁ。
この主人も釣りが好きでいろいろと釣るそうである。4121316.jpg
ガソリンスタンドの日陰に置いてあったクーラーボックスを見せてくれた。
『今夜はこれをつまみに一杯やるんだよね。』とのこと。(笑)
その後もナマズは入れ食い。これだけエサで釣れるならルアーでも釣れないかな?と思ってミノーや音の出るバイブなど試してみたがまったくヒットせず。やはり泥で濁って視界が悪いのでナマズのヒゲの嗅覚や触覚に直接効果のあるエサじゃないと厳しいようだ。
4121317.jpg
釣れすぎて若干飽きてきたころ、SOFY IIが『ゲ!レケーナ行きのチケット買ったやつらに見つかった!!逃げろ!』とばかりにナウタの港を出港し、目の前を通過していったのだった。

昼になり、腹も減ったので納竿。
ランチを食べに行くことになった。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 8日目 ~イキトスからナウタへ~

ペルーアマゾン旅行も8日目といよいよ今日から後半戦に入る。

5時15分起床。
本来であれば、昨日からアマゾン川の船旅で今頃は船上で夜明けを迎えているハズだったが、船は勝手に行先を変え、一日早く出て行ってしまったので船旅は取りやめとなったのだった。

6時に宿から松坂さんの温室へ。
朝食をいただく。

今朝はふりかけごはんと味噌汁とコーヒー。
今日は船旅の代案でナウタに釣りと採集に行くことになった。
イキトスはリマやタラポトなどの他の地域と陸路ではまったく繋がっておらず、船か飛行機でないと行くことができない。
陸路で繋がっていない街としては世界最大の都市らしい。
そのイキトスと唯一陸路で繋がっている街がナウタである。
4121202.jpg
Google Mapより。
イキトスからナウタまで約100キロの一本道が伸びている。
4121203.jpg
7時前にチャーターのヒュンダイ製大型ワゴン車が迎えに来た。
採集や釣り道具などの荷物を天井に乗せ、松坂さん、土屋さん、ジョニーとTさんと我々5人の合計9人でこのクルマに乗り込む。
7時5分にイキトスを出発。
4121204.jpg
イキトス市内は少々混んだが、市内を抜けると道はガラガラ。
ジャングルの中の一本道『ナウタ街道』をかっ飛していく。
この道は別名『アピスト街道』とも呼ばれ、過去に何種類ものアピストがこの街道沿いで発見されたらしい。
なんと1時間15分でイキトスから100キロほどあるナウタまで着いてしまった。飛ばし過ぎだよ!(笑)
ところが、クルマはナウタの街の入り口で止まってしまった。4121205.jpg
なんと、運転手はここで降りてくれ。と言う。
いやいや、荷物載せたまま釣りをしたり採集をしたりしたいからクルマをチャーターしたのだよ。
驚いたことにほんのちょっと前にナウタの街のルールが変わって、よそから来た旅行者はクルマで直接ナウタの街の中には入れないことになったという。街に入るためにはここでモトカロに乗り換えなければならないのだとか。
なんだそりゃ!どう考えてもモトカロのドライバーを儲けさせるためのルールじゃないか!
どうもモトカロの元締めが賄賂を積んでこのルールを無理矢理作らせたらしい。
仕方ないので採集用の酸素ボンベを含めた大荷物をクルマからモトカロに転載し、街中へ。
モトカロ代ももったいないが、このロスタイムが実にもったいない。やっぱりこの旅行はなんかツイてないなぁ。
とりあえず釣りをする前にナウタの市場を見学することになった。4121206.jpg
イキトスのベレン市場と比べたら規模は小さいが、こちらの市場も何でも売っている。
4121207.jpg
手前は野菜や果物など。
奥に行くにつれて魚の屋台が増えてきた。4121208.jpg
もちろんアマゾンの川魚を売っている。
4121209.jpg
ただ、青空市なのでハエがやたら多い。
4121210.jpg
これはミロソマの開きかな?日本のアジの開きみたい。
4121211.jpg
南米淡水カレイ?も売られていた。こんなアマゾン上流部にもいるんですなぁ。
4121212.jpg
レッドテールキャットも売られていた。アマゾンでレッドテールキャットを見るのは初めてかも知れない。メジャー過ぎて逆になかなか見られない魚は意外と多かったりする。
4121213.jpg
市場の横を流れる川。この川を見た感じだと、今が乾季で一番水が引いているように見える。
4121214.jpg
水が引いて細くなった川を地元民を乗せたカヌーが通り抜けていく。
4121215.jpg
雨季にはこの橋のところまで水位が上がるらしい。ざっと10メーター以上は上がるようだ。
さて、いよいよナウタで釣り開始。
例年ナマズが入れ食いらしいが、今年はどうかな??

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

九州・四国旅行記 1日目 ~阪九フェリーの船旅 明石海峡通過~

明石海峡通過までレストランで夕食を食べることにしました。

レストランは自分で好きなものを取っていくカフェテリア方式になっています。
4121102.jpg
この方式はついつい取りすぎちゃうんですよね。汗 まんまと策略にハマってます。
海を見ながらの夕食はなかなかおいしかったです。
4121103.jpg
夕食後、デッキに上がると明石海峡航路航路IN寸前でした。
4121104.jpg
フェリーは定時性が命。並んでゆっくりと走る内航船の隊列を右から左から時には航路を限りなく逆走気味で追い抜いて行きます。
おそらく日本一操船がうまいのはこの瀬戸内を走るフェリーです。潮が速く狭い航路にウジャウジャといる商船や航路のど真ん中で勝手に操業する漁船の間を高速で走り抜ける万トン級の大型フェリーを操るテクニックはかなりのものです。
このフェリーの操船テクニックに憧れてフェリーの航海士になりたかったんですがなれませんでしたね。
4121105.jpg
淡路島のサービスエリアが見えてきました。四国に住んでた時はここも良く立ち寄ったなぁ。
4121106.jpg
明石海峡大橋の向こう側から見覚えのある船がやってきました。
4121107.jpg
三宮と高松を結ぶジャンボフェリーです。
このフェリーにも何十回も乗りました。
4121108.jpg
さぁまもなく明石海峡大橋をくぐります。
4121109.jpg
見事な吊り橋ですね。良くこれで落ちないもんです。
4121110.jpg
四国に行く橋はこれ一本で十分だった気もしますねぇ。汗
4121111.jpg
橋をくぐっても瀬戸内一の過密航路です。何隻も併走しています。
4121117.jpg
橋のたもとは明石の街並みが広がります。クルマでど田舎の四国から淡路島を通って、この橋を渡ると一気に大都会になるギャップがすごいなぁといつも思っていました。
ちょうどこのあたりが日本の標準子午線東経135度となります。
4121116.jpg
日没はもうすぐ。デッキ上はいい雰囲気です。
4121112.jpg
昨日に続き、極上の夕陽を見ることができました。
船は播磨灘を西へ向かって進んでいます。4121113.jpg
ここで風呂に入ることにしました。乗り物で風呂に入れる。これぞ船旅の一番いいところです。
この船の風呂はちょっと小さ目でした。もっと広ければいいのになぁ。
風呂上りに部屋でビールなど飲んでおりました。
酔っぱらったのと、ちょうど季節の変わり目で冷房が入らず部屋が暑い。
涼みにデッキに上がったら・・・
4121114.jpg
あら。これまた見慣れた景色です。屋島が見えます。去年まで住んでた高松の沖を航行中でした。
4121115.jpg
船内のホールではミニコンサートが開かれていて盛り上がってました。(笑)
この後、瀬戸大橋通過や来島海峡通過など見学したかったのですが、すっかり寝てしまったのでした。汗

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

660000ヒット!

本日、660000ヒットを達成しました。

ちなみに本日でブログ開設2082日目
1日あたりの平均アクセス317回となっております。
引き続き、更新がんばりますのでよろしくお願いいたします。

おしけんブログの軌跡
 ブログ開設   2007.  3.31 
 10000ヒット 2007.  7. 6   開設  98日目   一日平均100アクセス
 50000ヒット 2008.  4.  3     開設 369日目   一日平均136アクセス
100000ヒット 2008.12. 7     開設 618日目   一日平均162アクセス
150000ヒット 2009. 6.19     開設 812日目   一日平均185アクセス
200000ヒット 2009.11.25     開設 971日目   一日平均206アクセス
300000ヒット 2010. 9.14     開設1264日目   一日平均238アクセス
400000ヒット 2011. 3.29     開設1460日目   一日平均274アクセス
500000ヒット 2011.11.15     開設1690日目   一日平均296アクセス
510000ヒット 2011.12.11     開設1717日目   一日平均297アクセス
520000ヒット 2012. 1.12     開設1749日目   一日平均297アクセス
530000ヒット 2012. 2.10     開設1778日目   一日平均298アクセス
540000ヒット 2012. 3.13     開設1810日目   一日平均298アクセス
550000ヒット 2012. 4.13     開設1841日目   一日平均299アクセス
560000ヒット 2012. 5.12     開設1870日目   一日平均299アクセス
570000ヒット 2012. 6.10     開設1899日目   一日平均300アクセス
580000ヒット 2012. 7. 8     開設1927日目   一日平均301アクセス
590000ヒット 2012. 8. 3     開設1953日目   一日平均302アクセス
600000ヒット 2012. 8.30     開設1980日目   一日平均303アクセス
610000ヒット 2012. 9.27     開設2007日目   一日平均304アクセス
620000ヒット 2012.10.30     開設2041日目   一日平均304アクセス
630000ヒット 2012.11.15     開設2057日目   一日平均307アクセス
640000ヒット 2012.11.27     開設2069日目   一日平均309アクセス
650000ヒット 2012.12. 5     開設2076日目   一日平均313アクセス
660000ヒット 2012.12.10     開設2082日目   一日平均317アクセス


テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

ペルーアマゾン旅行記 7日目 ~アマゾンバーベキュー~

シッパー見学から一旦宿に戻り、夕食まで時間を潰す。
宿のWiFiが繋がったり切れたりで不安定。どうも銀行がやってる時間帯は混むらしい。

夕方になり、晩御飯を食べに松坂さんの温室へ。

今夜の晩飯は午前中にイキトスのベレン市場で買ってきたアマゾン食材でバーベキュー!!
4121002.jpg
プレコや切り身は丸焼き。葉っぱに包んで蒸し焼きにするものもある。
4121003.jpg
こちらはタイガーシャベルとワニかな。
4121004.jpg
毎度おなじみレモンとトウガラシ。
4121005.jpg
レモン汁とトウガラシを潰してソースを作る。これを魚にかけて食べるとさっぱりとしておいしい。
4121007.jpg
チョンタ(ヤシの木の芯)。マヨネーズをかけていただく。
ヤシの木の芯はフィリピンで食べたことがあったが、こちらの方が断然おいしい。
4121006.jpg
パロメータ(ミロソマ)の包み焼。
なかなか脂が乗っていておいしい。
4121008.jpg
ボカチカ(クリマタ)の包み焼。
ボカチカとは小さい口という意味だそう。コケを食べる魚なので日本で言えばアユみたいな感じか。
4121009.jpg
カラチャマ(プレコ)の丸焼き。
プレコは固いウロコで覆われているので丸焼きにしてバリバリとウロコを剥がしていただく。
身はホクホクとしていておいしい。
卵巣がおいしいのだが、どれもついていなかった。ジョニーに食われてしまった可能性大。(笑)
アマゾンではプレコは一番安い魚で貧乏人が食う魚とも言われ、ちょっとした金持ちは食わないらしい。おいしいのにもったいない。(笑)
4121013.jpg
切り身で分けられて出されたドンセージャ(タイガーシャベル)。
今日のメニューの中では一番の高級魚。松坂さんもオススメの逸品。確かにこれはうまくてもっと食いたかった。(笑)
4121010.jpg
もう一品切り身で出されたのはラガルト(クロカイマンというワニ)。
身は鶏肉のような感じだったが、脂身は鶏肉とはまったく違う感じでこってりとしていて美味しかった。
脂身部分ばかり集めて食べてみたい。(笑)
ちなみにペルーで食べるワニはクロカイマンだが、ブラジルで食されるワニはメガネカイマンがほとんどらしい。
4121011.jpg
シメはカラチャマ(プレコ)スープ。
4121012.jpg
プレコを丸ごと一匹入れて出してくれた。
見た目はスゴいが、味はプレコのダシが効いててとてもおいしい。
高級料亭のお澄ましのよう。(笑)
という感じの豪華アマゾンバーベキューでした。
さすがアマゾン経験豊富な松坂さんのオススメ食材だけあってとてもおいしかったです。
初めて食べる食材も多くて、とても良い経験になりました。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 7日目 ~イキトス 中規模熱帯魚シッパー見学~

大手のシッパー見学を終え、もう一軒別のシッパーの見学に行くことになった。
モトカロを拾うため道幅の広い道まで歩いて移動。

一見天気がよさそうだが、このあと通り雨が来て結構濡れたのだった。
4120902.jpg
やってきたのはまたしても長く塀が続く建物。
ペルーでは防犯のため、あえて看板などは出さないことが多いそうだ。
入り口で何やら揉めている。どうも門番が出てきて主人がいないから中に入れることはできない。と言っているらしい。4120903.jpg
門番の目が怖いっ!(笑)
またダメパターンか!と思ったら、ジョニーが主人に電話してくれて中に入れてもらえることになった。
4120904.jpg
日本犬みたいな番犬2匹。結構デカいが人懐っこい。
4120905.jpg
2軒目のシッパーはオーナメントアマゾンフイッシュアクアリウムという中規模なシッパー。
松坂さんによると歴史は古いらしい。
4120906.jpg
こちらも採集用?のボートが置いてあった。
4120907.jpg
さっそく内部を見学させていただく。
4120908.jpg
こちらの叩き池はタイル製なので魚が見やすい。コリドラス・ザンガマ?フラッシュで目が光っている。
タイルの方が掃除もしやすいんじゃないだろうか。
4120909.jpg
こちらはプレコいろいろ叩き池。プレコも目が光っている。
さらに温室の奥に進む。
4120910.jpg
2階部分に貯め水用のタンクがいくつも置いてある。
4120911.jpg
ガラス水槽も何本も置いてある。
4120912.jpg
スポット系のプレコ。
この手のスポット系は好きなんですよね。
4120913.jpg
これはロリカリアかな?
4120914.jpg
コリもいました。
続いてアピスト
4120915.jpg
これはインカかな?
4120916.jpg
これはナイスニー?
カラシン系も何種類かいました。4120917.jpg
ピラニアです。
4120918.jpg
これはブルーテトラかな。
4120919.jpg
こちらはアークレッドペンシルですかね。
4120920.jpg
最後に、でっかいナマズさんもいました。
という感じで、こちらは比較的中規模なシッパーで魚の種類も数もそんなにいるわけでありませんでしたが、さきほどの大規模なところより魚のモノ自体はこちらの方がいいかな。と思いました。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペルーアマゾン旅行記 7日目 ~イキトス 大手熱帯魚シッパー見学 後編~

続いて外の叩き池の見学です。

叩き池の上には黒いシートがかかっています。
4120802.jpg
ズラリと並ぶコンクリート製の叩き池は壮観です。
4120803.jpg
叩き池の間を走るパイプは水とエアーの配管です。
4120804.jpg
スタッフが叩き池の中に入って掃除をしていました。
この掃除をしているときに結構な数の魚が流れていくようです。(笑)
叩き池のお魚です。
4120805.jpg
エイがいました。結構デカいです。これは中の水槽には収まりませんね。
4120806.jpg
これはキレイなエイですね。
4120807.jpg
こちらはウジャウジャとエイが入ってます。
4120808.jpg
この黒い粒々はいったい・・・
4120809.jpg
粒々の正体は全部ブロキスでした。中の水槽にもいましたが、すんごい数です。
4120810.jpg
これはラバウティかな?
4120811.jpg
南米ニードルガー?言わば、淡水サヨリです。こんなアマゾン上流部のペルーにもいるんですねぇ。
4120812.jpg
ピラルクの幼魚(と言っても50センチはある。)もいた。
4120813.jpg
これは大型のシクリッドかな?
4120814.jpg
貯水槽はかなり深い。ダイビングの講習用プールみたい。(笑)
4120815.jpg
なんとイトメがキープされていた!南米にもイトメがいたんだ!
日本と同じように流水でキープされている。
イトメ業者もいて松坂さんの温室でも週に1度配達してもらっているのだそう。
4120816.jpg
こちらは出荷場。
という感じで、大型魚と数が多いものは外の叩き池でキープされているようです。

以上、ただただ圧倒されまくった大手シッパー見学でした。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

大き目の地震発生!

チバラギではここ数日、割と大き目の地震が起きてました。
今朝も5時半に震度3の地震があって目が覚めたぐらいです。

一昨日の朝には地震雲が出ていたと叔母が言ってました。
また、一昨日の昼ごろ、空を見たら
4120705.jpg
こんな虹の欠片みたいのが出ていました。大地震の予兆だったんでしょうか。
そんなこともあって、そろそろデカい地震が来るのかなぁなんて思っていたのですが、今日は友人に誘われて昼から東京の浅草に寄席を見に行き、夕方から浅草の炉端焼き屋で一杯飲んでおりました。
2杯目ぐらいを飲み始めたとき、炉端焼き屋のテレビで緊急地震速報が鳴りました。
その10秒後ぐらいに揺れ始めました。かなり波長の大きな長い揺れでした。
わたしは3.11のときは四国にいてまったく揺れを体験しておりません。が、この揺れは明らかに遠方で起きた大地震の揺れと確信しました。
宮城県沖マグニチュード7.3、3.11の巨大地震の最大級の余震でした。
東京やチバラギでは震度4だったようです。

すぐ母から水槽の水がこぼれた。とメールがあり、飲み会を切り上げて急いでチバラギの自宅に戻りました。
さっそく水槽をチェックしたところ、 

玄関の90センチ水槽は1~2センチぐらい水がこぼれたようです。
すでに母により水が拭き取られていました。
4120702.jpg
水槽部屋の60センチワイド水槽も1~2センチぐらい水がこぼれたようです。
こちらも母により水は拭き取られていましたが、メタハラがいったん消えた。という話があり念入りにチェックしたところ、コンセントに水がかかっていて少し漏電していて感電しました。この漏電により、メタハラが一旦消えたようです。
すぐこのコンセントを抜いて乾燥させています。
4120703.jpg
アピストアパートは多少、フタの上に水滴がついていましたが溢れはしなかったようです。
4120704.jpg
こちらの水草&コリ水槽はまったく溢れなかったようです。
というわけでこぼれた水はほんの数リットルだったようです。この程度で済んで本当に良かったです。
これらの水槽の共通点を考えてみますと、溢れた水槽は東西向きのフチ無しガラス水槽で、溢れなかった水槽は南北向きのフチあり水槽(水草の1本を除く)でした。
やはり、フチ無しの水槽は長周期の地震だと水槽内の波が大きくなって溢れてしまうようですね。また、水槽を置いている向きも関係あるようです。

うーん。ついに来たかという感じですね。
もっとも、東南海地震や関東直下型だとこんなもんじゃ済まないと思いますが、ちょっと対策を考えた方が良さそうですね。
・電源(コンセント)は水槽より高い位置で固定。
・水槽にフタをする。
・水槽の水位を下げる。
といったところでしょうか。

ここしばらくは余震も続きそうなので明日の午前中にでも早速手を打ちたいと思います。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ペルーアマゾン旅行記 7日目 ~イキトス 大手熱帯魚シッパー見学 中編~

お待ちかねの?シッパーにいたお魚たちです。
まずはコリドラスから。

イルミーネートゥス ゴールド?
コリの水槽にはこういう簡易式の底面濾過が使われている。
コリもベアタンクより砂の方が好きらしく砂のあるところに集まっている。
4120602.jpg
ジュリー(トリリネアトゥス)。
このコリはアマゾンの上流から下流まであちこちにいる。
4120604.jpg
ザンガマ(バージニアエ)?
4120603.jpg
現場ではアルマートゥス?と思って見ていたけど、写真で見ると違うっぽい。
水槽が暗いのでフラッシュ撮影して後からこんな魚入ってたんだ。と思うことが多かったりします。(笑)
4120605.jpg
アークアトゥス。
良く見るとアーチ切れのアークばかり集めた水槽らしい。
続いてプレコ
4120606.jpg
キレイなアルビノプレコ。
こんなのがワイルドでいるんですねぇ。高そうです。
4120607.jpg
キレイなスポット系のプレコです。この手の模様のプレコ好きなんですよね。
4120609.jpg
こちらは小さ目サイズ。
そして見てはいけなかったものが・・・
4120608.jpg
ペルーにはいないハズのインペがいる!
うーん。ついにインペロンダリングの現場を押さえてしまった。
これでわたしは『組織』に抹殺されてしまうかも知れない。涙
続いてその他
4120610.jpg
南米リーフフィッシュ。なかなかキレイな個体ばかりです。
4120611.jpg
レポリヌス。
これも飼ってみたいのだが、水槽内で大暴れするらしいので見送り中。
4120612.jpg
ペレズテトラ?
うじゃうじゃ入ってます。
4120613.jpg
このプールはカラシンかな。
4120614.jpg
ディスカスもいました。レッドスポット入りでなかなかいいですね。
4120615.jpg
南米淡水フグも発見!
こんなアマゾン上流部までフグがいるんですねぇ。
4120616.jpg
シクリッド。
種類はなんだろう?
おしまいにアピスト。
4120617.jpg
一番ポピュラーなアガシジィはウジャウジャいます。
4120618.jpg
なかなかキレイな個体もいますね。
4120619.jpg
インカもいました。
ただ、わたしらが獲ったような背びれの伸びるキレイなのはいません。産地違いのいわゆるニセインカです。
4120620.jpg
オレゴンです。
他にはユルエンシスなんかもいたのですが、いい写真が撮れませんでした。

あら?小型魚ばかりで大型魚はいません。
どうも外の叩き池にいるらしいです。

続く。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

なかがわ水遊園に行ってきました。後編

なかがわ水遊園の表舞台に続いて裏側もご案内していただきました。

最大級のピラルクの実物大フィギュア。こんなの釣ってみたいなぁ。
さて、ここからが水族館のバックヤードです。
アクアリスト的には一番興味があるところです。(笑)
4120502.jpg
大学の研究室っぽい施設ですね。
4120503.jpg
でっかいブラインハッチャー。これ欲しいなぁ。(笑)
4120504.jpg
機材のストック。わたしの水槽部屋もこんなふうにしたいです。
4120505.jpg
表舞台での展示に備えていろんな魚がストックされています。
4120506.jpg
このエイは最近生まれたそうです。
やはり水族館だとエイのような大型魚でも繁殖ができるのでうらやましいですね。
4120507.jpg
こちらのハリセンボンやミノカサゴも待機中。
4120508.jpg
こちらは繁殖した何かの魚を育成中。
この丸いケースは水産用でしょうか。こういうケースも欲しくなりますね。(笑)
さらに裏側を進みまして4120509.jpg
展示水槽の真下に当たる部分に来ました。
濾過槽やストック水槽が並んでいます。
4120510.jpg
こちらの水槽は水草を育成中とのこと。
4120511.jpg
巨大な密閉濾過槽。
掃除が大変なのでは?と思いましたが、逆洗装置というものがついていて自動的に洗えるそうです。便利ですね。
ただ、ろ材の交換のときはひたすら運び出す人海戦術になるそうで大変なんだそうです。
4120512.jpg
こちらは熱交換器。汲み上げた地下水を温度調整して使用しているそうです。
地下水なのでpHはやっぱり高いみたいです。
4120513.jpg
こちらは開放型の濾過槽。
こちらも逆洗装置付きだそうです。
4120514.jpg
こちらは展示水槽のすぐ裏側。壁の向こう側にお客さんがいます。
足元のすのこ部分が通路です。Aさん曰く、日本一裏側が狭い水族館だそうです。
確かに、人ひとりがやっと通れるぐらいの感じです。あちこちの水族館の裏方見学ツアーに行きましたが、確かにここは狭いですね。
4120515.jpg
水や空気、CO2の配管やライトなどいろんな装置が取り付けられています。
4120516.jpg
こちらの照明はLED。こちらの水族館でも少しずつ蛍光灯からLEDに変わってきているそうです。

こうして見てみると大型の水槽の濾過槽や熱交換器などは専用のものですが、割と小さな水槽は我々一般のアクアリストが使用している器具とほとんど同じなのがわかりますね。

という感じでAさんとMさんに端から端までじっくりとご案内していただき、大変貴重な体験をさせていただきました。
ホント、アマゾンツアーに参加して出会っていなかったらできなかった体験ですのでありがたいことです。
Aさん、Mさん、お忙しいなかありがとうございました。
お二人と別れたあと、なかがわ水遊園のアマゾンカフェでランチをいただきました。
4120517.jpg
こちらがアマゾンカフェです。水族館の入り口にあります。
4120518.jpg
今日は、タンバッキーマカレーというアマゾンのタンバッキー(コロソマ)の身が入ったカレーがありましたのでペルーを代表するドリンクのインカコーラとともにいただきました。
一か月ぶりに食べるアマゾンで人気の魚&ドリンクはおいしかったです。(笑)
こちらのアマゾンカフェではアマゾンの食材を使った料理を食べることができます。なかなか日本では食べられないものばかりですのでぜひ食べてみてはいかがでしょうか。
アマゾンカフェにあった張り紙です。
4120519.jpg
なかがわ水遊園では日本で唯一、ペルーアマゾンの三輪タクシー『モトカロ』に乗ることができるのです!
イベントのときなどに登場するそうですのでホームページで開催日をチェックして乗りに行ってみてはいかがでしょう?

このあと、下道を使ってチバラギの自宅に帰りましたが、3時間かからないぐらいで着きました。
思っていたよりもぜんぜん近かったです。ぜひまた遊びに行きたいと思います。

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
旅行 (200)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (67)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (348)
酒・飲み物 (49)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (319)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (3)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (108)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (37)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード