2011-04

潮干狩り in 幡豆

大学の同期でマイミクの『にしだけ』に誘われて『にしだけ』一家とともに愛知の三河湾沿いの幡豆というところに潮干狩りに行ってきました。

どうもGWの潮干狩りというと、千葉の木更津の潮干狩り場からアクアラインの川崎まで大渋滞しているイメージがあり、早起きして夜明け前に移動したのでした。
3043001.jpg
夜明けの潮干狩り場。まだ満ちてて潮干狩りはできません。
まぁ結果的にはフツーに行ってもぜんぜん大丈夫でしたね。汗
仮眠したのち、8時過ぎににしだけ一家と合流して潮干狩り開始!

料金は定価1400円でしたが、にしだけが用意してくれた割引券で千円ポッキリに!
しかも、この料金のみで漁協でくれた袋にアサリを満杯(4キロ)に詰めてOK。
ちなみに千葉の木更津は1400円で2キロまでですので、千円ポッキリでアサリ4キロは破格のお値段です。

ここからは写真を撮るのも忘れてひたすらアサリ獲り。
アサリはちょっと小ぶりですが、魚影ならぬ貝泳はかなり濃く、簡単に獲ることができました。

他の地域ではアサリを撒いて客に獲らせるところもありますが、ここのアサリは完全に天然モノらしいです。愛知のアサリ生産量って日本一らしいですが、その理由がよくわかりました。

むかしは、年に1回は潮干狩りに行ってました。
香川に住んでいたときも家の前が川の河口だったので潮干狩りをやりに何度か行ったのですが、ほとんど取れませんでした。汗
香川は川にほとんど水が流れていないので山から養分が下りて来ず、河口で貝が育ちにくい環境らしいです。

そんな不遇な潮干狩りライフを送っていましたが、今年は久しぶりに大ブレイクです。(笑)
3時間ほどで袋満杯になり、漁協の海水の出る蛇口で洗わせてもらい、にしだけと昼食を食べて帰ってきました。
3043002.jpg
この通り、クーラーボックスはアサリで満たされています。
只今砂抜きしている最中です。

今夜は仮眠したあと、22時ごろ、実家に向けて出発する予定です。
途中で休憩しつつ、渋滞を避けて朝5時ぐらいまでにチバラギの実家に着けたらいいな。と思ってます。

もちろんアサリもいっしょに帰ります。明日は実家でアサリ三昧です。(笑)

にしだけご一行様、お疲れ様でした。また遊びましょう!
スポンサーサイト

明日からGW突入

今日はイベントの仕事でしたが、明日から木曜日までGW休みが取れました。
名古屋に来てから1日だけの休みがポツリポツリと取れただけなので久しぶりの連休です。

まずは明日、友人と潮干狩りに行ってきます。潮干狩りは久しぶりなので楽しみです。

疲れてなければ、明日の夜、クルマで実家に帰る予定です。
愛犬ハルとは3ヶ月ぐらい会ってないので会うのが楽しみです。

ADA ネイチャーアクアリウム 地震対策マニュアル

昨日、ショップに行ったら、こんな冊子をもらいました。
3042801.jpg
ADAが出した地震対策マニュアルです。

内容はなかなか具体的で参考になります。
特にヒーターの切れた水温がどう降下していくかという実験はとても参考になりました。
水槽のまわりを発泡スチロールで覆うだけでもかなり違う。というのがわかりますし、90センチ水槽なら気温10度前後の環境で3時間ヒーターが切れても3度程度しか下がらない。というのもなかなか興味深かったです。

このマニュアルはPDF版もリリースされており、ADAのホームページからダウンロード可能です。

こういうマニュアルをADAがすぐ出してきたところを見ると、本当にこの震災によるアクア離れに危機感を持っているだなぁ。というのがよくわかります。
被災地はもちろん、まったく被害のなかった地域でも確実にモチベーションは下がってます。

わたしも、引越し前はリビングに90センチ水槽を置こうと思ってましたが、万が一出張中に大地震が起きて、水槽が割れてしまったら大変だなぁと思って躊躇しています。
部屋が水浸しになるだけならまだいいですが、ヒーターから発火してアパートの住民を巻き込んだりしたら本当にシャレになりません。

こういう心配を日本中のアクアリストが抱えているんでしょうね。
地震でも割れない水槽、水のこぼれない水槽を早く開発して欲しいものです。

AQUA PLANTS No.8

今日は休みで朝からあちこち買い物に出かけておりました。

名古屋近辺って人口の割には、あまり熱帯魚屋がないんですよね。
金魚の二大生産地の弥富がある割には不思議です。

まぁ千葉や埼玉に熱帯魚屋が多すぎる。って話なんですが、これは千葉や埼玉に問屋がいくつもあるから店も多いんですよね。
名古屋近辺は問屋がほとんどないので熱帯魚屋も少ないようです。

で、数少ない熱帯魚屋さんをネットで調べまして、行って買ってきたのが、年に一度のお楽しみ
AQUA PLANTSの第8号です。
レイアウト集、ブセファランドラの現地レポート、水草水槽の撮影方法など、今号も読み応え十分な内容になっています。

愛知の道路が独特かつ、難しすぎる件

愛知に移住して一ヶ月。7年の香川勤務ですっかり田舎者になってて、移住当初は愛知での運転が怖くて仕方なかったのですが、リハビリ1ヶ月でようやく都会の運転の勘が戻ってきました。

が、愛知の道って独特かつ、やたら難易度が高い道が多いことに気付きました。

まずは、湾岸の工業地帯を走る西知多産業道路です。
3042701.jpg
Google Earthより
この道、制限速度70キロで信号もなく、限りなく高速道路みたいなんですが、自動車専用の一般道なんですねぇ。
みんな100キロ以上でかっ飛ばしてますが、一般道なんで高速ではできない白バイの取り締まりも行われています。まさに入れ食い、警察のドル箱取締り道路と呼ばれているそうです。
で、ビックリしたのが、産業道路のインターを降りたら・・・
3042702.jpg
Google Earthより

こんなごっつい交差点なのに信号がない!!
思わず「信号ねーし!!」とクルマの中で独り言言っちゃいました。(笑)
トラックだのトレーラーだの右から左から前から後ろからバンバン来るのに信号がないので右折するのが大変です。
産業道路のインターのほとんどがこういう信号がない交差点になっているようですね。
慎重に運転しないと確実に事故ります。汗 
それから国道23号線です。
3042703.jpg
yahooより

この道、別名「名四国道」と言うらしいです。初めて見たとき、一瞬「めい しこくどう?名古屋と四国が繋がっているのか?」と勘違いしましたが、「あー名古屋と四日市か。」とすぐ気付いたのでした。(笑)「めいよん」が一般的な呼び方らしいです。
で、この道も高速もどきの一般道です。
アプローチの短い合流が結構あります。難易度高いです。

さらに、この名四の上に伊勢湾岸道などの高速道路が走っている立体構造になっており、地図を見ただけではどう走っていいか理解不能です。汗
3042704.jpg
Google Earthより

写真で見ると、こんな感じで、どこがどう繋がっているのかわけワカメ。汗
という感じで他の地域には見られない道路、難しい道路が多いような気がしています。
こればかりは実際に何度も走って慣れて行くしかないですね。 

ただ、香川と違って、ものすごく運転ヘタクソなクルマや予測不能の動きをするクルマがほとんど走っていないので、走りやすいことだけは確かです。それだけが救いですね。

toto BIG 第498回

震災で中断されていたJリーグが先週末再開されました。それに伴い、totoも再開です。
愛知と出張先の富山で10口ずつ計20口買ってみました。
いい感じのくじもあったのですが、強豪のほとんどが敗れる波乱の結果で最高7つとイマイチでした。

やはり、波乱の結果だと1等6億が3口も出ますね。
キャリーオーバーも46億も残ってますのでしばらく買い続けてみようと思います。

くじ結果 1 2 2 0 2 2 0 1 1 2 0 2 1 1
1等 600,000,000円 3口 4,599,681,903円
2等 4,157,379円 20口 0円
3等 80,190円 415口 0円
4等 10,080円 3,314口 0円
5等 1,770円 18,692口 0円

toto 記録 現在1敗 
投資900円 回収0円 差し引き-900円
2010年
第475回 9口購入 最高9つ的中 PC

toto BIG記録 現在2勝76敗 投資336000円 回収3570円 差し引き-332430円

当選履歴
第454回 5等 1770円
第462回 5等 1800円  
2008年(略)

2009年(略)

2010年(略)

2011年
第488回 10口購入 5 4 8 7 1 5 8 6 3 6 最高8つ的中 PC 53 37.9%
第488回 10口購入 5 4 4 6 7 5 4 6 4 5 最高7つ的中 PC 50 35.7%
第498回 10口購入 4 6 3 2 6 7 5 4 5 3 最高7つ的中 PC 45 32.1%
第498回 10口購入 4 7 1 6 6 6 7 7 3 6 最高7つ的中 PC 53 37.9%

JMB FLY ONカード 届く

震災のため、発送が遅れていた今年度のJALのステイタスカードが届きました。
3042401.jpg
2007年からクリスタルサファイヤクリスタルクリスタルと維持してきましたが、今年度はついにクリスタルが陥落し、「平」JGCカードが来ました。

すでにJGC会員なので、クリスタルとの違いはアップグレードポイントのある無しと搭乗マイルの加算(50パーセント→35パーセント)ぐらいです。ラウンジの使用や座席指定の優先など特に待遇に変わりはありません。

というわけでこのカードの使い道としては、JAL以外のワンワールドのエアラインに乗ったときにワンワールドサファイヤ会員としての待遇を得るための証明書。ぐらいなものですね。

この4月からの名古屋転勤で今後飛行機の使用は圧倒的に少なくなりますので、まぁいいタイミングではありました。

410000ヒット!

本日、410000ヒットを達成しました。

ちなみに本日でブログ開設1485日目
1日あたりの平均アクセス276回となっております。
引き続き、更新がんばりますのでよろしくお願いいたします。

おしけんブログの軌跡
 ブログ開設   2007.  3.31 
 10000ヒット 2007.  7. 6   開設  98日目   一日平均100アクセス
 20000ヒット 2007.  9.21     開設 175日目   一日平均100アクセス
 30000ヒット 2007.11.26      開設 241日目   一日平均124アクセス
 40000ヒット 2008.  2.  1     開設 307日目   一日平均130アクセス
 50000ヒット 2008.  4.  3     開設 369日目   一日平均136アクセス
 60000ヒット 2008.  5.26     開設 423日目   一日平均142アクセス
 70000ヒット 2008.  7.19     開設 477日目   一日平均147アクセス
 77777ヒット 2008.  8.28     開設 517日目   一日平均150アクセス
 80000ヒット 2008.  9. 9     開設 529日目   一日平均151アクセス
 90000ヒット 2008.10.25     開設 574日目   一日平均157アクセス
100000ヒット 2008.12. 7     開設 618日目   一日平均162アクセス
110000ヒット 2009. 1.15     開設 657日目   一日平均167アクセス
120000ヒット 2009. 2.24     開設 697日目   一日平均172アクセス
130000ヒット 2009. 4. 5     開設 737日目   一日平均176アクセス
140000ヒット 2009. 5.15     開設 777日目   一日平均180アクセス
150000ヒット 2009. 6.19     開設 812日目   一日平均185アクセス
160000ヒット 2009. 7.25     開設 848日目   一日平均189アクセス
170000ヒット 2009. 8.27     開設 881日目   一日平均193アクセス
180000ヒット 2009. 9.27     開設 912日目   一日平均198アクセス
190000ヒット 2009.10.26     開設 940日目   一日平均201アクセス
200000ヒット 2009.11.25     開設 971日目   一日平均206アクセス
210000ヒット 2009.12.31     開設1007日目   一日平均209アクセス
220000ヒット 2010. 2. 2     開設1040日目   一日平均212アクセス
230000ヒット 2010. 3. 6     開設1072日目   一日平均215アクセス
240000ヒット 2010. 4. 3     開設1100日目   一日平均218アクセス
250000ヒット 2010. 5. 3     開設1130日目   一日平均221アクセス
260000ヒット 2010. 6. 2     開設1160日目   一日平均224アクセス
270000ヒット 2010. 7. 2     開設1190日目   一日平均227アクセス
280000ヒット 2010. 7.28     開設1216日目   一日平均230アクセス
290000ヒット 2010. 8.21     開設1240日目   一日平均234アクセス
300000ヒット 2010. 9.14     開設1264日目   一日平均238アクセス
310000ヒット 2010.10. 6     開設1286日目   一日平均241アクセス
320000ヒット 2010.10.30     開設1310日目   一日平均244アクセス
330000ヒット 2010.11.25     開設1336日目   一日平均247アクセス
340000ヒット 2010.12.14     開設1355日目   一日平均251アクセス
350000ヒット 2011. 1. 3     開設1375日目   一日平均255アクセス
360000ヒット 2011. 1.21     開設1393日目   一日平均259アクセス
370000ヒット 2011. 2. 7     開設1410日目   一日平均263アクセス
380000ヒット 2011. 2.22     開設1425日目   一日平均267アクセス
390000ヒット 2011. 3.11     開設1442日目   一日平均271アクセス
400000ヒット 2011. 3.29     開設1460日目   一日平均274アクセス
410000ヒット 2011. 4.23     開設1485日目   一日平均276アクセス

1000トン列車

四国赴任中、百回ぐらい渡った瀬戸大橋ですが、開業前にこんなテストをやっていたんですねぇ。
電気機関車を9重連にして1000トンの重さの列車に仕立ててます。
つり橋だけにたわみ方がすごいですね。

角折れ実験です。
こんなに線路が伸びるんですねぇ。


急制動試験です。
やはり1000トンもあると、止まるまで500メートルも要するのですね。

自動車列車同時走行試験です。
瀬戸大橋は二層構造になってて上を自動車、下を鉄道が走ってます。

こういう実験を経て、今の瀬戸大橋があるのですね。
初めて渡ったときは、よくこんなもの作ったなーと感動したのを覚えてます。

ガチガチの硬い橋を作るのではなくて、こんなしなやかな橋を作るとは日本の技術力のすごさがわかりますね。

瀬戸大橋って『昭和の三大ムダ事業(残り二つはアクアラインと関空)』なんて揶揄されていますが、日本の技術を世界に示せただけでも作った価値はあったのではないでしょうか?

富山の春

富山出張から帰ってきました。

この出張は、ちょっと体調悪くてアフターファイブに富山の名物を食べに出たりは出来ず、ひたすら寝ておりました。汗

帰り道に高速のSAでちょっと写真を撮ってきました。
3042101.jpg
富山はまだ山の方に雪が残っています。
3042102.jpg
山は雪ですが、土手には土筆がいっぱい生えていました。
名古屋の桜は散ってしまいましたが、
3042103.jpg
こちらの桜はまだ八部咲きです。これから満開ですね。
というわけで、富山はまだまだ春の始まりです。

来月また行きますので、来月はうまいもの食ってこようと思います。

名古屋のJR東海道線がショボすぎる件

名古屋に引っ越して一ヶ月近くになります。
職場にも、住環境にも今のところ不満はないのですが、唯一不満なのが通勤で使うJR東海道線があまりにもショボいところです。
普通、区間快速、新快速、特別快速と列車にバリエーションがあり、運行本数もまずまずなのですが、とにかく編成が短い!関東では10~15両編成が当たり前なのに、名古屋では朝夕のラッシュ時でも4~8両です。

しかも全車両クロスシートなので立ち乗りスペースが狭く、朝夕のラッシュ時は大変混みあいますし、3ドアなので乗り降りにも時間がかかります。
このため、転勤してから朝は一度も時間通り到着したことがありません。必ず5分前後遅れて到着します。

また、最寄り駅では電光掲示板に列車が何両編成なのか書かれておらず、列車ごとに停止位置がバラバラなので降りる駅の階段に合わせた電車待ちができないのも不満です。(これはあらゆる編成の列車に乗ってみて暗記するしかない?)

日本のナンバー3の大都市圏で、日本を代表する大動脈の東海道線にしてはあまりにお粗末です。

まぁ、地元の人の話だと、やっぱり名古屋はクルマ社会なので電車利用者が他の都市圏よりも少なく、JRも採算取るために客の不便を承知でギリギリの編成にしているらしいですが。

ホント、グリーン車つけろとか15両編成にしろ。とまでは言いません。
朝夕だけでもせめてあと2両追加、4ドアでロングシートの車両にしてください!

富山出張

出張で富山の高岡というところに来ました。

名古屋からは東海北陸道という日本海に向けて真北に北上する道で4時間ほどで到着です。
途中の山は雪が積もってましたし、まだ桜も咲いてないところもありました。
富山も気温4度と極寒です。

高岡というと藤子不二雄の「まんが道」のイメージが強いんですよね。
子供のときに読みましたが、高岡から汽車で上京するシーンが印象的でよく覚えています。全巻揃えてまた読みたいマンガです。

東日本大震災 「暗さ」「陰影」歓迎するムードへ 東京の夜は明るすぎた

中学のとき、江戸川で鯉釣りキャンプをしたことがあるのですが、夜でも東京の街灯りで足元が見えるくらい明るかったですし、大学生のときに初めて夜の歌舞伎町を原チャリで走り抜けたときはその明るさに驚いたのを覚えています。

確かにこの記事のとおり、海外に行くと、確かにどこ行っても薄暗かったなぁ。とも思いました。

そこで、今まで行った海外の薄暗かったところ(笑)をピックアップしてみました。
いつもは薄暗い写真は明るさ補正をしてからアップするのですが、今日は何も補正せずにアップいたします。薄暗さを実感してください。(笑)
ブラジル・マナウスの空港です。
3041801.jpg
全体的に照明少な目で薄暗いです。
3041802.jpg
建物内部が薄暗いので明るい外が鮮明に見えます。
これはこれでナイスかな。(笑)
こちらはブラジル・マナウスの魚市場です。
3041803.jpg
外は真昼間ですが、内部はかなり薄暗いです。
3041804.jpg
裸電球をズラリと並べて作業しています。
3041805.jpg
こうして見てみると、ちょっとシュールな感じですね。
ブラジル・サンタレンのちっちゃな空港の待合室です。
3041806.jpg
照明無し!自然光のみ!(笑)
ブラジルの大都会サンパウロの国際空港です。
3041807.jpg
このときは夜でしたが、やっぱり照明少な目で暗いです。
香港の新しい空港です。
3041808.jpg
こちらも自然光中心ですね。窓から離れるとやっぱり薄暗いです。
という訳でやっぱり日本は明るすぎるのかもしれませんね。
ただ、こちら名古屋でも節電ブームでスーパーやホームセンターなどでは照明を間引きして薄暗くしていますが、東日本にはほとんど電気を送れないので意味がありません。
目が疲れるだけですから、スーパーなどでは元通り明るくして欲しいなぁと思いますね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000109-san-soci
 東日本大震災の影響で、首都圏を中心に繁華街のネオンが消え、経済活動が沈滞ムードに包まれる。一方で、節電が暗さに対する日本人の意識に変化をもたらしている。「陰影」という日本建築の概念に光が当てられ、夜の暗さを再評価する機運が出てきた。「東京の夜はこれまで明るすぎた」-。そんな自戒の念が聞こえてくる。(日出間和貴)

 東日本大震災から1カ月近くが過ぎた4月上旬、東京都内の駅構内で「地下鉄の暗さ」について、2人の中年男性が気になる会話をしていた。

 「震災以降、東京の地下鉄はまるでロンドンのように暗くなった」

 「ヨーロッパを旅すれば分かるけど、駅の構内はこんなもの。この暗さにもだんだん慣れてきた」

 企業や家庭で進められる節電の励行。夏場に向けた電力抑制を控え、まちの暗さを受容する感性はさらに歓迎されていいはずだ。

 昼から夜へ、明るさの谷間に当たる「たそがれ時」に対する意識は、国民性や気候風土が反映される。日本の夜の明るさや派手なライトアップに長年、疑問を投げかけてきた東京工大の乾正雄名誉教授(建築工学)によると、日本では日没の1時間前に照明をつけるが、ヨーロッパではほぼ日没の頃。明るさの余韻を惜しむかのように照明をなかなかつけないという。

 乾名誉教授は、過度に明るい夜間の環境が「人に常に動き回ることばかりを強いて、じっと考える能力を喪失させたことはうたがいようがない」と、『夜は暗くてはいけないか』(朝日新聞社、1365円)で指摘する。確かに、こうこうと輝く蛍光灯のもとでは哲学することは向かない。

 昭和8年、作家の谷崎潤一郎(1886~1965年)は47歳のときに日本家屋が織りなす薄暗さの美について論じた『陰翳(いんえい)礼讃』を刊行した。この一冊は、海外の建築家の間でも建築思想の「手本」として読み継がれてきた。

 米国の現代美術家、ジェームズ・タレルも影響を受けた一人。設計した宿泊・体験施設「光の館」(新潟県十日町市)の館内には、光を知覚するさまざまな仕掛けが施されている。「来館者は寝泊まりしながら、自然光と人工光が織りなす『陰影の美』の作品世界を肌で触れることができる」(同館)。明るさに慣れた都会人に、夜の闇と隣り合わせだった時代へのタイムスリップが人気を呼んでいる。

 ◆無駄な光なくす

 一方、全国に先駆けて、平成元年に「光害(こうがい)防止条例」を制定した岡山県美星(びせい)町(現井原市)。天文台のある美星町の区域内に適用される条例で、過剰照明の自粛を呼びかけ、夜10時以降は各家庭でも消灯することを励行する内容だ。条例には「美しい夜空を見よう」という目的があり、星の見え方は市民のモラルにかかっている。

 美星天文台の綾仁(あやに)一哉台長は「暮らしの中から無駄な光をなくし、照明を水平よりも上に向けないようにするだけでも星はきれいに見える。都会の空に本来の夜空が戻ることは、節電による一つの形といえる」と評価する。

 谷崎の『陰翳礼讃』にある一節。〈暗い部屋に住むことを余儀なくされたわれわれの先祖は、いつしか陰翳のうちに美を発見し、やがては美の目的に添うように陰翳を利用するに至った〉

 「闇の世界」を完全に忘れ去る前に、現代人が心に留めておきたい警句といえる。

JAL ジャカルタ線

JALのリストラで残念ながらデンパサール(バリ)線はなくなってしまいましたが、その分ジャカルタ線に力を入れているのか、ファーストクラス付きのB777の最新鋭機材で運航されています。

ジャカルタ線でファーストクラス利用者がいるのかナゾですが、シートは最新のJAL SUITEです。

ほぼ個室状態のシートです。さすがファーストクラスですね。
まぁ漫画喫茶と言ってしまえばそれまでなんですが。汗

もファーストクラスだけにいい酒が揃ってます。
ただ、ジャカルタ線ではサロンのシャンパンは出てこないようです。

欧米線のビジネス・ファーストクラスはマイルを使っての特典航空券では予約が取りにくいのですが、ジャカルタ線はほぼ確実に予約できるようです。

ジャカルタ線だと80000マイルでファーストクラスに乗れます。
ちなみにエコノミーだと35000マイル(キャンペーンだと30000マイル)、プレミアムエコノミーだと50000マイル(キャンペーンだと45000マイル)、、ビジネスだと60000マイル(キャンペーンだと55000マイル)、です。

いまちょうど80000マイル溜まってます。
滅多に乗れないファーストクラスでジャカルタ経由でバリに行くのもいいかも知れません。

<東日本大震災>カンボジア・地雷原の村から義援金とお守り

この記事を読んで、カンボジアの人って本当に優しいんだな。と思いました。
この状況でグタグダ文句言ってきた中国、韓国、ロシアとは大違いです。

カンボジアには、去年のタイ旅行の際、LUCKY BELLさんにタイとの国境にあるポイペットという街に連れて行っていただきましたが、
市場はこの通り、がらんとしていました。
市場に品物はありますが、買うお金がないから人がいないのです。

国境の街でこの有様ですので、カンボジアの内陸部の方に行ったらその貧困さは想像を絶すると思われます。

そんな自分たちの生活もままならない人たちが被災した日本のためにお金を出し合って義援金とお守りを送ってくれるとは本当にありがたい話ですね。

そんな優しいカンボジアの人たちがいる一方で、被災当事国の日本では政治家・東電・マスコミ・国民・・・と、日本人同士で足の引っ張り合いをしています。本当に情けないです。

一日も早く復興して再びカンボジアの人たちの恩に報いるべきではないでしょうか?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1572414&media_id=2

 カンボジアの地雷原の村から義援金が届いた--。内戦による多くの地雷が残るカンボジアで、綿の栽培や加工によって細々と暮らす人たちから、東日本大震災の被災地への義援金とお守りが届いた。彼らの綿製品作りを支援する日本のNPO法人は「額は少ないかもしれないが、貧しい彼らにとっては大変なお金。苦しい中、日本のことを思ってくれる気持ちに感激した。彼らの思いを被災地に届けたい」と話す。

 義援金を寄せたのは、カンボジアの北西に位置する地雷原の村やプノンペン近郊で、綿を有機栽培し、ストールなどに加工している人たち。多くは、地雷被害で足などを失い、経済的に困窮していた。日本のNPO法人「地雷原を綿畑に!」が09年ごろから彼らを支援、綿製品作りを通じ、徐々に収入が得られるようになっていた。

 義援金は、綿製品作りにかかわる約30人の工賃や染め賃1カ月分など計8万円。カンボジアの貧しい地域の1家族の年収約7万円を超える額だ。プノンペン近郊に住む女性たちは、近くの寺院に通って被災地の人々への祈りをささげているという。地雷原の村に住む人からは「今回の地震と津波で、日本の多くの方が亡くなり、被災されたことに、地雷被害者メンバーはショックと悲しみに包まれています。どうか私たちに、皆様の苦しみを分かち合わせてください」とのメッセージも届いた。

 NPO法人の石井麻木代表は「日本からの支援を受けていた人たちが、逆に支援を申し出てくれた。彼らが深く考えた末の思いやりと考え、義援金を受け取ることにした。彼らのことを誇りに思う」と話す。

疲れた・・・

今日は提携会社の手伝いで名古屋のデパートに行ってきました。
提携会社がデパートに出展しておりまして、仕事内容はそこの店番です。

売り場が催事場とか屋上とかだったらまだ気楽だったのですが、行ってみたらバリバリの紳士服売り場でした。周りは有名ブランドショップばかり・・・
わたしが着る服なんてイトーヨーカドーやジャスコぐらいでしか買ったことありません。汗

まったく縁のない世界で、慣れないスーツを着て、立っているだけで拷問です。
まさに完全AWAY、場違いの極み、JR西日本の日勤教育を受けているかのようでした。

数時間立っていただけなのに足はパンパン。疲労困憊です。

ここにはこれからあと2回も行かなければなりません。かなり憂鬱です。

ようやく

トイレにウオッシュレットがつきました。
4月の頭に近所のホームセンターで工事費無料で27000円ほどで購入していたのですが、設置業者とわたしのスケジュールが合わず、ようやく今日になって取り付けが完了しました。
設置は自分でもできそうでしたが、トイレが狭く作業がしにくそうでしたので業者に頼みました。これが大正解でした。あっという間に15分ぐらいで設置してくれました。

半月かかりましたが、これで、照明、ガス、ソファーと足らなかった家電・家具がすべて揃いました。

あとは部屋の片付けを残すのみです・・・(笑)

リニア・鉄道館 後編

前編は車両がメインでしたが、後編はその他の展示・施設です。
3041301.jpg
外に3両編成の117系が置いてあります。
この車内では飲食していいことになっています。
これはナイス!ということで駅弁を買ってきました。
3041302.jpg
わたしは特選名古屋弁当を買いました。
味噌カツ、エビフライ、天むす、ひつまぶし・・・名古屋名物がすべて入ってます。
さっそく117系の車内でいただきました。これはなかなかおいしかったです。
3041303.jpg
LUCKY BELLさんは復刻 昭和39年新幹線開業弁当にされました。
こちらもおいしそうです。
鉄道の博物館には必ずある鉄道模型のレイアウトです。
3041304.jpg
HOゲージです。名古屋駅が再現されています。
3041305.jpg
こちらは富士山ですね。フル編成の新幹線が絵になります。
さすがにHOゲージのフル編成はこれぐらいのレイアウトじゃないとムリですね。
個人的に圧巻だったのがこれです。
3041306.jpg
ライブ会場が再現されています。ツブツブはすべて人形です。
ひたすら人形が並べてあります。
この人形って買うと結構高いんですよね。
6体で千円ですからこのライブ会場の人形だけでひと財産です。(笑)
レイアウトをよく見てみると・・・
3041307.jpg
事故ってます。汗 パトライトも救急車のライトもちゃんと点滅しています。
工事現場のおっさんが野次馬してますね。
うーん。この変なリアル感。リニア・鉄道館のレイアウトにあえて事故現場を作る発想・・・
これ作った人はまるでわたしのようです。(笑)
あちこち歩きまわって疲れてきました。
オススメの休憩スポットがこれです。
3041308.jpg
新幹線のグリーン車の座席です。ちゃんとリクライングします。
2階に置いてあります。薄暗いところにも置いてあってあまりの座り心地の良さにしばらく寝ちゃいました。(笑)
昔の鉄道関係の展示もあります。
3041309.jpg
駅の時計です。いかにも昔の駅にありそうですね。
3041310.jpg
サボ(方向幕)のコレクションです。
ヘッドマークのコレクションもあればいいのになぁ。
3041311.jpg
タブレットですね。
3041312.jpg
タブレットをこの機械に入れるとその区間が通行可能になります。昔の安全装置ですね。
そういや、子どものときに遊んでいたプラレールの「いなかの駅」にはタブレットキャッチーがついていたのを覚えています。ググってみたら、やっぱり昔の製品にはついていましたね。よくぞいまだにお持ちの人がいたものです。
今でも製品は残ってますが、さすがにもうタブレットキャッチャーはついてないですね。
ただ、今でも型はいっしょなのか、タブレットキャッチャーが刺さっていたところに木が生えてます。駅名の看板に木がかぶってちょっと不自然な感じですね。
リニア・鉄道館のウリのひとつ、シミュレータです。
3041313.jpg
シミュレータは新幹線、車掌、在来線の3つが体験でするのですが、抽選式になっています。入館時にくれるパンフレットの下に抽選券がついていて、それを投票箱に入れると抽選が行われ、結果がこの通り発表されます。
わたしは見事にハズれてしまいました。涙
3041314.jpg
新幹線シミュレータ「N700」です。
3041315.jpg
こちらは大型スクリーンで体験できます。
カーブでは映像もちゃんとバンクします。見てると酔いそうです。汗
3041316.jpg
こちらは在来線「車掌」シミュレータです。
実際にやっているところは見なかったのですが、ちょっと小っ恥ずかしそうですね。汗
3041317.jpg
そして、こちらが在来線シミュレータ「運転」です。
見事当たったオムシンくんが挑戦中です。
豪華版電車でGO!という感じですね。
3041318.jpg
最後にモニター上で修了証が出てきます。

そして、こちはリニアの体験です。
3041319.jpg

映像は撮影禁止でしたので省略しますが、時速500キロで走るリニアの車窓からの景色が体験できます。
車輪走行から浮上走行に切り替わる際の振動の違いも感じることができました。
というわけで大人も子どもも楽しめる名古屋のリニア・鉄道館です。
シミュレータのリベンジもしたいですし、また近いうちに行ってみたいと思います。

が、この日は春休み明けの平日にも関わらずかなりの混雑でした。
連休や夏休みはとんでもないことになりそうなので落ち着いた頃にまた行こうかと思います。

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ4 唐変木でランチ~

1ヶ月ぶりに石垣・西表旅行記再開いたします。

昼も過ぎ、腹も減ったので、上原の唐変木というお店に入りました。
3041201.jpg
以前このお店に来たことがある会社の元上司のオススメで来てみました。
地元の食材を使った料理を食べることが出来ます。
3041202.jpg
メニューです。地元料理が並んでます。
わたしはカニ汁定食を、弟は猪チャンプル定食を頼みました。
3041203.jpg
猪チャンプル定食です。
3041204.jpg
猪チャンプルです。臓物とか猪のいろんなブイの肉が入ってておいしかったです。
カニ汁定食です。
3041205.jpg
でっかいノコギリガザミがブツ切りになって入ってます。
3041206.jpg
別名マングローブ蟹だそうです。すんごいハサミしてますね。
カニ汁はカニミソもタップリでダシがよく出ていておいしかったです。
身はバッキバキに折って余すところなくいただきました。
カニ汁完食です。
3041207.jpg
汁を飲み干すと器の底に唐変木と書いてあるのが見られます。
ホテルの食事もいいですが、やはり地元の料理を食べるのもいいですね。
わたしも弟も大満足でありました。

名古屋の家庭の食卓に欠かせないものとは・・・

バリの家庭の食卓に欠かせないものと言えば、サンバルですが、

名古屋の家庭の食卓に欠かせないのはこれだそうです。
3041101.jpg
「つけてみそかけてみそ」です。近所のスーパーで買ってきました。
3041102.jpg
袋から出すと、このとおり真っ黒です。汗
3041103.jpg
揚げ物にかけて食べてみました。ちょっと甘いですが、これなら食べられます。(笑)
つけてみそかけてみそはこの製品以外にも
ゆず味とマイルド味があるそうです。こちらも試してみましょうかね。

先日、行った近所の病院の看護婦さんの一言が忘れられません。

「名古屋に引っ越して来られたのですか?こちらは なんでもミソですよ。」

都知事選

今日は都知事選ですね。
やっぱり老害石原が当選しちゃうんですかねぇ。

そういや、4年前の都知事戦にはこんな人物が立候補していましたが、今回は立候補しなかったんですかね?

こういう内容の政見放送を真面目に放送してくれる日本ってすごいなぁ。

あれからもう四年も経つのですね・・・
月日が経つのは早いなぁ。汗

リニア・鉄道館 前編

昨日、行ってまいりました、名古屋のリニア・鉄道館のレポートです。

埼玉の大宮にある鉄道博物館がメジャーですが(こちらはまだ行ったことがないです。)、名古屋にもつい最近(2011年3月14日)にリニア・鉄道館がオープンしました。
3040901.jpg
名古屋駅からあおなみ線に乗って24分。終点の金城ふ頭駅から徒歩数分のところにあります。入館料は大人千円です。
まず最初の展示がこちらです。
鉄道の最高速度記録の歴史を作ってきた車両です。
3040902.jpg
C62です。狭軌蒸気機関車として世界最高の時速129キロの記録を持っています。
銀河鉄道999もこの機関車ですね。
3040903.jpg
こちらは新幹線の試作機300Xです。
電車として当時世界最高の時速443キロの記録を持っています。
3040904.jpg
そして、こちらはリニアです。
リニアとして世界最高の時速581キロの記録を持っています。
3040915.jpg
2階からはこの3台そろい踏みが眺められます。
3040905.jpg
C62はテールランプも点いています。
蒸気機関車のテールランプが点灯しているのは初めて見ました。こういう演出もナイスですね。
そしてこちらがメインの展示場です。
300系、100系、そして初代の0系と歴代の新幹線が展示されています。(さすがに現役のN700系は置いてないですね。)
なんかこういう車両をズラズラと並べた展示を見るのは初めてで、なんか実感がなく、「実物大鉄道模型」を見ているような不思議な感覚になりました。
3040906.jpg
正面から。特急は振り子式車両の381系です。
みんなヘッドライトが点灯しているのがいいですね。
3040907.jpg
こちら側はシブい系の展示ですね。ED11とED18です。
3040908.jpg
大好きなEF58もありました。
EF58は61号機と89号機しか見たことなかったのですが、157号機なんてのも現存していたんですねぇ。
3040911.jpg
通称「ドクターイエロー」検査用の新幹線です。
一番奥の展示です。
こちらの展示は車両の正面部分しか眺められないのがちょっともったいないですね。
スペースの関係もあるのでしょうが、マイネ40とかは中も見てみたかったです。
3040909.jpg
キハ82です。ディーゼルの特急です。
3040910.jpg
こちらはクモハ165です。でっかい前照灯がいいですね。
こちらの展示でナイスなのが、ほとんどの車両の中に実際に入ってみることができることですね。
3040916.jpg
モハ1です。照明がレトロですねぇ。
3040912.jpg
こちらは381系だったかな。懐かしい特急の座席です。
子どものころに何度か乗った房総の183系もこんな車内でした。

3040914.jpg
客席以外にも見られるところはできるだけ見られるようになっています。
洗面所です。昔はタイル張りだったんですねぇ。
3040913.jpg
こちらは2階建て新幹線の食堂車です。
こんなにいい食堂車がついていたんですねぇ。
今もあればいいのになぁ。

というわけでナイスな展示の数々に大興奮でありました。

後編につづく

LUCKY BELLさん名古屋にやって来る

毎度ブログでお世話になっております、タイ在住のLUCKY BELLさんが日本に帰省されておりまして、タイに戻られる前に名古屋に立ち寄ってくださいました。

LUCKY BELLさんと息子さんのオムシンくんといっしょに、まず向かったのが3月に名古屋にできたばかりの、リニア・鉄道館です。
3040801.jpg
ホームページを見て、この写真ぐらいの展示だと思っていたのですが・・・
3040802.jpg
こちらの実にシブい展示や、
3040803.jpg
さらにこちらの展示もあり、充実ぶりに大満足でした。
リニア・鉄道館については、また後日詳しくレポートしたいと思います。
シミュレーターは抽選式となっているのですが・・・
3040804.jpg
見事に当たったオムシンくんです。
わたしはハズレました。涙
リニア・鉄道館でbali★toshiさんと合流しまして、
名古屋に戻り、さらにLUCKY BELLさんの奥様、娘さんのひまわりちゃんと合流しまして、向かったのがこちら
3040805.jpg
名古屋名物 「世界の山ちゃん」です。
実は、わたしも行くのは2回目なんですが。
3040806.jpg
名物の手羽先をいただきました。
手羽先大好きのオムシンくん
3040807.jpg
おなかいっぱい、ご機嫌でノリノリです。(笑)
実質4人で手羽先8人前いただきました。
3040808.jpg
こんないい大阪のお土産もいただいちゃいました。
漬物大好きなのでとってもうれしいです。
讃岐うどんを差し上げたので、大阪のきつねうどんとはトレードです。(笑)
という訳で、名古屋引越し後、初OFF会でしたが、とっても楽しかったです。

LUCKY BELLさんご一家は、大変なときのご帰国でしたが、残り数日の滞在を楽しんでください。無事のタイご帰国を祈ってます。今日はありがとうございました。

toshiさん、ありがとうございました。また近いうちに一杯やりましょうね。

当たってた

数日前に携帯に着信がありました。番号は香川です。
なんだろ?と思って出たら、電話は佐川急便からで、「荷物が香川に届いている。」とのことでした。「愛知に引越しした。」と話したら、転送してくれることになりました。

送り主を聞いたら、「サントリーさんからです。」とのことで、「ひょっとしてアレが当たったのかな?」と思い、ネットで調べてみたところ・・・
3040702.jpg
当たってました!プレミアムモルツを飲んで、缶についているシールでポイントを貯めて応募するキャンペーンです。
今までだいぶ応募しましたが、落選の連続で、今回初めて当たりました。

 で、今日届きました。
3040701.jpg
プレミアムモルツ350ミリの缶6本です。やった~(笑)
3040703.jpg
さっそく冷やしていただきました。うまい!やっぱりプレミアムモルツが一番うまい!!
グラスは以前プレミアムモルツを買うとついてきたグラスです。
薄口でなかなかいいグラスで気に入ってます。

というわけで酒好きにはうれしい当選でありました。

米旅客機の天井に穴 国交省が緊急点検指示

飛行中の飛行機の屋根に穴が開く・・・
なんとも恐ろしい事故ですが、以前にもアロハ航空が同じ事故を起こしているんですよね。
その事故は映画にもなっていて見たことがありました。

なんかB737って事故が多いような気がします。
那覇空港で炎上したのもB737でした。
この事故はワッシャー1個入れ忘れて起きた事故でした。

まぁB737って機体数がやたら多いので事故が多いようにも感じるのでしょうけど、個人的にもあまり好きな機体じゃないんですよね。
まず3-3というハンパな座席配列がイヤですね。
さらにJALだとクラスJにしても2-3という座席配列になり、右舷側の席だとなんか損した気分になるんですよね。(笑)

また、エンジンのエアーインテークの形状がひしゃげているのもデザイン的に好きじゃないです。

小型機でも、MD-90は好きなんですけどね。

ともかく、事故だけは勘弁です。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1560652&media_id=88&m=2&ref=news%3Aright%3Anoteworthy

 アメリカで飛行中の「ボーイング」737-300型機の天井に穴が開き、緊急着陸した事故を受け、国交省は日本国内の航空会社が保有するボーイング737型の一部機種について、緊急点検の指示を出した。
 日本国内の航空会社は、ボーイング737型機のうち、事故のあった300型を保有していないが、国交省は400型と500型を保有する国内航空会社4社に緊急点検の指示を出した。点検の対象となるのは「日本航空」や「全日空」のグループ会社と、「エア・ドゥ」「スカイネットアジア航空」が保有する46機。
 国交省は、この点検の指示で直ちに大規模な欠航にはつながらないと説明している。

MEME。さんからの救援物資

毎度お世話になっております、MEME。さんからバリのお土産が届きました!
3040501.jpg
バリの辛いモノのオンパレードです。これは辛いもの好きにはホントうれしいです。
サンバルのプラ瓶はデザインが変わりましたね。

それと手前の白と赤の人形は調味料入れです。
3040502.jpg
こんな感じで抱き合います!
3040503.jpg
相撲とっているようにも見えますね。(笑)

MEME。さんありがとうございました!
さっそくいただきたいと思います。

お礼に名古屋の八丁味噌を送りますね!(ウソ)

続・Google Earth

Google Earthは建物によっては、3D表示ができるのですが・・・
3040403.jpg
福島の原発が見事に建て屋が吹っ飛んだ状態で3D表示されています。汗
もちろん3Dですので360度グリグリと観察することができます。

「仕事が速い」Googleですが、これはちょっと「やりすぎ感」がなくもないですね。

駿河湾の夜明け

昨夜は何も見えなかったオーシャンビューのホテルですが・・・
3040402.jpg
キレイな日の出が見えました。
陸地は伊豆半島ですね。
3040401.jpg
正面の海は清水港の港外で錨地になっているようです。
さて、それでは仕事行ってきます。

静岡出張

今日から、名古屋転勤後初出張で静岡に来ました。
二泊三日の予定です。

宿はおそらくオーシャンビューなのですが、夜なので何も見えません。
明日の朝が楽しみです。

Google Earth

弟から、Google Earthの衛星写真が震災後の写真に更新されているよ。とメールがありましたので見て見ました。
写真はすべてGoogle Earthのものです。

まずは、友人がタンカーで奇跡の緊急出港を果たした仙台港です。
3040201.jpg
震災後の3/14の衛星写真です。
コンビナートが黒焦げになり、海に油が流出しているのがわかります。
本当に危機一髪でした。
こちらは茨城の鹿島港です。
3040202.jpg
震災の翌日3/12の衛星写真です。
長さ300メートルの大型バルカー(鉱石運搬船)が座礁しています。
気仙沼です。
3040203.jpg
拡大してみると、街が壊滅しています。

Google Earthは過去の衛星写真も見ることができます。
3040204.jpg
震災前、2010年の陸前高田市です。
3040205.jpg
震災後、3/13の陸前高田市です。
街も壊滅していますが、地形も大きく変わっているのもわかります。
福島県いわき市のマリーナです。
3040208.jpg
2005年のマリーナの様子です。海上保管艇がたくさん係留されています。
3040209.jpg
震災の翌日、3/12のマリーナです。
船も桟橋も跡形もなくなくなってしまいました。
まるでこちらの方が過去の衛星写真のようです。
そして、福島の原発です。
3040206.jpg
2004年の在りし日の原発です。海に大量の冷却水が流されているのがわかります。

3040207.jpg
震災後3/18の原発です。
冷却水は止まり、水素爆発で建て屋が吹っ飛んでいるのがわかります。
という具合に東北から関東までの海岸線の衛星写真が、すべて震災後の写真に更新されています。Google、なかなか仕事が速いですね。
過去の衛星写真により、どこに何があったか良くわかりますし、これは今後の復興に役に立つと思います。

みなさんも、ぜひご覧になって被災地の惨状を確認してください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
旅行 (199)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (66)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (344)
酒・飲み物 (49)
日常 (175)
ネタ (182)
ニュース (236)
船 (311)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (2)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (107)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (36)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード