2010-06

鹿児島旅行記 3日目中編 ~日本本土最南端佐多岬へ~

知林ヶ島を後にし、指宿港へ向かいました。
指宿港からなんきゅうフェリーに乗り、鹿児島湾を渡って対岸の大隈半島へ渡りました。

対岸の大根占に着きました。
ここからこの旅で一番行きたかった日本本土最南端の佐多岬に向けて一路南下します。
063001.jpg
相変わらずの晴れ男パワーを発揮しました。大隈半島から見た開聞岳です。
海の碧さに癒されます。
大根占から1時間ほどで本土最南端佐多岬の入り口に到着しました。
063002.jpg
わたしはいろんな人の旅行記を読むのが大好きなのですが、日本一周、日本縦断の旅行記で必ず登場するのがここ佐多岬ロードパークです。
以前は有料、クルマでしか通れなかった(自転車、徒歩の人は料金所の人がいない時間に通るという裏技があった。)佐多岬ロードパークですが、最近無料開放されました。
ついにわたしもここに来ることができたのです。この時点で感無量です。(笑)
途中こんなモニュメントがありました。
063004.jpg
エジプトのカイロやパキスタンのカラチってここと同じ北緯31度なんですね。意外です。
クルマで来れるのはここまで。ここからは徒歩です。
063003.jpg
入場料も必要です。
トンネルを抜けると、この景色
063005.jpg
これからあの展望台までハイキングです。あの向こう側に本土最南端があります。
最南端まではこの景色
063007.jpg
四国の足摺岬や佐田岬(佐多岬じゃないよ)もこんな感じの低い木が生い茂っていました。
063008.jpg
展望台の手前の景色。海が碧いです。
063006.jpg
南国の海ですねぇ。
15分ほど歩いて、ついにやってきました。
063009.jpg
日本の本土最南端佐多岬です。
端っこマニアとしては冥利に尽きます。
わたしとしては日本最東端(南鳥島)、日本本土最東端(納沙布岬)、日本本土最北東端(知床岬)に次ぐ日本の端っこです。
063010.jpg
こんな盟約があるんですねぇ。最東端の根室の納沙布岬、今回の最南端佐多岬には行きましたので、残り二つの最北端、最西端にも近いうちに行かなきゃいけませんね。
せっかくなので・・・

063016.jpg
展望塔にも登ってみました。(別料金)
料金所のおばちゃんによると台風でほとんどのガラス窓が吹き飛んでしまったらしいです。
展望塔より
063011.jpg
ここが日本本土最南端佐多岬の先端です。
サイコーの眺めです。別料金払った価値がありました。
063012.jpg
佐多岬から見た開聞岳(開聞岳シリーズここで終わり(笑))
佐多岬周辺には「日本本土最南端○○」がいくつかあります。
063013.jpg
日本本土最南端の電話ボックス
063014.jpg
日本本土最南端の郵便局
063015.jpg
日本本土最南端のガソリンスタンド
というわけでついに日本本土最南端に来ることができたのでした。
スポンサーサイト

日本PK戦で力尽きる 初の8強ならず

あーあ。がっかりです。

なんで3番目のキッカーが駒野なんですかね?
駒野を見た瞬間に外しそうな気がしました。

120分走りきったサイドバックは足にも来ているでしょう。
途中から入ったら憲剛や玉田でいいじゃないですか?

完全にキッカーの選択ミスだと思います。
駒野が気の毒です。

いい試合が続いていただけに最後の最後で残念でなりません。
ホント涙が出ました。2002年のトルコ戦の後と同じような喪失感です。

やる気なくしたので明日は会社休みます。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1259625&media_id=1
日本 0(3)【FT】(5)0 パラグアイ

【PK戦】
○ 1パ E・バレト
○ 1日 遠藤
○ 2パ バリオス
○ 2日 長谷部
○ 3パ リベロス
× 3日 駒野
○ 4パ アエドバルデス
○ 4日 本田
○ 5パ カルドゾ

【延長後半終了】
延後12分:【パ】リベロスにイエローカード
延後10分:【日】岡崎のこぼれ球に遠藤クロスも合わず
延後 8分:【日】遠藤にイエローカード、次戦出場停止に
延後 7分:【日】遠藤FKに闘莉王ヘッドも枠外
延後 5分:【パ】モレルCKからダシルバがヘッドも枠外
延後 3分:【パ】FKからE・バレトがヘディングシュートも川島の正面
延後 2分:【日】中村憲の前線へのパスは玉田に合わず
延後 1分:【パ】パラグアイボールで延長後半開始
延後 1分:【日】選手交代:大久保→玉田

【延長前半終了】
延前13分:【日】遠藤FKはGKが直接キャッチ
延前10分:【パ】クロスにE・バレト合わせるもゴール上に外れる
延前 8分:【日】本田がFK、直接ゴール狙うもGK弾きCKに
延前 6分:【パ】パラグアイの波状攻撃を日本DF陣が守りきる
延前 6分:【パ】アエドバルデスの飛び出しを闘莉王ブロック、川島がセーブ
延前 4分:【パ】バリオスのヘディングシュートは川島の正面
延前 3分:【パ】選手交代:サンタクルス→カルドゾ
延前 1分:【日】中村憲のシュートをDFがクリアしCKに
延前 1分:【日】日本ボールで延長前半開始

【後半終了】
後半45+2分:【日】本田にイエローカード
後半45+1分:【日】遠藤のFKから中澤ヘッド、闘莉王が足伸ばすも届かず
後半45分:ロスタイムは3分
後半36分:【日】長友のクロスに大久保飛び込むもキーパーチャージを取られる
後半35分:【日】選手交代:阿部→中村憲
後半33分:【パ】E・バレトが遠目からシュート、川島正面でキャッチ
後半29分:【パ】選手交代:オルティゴサ→E・バレト
後半26分:【日】長友にイエローカード。次戦出場停止に
後半25分:【日】本田→岡崎へスルーパス。岡崎シュートもDFがクリアしCKに
後半21分:【パ】相手FKに川島飛び出すもボールにさわれず。闘莉王が交錯し倒れる
後半19分:【日】選手交代:松井→岡崎
後半17分:【日】遠藤のCKに闘莉王ヘッドも枠外
後半14分:【パ】選手交代:ベニテス→アエドバルデス
後半13分:【パ】リベロスのヘッドを川島キャッチ
後半13分:【パ】ベニテスの低いクロスを中澤がカット
後半12分:【日】松井にイエローカード
後半10分:【パ】ベニテスのシュートを中澤が体を投げ出しクリア
後半 9分:【日】長友のミドルシュートはDFに当たりGK正面
後半 6分:【日】阿部から大久保へのロングボールはオフサイド
後半 4分:【パ】オルティゴサの抜け出しを日本DF陣必死のクリア
後半 1分:【パ】パラグアイボールで後半開始

【前半終了】
前半45分:ロスタイムは1分
前半41分:【日】日本FK、遠藤のクロスをパラグアイDF陣がクリア
前半39分:【日】ゴール正面から本田シュートも左に外れる
前半38分:【日】駒野がオーバーラップ、クロスは直接GKへ
前半37分:【パ】遠藤CKのこぼれ球からパラグアイがカウンターも長友抑える
前半36分:【日】遠藤のFKは相手DFに当たり日本のCKに
前半35分:【日】本田削られファール、日本いい位置でFKのチャンス
前半34分:【日】敵陣内で奪ったボールを大久保→本田、クロス入れるも合わず
前半27分:【パ】モレルCK、こぼれ球をサンタクルスがシュートも枠外
前半27分:【パ】バリオスのクロスを阿部がクリアしCKに
前半25分:【パ】オルティゴサのクロスを駒野クリア
前半21分:【日】松井がミドルシュート、惜しくもバーに嫌われる
前半19分:【パ】バリオス抜け出すも川島が足一本でファインセーブ
15分経過:ボールポゼッションは日本40%パラグアイ60%
前半13分:【日】遠藤のFKから中澤ヘッド
前半 9分:【パ】モレルのFKをGK川島が直接キャッチ
前半 6分:【パ】サンタクルスが右サイドからクロス、リベロスとベニテス交錯し合わず
前半 3分:【パ】最初のCKはパラグアイ
前半 2分:【日】駒野が遠目からシュートもGK正面
前半 1分:【日】大久保が遠目からこの試合最初のシュート
前半開始:【日】日本ボールでキックオフ

【日本】
GK:21川島
DF:3駒野 4闘莉王 5長友 22中澤
MF:2阿部(→ 14中村憲 80') 7遠藤 8松井(→ 9岡崎 64') 17長谷部 18本田
FW:16大久保(→ 11玉田 105')

【パラグアイ】
GK:1ビジャル
DF:3モレル 6ボネット 14ダシルバ 21アルカラス
MF:13ベラ 16リベロス 20オルティゴサ(→ 8E・バレト 74')
FW:9サンタクルス (→ 7カルドゾ 93') 10ベニテス (→ 18アエドバルデス 57') 19バリオス

 サッカーのワールドカップ(W杯)大会で、日本代表は午後11時からパラグアイとの決勝トーナメント1回戦に臨む。

 グループリーグ最終戦でデンマークを降しE組2位で決勝トーナメントに駒を進めた日本は、この試合でパラグアイに勝つと、日本サッカー史上初のW杯ベスト8進出となる。過去の対戦成績は日本の1勝3分2敗、W杯では初対戦。世界ランキングは日本45位に対しパラグアイは31位。

 日本代表のスターティングメンバーはグループリーグから不動。フォーメーションも本田の1トップ、両サイドに大久保と松井か。パラグアイは前の試合から5選手を入れ替えたが、長身FWサンタクルス、バリオスはスタメンに名を連ねた。

 日本は勝つとスペインvs.ポルトガルの勝者と、7月4日午前3時半から準々決勝で対戦する。

日本vs.パラグアイ 前半は0-0

パラグアイ、なかなか堅いですね。
ただ、ミスもかなり多いので日本にもチャンスがあります。

先に取られて引かれてしまうと厳しいのでとにかく先制点が欲しいですね。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1259625&media_id=1
日本 0 【HT】 0 パラグアイ

【前半終了】
前半45分:ロスタイムは1分
前半41分:【日】日本FK、遠藤のクロスをパラグアイDF陣がクリア
前半39分:【日】ゴール正面から本田シュートも左に外れる
前半38分:【日】駒野がオーバーラップ、クロスは直接GKへ
前半37分:【パ】遠藤CKのこぼれ球からパラグアイがカウンターも長友抑える
前半36分:【日】遠藤のFKは合わず、日本のCKに
前半35分:【日】本田削られファール、日本いい位置でFKのチャンス
前半34分:【日】敵陣内で奪ったボールを大久保→本田、クロス入れるも合わず
前半30分:【日】闘莉王が遠目からシュートを狙う
前半27分:【パ】モレルCK、こぼれ球をサンタクルスがシュートも枠外
前半27分:【パ】バリオスのクロスを阿部がクリアしCKに
前半25分:【パ】オルティゴサのクロスを駒野クリア
前半21分:【日】松井がミドルシュート、惜しくもバーに嫌われる
前半19分:【パ】バリオス抜け出すも川島が足一本でファインセーブ
15分経過:ボールポゼッションは日本40%パラグアイ60%
前半13分:【日】遠藤のFKから中澤ヘッド
前半 9分:【パ】モレルのFKをGK川島が直接キャッチ
前半 6分:【パ】サンタクルスが右サイドからクロス、リベロスとベニテス交錯し合わず
前半 3分:【パ】最初のCKはパラグアイ
前半 2分:【日】駒野が遠目からシュートもGK正面
前半 1分:【日】大久保が遠目からこの試合最初のシュート
前半開始:【日】日本ボールでキックオフ

【日本】
GK:21川島
DF:3駒野 4闘莉王 5長友 22中澤
MF:2阿部 7遠藤 8松井 17長谷部 18本田
FW:16大久保

【パラグアイ】
GK:1ビジャル
DF:3モレル 6ボネット 14ダシルバ 21アルカラス
MF:13ベラ 16リベロス 20オルティゴサ
FW:9サンタクルス 10ベニテス 19バリオス

 サッカーのワールドカップ(W杯)大会で、日本代表は午後11時からパラグアイとの決勝トーナメント1回戦に臨む。

 グループリーグ最終戦でデンマークを降しE組2位で決勝トーナメントに駒を進めた日本は、この試合でパラグアイに勝つと、日本サッカー史上初のW杯ベスト8進出となる。過去の対戦成績は日本の1勝3分2敗、W杯では初対戦。世界ランキングは日本45位に対しパラグアイは31位。

 日本代表のスターティングメンバーはグループリーグから不動。フォーメーションも本田の1トップ、両サイドに大久保と松井か。パラグアイは前の試合から5選手を入れ替えたが、長身FWサンタクルス、バリオスはスタメンに名を連ねた。

 日本は勝つとスペインvs.ポルトガルの勝者と、7月4日午前3時半から準々決勝で対戦する。

船シリーズ第32弾! ~なんきゅうフェリー~

先日、鹿児島旅行の際に利用したのが『なんきゅうフェリー』です。

薩摩半島の指宿と大隈半島の大根占を結ぶ、鹿児島湾をショートカットする航路です。

指宿港にクルマで着くと何もありません。ホントにここからフェリーが出ているのか?
062811.jpg
と思ったら掘っ立て小屋もとい待合所がありました。
062812.jpg
待合所の向かいにはちっちゃな桟橋が・・・
062813.jpg
フェリーに乗るときのお約束、車検証持って待合所に行ったら係りの人は誰もいません。料金は船内で支払うようです。
時刻表と運賃表
062814.jpg
指宿発8:00というのがなんともアバウトでいいですね。料金は2500円でした。
一応予約制とのことでしたので前日に予約しておきました。
しばらく待っていたら、わたしが乗る10:00のフェリーがやってきました。
062815.jpg
ちっちゃ~ わたしが今まで見たフェリーの中では最小級です。
062816.jpg
見事な操船で桟橋にがっちゃんと着桟しました。前進かけっぱなしで岸から離れないようにしています。
向こう岸から乗ってきたのはクルマ2台だけ・・・

んん?このフェリー、前にしか乗船口がないぞ!ひょっとして・・・ハイ。予想通りクルマはバックで乗船です。
バックで乗るフェリーなんてブラジルのネグロ川のフェリー以来です。(笑)
個人的にはクルマでのバック乗船は初体験でありましたが、船員さんが的確に誘導してくれるのでたいして難しくはありません。

乗船してすぐ料金を払いました。船員さんは二人だけです。
ブリッジの後に船室はありますが、ブリッジの両サイドにもベンチが置いてあり、左舷側のベンチに座りました。船好きにはベストシートです。(笑)
062817.jpg
んん?窓の下のこのシールはJCI(小型船舶検査機構)のシールじゃないですか!ということは、この船は20トン未満の小型船舶?この大きさで小型船舶なのか?
さっきまで小さいフェリーだなぁと思ってましたが、今度は逆に大きな小型船舶だなぁと思い始めたのが不思議です。(笑)

ちなみにこのホースは海が時化てクルマに潮がかかったときに下船時に洗い流してくれるためにあるそうです。アットホームなフェリーですね。
さて、クルマ3台、単車10台ほど積みこみが終わり、向こう岸に向けて出港しました。
062818.jpg
出港してすぐ、フェリーに乗る前に行った知林ヶ島が良く見えました。
062819.jpg
指宿沖から見る開聞岳です。
隣に座っていたおっさんグループが『この船は自動操舵で走っているんだろ。楽なもんだ。』とか言ってましたが、的確に手動操舵で走っているのをわたしは感じていました。
062820.jpg
南から奄美大島発鹿児島行きのマルエーフェリーがやってきました。
フェリーの前を横切らないよう、すぐ後ろを横切って引き波を食らわないよう着かず離れずの絶妙な操船です。
ここもそうですが、東京湾フェリーや宇高フェリーなど交通量の多い航路を横切るフェリーの船長はかなり神経使っていると思います。これはなかなか素人さんにはわかってもらえないことですね。
40分ほどで向こう岸の大根占に到着。
062821.jpg
漁船と漁船の間に着けます。これまた珍しいですね。(笑)
というわけで天気も良く、快適な航海でした。
多少風は吹いていましたが、たいして時化ていませんでしたのでホースの出番もありませんでした。(笑)

このルートは陸路で行くと150キロほど遠回りになりますので素晴らしいショートカットです。ぜひ鹿児島に行ったときは使ってください。

サンライズ瀬戸乗車体験記

四国転勤以来、ほぼ月1回ペースで帰省しております(すべて自腹です。)が、四国-関東間の移動手段として、

・マイカー(8時間)
・飛行機(1時間ちょっと)
・新幹線(岡山経由で4時間ちょっと)
・フェリー(徳島経由で15時間)
・高速バス(9時間)

といった交通手段があり、高速バス以外(バス大嫌いなので)はすべて使ってみました。
唯一試していなかったのが、夜行寝台特急サンライズ瀬戸です。

一度はサンライズ瀬戸に乗ってみたかったのですが、JALのFly On Pointや搭乗回数を稼ぐため、ここ数年はずっと飛行機を使っておりました。JGC会員になれましたのでムリに飛行機を使う必要もなくなり、この4月からいつも利用していた岡山便からクラスJシートがなくなってしまったため、今回はサンライズ瀬戸を使ってみることにしました。

今回は片道は飛行機で片道はサンライズにすることにしました。
往路と復路とどちらで使おうか悩んだのですが、往路の東京行きは朝7時に東京に着いてしまうので朝の通勤ラッシュのなか大荷物持って移動したくないので復路で利用することにしました。

サンライズ瀬戸の座席は下記の通りのラインナップがあります。
・A寝台個室シングルデラックス
・B寝台個室シングルツイン
・B寝台個室サンライズツイン
・B寝台個室シングル
・B寝台個室ソロ
・普通車指定席ノビノビ座席

せっかく乗るのでA寝台個室シングルデラックスにしようと思ったのですが、みどりの窓口で聞いてみたところ、喫煙しか空いてないとのことでした。
A寝台個室シングルデラックスは1編成に1両分6室しかなく、かつ半分の3室が喫煙で、禁煙はたった3室しかありませんので予約はかなり厳しいようです。

高いカネを払って喫煙で我慢するのもイヤなので、B寝台個室シングルにランクダウンして予約しました。
それでも総額21000円ほどになりますので飛行機の特1とほぼ同額です。

さて、前置きが長くなりましたが、当日は実家を夕食を食べた後、東京駅へ向かいました。
発車時刻の1時間ほど前に東京駅へ着きました。
062801.jpg
東京駅の9番線から発車するのですが、このホームはほとんどベンチがありません。
また売店も小さくて不便です。
おまけに入線時刻が発車の12分前とギリギリです。もっと早く入線してくれればいいのになぁ。
食料などは他の場所で購入して発車10分前ぐらいにホームに来るのが賢明だと思います。

定刻どおりサンライズ瀬戸・出雲がやってきました。
出雲市行きのサンライズ出雲と高松行きのサンライズ瀬戸が7両ずつ併結されています。
実際には見ませんでしたが、併結部分は行き来できるそうです。
昔は、はやぶさ、みずほ、あさかぜ、さくら、出雲、瀬戸、銀河など夜行列車がいっぱいありましたが、このサンライズが現存する唯一の東京発着の寝台特急です。
サンライズ瀬戸はほぼ二階建てになっています。
062802.jpg
わたしの個室は先頭車両の1階でした。
2階は眺めが良いが良く揺れる、1階は揺れにくいが音がうるさい、といった特徴があるそうです。
通路はこんな感じです。
062803.jpg
木目調で雰囲気はいいですね。
ただ、通路の両側に個室がありますのでかなり狭いです。
荷物を持っているとすれ違うのが大変です。
わたしのシングルの個室です。
062804.jpg
入り口から奥を見た感じの写真です。
だいたい1畳分ぐらいの広さです。ピシっとシーツが張られベッドメイクされています。
昔乗っていた練習船のボンク(ベッド)よりも狭いですね。
クツを抜いて上がります。ベッドサイドと玄関部分に多少荷物は置けます。
高さは180センチほどあり、室内で立つことが出来ます。(ソロは立てないらしい。)
こちらは足元です。
062805.jpg
テーブルがあります。パソコンぐらいは置けますね。
掛け布団、枕、パジャマ、サンライズ瀬戸の部屋案内の絵葉書が置いてありました。
また、玄関部分にはスリッパもありました。
062806.jpg
入り口付近です。鏡が付いています。
電源もありますのでパソコンや携帯電話の充電も出来ます。
外へ行くときは暗証番号でロックできます。
これ以外の設備としてラジオ(スピーカーあり。イヤホンも使用可)、エアコンの吹き出し口(ヒーターは調節可。)、室内灯のスイッチがありました。
乗車してすぐ車掌が検札に来ました。先頭車両だったのですぐ来たようです。
後のほうの車両だとなかなか検札に来ないので寝はぐることになるようです。
定刻どおり静かに発車しました。
062807.jpg
車内の明かりを消してみるとなかなか幻想的です。
非日常的な体験です。これはいいね~と一人つぶやきながらビールを飲んでいました。
30分ほどで横浜駅に到着しました。ここはまだホームに人がいっぱいいるので気をつけなければなりません。笑 以前サンライズに乗った友人はパンツ一枚でビール飲んでたら、満員の横浜駅で覗かれてめちゃくちゃ恥ずかしかったそうです。
ネットが繋がるかどうか試してみました。トンネル部分はさすがにムリですが、都市部ではほぼe-mobileが繋がりました。便利な世の中です。

熱海で車内放送が終了しました。三島、静岡と停車して最後の東側の停車駅浜松を過ぎたところで寝ることにしました。
ところが、隣の部屋の話し声がうるさいのと、しょっちゅう警笛が鳴るのでなかなか寝付けません。
ノイズキャンセリングイヤホンをしてようやく眠れましたが、ひねり系の揺れが激しく、1時間に1度は起こされてしまいます。
船で揺れには慣れていたつもりでしたが、この独特の揺れには参りました。
結局、豊橋、岐阜、大津、京都、姫路と断続的に起こされ熟睡は出来ませんでした。

以前、上野から青森まで『あけぼの』のソロで行ったことがあるのですが、そのときは良く眠れました。『あけぼの』は機関車で牽引する客車でサンライズは電車です。この辺の違いが寝心地を左右しているのかも知れません。
岡山に着きました。
062808.jpg
隣のホームにはつい先日も乗った岡山ー高松を結ぶ快速マリンライナーが止まっていました。ここでサンライズ出雲を切り離します。
岡山からは1時間で終点高松に着きます。
瀬戸大橋を通過中です。季節と天候によってはここでサンライズを拝めるかも知れません。
5分ほど遅れて7時半ごろ高松に着きました。
062809.jpg
寝不足の上に揺れに身体が自然に対応していたためか全身クタクタで、このあとはそのまま自宅へ直行して寝ちゃいまして起きたら夕方でした。汗
東京でギリギリまで時間を使って、移動中に睡眠を取り、翌朝はそのまま出社したり、朝からフルに観光ができる。というのがサンライズのウリだと思うのですが、これじゃ実家でもう1泊して飛行機で帰ったほうが良かったかもしれません。汗

まぁ一度乗ってみたかったサンライズ瀬戸に乗れたのでいい体験ができました。
次回はシングルデラックスに乗って乗り心地の違いを確かめて見たいと思います。

鹿児島旅行記 3日目前編 ~指宿温泉・知林ヶ島~

中断しておりました鹿児島旅行記を再開します。

鹿児島旅行も早3日目です。

旅行中にも関わらずいつもどおり朝早く目が覚めてしまったので朝風呂へ。
062701.jpg
誰もいなかったので撮影しました。黄緑色したお湯です。
ナトリウム-塩化物泉だそうで、舐めてみると確かにしょっぱいです。
かけ流しの気持ちいい温泉でした。
ホテルをチェックアウトしてまず向かったのが知林ヶ島です。
062702.jpg
海沿いらしい道ですね。
宿からはクルマで数分で着きました。
駐車場から5分ほど歩いて知林ヶ島の入り口に到着です。
062703.jpg
知林ヶ島です。この島は15年ほど前に船で沖を通ったことがあります。『ちりんがしま』という変わった名前の変針点だったのでよく覚えていました。
一度行ってみたかった場所のひとつです。

普段は海中にある島ですが、潮が引くと島に繋がる道が現われます。
モーゼの十戒と同じ現象ですね。
この日はたまたま行ってみましたが、ちょうど潮が引いて道が出来ていました。
062704.jpg
この通り、見事な『道』が現われます。
大河ドラマの『篤姫』にも出てきたそうです。
『道』の入り口にはこんな看板が!
062705.jpg
取り残された場合の『有償』はいくらぐらいなんでしょうねぇ。汗
横須賀の猿島にもこんな看板があったのを思い出しました。
062706.jpg
こんな手書きの看板もいっぱいありました。
これだけ注意しても取り残される人がいるんでしょうねぇ。汗
知林ヶ島にはこんな生き物が!
062707.jpg
クマノミやチョウチョウウオもいるんですね。さすが南国です!
島の北側には・・・
062708.jpg
喜入の石油基地が見えました。
後輩はこことペルシャ湾をピストン輸送しています。
せっかく日本に帰ってきてもここで原油を降ろすだけです。汗

知林ヶ島に渡ってみたかったのですが、フェリーの時間が迫っていたので入り口で引き返したのでした。

帰宅

今朝、寝台特急サンライズ瀬戸で帰宅しました。
062603.jpg
瀬戸大橋を通過中。季節と天候によってはここでサンライズを拝めるかもしれません。

22時に東京を出て7時半に高松に着いたのですが、9時間半の走行中、うつらうつらしては起こされるパターンでほとんど熟睡できませんでした。

原因はひねり系の揺れ方をするのと、先頭車両だったのでしょっちゅう警笛がなるのと、制御系のバチバチとした音がするのとで、すぐ起こされてしまうからです。

身体が揺れに対応するためか体中痛いです。
船で乗り物の揺れには慣れていたつもりでしたが、電車の揺れは独特でした。

というわけで疲労困憊、自宅に帰ってきてすぐまた夕方まで寝ちゃいました。汗
移動中に睡眠をとって朝から何かとしようと思っていましたが、とてもムリでした。
素直に飛行機で帰ったほうが良かったかも知れません。

ただ、今回はB寝台のシングルだったので、次回はA寝台のシングルデラックスにしてみて乗り心地の違いを確かめてみたいと思います。

今回の休暇も友達といっぱい会えてなかなか充実していました。
やはりHOMEはいいですね。また明日からAWAYの戦いが始まりますが、次のHOMEまで頑張ります。

サンライズ瀬戸で帰宅中

今日は寝台特急サンライズ瀬戸で帰宅中です。
ただいま静岡の沼津付近を走行中です。
モバイルのネットがとぎどき繋がるのでブログ更新してみました。
062601.jpg
東京駅にて なかなか渋い色の車体です。
062602.jpg
一応机もあるのでパソコンが打てます。

日本が3得点快勝 決勝トーナメント進出

いや~デンマーク相手に3-1なんてスコアで勝つとは思ってもいませんでした。
夜中の3時半に起きて見た甲斐がありましたね。

それにしても今日仕事の方々、本当にお疲れ様です。
わたしは今夜帰宅しますのでこれから夕方まで寝ます。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=1&id=1254499
 サッカーのワールドカップ(W杯)大会で、グループリーグ最終戦に臨んだ日本代表は、これまでの得点力不足を払拭する3得点でデンマークに3-1で快勝。日本は国外開催の大会で初の決勝トーナメント進出となった。E組を2位通過した日本は、決勝トーナメント1回戦でF組1位のパラグアイと対戦する。

 デンマークのペースで進んだ前半立ち上がりだったが、大会に入ってから好調の日本ディフェンス陣がしのぐ。動きがあったのは前半17分、MF本田が得意の無回転FKを叩き込み日本に待望の先制点。続く30分には今度はMF遠藤がFKをゴール隅に決め前半を折り返し試合を有利に進めた。

 後半に入り疲れからか守勢に回った日本はFWトマソンにPKを決められ2-1に。1点差に追いつかれた日本だったが、途中出場のFW岡崎が後半42分に貴重な追加点をあげ3-1で逃げ切った。

【試合後のコメント】
 岡田監督「ある意味ほっとしています。(選手は)最後まで集中を切らさず頑張ってくれた。素晴らしい選手とできて本当に誇りに思う」
 MF本田「思ったより喜んでない。国民に優勝すると公言しているので実力を証明したい」
 FW岡崎「ほとんど(MF本田)圭佑のシュート。決められてよかった」

日本 3 【FT】 1 デンマーク
得点:本田(17') 遠藤(30') トマソン(PK 81') 岡崎(87')

【日本】
GK:21川島
DF:3駒野 4闘莉王 5長友 22中澤
MF:2阿部 7遠藤(→ 20稲本 90') 8松井(→ 9岡崎 73') 17長谷部 18本田
FW:16大久保(→ 15今野 87')

【デンマーク】
GK:1ソーレンセン
DF:4アッガー 6ヤコブセン 13クロルルップ(→ 18ラーセン 55') 15S・ポールセン
MF:2C・ポールセン 10ヨーゲンセン(→ 14J・ポールセン 33') 12カーレンベルグ(→ 21エリクセン 63')
FW:9トマソン 11ベントナー 19ロメダール

【試合終了】
後半45分:ロスタイムは4分
後半45分:【日】選手交代:遠藤→稲本
後半42分:【日】選手交代:大久保→今野
後半42分:【日】途中出場の岡崎がゴール! 日本大きな3点目
後半40分:【日】大久保のシュートはGK正面
後半36分:【デ】川島が1度PK止めるもトマソンが押し込み1点差
後半34分:【日】長谷部がアッガー倒しPK与える
後半34分:【デ】ラーセンのシュートがバー直撃
後半31分:【日】大久保クロスに岡崎ヘッドもGK正面
後半28分:【日】選手交代:松井→岡崎
後半27分:【日】長友がドリブルで持ち込みシュートもGK正面
後半22分:【デ】エリクセンのミドルシュートは枠上に外れる
後半20分:【デ】ベントナーにイエローカード
後半20分:【日】大久保シュートも正面
後半18分:【デ】選手交代:カーレンベルグ→エリクセン
後半14分:【デ】アッガーのFKを川島が冷静に対処
後半13分:【デ】J・ポールセンのミドルシュートを川島パンチングで防ぐ
後半10分:【デ】選手交代:クロルルップ→ラーセン
後半 8分:【日】長友がドリブルで持ち込みシュート
後半 6分:【デ】トマソンと1対1 川島が体を張ってセーブ
後半 4分:【デ】FKをベントナーが直接狙うも壁に当たる
後半 3分:【日】遠藤FK 浮き球がバーに当たる
後半 2分:【デ】C・ポールセンにイエローカード

【前半終了】
前半45分:ロスタイムは2分
前半43分:【日】駒野がPAに切り込みシュートも枠上
前半43分:【デ】C・ポールセンのFKを川島セーブ
前半41分:【日】クロスに大久保オーバーヘッドも空振り
前半33分:【デ】選手交代:ヨーゲンセン→J・ポールセン
前半30分:【日】遠藤がFKをゴール隅に決める。日本2点目
前半28分:【デ】クロルルップにイエローカード、日本がゴール正面でFKのチャンス
前半25分:【日】長友が遅延行為でイエローカード
前半21分:【デ】トマソンのシュートを川島が体で止める
前半17分:【日】日本先制 本田の無回転FKがゴールに吸い込まれる
前半14分:【デ】トマソンが抜け出しシュート、わずかに枠の外
前半12分:【日】長谷部がシュート、わずかにゴールの上
前半12分:【日】大久保のクロスに松井合わせるもソーレンセンが体でブロック
前半11分:【日】遅延行為で遠藤にイエローカード
前半 7分:【デ】CKをクロルルップがボレー、枠外に外れる
前半 6分:【デ】ベントナーのクロスをトマソンがオーバーヘッドも空振り
前半 3分:【デ】トマソンのパスをS・ポールセンがシュート
前半 1分:【日】遠藤のFKをデンマーク守備陣がはじき返す
前半開始:【日】日本のボールでキックオフ

 サッカーのワールドカップ(W杯)大会で、日本代表は午前3時30分からデンマークとのグループリーグ最終戦に臨む。E組では既にオランダがグループリーグ突破を決めており、勝ち点3で並ぶ日本とデンマークが残る1枠をかけ争う。得失点差で2位につける日本は、勝ちか引き分けで2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる。

 日本代表のスターティングメンバーはオランダ戦と同様。フォーメーションも本田の1トップ、両サイドに大久保と松井か。大会前から右足を痛めていたデンマークFWベントナーはスタメンに名を連ねた。

 日本はE組を1位で通過するとF組2位スロバキアと、2位通過だとF組1位のパラグアイと決勝トーナメント1回戦で対戦する。前回王者のイタリアはF組最下位で姿を消した。

ハゼ釣り2010

2年ぶりに江戸川放水路にハゼ釣りに行ってきました。
ホントは昨日、PONさんといっしょに行く予定だったのですが、大雨で今日に延期になりました。
実はこの日は朝4時まで飲んでおりまして、起きるのが非常につらかったのですが、がんばりました。笑
062501.jpg
地下鉄東西線妙典駅から徒歩10分ほどで着きます。
昨日の大雨と違って、薄曇の釣り日よりでした。
かなり暑かったですが、涼しい風が吹いていたので快適でした。
062502.jpg
ラッシュアワーで満員の地下鉄が橋を渡っていきます。
ポイントまで曳いていってもらって、釣り開始!
いきなり一匹釣れました。今年生まれのデキハゼがポツポツと釣れますが、入れ食いではありません。
062503.jpg
本日最大のハゼが釣れました。これは去年生れたヤツですね。
THE外道
062504.jpg
マハゼ以外にかなり釣れたのがこの黒いダボハゼです。
正式名称はなんとかチチブかな?
こちらも外道
062505.jpg
青いスポットの入ったダボハゼです。これは水槽で飼ったらキレイでいいかも知れません。
今回のポイントは根がかりが多く、用意した針20本ほどが全部なくなってしまったので14時に納竿としました。
062506.jpg
結局マハゼ88匹でした。この時期にしてはちょっと少ないですね。
まぁダボハゼ入れれば100匹釣ったのでいいとしましょうか。
062507.jpg
実家でてんぷらにして食べました。
ホントおいしい魚です。釣り人の特権ですね。
寝不足&二日酔いでちと辛かったのですが、心地よい風に吹かれながらいい釣りができリラックスできました。

今シーズンできればもう1回ぐらいは行きたいです。

ハゼ釣り延期

今日はハゼ釣りの予定でしたが、朝から大雨だったので明日に延期することにしました。

昼からPONさん宅にお邪魔し、ボーボーだった髪を切ってもらいました。
062301.jpg
ランチはグリーンカレーを作ってPONさんご家族といただきました。

夕方は門前仲町の魚三へ。
062302.jpg
1年ぶりに行きました。相変わらずの超満員。
新鮮な魚が安くてうまいです。

夜は急遽決まった大学の同窓会で朝の4時まで飲んでおりました。
12時間飲み続けたわけですね。汗
さすがに疲れましたが、楽しい一日でした。

実家に帰省

昨日は友人と岡山で一杯飲んで岡山泊。
今日の昼の便で実家に帰ってきました。

さっさく、今回の帰省のメインイベントでもあります、ハルを動物病院に連れて行きました。

今回は男の先生でガッチリ押さえてくれたおかげでたいして暴れずに診てもらえました。
それでも犬グツワ?はつけられちゃいましたが。汗

結局、血液検査、検便、耳など異常はありませんでした。
混合ワクチンを打ってもらい、フェラリアの予防薬、ノミとり薬をもらって帰ってきました。
062201.jpg
帰宅後のハル グッタリです。 病院イヤだよ・・・

ハルにとってはものすごいストレスだったと思いますが、とりあえず何事もなく、薬ももらえたので一安心しました。

昼からお休み

この土日は高知の端っこに出張に行ってきました。
往復10時間の運転はさすがに疲れますね。

今週はあまり仕事がないので振休消化することにしました。
本当はどこへも行かないか、行っても近場にするつもりだったのですが、先日、母から、愛犬ハルを病院に連れて行くので帰ってきてくれないかと連絡がありましたので実家に帰省することにしました。

ハルは病院大嫌いで、「びょういん」という言葉を聞いた瞬間に嫌そ~な顔して2階に逃げていきます。
散歩のフリして歩いて病院に連れて行くと途中で『あ!この道は病院だ!』と気付いてガンとして立ち止まります。
無理矢理クルマで連れて行くと病院で大暴れです。
最初は往診してくれるような話だったらしいのですが、どうもカルテに『ハル=暴れる』と書いてあったらしく、往診不可となったようです。汗
062101.jpg
病院嫌いなんだよ!

というわけで今週の予定
月曜日 夕方から岡山で友人と一杯。岡山泊
火曜日 飛行機で帰省。ハルを病院へ
水曜日 マイミクPONさんとハゼ釣り
木曜日 下船したての船乗りの友人と一杯
金曜日 早朝からデンマーク戦をテレビ観戦 夜サンライズ瀬戸で東京出発
土曜日 早朝に帰宅

といった感じです。

今回の戻りは、飛行機も飽きてきたので寝台特急サンライズにしてみました。
寝台列車に乗るのは2度目、サンライズは初めてなので楽しみです。

日本、引き分け以上で決勝T進出…デンマーク戦

デンマークがカメルーンに勝ちました。
得失点の関係でデンマーク戦は引き分け以上でグループリーグ突破です。
やっぱりオランダを1点に押さえたのが効いてきましたね。

それにしても、デンマーク戦が0-0で終わった場合、3試合で1点しか取らずにグループリーグ突破ですか。効率良過ぎます。笑

1998年のフランスW杯のときの岡田監督の目標『1勝1敗1分でグループリーグ突破』がいまになって実現しますね。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1248791&media_id=20

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第9日の19日(日本時間20日未明)、グループリーグE組のカメルーン―デンマーク戦はデンマークが2―1で勝ち、この結果、同組のオランダ(勝ち点6)の決勝トーナメント進出が決まった。

 今大会の決勝トーナメント進出チームが決まったのは初めて。

 1勝1敗で勝ち点3としている同組の日本は、デンマークと勝ち点3で並んでおり、24日(日本時間25日未明)の直接対決で勝てば決勝トーナメント進出が決まる。引き分けても、得失点差で上回る日本が決勝トーナメントに進む。

日本惜敗 スナイデルの一発に泣く

いや~もったいない試合でしたね。勝ち点1は取れた試合でした。
ホント、あの1点だけやられた気がします。キーパーも触ってましたし、惜しい試合でした。

最後は2点ぐらい追加されてもおかしくなかったですが、1点に抑えたのは今後の得失点にいいほうに影響してくると思います。

それにしても交代で入った俊輔、岡崎、玉田がパっとしませんでしたね。
これでもう彼らを使うことはないかも知れませんね。

あとはデンマーク戦で勝つのみです!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=1&id=1248580

 サッカーのワールドカップ(W杯)大会初戦でカメルーンを破った日本代表は、1次リーグ第2戦で世界ランク4位のオランダと対戦した。オランダが後半7分にMFスナイデルのゴールで先制。GK川島が再三の好セーブをみせたが、日本の攻撃陣はゴールを奪えなかった。結局0-1で惜敗、日本はスナイデルの一発に泣いた。

 前半両チームともにリスクを犯さない無難な立ち上がりだったものの、途中から早いパス回しからゴールに攻め込む日本の持ち味が徐々に見られるように。大会屈指の攻撃陣を擁すオランダは前半やや精彩を欠き、0-0のスコアレスで折り返す。

 奇しくも昨年の親善試合同様に後半勝負となったが、オランダが後半7分にMFスナイデルのゴールで先制。日本もMF中村俊やFW玉田、FW岡崎を途中投入しオランダゴールに迫るが、得点には至らず。終了間際にFW岡崎がチャンスを迎えるも不発、1点が遠かった。日本の決勝トーナメント進出決定は3戦目デンマーク戦に持ち越しとなった。

【試合後のコメント】
岡田武史監督「悔しい。何とか点を取りたかったけど残念」
MF本田「力の差あったがいい戦いできた。でも負けは負け」
--------------------------------------------------------------------------------
日本 0 - 1 オランダ (試合終了)
得点:スナイデル(52')

【日本】
GK:21川島
DF:3駒野 4闘莉王 5長友 22中澤
MF:2阿部 7遠藤 8松井(→ 10中村俊 63') 17長谷部(→ 9岡崎 76') 18本田
FW:16大久保(→ 11玉田 76')

【オランダ】
GK:1ステケレンブルフ
DF:2ファンデルウィール■ 3ハイティンハ 4マタイセン 5ファンブロンクホルスト
MF:6ファンボメル 8デヨング 10スナイデル(→ 20アフェライ 82') 23ファンデルファールト(→ 17エリア 71')
FW:7カイト 9ファンペルシー(→ 21フンテラール 87')

【試合終了】
後半45+1:【日】長友が後ろから倒されPKかと思われたがファールなし
後半45分:ロスタイムは3分
後半44分:【日】岡崎抜け出しシュートも枠を外す
後半42分:【オ】アフェライのシュートを川島が好セーブ
後半42分:【オ】選手交代 ファンペルシー→フンテラール
後半39分:【オ】アフェライとの1対1をGK川島が体を投げ出しセーブ
後半37分:【オ】選手交代 スナイデル→アフェライ
後半36分:【日】闘莉王が前線で攻撃参加へ
後半32分:【オ】ファンペルシー抜け出すも川島セーブ
後半31分:【日】選手交代 長谷部→岡崎、大久保→玉田
後半26分:【オ】選手交代 ファンデルファールト→エリア
後半23分:【日】駒野のサイドからの低いクロスに本田合わず
後半21分:【オ】スナイデルのクロスは誰も詰められず
後半19分:【日】大久保ミドルも枠外
後半18分:【日】選手交代 松井→中村俊
後半15分:【日】遠藤FKに阿部バックヘッドで合わせるもGK正面
後半13分:【日】日本の波状攻撃は得点に結びつかず
後半10分:【日】大久保ミドルシュートもGK正面
後半 7分:【オ】スナイデルのゴールでオランダ先制
後半 6分:【オ】オランダのCKを闘莉王ヘッドでクリア
後半 5分:【オ】ファンデルファールトのFKを闘莉王クリア
後半 3分:【オ】裏を狙ったボールにファンペルシー合わせるも枠外
後半 2分:【オ】クロスにファンペルシーがヘッドで合わせるも川島の正面

【前半終了】
前半45+1:【オ】ファンデルファールトが遠目からシュートも川島キャッチ
前半45分:ロスタイムは1分
前半42分:【日】遠藤のFK 闘莉王ヘッドも枠外
前半40分:【日】日本のFK 本田が遠目から狙うも浮かせてしまう
前半37分:【日】松井がシュート、枠内に飛ぶが勢いなくセーブ
前半36分:【日】遠藤のFK 闘莉王ヘッドも枠外
前半35分:【オ】ファンデルウィールにイエローカード
前半32分:【日】遠藤が遠い位置からFK、本田ヘッドで合わせるも枠外
前半24分:【日】大久保抜け出すもオフサイド
前半15分:【日】松井から本田への浮き球パスは合わず
前半11分:【日】長友のシュートはゴール脇に外れる
前半10分:【日】駒野がピッチに戻る
前半 9分:【オ】ファンブロンクホルストのクロスを闘莉王クリア
前半 8分:【オ】オランダFK スナイデルが直接ゴール狙うも枠外
前半 8分:【日】駒野が負傷、一旦ピッチ外へFK
前半 6分:【オ】松井がファンペルシーにファール。ゴール正面からFK
前半 3分:【オ】ファンペルシーのクロスを長友がCKに逃げる
前半開始:【オ】オランダのボールで試合開始
--------------------------------------------------------------------------------
 スターティングメンバーは両チームともに勝利した初戦と同じ。日本代表のフォーメーションもカメルーン戦同様に本田の1トップ、両サイドに大久保と松井。オランダのFWロッベンは試合前の練習を回避。

 強豪オランダとの過去の対戦成績は日本の1敗。初対戦となった昨年9月の親善試合では、日本が前半ゲームを支配し0点に抑える健闘をみせたが、後半残り20分から立て続けに3失点を喫しオランダに敗れた。

 初戦のデンマーク戦を2-0と快勝したオランダ。左太もも負傷で初戦欠場したエースFWロッベンは日本戦に出場するのか気になるところだが、そのロッベンを欠いてもなおタレント揃いのオランダ攻撃陣は、今大会屈指との呼び声もあり要注意。日本は昨年の敗戦を糧に、最後まで粘りの守備をみせ「番狂わせ」を狙いたい。

<ボート転覆>「大きな横波受け転覆」 出航判断を調査へ

今日は出張で高知の端っこに来ました。
これからW杯オランダ戦テレビ観戦します。

さて、このニュースは昨日の夕方知りましたが、第一報では何かと疑問がありました。
カッターというのは、もともと大型船に搭載されている救命艇です。映画タイタニックのラストシーンにも出てくる救命艇がカッターです。
救命艇ですので構造上、そんな簡単に転覆するハズないと思っていたら、今日のニュースによると曳航中に転覆してしまったのですね。

わたしも大学1年のときからカッターを漕ぐ授業があり、練習船に乗るたびにも必ず総員退船の訓練があり、カッターを漕がされました。

大学2年のときはカッターにセイルをつけて帆走する実習があり、東京から大学の練習船に曳航されて100キロほど離れた千葉の富浦の実習場まで行ったことがあります。
曳航の様子はこんな感じです。
行きはカッターに乗って曳かれていきましたが、帰りは海が時化ていたので全員本船の方に乗せられました。
今回の事故でもこういう判断があれば防げたのではないでしょうか?

曳航というのは簡単なようでちょっとミスると簡単に曳かれる船が転覆します。
よくあるのが曳航ロープを結ぶ場所の選択ミスです。
たいていカッターの船首部分にはバウアイというリングが付いています。ここに曳航ロープを結べば、曳船と曳かれる船がまっすぐになりますので多少海が時化ていてもまず問題なく曳航できますが、海が時化ていたりするとここに結ぶのが難しくなり、ついつい舷側のクリートなどに結んでしまいます。海が平穏であればここに結んでも多少は問題ないのですが、時化ているときにここに結ぶと曳かれる船が斜めになり、波が打ち込んで一気に転覆します。

今回の事故の主原因はまだわかりませんが、これが一番の原因じゃないかと思います。
曳航された船だけ転覆し、それ以外の船は湖上で待機して無事だったそうですから、原因は曳航によるものなのは間違いないでしょう。

何はともあれ、亡くなられた生徒さんのご冥福をお祈りします。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1248337&media_id=2

浜松市北区三ケ日町の浜名湖で、愛知県豊橋市立章南中学1年の生徒ら20人乗りの手こぎボートがえい航中、転覆し女子生徒1人が死亡した事故で、静岡県警細江署は19日午後、業務上過失致死容疑を視野に、実況見分を始めた。また、国土交通省運輸安全委員会も事故調査官2人を現地に派遣し調査する。転覆したボートに乗っていた教諭の「大きな横波を受けて転覆した」との証言もあり、焦点は、大雨や強風などの注意報発令中に出航した判断の適否や、ボートのえい航作業が適切だったかが中心になる見通しだ。【仲田力行、平塚雄太】

 青年の家を所管する静岡県教委によると、出航するかどうかの判断は青年の家の職員と、野外体験学習に参加していた章南中の教諭が協議。職員は「このくらいの天候なら普段から訓練している」と説明し、章南中の水野克昭校長もこのアドバイスを踏まえ決行を決めたという。

 一方、野外体験学習に参加した同校長は18日深夜の会見で「このくらいの雨なら大丈夫、と青年の家職員から(中学の)学年主任が聞いた」と実施判断について微妙に食い違う説明をしている。

 青年の家の檀野清司所長(52)は職員から結論を聞き、出航を認めた。静岡地方気象台は18日正午すぎ、現場付近には大雨や強風、雷などの注意報を発令した。檀野所長は発令を知っていたという。

 県教委の説明では、青年の家の職員は出航前、吹き流しを確認し風速3~4メートルと判断。午後4時の訓練終了までに天候が急変することはないと考えていたという。

 県教委によると、青年の家は今年6月、ボートを出すかどうかの検討が必要になる基準を確認。この内規によると、乗船が小学生の場合は「平均風速8メートル以上」、中学生の場合は「最大瞬間風速10メートル以上で湖面のうねりが強い」としていた。

 「ボートは大きな横波を受けて転覆した」。静岡県教委によると、ひっくり返ったボートに乗っていた女性教諭はこう証言した。

 県教委は19日、青年の家の職員から聞き取った話を説明した。それによると、4隻のボートは午後2時15分ごろ、一列になって東から吹く風を船首に受けながら出航。しかし午後3時ごろ、風向きが一変。南から風が吹き始めた。先頭のボートの指導員が急きょ、船首を南に向けるよう各船に指示した。

 ところが、先頭から3番目のボートだけが指示された行動を取れなかった。生徒数人が船酔いなどの体調不良でオールをこげない状態になっていたという。このため、このボートに乗っていた教諭が青年の家に無線で救助を要請。青年の家の檀野所長ら職員2人がモーターボートで駆け付けた。檀野所長らは午後3時15分ごろから、ボートの船首にロープをつなぎ、けん引し始めたところ間もなく転覆した。残る3隻は現場で救助を待ったという。

 青年の家は浜名湖でボートやカヌーを使った訓練を受けられる施設。県が昨年度まで管理していたが、今年4月から「小学館集英社プロダクション」(東京都千代田区)が指定管理者になり、常勤・非常勤職員計14人で運営している。

 ◇「危機管理の常識が希薄」…海難事故研究者

 ボートなどの海難事故を研究する「日本スポーツ法学会」の中田誠事務局員は「最悪の状態を想定する危機管理の常識があまりに希薄だった」と管理者の「静岡県立三ケ日青年の家」や施設を所管する静岡県教委の判断に疑問を指摘する。

 中田さんは昨年5月、鹿児島県垂水市の鹿児島湾で、カヌーが転覆し、中学生54人が海に投げ出され、4人が一時行方不明になった事故(後に救助)との類似性を指摘。当時、現場海域には海上強風警報が発令されていたが、体験学習を受け入れている「国立大隅青少年自然の家・新城海の家」は、活動を中止させなかった。この事故では、発生時の対応マニュアルがなかったことも問題になった。中田さんは「十分なマニュアルを作っていたのか疑問」と話した。

鹿児島旅行記 2日目後編 ~知覧・池田湖・長崎鼻・指宿~

水族館をあとにし、レンタカー会社に歩いて向かいました。

テキトーに歩いていたら、銅像があるのに気付きました。
061901.jpg
こ、これってダンディ坂野の銅像?(笑)
061902.jpg
と思ったら、五代友厚という薩摩藩士の銅像でした。大阪を発展させた人だそうです。
さすがにダンディの銅像はないですよね。汗
トヨタレンタカーでレンタカーを借りました。ビッツかパッソを選べたので乗ったことがないパッソにしてみたのですが・・・
061903.jpg
レンタカー会社の人に赤しかなくてごめんなさい!と言われました。汗
まぁクルマなんて走りゃいいので見た目はどうでもいいです。
口蹄疫対策でそこらじゅうに石灰が撒かれているので出発前から石灰まみれでした。
出発前にクルマの説明しましょうか?と言われたのですが、だいたいわかります。と答え、すぐ出発しました。
061904.jpg
ところが、何このシフトレンジ?P、R、N、Dはわかるけど、SとBはなんだ?
Sはセカンド?Bはバックじゃないよな?と思って調べたらSはスポーツ、Bはブレーキだそうで、一般的なクルマで言えばSがオーバードライブオフ、Bがセカンドに相当するみたいです。
鹿児島市内の道路は広く、なかなか快適です。
ところがこのクルマ、やたら吹き上がりが悪い!8000キロぐらいしか走ってないのに軽自動車よりも走りません。パネル周りをいじっていたらエコモードなんてのがありました。これをオフにしたところ、走りが良くなりました。ムダな燃料食わないように吹き上がらないように設定されていたようです。最近のクルマはよくわかりませんね。やっぱり説明してもらえばよかった。汗
1時間ほどのドライブで知覧の知覧特攻平和会館に着きました。

061905.jpg
ここにはかつて特攻隊の基地があり、特攻で命を散らした隊員の遺品などが展示されています。特にものすごい数の遺書が展示されており、パソコンでデータベース化もされています。みな達筆で書かれていたのが印象的でした。
また、ゼロ戦、隼、疾風、飛燕などの戦闘機も展示されています。残念ながら館内撮影禁止でした。
知覧から快適な山道を通って池田湖へ
061906.jpg
九州最大の湖でカルデラ湖です。水深233メーターもあるそうです。
しばらく眺めていましたが、イッシーは見つかりませんでした。(笑)
061908.jpg
池田湖から見た開聞岳です。
次に薩摩半島の最南端、長崎鼻に向かいました。
061907.jpg
長崎鼻から見た開聞岳です。
061909.jpg
長崎鼻灯台です。また先っぽコレクションができました。(笑)
061910.jpg
長崎鼻から見る開聞岳が一番キレイに見えるかも知れません。
061911.jpg
明日はこちら、日本本土最南端の佐多岬へ行きます。
今日の宿、指宿へ向かいました。
061912.jpg
休暇村指宿です。
チェックイン後、すぐ指宿名物の砂蒸し風呂を体験しました。
浴衣を着て熱い砂に埋めてもらいます。
殺されて埋められるときの感覚を疑似体験できます。(笑)
以前、砂蒸し風呂は雲仙でも入ったことがあるのですが、そこよりは熱くなく、長時間でも入ってられるなぁと思いました。ただ、長湯は逆効果らしいので20分ほどで上がりました。
カメラ持ってけば良かったなぁ。とあとから思いました。
風呂あがりにさっそく食事です。
061913.jpg
夏の味覚と鹿児島黒毛和牛コースを頼みました。

黒毛和牛もおいしかったですが、団扇海老と稚鮎のてんぷらが特においしかったです。
鹿児島の芋焼酎がすすみました。

いや~温泉入って、うまいもの喰って、酒飲んで極楽です。(笑)

鹿児島旅行記 2日目中編 ~いおワールド かごしま水族館~

銅像巡りの次は水族館へ!
061801.jpg
鹿児島中央駅から路面電車に乗りました。
路面電車に乗るのっていつ以来だろう・・・
学生のとき、寄港地の長崎や函館で乗って以来かな
路面電車の電停から10分ほど歩いて着きました。
061802.jpg
いおワールド かごしま水族館です。桜島に行くフェリーターミナルのすぐ隣にあります。
学生のとき、2回鹿児島に船で来たのですが、この水族館はちょうど建設中でした。いつか着てみたいと思っていましたが、10年がかりでようやく来れました。(笑)
ちょうど館内に入ったところで、ガイドツアーの案内放送がありましたのでさっそく受け付けに行ってガイドツアーをお願いしました。
先着15名ということでしたが、平日の午前中ということもあってか、なんとわたし一人だけ!たった一人のために案内してもらえるなんて、うれしいやら申し訳ないやらの気持ちになりつつ、綺麗なガイドさんについて行ったのでした。
館内で行われるイベントにあわせて案内してくれます。
まず案内されたのはラッコのエサやりでした。
061804.jpg
ホタテや魚の切り身を与えているそうです。
以前、広島の宮島水族館で貝を与えたら、貝でガラス叩き割ったことがあったとかで、貝はそのまま与えていないと聞いたことがありましたが、こちらの水族館のラッコは貝を渡しても割るところまではいくものの中身を食べないので与えていないそうです。
エスカレーターを上がるとメインの水槽の前に来ます。
061803.jpg
お!ジンベエザメがいます!ここの水族館にもジンベエがいたんですねぇ。
調べてみたら、日本の水族館でジンベエがいるのは大阪の海遊館と、沖縄の美ら海水族館と、ここかごしま水族館の3箇所だけだそうです。これで3箇所全部制覇しました。(笑)
このあと、ジンベエの給餌シーンを見学しましたが、柄杓でエサを口に流し込むのはド迫力でした。
明るい熱帯魚の水槽がありました。
061805.jpg
奄美大島あたりではこんなイソギンチャクとクマノミの共生が見られるんでしょうね。

わたしが好きなガーデンイールもいました。
061806.jpg
たいてい手前の地味の方が飼育されていますが、このシマシマの方もなかなかかわいいですね。
アオリイカもいました!
061807.jpg
うまそうです。(笑)
イカの飼育って難しいんですよね。デリケートなイカのために、この水槽はマジックミラーのようになっていて内側から外側は見えないようになっているそうです。
これは初めて見ました!
061808.jpg
サツマハオリムシというケヤリムシのような生物です。
この仲間はたいてい深海に住んでいるそうですが、サツマハオリムシは比較的浅い鹿児島湾に住んでいて、硫化水素を栄養にして生きているそうです。
水草水槽?
061810.jpg
いえ、海草水槽でした。水草水槽と同じように海草が光合成してプクプクと酸素の泡が水面に上がっていきます。海草水槽もなかなか楽しいですね。
底モノ発見!
061811.jpg
海草水槽にいたホウボウです。チョコマカと海底を歩き回るのがかわいいですね。
こちらは水草水槽です。
061812.jpg
鹿児島の水草だそうです。
ピラルクーもいました。
061813.jpg
ウジャウジャいます。18匹いるそうです。
繁殖を狙っているそうですが、まだ成功に至らないそうです。
もしかしたら全部オスでは?という話もあるとかないとか?
ピラルクーの水槽の横に
061814.jpg
アマゾンではピラルクーがこんなふうにして売られていますよ。という展示がありました。
アマゾン旅行を思い出して懐かしくなりました。
これまたわたしが好きな
061815.jpg
トビハゼがいました。これもいつか飼ってみたいです。
という感じで1時間ほどのガイドツアーが終わりました。
わたしひとりのために詳しく解説しながら案内してくださり、ありがとうございました。

ちょうどイルカーのショー(かごしま水族館ではショーとは言わないらしい)が始まったので見に行きました。
061816.jpg
4頭のイルカが出てきました。ジャンプはかなり高かったです。
ここの水族館のイルカ飼育はとても特徴があります。
061817.jpg
月に何度かこの水族館の横の水路にイルカを放すのです!
ナニコレ珍百景にも出てましたね。
一応網は張ってありましたが、『自由だーーー!!』ってジャンプして鹿児島湾に逃げて行っちゃったらどうするんでしょ?汗
水族館の展望台より
061809.jpg
桜島の雄大な景色です。
というわけで10年がかりで訪ねたかごしま水族館でしたが、キレイな施設で魚の状態もよく、とてもいい水族館でした。
このあとの予定が詰まっていてゆっくり見れなかったのが残念でしたが、またいつか行ってゆっくり見たいと思います。

爆睡

出張明けに久しぶりに事務所に行ったら役所の人間から電話が入りました。
提出した書類に不備があるから足らない分をさっさと持ってこい!という内容です。

その書類は2週間も前に提出しており、何を今になって言ってくるんだ?だいたい、その書類は過去3年同じものを毎月提出しているんだから、いまさら不備もねーだろーが!と言いたい所でしたが、そんなこと言うとさらなる嫌がらせが待ってますので黙って指示に従いました。

なぜこんなことが起きるのか。それは4月に異動で役所の担当者が変わったためです。
ホント、役所って担当者が変わるごとに法解釈やら必要書類が変わり、それまですんなり通っていた書類が通らなくなるのでイラっときます。しかも異動がやたら早く1~2年で担当者がコロコロ変わりますからこちらとしてはたまったもんじゃありません。

その足りない書類は昨日まで出張に行っていた場所にあります。さっさと連絡してくれれば昨日取ってこれたのに!結局現地の人に頼んでFAXで送ってもらいましたが、手間取らせてしまいました。
半日がかりで夕方になってようやく書類が整い、FAXで役所に送りましたが、返事なし。どうやら5時ジャストで帰りやがったようです。

まぁまだ直接持ってこい。とか言われなかっただけマシなんですけどね。
往復4時間、交通費1万円かかりますので。汗

さらにひどい担当者になると役所のOBが勤める会社に調査させてからじゃないと許認可を出さない。なんてのもいるらしいですからそんなのに当たってしまうとシャレになりません。

帰宅後、ムカついて鹿児島で買ってきた焼酎を飲んでいたら、そのまま爆睡しちゃいました。
鹿児島 指宿の焼酎 赤利右衛門芋 です。安い割にはうまいです。

さて、二度寝しますかね・・・

toto BIG 第454回

今回のくじは水曜日に試合があった関係でいつもよりも締め切りが早い試合でした。

3口を香川で、7口を旅行先の鹿児島で買ったのですが、鹿児島で買ったほうのくじに、鉄板試合が順当な、かなりいい感じのくじがあり、こりゃ1等6億はムリでも3等か4等は固い!もしかしたら2等も来るかも。と当選を確信しました。

水曜日の試合当日、当選チェックをしていたら、案の定、初日の6試合中5試合当たりました。
残りの土日の8試合、ほぼ順当だったのですが、甲府-千葉の引き分けなどが響き、結局最高10個の5等当選に終わりました。

それでも、たった1770円ですが、ついに55連敗で連敗が止まり、当たったのです!
今までのマイナス分どころか、今回のくじの投資額も回収できてないですが、当たりは当たりでそれなりにうれしいですね。

ちなみにネット購入で当選すると、こんな感じで表示されます。
061601.jpg
5等でもこんなにうれしいのに1等なんか当たったら、狂ってしまうかも知れません。汗

くじ結果 2 2 2 0 1 2 0 1 1 0 0 1 1 1
1等 600,000,000円 1口 6,648,315,537円
2等 2,864,922円 21口 0円
3等 82,317円 292口 0円
4等 10,020円 2,400口 0円
5等 1,770円 13,603口 0円

toto記録 現在1勝55敗 投資195000円 回収1770円 差し引き-193230円

当選履歴
第454回 5等 1770円

2008年
第330回 10口購入 4 5 3 2 6 6 6 5 5 7  最高7つ的中 香川
第332回 10口購入 7 3 5 5 3 3 3 2 4 5  最高7つ的中 香川
第334回 10口購入 2 2 3 1 2 9 3 6 5 4  最高9つ的中 香川
第335回 10口購入 4 4 3 4 9 5 3 1 3 5  最高9つ的中 香川
第337回 10口購入 1 5 1 7 5 4 6 6 4 6  最高7つ的中 香川
第338回 10口購入 6 4 2 7 3 4 5 3 3 5  最高7つ的中
第339回 10口購入 3 4 5 6 3 3 8 4 3 3  最高8つ的中
第341回 10口購入 7 4 4 6 5 3 5 10 3 5 最高10個的中 高知
第344回 10口購入 4 5 8 3 8 3 5 3 4 3  最高8つ的中
第345回 10口購入 5 5 2 5 8 7 1 8 3 4  最高8つ的中
第347回 10口購入 7 5 3 5 5 2 5 7 5 3  最高7つ的中
第349回 10口購入 4 5 6 6 4 8 4 3 5 3  最高8つ的中 千葉
第350回 10口購入 6 9 6 5 3 2 5 2 4 4  最高9つ的中
第353回 10口購入 7 2 8 4 4 2 7 5 4 6  最高8つ的中
第354回 10口購入 3 4 8 3 4 5 6 4 5 6  最高8つ的中
第355回 10口購入 4  3 2 8 0 4 4 6 5 2  最高8つ的中
第357回 10口購入 9 6 4 3 4 7 5 4 4 5  最高9つ的中
第359回 10口購入 5 3 3 8 2 5 6 6 6 6  最高8つ的中
第360回 10口購入 7 6 7 3 8 7 4 4 4 3  最高8つ的中
第362回 10口購入 4 4 2 2 5 4 1 4 5 5  最高5つ的中 愛媛
第364回 10口購入 5 4 5 5 5 6 5 7 5 6  最高7つ的中 徳島
第365回 10口購入 6 3 3 6 5 2 7 5 4 3  最高7つ的中 高知
第366回 10口購入 3 6 3 1 5 7 3 4 4 2  最高7つ的中 千葉
第368回 10口購入 5 8 2 4 4 2 3 5 6 7  最高8つ的中 東京
第370回 10口購入 5 3 6 7 7 3 4 6 4 3  最高7つ的中 香川
第371回 10口購入 2 5 4 2 6 4 7 5 5 4  最高7つ的中 香川
第372回 10口購入 7 8 6 7 5 5 4 3 6 8  最高8つ的中 宮崎
第372回 10口購入 3 2 3 5 3 2 6 3 5 9  最高9つ的中 沖縄
第372回 10口購入 3 4 5 5 4 5 3 4 2 3  最高5つ的中 羽田

2009年
第375回 10口購入 3 2 5 6 6 1 3 5 5 7  最高7つ的中 千葉
第376回 10口購入 4 7 2 4 2 5 7 4 4 3  最高7つ的中 香川
第377回 10口購入 3 3 3 6 4 6 3 5 1 3  最高6つ的中 高知
第379回 10口購入 3 5 5 3 4 9 7 7 5 5  最高9つ的中 香川
第391回 10口購入 7 6 4 6 6 7 4 5 4 5  最高7つ的中 香川
第392回 10口購入 7 4 7 3 6 5 2 6 7 5  最高7つ的中 香川
第394回 10口購入 3 4 7 5 5 7 5 2 3 5  最高7つ的中 高知
第395回 10口購入 4 4 5 1 8 3 8 5 4 6  最高8つ的中 高知
第404回 10口購入 7 6 3 6 5 6 3 4 2 6  最高7つ的中 東京
第417回 10口購入 6 5 3 5 6 3 4 4 6 3  最高6つ的中 千葉
第424回 10口購入 7 2 6 4 5 5 6 6 4 6  最高7つ的中 高知
第428回 10口購入 5 6 3 9 4 3 8 2 2 1  最高9つ的中 千葉
第430回 10口購入 5 5 5 4 6 2 4 7 3 4  最高7つ的中 高知
第432回 10口購入 1 6 1 4 7 6 7 5 5 3  最高7つ的中 高知
第432回 10口購入 3 5 6 3 3 4 4 6 4 7  最高7つ的中 香川

2010年
第435回 10口購入 7 3 7 4 7 2 4 5 2 5  最高7つ的中 新橋
第435回 10口購入 2 5 6 5 5 4 2 5 8 1  最高8つ的中 銀座
第436回 10口購入 3 6 5 4 3 6 2 2 3 4  最高6つ的中 徳島
第437回 10口購入 4 3 7 4 3 5 8 5 5 6  最高8つ的中 愛媛
第438回 10口購入 3 4 5 2 3 4 6 9 4 5  最高9つ的中 高知
第440回 10口購入 4 7 5 3 5 6 6 0 2 5  最高7つ的中 新橋
第440回 10口購入 6 3 8 3 4 7 3 4 4 6  最高8つ的中 門仲
第441回 10口購入 4 5 8 7 4 8 3 5 8 5  最高8つ的中 羽田
第443回 10口購入 5 5 3 2 5 2 8 6 4 4  最高8つ的中 PC 44 31.4%
第444回 10口購入 6 8 6 3 6 4 6 4 5 6  最高8つ的中 PC 54 38.6%
第444回 10口購入 6 4 6 5 4 5 4 4 5 6  最高6つ的中 PC 49 35.0%
第446回 10口購入 9 5 3 6 5 6 5 6 3 5  最高9つ的中 PC 53 37.9%
第446回 10口購入 6 3 4 4 4 7 4 4 3 4  最高7つ的中 PC 43 30.7%
第448回 10口購入 5 4 6 3 8 4 6 8 3 5  最高8つ的中 PC 52 37.1%
第448回 10口購入 2 6 8 7 2 3 6 7 5 4  最高8つ的中 PC 50 35.7%
第449回 10口購入 5 6 5 5 6 8 5 3 5 3  最高8つ的中 PC 51 36.4%
第450回 10口購入 3 4 2 5 4 5 4 3 5 5  最高5つ的中 PC 40 28.6%
第450回 10口購入 3 5 2 3 6 3 7 4 4 4  最高7つ的中 PC 41 29.3%
第452回 10口購入 8 4 5 6 5 8 4 3 4 4  最高8つ的中 PC 51 36.4%
第453回 10口購入 5 4 3 5 6 6 5 4 2 4  最高6つ的中 PC 44 31.4%
第454回 10口購入 6 2 5 6 6 4 5 10 5 2 最高10個的中 PC 51 36.4%

<南アW杯>日本初戦勝利 カメルーンに1-0

今日は出張で高知に来ました。
夕方、ものすごい雨が降っていましたが、夜になってようやくあがりました。

さて、昨日のカメルーン戦、試合前は、まさか勝つとは思ってもいませんでした。
予想以上にカメルーンが弱かったですね。
やはりチームがバラバラになっているんですかね。

日本はスタメン、特に松井投入が当たりましたね。
日本のイレブンは気合の入り方がすさまじかったです。

ただ、後半のロスタイムはとても見てられませんでした。
もっとキープしてパス回しして時間稼ぎすればいいのに、とにかく前に蹴りまくるだけ。全員がテンパってるなぁと思いました。

オランダ・デンマーク戦では、オランダの3点目をデンマークがギリギリクリアーしたのが得失点差で響いてくるような気がしてなりません。

次のオランダ戦は最小失点でかわして、デンマーク戦が勝負ですね。

それにしても岡田監督って絵に描いたような、外人がイメージする日本人だなぁと思いました。あれでカメラぶらさげていたら完璧です。笑

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1242794&media_id=2&m=2&ref=news%3Aright%3Adiary
【ブルームフォンテーン(南アフリカ)江連能弘、野村和史】日本が国外開催のワールドカップ(W杯)で記念すべき初勝利を挙げた--。サッカーのW杯南アフリカ大会第4日の14日、1次リーグE組の日本は当地のフリーステート競技場でカメルーンとの初戦を迎え、1-0で競り勝った。1トップで起用された本田(CSKAモスクワ)が前半39分に得点を決め、後半のカメルーンの反撃をしのいだ。4大会連続4回目の出場となる日本は02年日韓大会で2勝しているが、国外開催の98、06年大会は勝ち星がなかった。

 E組のもう1試合は、ヨハネスブルクのサッカーシティー競技場でオランダがデンマークを2-0で降した。オランダは左太もも裏を痛めているFWロッベンが先発を外れたが、後半立ち上がりにデンマークDFのオウンゴールで先制。終了直前にはカイトが追加点を決めた。日本は19日に勝ち点3で並ぶオランダと対戦する。

 連覇がかかるF組のイタリアは14日午後8時半(日本時間15日午前3時半)からパラグアイとの初戦を迎える。

 13日はD組のドイツがオーストラリアに4-0で圧勝。ガーナは1-0でセルビアを破った。C組はスロベニアがアルジェリアに1-0で競り勝った。

toto BIG 第453回

おっと、更新を忘れていました。汗

さすがにこれだけ結果がバラけると1等6億も3口も出ましたね。
わたしのくじは最高6つとイマイチでした。涙

くじ結果 0 1 0 1 1 1 1 1 1 0 1 2 2 0
1等 600,000,000円 3口 6,779,040,939円
2等 2,650,707円 32口 0円
3等 74,175円 457口 0円
4等 10,020円 3,406口 0円
5等 1,770円 19,067口 0円

toto記録 現在55連敗中 -192000円

2008年
第330回 10口購入 4 5 3 2 6 6 6 5 5 7  最高7つ的中 香川
第332回 10口購入 7 3 5 5 3 3 3 2 4 5  最高7つ的中 香川
第334回 10口購入 2 2 3 1 2 9 3 6 5 4  最高9つ的中 香川
第335回 10口購入 4 4 3 4 9 5 3 1 3 5  最高9つ的中 香川
第337回 10口購入 1 5 1 7 5 4 6 6 4 6  最高7つ的中 香川
第338回 10口購入 6 4 2 7 3 4 5 3 3 5  最高7つ的中
第339回 10口購入 3 4 5 6 3 3 8 4 3 3  最高8つ的中
第341回 10口購入 7 4 4 6 5 3 5 10 3 5 最高10個的中 高知
第344回 10口購入 4 5 8 3 8 3 5 3 4 3  最高8つ的中
第345回 10口購入 5 5 2 5 8 7 1 8 3 4  最高8つ的中
第347回 10口購入 7 5 3 5 5 2 5 7 5 3  最高7つ的中
第349回 10口購入 4 5 6 6 4 8 4 3 5 3  最高8つ的中 千葉
第350回 10口購入 6 9 6 5 3 2 5 2 4 4  最高9つ的中
第353回 10口購入 7 2 8 4 4 2 7 5 4 6  最高8つ的中
第354回 10口購入 3 4 8 3 4 5 6 4 5 6  最高8つ的中
第355回 10口購入 4  3 2 8 0 4 4 6 5 2  最高8つ的中
第357回 10口購入 9 6 4 3 4 7 5 4 4 5  最高9つ的中
第359回 10口購入 5 3 3 8 2 5 6 6 6 6  最高8つ的中
第360回 10口購入 7 6 7 3 8 7 4 4 4 3  最高8つ的中
第362回 10口購入 4 4 2 2 5 4 1 4 5 5  最高5つ的中 愛媛
第364回 10口購入 5 4 5 5 5 6 5 7 5 6  最高7つ的中 徳島
第365回 10口購入 6 3 3 6 5 2 7 5 4 3  最高7つ的中 高知
第366回 10口購入 3 6 3 1 5 7 3 4 4 2  最高7つ的中 千葉
第368回 10口購入 5 8 2 4 4 2 3 5 6 7  最高8つ的中 東京
第370回 10口購入 5 3 6 7 7 3 4 6 4 3  最高7つ的中 香川
第371回 10口購入 2 5 4 2 6 4 7 5 5 4  最高7つ的中 香川
第372回 10口購入 7 8 6 7 5 5 4 3 6 8  最高8つ的中 宮崎
第372回 10口購入 3 2 3 5 3 2 6 3 5 9  最高9つ的中 沖縄
第372回 10口購入 3 4 5 5 4 5 3 4 2 3  最高5つ的中 羽田

2009年
第375回 10口購入 3 2 5 6 6 1 3 5 5 7  最高7つ的中 千葉
第376回 10口購入 4 7 2 4 2 5 7 4 4 3  最高7つ的中 香川
第377回 10口購入 3 3 3 6 4 6 3 5 1 3  最高6つ的中 高知
第379回 10口購入 3 5 5 3 4 9 7 7 5 5  最高9つ的中 香川
第391回 10口購入 7 6 4 6 6 7 4 5 4 5  最高7つ的中 香川
第392回 10口購入 7 4 7 3 6 5 2 6 7 5  最高7つ的中 香川
第394回 10口購入 3 4 7 5 5 7 5 2 3 5  最高7つ的中 高知
第395回 10口購入 4 4 5 1 8 3 8 5 4 6  最高8つ的中 高知
第404回 10口購入 7 6 3 6 5 6 3 4 2 6  最高7つ的中 東京
第417回 10口購入 6 5 3 5 6 3 4 4 6 3  最高6つ的中 千葉
第424回 10口購入 7 2 6 4 5 5 6 6 4 6  最高7つ的中 高知
第428回 10口購入 5 6 3 9 4 3 8 2 2 1  最高9つ的中 千葉
第430回 10口購入 5 5 5 4 6 2 4 7 3 4  最高7つ的中 高知
第432回 10口購入 1 6 1 4 7 6 7 5 5 3  最高7つ的中 高知
第432回 10口購入 3 5 6 3 3 4 4 6 4 7  最高7つ的中 香川

2010年
第435回 10口購入 7 3 7 4 7 2 4 5 2 5  最高7つ的中 新橋
第435回 10口購入 2 5 6 5 5 4 2 5 8 1  最高8つ的中 銀座
第436回 10口購入 3 6 5 4 3 6 2 2 3 4  最高6つ的中 徳島
第437回 10口購入 4 3 7 4 3 5 8 5 5 6  最高8つ的中 愛媛
第438回 10口購入 3 4 5 2 3 4 6 9 4 5  最高9つ的中 高知
第440回 10口購入 4 7 5 3 5 6 6 0 2 5  最高7つ的中 新橋
第440回 10口購入 6 3 8 3 4 7 3 4 4 6  最高8つ的中 門仲
第441回 10口購入 4 5 8 7 4 8 3 5 8 5  最高8つ的中 羽田
第443回 10口購入 5 5 3 2 5 2 8 6 4 4  最高8つ的中 PC 44 31.4%
第444回 10口購入 6 8 6 3 6 4 6 4 5 6  最高8つ的中 PC 54 38.6%
第444回 10口購入 6 4 6 5 4 5 4 4 5 6  最高6つ的中 PC 49 35.0%
第446回 10口購入 9 5 3 6 5 6 5 6 3 5  最高9つ的中 PC 53 37.9%
第446回 10口購入 6 3 4 4 4 7 4 4 3 4  最高7つ的中 PC 43 30.7%
第448回 10口購入 5 4 6 3 8 4 6 8 3 5  最高8つ的中 PC 52 37.1%
第448回 10口購入 2 6 8 7 2 3 6 7 5 4  最高8つ的中 PC 50 35.7%
第449回 10口購入 5 6 5 5 6 8 5 3 5 3  最高8つ的中 PC 51 36.4%
第450回 10口購入 3 4 2 5 4 5 4 3 5 5  最高5つ的中 PC 40 28.6%
第450回 10口購入 3 5 2 3 6 3 7 4 4 4  最高7つ的中 PC 41 29.3%
第452回 10口購入 8 4 5 6 5 8 4 3 4 4  最高8つ的中 PC 51 36.4%
第453回 10口購入 5 4 3 5 6 6 5 4 2 4  最高6つ的中 PC 44 31.4%

はやぶさ帰還

はやぶさ帰って来ましたね。

ネット中継が劇混みで生では見逃したのですが、録画されてたものを見ることができました。

これはなかかな感動しますね。テレビで生中継すれば良かったのになぁ。
W杯よりこっちの方が素晴らしい!笑

こちらから見ることが出来ます。2分57秒ぐらいから帰ってきます。

船シリーズ第31弾! ~有人潜水調査船しんかい6500・支援母船よこすか~

鹿児島旅行明け昨日から松山に出張に来ました。
鹿児島旅行ネタの真っ最中ではありますが、今日は海大時化で疲れてしまったので船ネタとさせていただきます。

先日、近所の港にJAMSTECの有人潜水調査船しんかい6500・支援母船よこすかがやってきました。
061301.jpg
支援母船のよこすかです。総トン数4439トン、長さ105メートル

061302.jpg
出船での入港でした。写真撮りにくいのでできれば入り船でお願いします!笑

061303.jpg
船尾の格納庫に収まっているのが有人潜水調査船しんかい6500です。
自衛隊の潜水艦でも400メーター前後までしか潜れないそうですから、人を乗せて6500メーターまで潜るとは驚異的ですね。

一般公開もあったようですが、仕事で行けませんでした。(モンスタークレーマーのせいです。怒)

また機会があったら次回はぜひとも見学したいと思います。

鹿児島旅行記 2日目前編 ~鹿児島銅像巡り~

鹿児島旅行2日目は昼からレンタカーを予約しているので、昼までは徒歩と公共交通機関で市内観光をすることにしました。

ホテルを出ると、桜島の火山灰のせいかなんとなく街中焦げ臭い。
あたりを見るとそこらじゅうに火山灰が降り積もっています。
ちょっと風が吹くと灰が舞い上がり、コンタクトレンズをしている目に痛いです。
比較的大粒の火山灰が降り積もっているところもあり、なんかこれ水槽の底砂にできないかなぁと思いましたが、比重が軽そうだからムリかな。とか思いつつ歩いていたら・・・
061202.jpg
火山灰専用の置き場が!
専用の袋もあるようです。こういう施設があるということはそれだけ大量の灰が降るということですね。洗濯物も干せないでしょうし、洗車もしてもしてもすぐ汚れて大変ですね。

さて、午前中は銅像巡りからスタートです。
まずはホテルから最寄の・・・
061201.jpg
鹿児島と言えば西郷隆盛です。
以前来た事あると思うのですが、もっと赤茶色ぽかったような気が・・・
次に向かったのが照国神社です。
061203.jpg
道路の真ん中にでっかい鳥居が立ってます。その向こう側が照国神社です。
ここには薩摩藩主島津家の銅像が3体あります。
061204.jpg
この銅像は島津斉彬です。土台がやたら立派です。笑
さらに街歩きをしているとこんな建物が・・・
061205.jpg
ザビエルコーポ!!
061206.jpg
ザビエル公園!!
ここはひょっとして・・・
061207.jpg
ハイ。日本に初めてキリスト教を伝えた、かの有名な宣教師フランシスコ・ザビエルの公園です。
銅像もありました!
さらに歩いていくと・・・
061208.jpg
川っぷちに大久保利通の銅像がありました。大久保利通の後姿です。
鹿児島中央駅(旧西鹿児島駅)に着きました。
061209.jpg
子供のころ、日本最長の列車寝台特急はやぶさの終点がここ西鹿児島でした。
いつかははやぶさに乗って終点の西鹿児島まで行ってみたいと思っていましたが、はやぶさもなくなってしまいましたね。残念です。
鹿児島中央駅の駅前にも、ものすごい銅像がありました。
061210.jpg
『若き薩摩の群像』だそうです。この裏側にもいっぱいいます。
ちとやりすぎ感がありますね。汗

というわけで2時間がかりの散策でありました。

今回紹介したほかも銅像をいっぱい見学、撮影してきました。
『銅像』シリーズで改めてすべて紹介したいと思います。お楽しみに。

続く

鹿児島旅行記 1日目 ~鹿児島へ~

この休みはどこへ行こうかだいぶ考えました。
海外だったら上海かグアム、国内だったら和歌山・三重か鹿児島という感じに絞りました。

結局、必要マイル数割引中でお得だった鹿児島に決めました。
高松~鹿児島の往復航空券が9500マイルでした。
往復で買うと5万円以上かかるチケットですので9500マイルだったらかなりお得だと思います。
この路線はJALのリストラで10月になくなりますのでその記念にもなります。

宿とレンタカーはネットを駆使してこれまたお得に予約ができました。

当日、空港バスで空港に向かいました。
鹿児島便接続用の空港バスだったのでお客は少なめでラクチンでしたが、ウォークマンから激しく音漏れしているおっさんがいて、よっぽど注意してやろうかと思ったのですが、香川名物の逆ギレをされても気分悪いので放置しましたが、出発早々頭にきました。

空港に着き、荷物を預けてセキュリティチェックを通り、搭乗口へ。
061101.jpg
羽田便はいつも使っていますが、鹿児島便は初めて乗ります。
あれ?JALの搭乗口に鹿児島便の表示がない。
061102.jpg
と思ったら反対側のANAの方の搭乗口から乗るようです。
変なの~。これQUICK(タッチ式)で乗れるのか?と思ったら案の定使えず、半券の提示で乗るようです。

しばらく待っていたら鹿児島からの便が到着しました。
日本エアーコミューター(JAC)のサーブ340Bです。

ありゃりゃ、鹿児島から乗ってきたお客は5~6人しか降りてきません。

搭乗が始まりましたが、鹿児島へ行くお客は12、3人ほどでした。
定員は36人ですので1/3です。
こんな搭乗率じゃ赤字で廃止されるのも当然の結果ですね。
そもそもこんな使いにくい時間帯に発着する便じゃ伸び悩むのも当然です。
陸路で行くと6時間はかかるのでショートカットとしては素晴らしい路線なので時間帯や便数を見直して何とか存続してくれるといいのですが。
061111.jpg
席は1-2掛けの12列 行きは一人掛け席でした。(写真は復路の離陸後に撮影)
バランスの関係で人数が少ないときは前の方は座れないようです。
多少狭いですが、隣の人がいないので快適です。

離陸するとあっという間に雲の中へ。
061103.jpg
結局、鹿児島に着くまでずっと雲の上で何も見えませんでした。

鹿児島空港はRWY16へのサークリングアプローチでした。空港を左手に見ながら回り込むように滑走路に下りていきます。
着陸前、ものすごく上下左右に揺れました。特に着陸寸前にストンと沈み込むように落ちたのは怖かったです。数百回飛行機には乗っていますが、トップ3に入る揺れ方でした。

ちょっと怖かったものの、無事鹿児島へ到着しました。

鹿児島へ来るのはこれで三度目です。
一度目、二度目は学生時代、練習船で来たのですが、「運動上陸」という沖に停泊した船からボートで上陸してハイキングして帰るだけでしたので「ちゃんと」(笑)来るのは今回が初めてです。

空港からはバスで市内へ。
定刻よりも10分ほど早く着いたおかげで乗る予定だったバスよりもひとつ早いバスに乗れました。
鹿児島の空港バスはシートピッチが広く快適です。いろんな空港の空港バスに乗りましたが、ここがベストかな。

40分ほどで市内に着き、バス停から10分ほど歩いて今日の宿に着きました。
1泊3500円と格安でしたが、内装は最近リフォームしたようでキレイでした。

チェックインしてまずはホテル内の温泉へ直行!
正面に桜島が見えるかけ流しのなかなかの温泉でした。
鹿児島市内のビジネスホテルは温泉もあるところがほとんどのようです。
風呂上りに、腹も減ったのでとりあえずホテルのレストランで一杯。
061104.jpg
鹿児島名物キビナゴの刺身です。
以前、作ったことありましたね。笑
食後、とりあえず街へ出てみました。
商店街のアーケードは人がいっぱい歩いていて活気があります。
天文館の飲み屋街の広大さに圧倒されました。
どこかで一杯やろうかと思ったのですが、一人で飲むのも寂しいのでこむらさきのラーメンだけ食べて宿に帰ってきました。
061105.jpg
夜の西郷隆盛像 
初めてEOS KISS X4のISO3200で撮影。よく映りますね。
061112.jpg
コンビニで買った鹿児島名物白くまを食べ、早めに寝ちゃったのでありました。

鹿児島4日目

鹿児島旅行も、ついに今日で最終日。
いつもどおり6時ごろ目が覚めてしまったので朝風呂へ。
061001.jpg
誰もいない温泉を堪能。

朝食後、宿を出発。まずは霧島神宮を参拝。
宿の人のオススメのえびの高原へ。
龍馬の新婚旅行先の塩浸温泉に寄り、空港へ。

少々手荷物のトラブルがあったものの無事帰宅しました。
あっという間の4日間でしたが、充実した毎日でした。
やはり旅行はいいですね。いい気分転換になりました。

詳しい旅行記は明日から始めます。どうぞお楽しみに。

鹿児島2日目

今日の宿はネットが使えないので携帯から更新です。
今日は朝からまずは銅像巡りをしました。
鹿児島は銅像だらけで銅像マニア的には聖地です。(笑)
何体撮った分からないくらい撮りました。

その後、鹿児島水族館を見学、昼からレンタカーを借りて薩摩半島を南下、知覧、池田湖、開聞岳、薩摩半島最南端の長崎鼻を経て、今日の宿の指宿に来ました。
早速砂風呂を体験しました。なかなか気持ち良かったです。

明日はフェリーで大隅半島に渡り、本土最南端の佐田岬を目指します。

鹿児島到着

夕方、鹿児島に到着しました。
さっそく温泉&焼酎を堪能しています。

さて、今回の飛行機はこれでした。
060701.jpg
日本エアーコミューター(JAC)のサーブ340Bです。
36人乗りの小型プロペラ機です。
今まで乗った飛行機の中ではセスナに次ぐ小ささです。

この飛行機、鹿児島着陸前にめちゃくちゃ揺れました。
今まで数百回飛行機には乗ってますがトップ5に入る揺れでした。
かなり怖かったです。汗

鹿児島旅行の予定

旅行前の唯一の懸念、モンスタークレーマーとの対決はカメラ2台で動画撮影、iPodで音声記録と万全の迎撃体制を取りましたが、意外にも今日はモンスタークレーマーは暴れることなく無事終わりました。

まだ油断はできないのですが、ちょっと安心して旅行に出かけられそうです。

今回の旅行はこんな予定です。

月曜日 午後の飛行機(まもなく、なくなるJALのリストラ路線)で鹿児島へ。夕刻鹿児島市内のビジネスホテル(ただし、かけ流し温泉付き)にチェックイン。天文館でうまいものを喰う。

火曜日 午前中、西郷隆盛の銅像撮影後、鹿児島の水族館(以前着たときは建設中だった)へ。昼からレンタカーを借りて薩摩半島を南下。知覧特攻平和会館を見学。指宿温泉泊。砂風呂を体験。

水曜日 午前中、鹿児島湾をフェリーで渡り、大隈半島へ。半島を南下し、先っぽマニアとして外せない日本本土最南端の佐多岬へ。大隈半島を北上、霧島温泉へ。友人オススメのさくらさくら温泉泊。

木曜日 午前中 疲れ具合で宿でダラダラ。ちょっと元気があったら、坂本龍馬の進行旅行先の温泉などに行ってみる。昼に空港へ。ラウンジでビール飲みながら飛行機を待ち、夕方帰宅。

てな予定です。本当は最初からレンタカーを借りて逆ルートを取りたかったのですが、宿が満室だったりでこの予定になりました。
今週末も出張がありますのでなんとしでも帰ってこないといけません。そこで金曜日は予備日として空けておきました。まぁ鹿児島だったら飛行機が飛ばなくても最悪陸路で帰ってこれますのでこの予定で大丈夫だと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (11)
2017 八重山釣り旅行 (13)
2017 徳島タナゴ釣り遠征 (5)
2017 四国タナゴ釣り遠征 (19)
2017 北陸 (0)
旅行 (203)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (79)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (395)
酒・飲み物 (51)
日常 (176)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (427)
飛行機 (101)
鉄道 (41)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (239)
2017 タナゴ釣り (11)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (111)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (73)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード