2007-08

突然ですが、明日より

北海道に行ってまいります。
アマゾン行く前でかなり懐が厳しいのに北海道なんて行っている場合じゃないんですが、友達に誘われたのでせっかくなので行ってきます。

というわけで交通費をいろいろワザを駆使して節約です。
まずは飛行機。ちょうど九月からJALのおともdeマイル割引ってのが始まり、本人は一万マイル、同行者は往復25000円で乗れるお得なチケットを取得。

飛行機は神戸発なので神戸まではフェリー。
これもポイントカードのポイントが溜まっているので片道無料。

北海道内の移動はレンタカー。飛行機とセットで予約で5000円ほど割引。

てな感じでだいぶお得にいけそうな感じですが、その分食道楽に走りそう。
というかそうでなくても食い倒しの旅になりそうな予感です。笑
スポンサーサイト

チャームのおまけ


毎度おなじみの熱帯魚用品の通販ショップチャームですが、近所で買うより値段も安いうえに一定額以上で送料無料。さらにおまけまでくれるんです。

購入金額ごとに おまけが設定されてます。
ついついおまけを考えて余計な買い物をしてしまったり・・・なんてこともありますが、いままでにもらったおまけを紹介します。
チャームのおまけ.jpg

・まず下に敷いてあるマット。水槽の下に敷くウレタンマットなんですが、これがなかなか厚手でいいです。
エーハイムあたりの水槽セットについてくる薄いものよりかなりいいような気がします。

・左上は硬質溶岩石ろ材。天然の溶岩のろ材のようですが、底砂として使ってもなかなかいい感じです。
何度か連続でこれをもらってウーパーの水槽で使っていました。

・上の段、真ん中は今回初めてもらってみた「あひる君ミニと仲間たち3個セット」です。
たまにはこういうおまけをもらってみるのもいいかと。(笑)

・右上はおまけ最高峰(笑)のゲルキューブです。ろ材の一種ですね。
メタハラ買った時にもらいました。なかなかもらえないおまけです。爆

・左下は麦飯石ろ材(大粒)です。こういう実用的なおまけもいいですよね。

・下の段、真ん中は麦飯石ろ材(小粒)です。ろ材も買うと結構いい値段しますからね。助かります。

・右下はウレタンキューブろ材です。ちなみにまだ使っておりません。

てな具合で思いっきりおまけ攻勢にハメられてます。(笑)

八王子の城

これまた学生のときの話である。

ラグビーの試合で八王子の方の大学に行った。
バスで千円ぐらいかかる山の中である。
遠いし、交通費もかかるのでこの学校だけは試合に来たくなかった。

試合の帰り、またバスに乗ると、山の麓のあたりで城のようなものすごい建物の前でバスが止まった。
バス停は人であふれている。
わたしらラグビー部だけだった車内はあっという間にぎゅうぎゅう詰めの満員である。

以下、わたしの前の席に座っていた先輩二人の会話である。


世間をあまり知らないA先輩「なんなのこの人ら?」
割と世間に詳しいB先輩「ああ。創○学○だよ。この建物で集会でもあったんじゃね?」

A先輩「何それ?創○学○って?」
B先輩「宗教だよ。宗教。」

A先輩「宗教かぁ。じゃあ こいつら全員狂ってんの?? 」とデカい声で叫んだのだ!!!
その瞬間バスじゅうの信者と思われる人々全員がギロっとこちらを睨む!!
なんとも言えぬ空気のなか、一番困っていたのは隣に座っていたB先輩。
「く、狂ってはないと思うよ・・・」とボソっと一言。
もちろんわたしは他人のフリ。

おそらく世間を知らないA先輩は宗教と聞いて当時問題になっていたオ○ムあたりを想像して思わず口にしちゃったのだろうが、あの完全AWAYの中であの発言は
・阪神ファンで満員の阪神電鉄の車内で金本の悪口を言うようなもの
・浦和○ッズのサポーターのど真ん中で横浜マリノ○の応援をするようなもの
・アメリカ人の目の前で中指立てて「ふぁっくゆーさのばびっち」と叫ぶようなもの
・イ○ラム社会でコー○ンを粗末に扱うようなもの
これぐらいに匹敵する行為であり、なんとも言えぬ恐怖感であった。
まぁ結局無事にバスを降りることはできたのだが・・・
まさに「口は災いのもと」である。
八王子の山の辺りの「城」にはご注意ください。

皆既月食

今日は六年半ぶりの皆既月食だそうである。
多少曇っているので見えるかどうかは微妙ではあるが。

それにしても「皆既月食」という言葉であるが、子供のときは「怪奇月食」だと思っていた。
「部分月食」に比べてぜ~んぶ影になるんだからそりゃ「怪奇」だよなぁ。と。

こういうアホな勘違い結構してます。

さて、うまいこと「皆既」を拝めるかな。

NSXに轢かれる

自慢ではないが、国産最高級車であるホンダのNSXに轢かれたことがある。
惹かれたのではない。轢かれたのである。

これまた学生のときの話なのであるが、ラグビーの練習のあと、後輩とご飯を食べに行った。
普段は行き付けの中華料理屋あたりに行くのだが、後輩のひとりの希望でお好み焼き屋に行ったのであった。

そこは大学のそばの有名なお寺の境内にある参道沿いのお好み焼き屋であった。
ふだんはそんなとこに行くことはなかったのだが・・・

食事を終え、お店を出て、後輩の分の食事代を同級生と歩きながら「1人○○円ね。」と割り勘していた瞬間、前の方から「危ない。危ない。」という声が聞こえた。
その瞬間、石畳の参道(歩行者天国)の群集がパカっと二つに割れ、轟音とともに真っ赤なスポーツカーが突っ込んできた。

同級生のひとりはとっさにかわした(ちなみに彼はバックス。さすがである。)が、わたし(フォワード。プロップ。笑)は一歩も動けずただ真っ赤な車を見続けてしまった。

次の瞬間、同級生の1人はは真っ赤な車のフロントガラスを頭でブチ破り、後輩の1人はボンネットの上を転がり、わたしには両すねにバンパーが当たり、宙を舞った。
わたしは数メートル飛ばされたが背中に背負っていた部活の着替えのおかげで頭を打たずに済んだらしい。
轢かれたのにそのとき思ったのが「うわ~高そうな車壊しちゃったよ。窓割れちゃってるしどうしよう。」である。
轢かれたのに相手の車を心配するとは今考えてもホントにバカである。
ちなみに今だにNSXをナマで見たのはあのときが最初で最後であった。
さすが日本一の加速を誇るスーパーカーである。(轢かれておいてアホか。)

ふと周りを見回すと、ものすごい野次馬である。そりゃそうだ。お寺の境内なんだから。
ところが、フロントガラスをブチ破った同級生の1人は動かない。後輩は腕から血を流している。

それぞれ救急車で運ばれ(これまた救急車初体験)、病院に着くと足のすねがめちゃくちゃ腫れている。膝の下にもう一個膝ができた感じである。
レントゲンを撮り、医者に見てもらう。
「あなた、車に撥ねられているのに骨折れてないですよ。どういう身体しているんですか」と言われる。そんなこと言われても。と思ったが、ちょっとは丈夫な身体に感謝した。
NSXという車高の低い車だったので逆に助かったようである。
普通の車だったら、バンパーが膝にもろに当たって膝がグシャグシャになっていたらしい。

ちょうど運んできたくれた救急隊の人がいたので、同級生が心配になり、「あいつはどうなりましたか?」と聞いたら、「あの人は・・・」と救急隊の人は多くを語ろうとしない。
「うわーあいつ死んだか。」とものすごいショックを受けた。
結局、同級生は救急車に運ばれるときはかなり重篤な状態であったが、病院で意識を取り戻し、大丈夫であった。
救急隊の人はその重篤の状態しか見てなかったので答に困ったようである。

結局なんでそんな事故が起きたか、後でわかったのが・・・
・わたしらを轢いたNSXはどっかの会社の社長の車であった。
・その社長は成田の成田山に交通安全の祈願に行く予定であった。
・ところが、成田に行く高速が混んでいたので成田山の系列の都内の寺に行くことにした。
・都内の寺の近辺に着いたが、駐車場を探しているうち、歩行者天国の参道に出てしまった。
・参道を走っているうちにアクセルとブレーキを踏み間違え、アクセルを踏み込み、わたしらを轢いてしまった。
とのことである。交通安全の祈願に来て人を轢くとはバカなヤツである。

その日の夕刻に、テレビのニュースでも取り上げられ、わたしら以外にも妊婦さんが撥ねられ、骨折の重傷を負ったのを知った。

後日、子供のような字で書かれた「このたびはたいへんもうしわけございませんでした。」という手紙とともに三万円の商品券が送られてきた。
おそらく社長が保険屋に指示されたのだろうが、わたしらの怒りの火に油を注いだようなものである。

この話には後日談があって、すべての話にオチがついている。

・轢かれたときに先輩が現場近所のパチンコ屋でパチンコをしてて、あまりの騒ぎに野次馬に加わったら、後輩たちが轢かれていてびっくり。

・ボンネットを転がった後輩(女の子)は腕に数針縫う傷を負った。
激怒した親と共謀?し、うそ泣きを含め加害者を追い込み、とんでもない額の賠償金を勝ち取った。
愛知出身の子だったが、あまりのえげつなさに「名古屋の女には気をつけろ。」が部活内で共通語となる。

・フロントガラスをぶち破った同級生。そのときにおでこの皮がなくなり、ケツから皮を移植。
ところが、おでこからケツ毛が生えてきてしまい再手術。
それにしても「1人○○円ね。」がダイイングメッセージにならずに良かった。

・事故で膝の下にもうひとつ膝ができたわたし。
それにもかかわらず事故の翌々日にラグビーの試合に強行出場。
ところが、その試合で指の骨を骨折。事故より重傷を負ったのであった。

脳内メーカー

最近話題の脳内メーカーでわたしの脳内イメージを調べてみました。
おしけんの脳内.gif
外側の「愛」はまだいいとして、「悩」、「欲」、そして中心の「酒」はホントに頭の中を覗かれているようで恥ずかしい・・・

ちなみにおしけんの本名で調べてみると・・・
おしけん本名の脳内.gif
「友」と「愛」で半分ずつ。まぁいい感じです。笑

ワゴンR in 霞ヶ関

銀座の本社に勤めていたころの話である。
当時はわたしはワゴンRに乗っていた。
車.jpg

その日はイベントか何かの仕事で荷物を運ぶため、頼まれてマイカーで本社に来ていた。

上司数人が霞ヶ関の某省庁に行く用事が突然できたらしい。
ところが、会社の公用車が出払っていて、ちょうど止まっていたわたしの車で霞ヶ関に行って欲しいと頼まれた。
「わ、ワゴンRですよ?軽ですよ。いいんですか?」
「急ぐから構わん。いいから行ってくれ。」

上司三人を乗せ、本社を出発した。
当時、わたしは公用車の運転手もやっていたので霞ヶ関へは慣れた道である。
が、ワゴンRなんて背広を着たおっさん三人+運転手が乗る車ではない。

某省庁の入り口に着くと門番が明らかに怪訝そうな顔で見ている。
そりゃそうだ。こんなところにワゴンR以前に軽自動車なんかで来るバカはいない。
が、正式に発行された入講証を持っているので門番も通さざるを得ない。
しぶしぶ通される感じで中に入った。
あまりに恥ずかしいので、上司を降ろして、速攻で帰ろうと思ったら、
「用事はすぐ済むので待ってて欲しい」とのこと。
仕方ないので駐車場にワゴンRを止めた。

黒塗りの車に囲まれ、完全に浮いているワゴンR。
まわりの黒塗りの運転手からも「なんで軽でこんなとこに来てんだ?」と冷たい視線が浴びせられる。
上司が戻るまでまさに針のムシロ状態。
車にもTPOが求められるのがよくわかった20代前半であった。

と、内閣改造でつきづきと首相官邸に現れる大臣に軽に乗ってくる人が皆無なのをテレビで見てて思い出したのであった。

水草水槽20日後

セット後20日経過した水草水槽です。
水草20日後.jpg
一応それっぽくなってきました。

が、実際はコケだらけです。毎日コケ取りが日課だったりします。

結局バックスクリーンは100均のPOP用の蛍光ブルーの紙にしました。
色の濃さもなかなかいい感じです。

ん~やっぱり流木が少ないかな・・・

ナゾの中国人

学生のときの話である。

ラグビーの試合で中央線沿線の大学に行った。
たしか14時ぐらいにキックオフであった。
電車を降り、駅のそばの中華料理屋でみんなで昼食をとった。

店主は日本人のようだが、奥さんは片言の日本語で中国人のようである。

みんな好きなものをそれぞれ頼んだ。
スープ系のものを頼んだように記憶しているが、料理ができて奥さんが運んできてくれた。
「コレ熱イアルカラ、気ヲツケルアルヨ~」

まだこの段階では気のせいかと思った。

同期が「天国チャーハン」というナゾのメニューを頼んだ。
「天国チャーハン」が運ばれてきて
「うわっ天国チャーハンって納豆入りか!!」と同期が言うと、
「アナタ納豆嫌イアルカ~??」

「地獄チャーハン」を頼んだ同期には
「コレトテモ辛イアルヨ~」

そのなのである。この奥さん、リアルにそういう日本語を使う人なのか、日本人にウケるのでそういう日本語を使う人なのかいまだによくわからないが、語尾に「アル」がつく漫画のような中国人に初めて出会ってしまったのである。

試合中、 「アルヨ~」それを思い出して、つい思い出し笑いをしてしまった。
試合中、突然ニヤニヤする自分に、味方も相手も気持ち悪かったに違いない。

それ以来「そういう」中国人には出会っていない。

言葉遣いを考える

わたしの仕事は一応接客業である。
接客業であるゆえ、相手が高校生だろうが、客は客。敬語で接すべきだとわたしは考えている。
社内で客とトラブる人間のほとんどはそういう割り切りができず、客とタメ口で接するタイプである。

以前、ホテルのレストランの研修を見せてもらったことがあるのだが、こういう実例があった。

ウェイトレス「パンとライスどちらになさいますか?」
客役「ご飯をお願いします。」
ウェイトレス「ライスですね。かしこまりました。」

講師によると、一見何の問題もないようであるが、大きな間違いがあるという。
それは客が「ご飯」と言ったのであるから、ウェイトレスは「ライス」と答えるのは間違いで、「ご飯ですね。」と復唱するのが正しいのだそうである。
なるほど。客が言ったことが絶対なのである。

いま転勤で来ているところは言葉遣いがめちゃくちゃである。
基本はタメ口。こっちが客だろうが、立場的に目上だろうが、まずタメ口。
ここらの人は相手が天皇だろうが、総理大臣だろうが、たいていの人間はためらわずにタメ口を使うのではないだろうか。

地元採用の人間が平気で客とタメ口で接するので隣で見ててハラハラすることはよくある。客のすべてが地元の人間とは限らない。地元の人間同士ならまだしもよそから来た人間は何だと思うだろう。

いらっしゃいませ。ありがとうございました。おはようございます。こんにちは。さようなら。ごめんなさい。これらの言葉がうまく言えないんだなぁ。とよく感じる。

こっちは客だぞ。と威張るつもりは毛頭ないが、最低限の礼儀は必要であろう。
街の屋台ならまだしも、少なくともビジネスシーンで目上のこちらが敬語で接しているのだから、敬語で返してもらいたいものである。

まぁそういう環境で生まれ育っているのだから仕方ないと言えばしかたないが、あまりにひどすぎる。

最近できたイオンあたりはそのへんを特に理解していて、意識して社員教育しているようである。
当たり前と言えば当たり前なのだが、実に買い物していいて気持ちいい。

「こんなとこ二度と来ない。」観光客からよく聞く言葉である。
原因は言葉遣いによる行き違いだろう。

夏の夕暮れ

夕凪の瀬戸内海です。
夏の夕暮れ.jpg
モクモクと立ち上がる積乱雲。夕立が来るかな・・・

夏休みの時間の過ごし方

日本人と欧米人の夏休みの時間の過ごし方は違う。
たとえば、日本人は長くても一週間程度の夏休みだが、欧米人は一ヶ月ぐらいの休みである。
アポ.jpg
フィリピンあたりのダイブリゾートだと、欧米人と日本人の時間の過ごし方の違いが見事によくわかる。

欧米人は実にのんびりダラダラと時間をすごす。コーヒー1杯だけで半日をカフェで過ごす。
その点、日本人は時間がないので、せかせかと日程を消化し、あっという間に時間も金も使う。

そういう意味ではフィリピンあたりでは、あっという間に時間を過ごして、お金をいっぱい使ってくれて、あっという間にいなくなってくれる日本人は現地人には人気がある。

という日本人でも、わりと休みのとれるわたしは欧米人的な日程を過ごすのが好きである。
ダイビングメインのツアーでも、中日を使って何もしない休日を作り、昼間からビールを飲んでダラダラと過ごす。

金にならない現地人には煙たがられるが、旅行においてそういう時間の過ごし方がわたしは好きだ。

心地よい南風に吹かれながら、何もしない。何も考えない。ただボーっと過ごす。
休みの日までスケジュールに追われるよりも、最高に贅沢な時間な使い方ではないか?

それこそが真の「バカンス」であるとわたしは思う。

ぼくの夏休み ~無人島で過ごす~

今日はお休みです。
まぁ遅れてやってきた盆休み。というところでしょうか。

クーラーの効いた自宅で過ごすのも好きな今日この頃なのですが、会社の船を借りて近所の無人島めぐりをしてきました。

給料の安いろくでもない会社ですが、唯一の福利厚生としてクレーン代、燃料代の実費のみで会社の船が借りられます。
というわけで水上バイクを借りて、友人と無人島ツアーに出港したのでした。
そういえば、数年ぶりの海水浴です。
だれもいないビーチでぼーっと過ごすのはホントいいものです。

ジェット.jpg

なにかと話題のボンバルディア社製水上バイク


というわけで着いたのが自宅近所の無人島稲毛島です。
この島は映画「世界の中心で愛を叫ぶ」のなかで「夢島」として登場した島です。
ジェット2.jpg

ジェット3.jpg

ここで長澤まさみとイチャイチャ・・・してみたいもんですなぁ。
まぁキレイな海ですが、シュノーケリングしてみたら生き物はあんまりいませんでした。

というわけで
ボートやジェットに乗りたくなりましたらぜひお越しください。
実費のみで乗れますので・・・

ちなみに今日は三人で一日遊んで実費6000円でありました。
世間だとウン万円です。

 

とある街のスナック

転勤でやってきた街の職場の人々はあまり酒を飲まない人たちであった。
わたしの歓迎会も昼飯食って終わりであった。忘年会も新年会も一切無い。

いままでの30年近い人生、酒飲みに囲まれて育った自分にとって初めての体験である。
酒を飲むほうがマイノリティの集団。実にやりにくい。

学生のときも含めて体質的に酒を呑めない人はいたが、その分うまいものを食ったりして飲み会には来てくれていた。そういうバランスでいいもんだとずっと思っていた。

ところが、飲み会が一切ないという環境は始めてである。
結局、呑みニケーションがない結果、職場はギスギスする一方である。

そんななか、地元出身の酒呑みの上司が職場の一員に加わった。
地元の人だけにいろんな店を知っている。

が、連れていってくれるスナックいくスナックすべてにおばちゃんしかいない。(汗)
言っちゃ悪いが、おばちゃんには水割り作成機能とカラオケ入力機能しか備わっていない。(汗)
だったら最初からカラオケボックスに行けばいいような気がするが、上司はこの手の店が好きなようである。

ハシゴも3件目にしてようやく若い女性がいた。
ほっとしたのもつかの間、おばちゃんのママによると、その女性は中国人で日本に来たばかり。あまり日本語は話せない。とのことである。

がっかりしたのもつかの間、よくよく店内を見ると客層が明らかにおかしい。
みなカウンターで一人でチビチビと呑んでいる。それもやたらおとなしい。
それなのにカランカランとドアが開くと全員入り口にギロっと視線を浴びせるのである。

「なんなんですか?この店?」と上司に聞くと、「ああ、ここの店ね。○○県警の溜まり場。あそこに座っている客全~部刑事。」

ええ゛~??とよく見てみると確かにみんな「はぐれ刑事純情派」のようなシブい刑事のように見える。ドアが開くと誰が来たか確認するのは職業病なのだろう。

「なんでこんな店来るんですか?居心地悪いでしょ?刑事だらけで。」と上司に聞いたら、「ああ、仕事でヤ○ザがらみでトラブったらこの店来て警察に相談すんだよ。」とのこと。
ところ変われば・・・というヤツですかね・・・

酒だけは周りを気にせずゆっくり呑みたいもんです。

ドイツイエロータキシードグッピー

わたしがもっとも好きなグッピー「ドイツイエロータキシード」です。
ドイツイエロー.jpg
その名のとおり、ドイツで作出された、タキシードを着たような黒いボディを持ち、黄色の尾びれのグッピーです。

ドイツイエロー2.jpg
尾びれは黄色というよりプラチナっぽい感じで、くどすぎない美しさがわたしは好きです。

ドイツイエロー3.jpg
ドイツイエローのメスです。

2007初サンマ

今日は休みです。
近所のジャスコに行ったらサンマが1匹99円でした。
年々サンマの値段が安くなるのが早くなるような気がしますね。
昔は9月中旬にならないと100円にはならなかったような・・・

さっそく自宅で塩をまぶして焼きました。
サンマ.jpg
こんがりとよく焼けました。
これフライパンで焼いたんですよ。最初は網で焼いて部屋中煙だらけにしてしまったり、ベランダで炭火で焼いて近所から白い目で見られたりと失敗を重ねた結果、フライパンで焼くのが煙もあまり出ず、焦げないしキレイにおいしく焼けるのが判明したのです。一人暮らし10年弱の集大成ですね。(笑)

いやー脂も乗ってうまいです。ビールとともに一気に食べてしまいました。

それにしてもサンマを食べ始めると夏の終わりを感じますね。
今年の夏も海には行かなかったなぁ(仕事では毎日のように行ってたけど)

レッドファントム

実家の水槽のレッドファントムです。
南米原産のカラシンです。その名のとおり赤くてキレイなテトラですね。
レッドファントム.jpg

ルー語変換

このブログを今話題のルー語変換してみました。
百聞は一見にしかず。大爆笑です!

しょ、醤油スメル・・・爆

そういえば、ルー大芝もドジョウ飼っているアクアリストなんですよね。

柏ナンバー

今年から車のナンバープレートにご当地ナンバーというのができた。
実家のあたりでは写真のように「柏」である。
柏.jpg
先日、実家に帰ったときには予想外に柏ナンバーだらけであった。
新車のほとんどは柏ナンバーなのではないか。というぐらいである。
一文字のナンバーってあんまりないので意外と人目を惹くのではないだろうか。

この柏ナンバーであるが、実は、地元民的には「何をいまさら」という感じである。

というのもこの地域はもともと「習志野」ナンバーだったのだが、10年ほど前にこの地域に陸運局ができることになり、それに伴い習志野に変わるナンバーができることになったのだが、決まったのがなんと野田!
野田.jpg

野田市内に陸運局ができたのだがら必然的に野田ナンバーになるのだが、これにはなんと反対運動まで起きたのである。最終的には新聞の千葉版に毎週シリーズで記事が載るほどの騒ぎになったのであった。

その反対の理由がすごい。
・野田ナンバーは田舎すぎる。
・習志野は湾岸のイメージでかっこいいのに野田だけはやめてくれ。
・野田ナンバーは醤油臭い。
と、実に野田のネガティブなイメージからの反対であった。

実はわたしの父方の実家が野田なのでよく知っているのだが、確かに野田は田舎である。
やたらゴーゴーとうるさい東武野田線に乗り、野田市駅(野田市という駅名もすごいが)で降りた瞬間に本当に醤油臭い。それもそのハズ。キッコーマンの醤油工場の中に駅があるのである。もともとキッコーマンの製品の積み出し用に作られた鉄道なのでそれは致し方ない。
商店街はシャッター商店街。郊外にジャスコができた(しかも巨大な観覧車つき)おかげでみんな潰れてしまった。
野田出身の友人も自虐的に「野田なんてジャスコしかねーよ!」というぐらいである。

そんななか、
・せめて柏ナンバーにして欲しい。柏ならレイソルもあるし知名度も全国区なので。
という意見もあった。
が、結局は野田ナンバーで決定したのであった。

そもそも陸運局の位置がもうちょっとズレていれば柏市内だったので最初から柏に建てておけばこんな騒ぎもなかったのだろうが、柏を挟んで野田とは反対側ではなくてまだ良かった。という説もある。
それは「沼南」(手賀沼の南側にある街。現在は合併して柏市)である。
「湘南」じゃなくて「沼南」なのである。「野田」以上にもっとカッコ悪い。

柏ナンバーを見てそんな話を思い出したのであった。
最初から柏ナンバーにしときゃ良かったんですよ。やっぱり。

夏が来れば思い出す~ダボスの丘~

高校、大学とラグビーをやっていた。
夏の今の時期は必ず長野の菅平で合宿であった。

高校1年の初めての菅平合宿のことである。
「ダボスの丘」というところに連れて行かれた。
要は夏のスキー場である。草の生えた斜面をひたすら登る。

頂上に到着。すると、上級生が麓に向けてボールを蹴る。
ひたすら斜面を転がっていくボール。ものすごい勢いだ。

唖然として見ていると、上級生が一言。
 『1年獲って来いっ!』
『一番最初にボールを持ってあがって来たヤツからこの練習終了だ!』

斜面を不規則に転がり落ちる楕円のボールを追いかける一年生の集団。
まるで逃げ惑う一頭の子羊を追いかける狼のような集団だ。
途中で転ぶヤツ、追うのを諦めてボール持って上がってくるヤツを中腹で待ち伏せして狙うヤツまで出る始末。
もう仲間なんて関係ない。同期の愛、信頼関係など吹っ飛び、獲るか獲られるかの弱肉強食の世界。
結局自分は最後の方でボールを獲れた。阿鼻叫喚の地獄絵である。

この練習というか、しごきはうちの高校に代々伝わるものらしい。
こんなアホなことやってるのはうちの高校だけに違いない。そう思いながら2年生になっても同じことを続けたのであった。

大学へ進学後、よせばいいのにまたラグビー部に入ってしまった。我ながらアホである。

そしてまた来てしまった。菅平。
そしてまたまた来てしまったダボスの頂上。
上級生は麓に向けてボールを蹴った。そして一言。
 『1年獲って来いっ!』

歴史は繰り返すのである。

周りをよく見たらどこの学校も同じことをやっていた。

さらに斜面でスクラムを組むという新たなオプションが加わっていた。
さすが大学生は考えることが違う。(涙)斜面の下側になるチームは地獄である。

スキー場は冬に行くところ。夏に行くところではない。と悟ったのであった。

うちの学校はまだマシで、本当の麓の30キロ離れた駅の駅員さんのサインを走ってもらってくる。なんてしごきやら、走りすぎて過労死。なんてチームもあったらしい。
夏のスキー場はホントに恐ろしい・・・

プリステラ

先日、立ち上げた水草水槽にもそろそろ何か生体を入れようと思い、ショップに行って迷いに迷った挙句、最終的に金線ラスボラ、ブラックファントム、プリステラの3種類に絞りました。
結局決めたのはプリステラです。
南米のカラシンではありますが、カージナルやネオンテトラのように決して派手ではないものの、何か惹かれるものがある味わい深いカラシンです。

実は昔にも飼ってまして、8年も生きた非常に丈夫なカラシンなのです。

プリステラ.jpg


プリステラ2.jpg


プリステラ3.jpg

とりあえず30匹入りました。60ワイド水槽なのでもうちょっと欲しいかなぁと思ってます。
あと20匹ぐらい追加して計50匹にする予定です。
水草水槽にはこういうちょっと地味な魚がよく似合います。

ショック!!水槽が歪んでいる!!

先日、購入したADAのキューブガーデンなんですが・・・

水槽.jpg
水槽手前の接合部分。まぁ普通です。

が、
水槽左奥の接合部分
水槽2.jpg
明らかに内側に2ミリほど反っています。
水槽3.jpg
別の角度から。ガラス板を曲がったままくっつけてしまった感じですねぇ。
ちなみに右奥はまっすぐくっついております。

保証書より。作ったのと検査したのはコイツら。
水槽4.jpg
職人「あ゛!くっついちまった!!曲がってっけどまぁいいか。もうはがれねーし」
検査官「いーんじゃねーの?そんぐらい。日本からわざわざ送り返してこねぇよ。きっと」
どう考えてもそんなラテンな人らの製品としか思えないのですが。(汗)
Czechってチェコか。ラテンじゃないですが、ヨーロッパでも一流なのかなんなのかよくわからん国ですなぁ。(汗)

水槽5.jpg
同じく保証書より。
・ヨーロッパを代表する水槽職人(汗)
・卓越したハンドメイド技術(汗)
・ひとつひとつ丁寧に製作されています(汗)

高価だったのにホントがっかりです。
まぁ通販じゃ購入時に確認しようがないですし、店頭で購入したとしてもガッチリ梱包されているので梱包を解いてもらわないかぎりこの手の歪みの発見は不可能です。
まぁこの程度じゃ交換してくれないでしょうし、交換してくれたとしても、いまさらセットしなおすのも面倒なのでもういいですけどね。

逆に教祖様に怒られそうです。

水槽の歪みは
      心の歪み!!
貴様の信心(お布施)が足らんのじゃ!!!

船シリーズ第14弾! ~SPT CRUSADER~

近所の造船所で建造中のタンカーSPT CRUSADERです。
タンカー.jpg
んん?デカい。船橋が見えないぞ・・・

さらに近寄ってみると・・・
タンカー2.jpg
余計になんだかわからん!!
手塚治虫のマンガに出てくる船ってこういうアングルですよね。

タンカー3.jpg
右舷前方から引きの一枚。ようやく大型タンカーだということがわかります。
長さ240.5メートル、105060トンだそうです。タンカーとしては中型クラスですね。

建造中なのでかなり浮き上がっています。
荷物を積んで沈んでしまうとわからない部分がよくわかりおもしろいです。
タンカー4.jpg
船首部分。数字は喫水。水面からどのぐらい船体が没しているかを読み取るものです。
それぞれの数字の高さは10cmで、数字の太さは2cm、数字と数字間の高さは10cmです。
この規則から喫水を読み取るわけです。
喫水は荷物を積む上で重要な数字です。当然積みすぎれば船が危険になり、積み足りなければ損害になります。このサイズのタンカーになると喫水の読み違えは1センチでも数百万の損失につながると言われます。

タンカー5.jpg
錨の下に表示されているマークはどんな意味でしょうか?
左側は船首が突き出しているから気をつけてね。という意味です。
右側はスラスターがついています。という意味です。

スラスターとは何かというとこれです。
タンカー6.jpg
船の横方向にトンネルが掘られていてその中にプロペラがあり、これがあるとタグボートがなくても船を横方向に動かすことができます。
それにしても、スラスターは1万トン程度のフェリーでは当たり前の設備ですが、今は10万トンクラスでもスラスターがついているんですね。タグボート代節約のためでしょうか。

船尾側に移動しまして・・・
タンカー7.jpg
舵板とプロペラ。でっかいですねぇ。

タンカー8.jpg
船尾より。でっかいおしり。バハマのナッソー船籍です。

船シリーズ第13弾! ~ナゾの不審船コーラルオーキッド~

今日、仕事をしていたら見かけない白い船が停泊していました。
どこかの練習船かなぁと遠巻きに見ていたのですが、仕事の後、近寄ってみると、とんでもないボロ船だったのでした。
コーラルオーキッド.jpg
その名もコーラルオーキッド。
放置プレイ中らしくあちこちサビだらけでボロボロ。
両舷ともに錨がない。
コーラルオーキッド2.jpg
左舷側より。ファンネル(煙突)にはイルカのマークが。
上部デッキに白カッター搭載。どこかの練習船だったのかなぁ?
それにしてもひどい荒れよう。

コーラルオーキッド3.jpg
交通艇も搭載。その名はくろしお。
タグボートで押されまくったのか、舷側には無数のタイヤ痕が。

コーラルオーキッド4.jpg
左舷船尾側より。んーなんかどっかで見たことあるような船なんだよな~

コーラルオーキッド5.jpg
船尾。船籍地は東京。元の船名はわからず。

おそらく今はスクラップだと思うんですが、もとは何かの船で後から改造されたような感じですね。

流木を組んでみる

今月頭から始めた60ワイド水草水槽のレポートです。

水草水槽には岩や流木が必須。ということで枝流木を仕入れてみました。

で、おなじみのチャームで調べてみると・・・

こんなのとか
あんなのとか
てな具合で流木一本一本を写真で撮って通販しているんですからスゴイです。

で、値段も高いし、選ぶのも辛いのでこのお任せセットにしてみました。

届いた流木は想像していたより小さい、ちょっと損したかなぁと思いましたが、アク抜き済みだし、まぁ手間賃考えればそんなものか。ということで自分を納得させたのでした。

ビニタイもついているので棒状流木をあれこれ束ねてみたのでした。
結局こんな感じで。
流木.jpg
まぁそれっぽいでしょ?(笑)

で、これだけじゃあまりに寂しいので手持ちの流木などを加えてつつ・・・
対角線流木配置!!(ホンの思いつき)
流木2.jpg

さらに水草も植えて流木も追加してこんな感じに
流木3.jpg
あれ?最初とだいぶ違うような・・・
そう。レイアウト中に枝流木が崩れたので若干修正しております。(汗)
水草は左からロタラspカンボジア、ルドウィジアパルストリスレッド(デナリー)、ロタラspヴェルデキラリス、前景は南米ミズハコベ。

ちょっと流木の高さが足らないかなぁという感じですね。
もうちょっと流木が欲しいなぁ。

10日後
流木4.jpg
あっという間に水草ボーボー。
この後第一回トリミング。

それよりもはやくバックスクリーンを・・・
100均で黒か水色のウレタンパネルを探しているんですが、なかなかみつからないのです。

ギガマック

毎度お世話になっているfuutanさんのブログで紹介された本場アメリカのボリュームたっぷりのハンバーガーに対抗してみました。
ギガマック.jpg

マックのメガマックを二つつなげたギガマックです!笑
肉が8枚!このボリュームで700円!
しかも頭の部分のパンが余る!

ネットで検索すると同じネタがいっぱい出てきます。散々後出しネタ。(汗)
おまけに出張の昼の忙しいときに車の中で作ったので見た目がかなり小汚い!

結論
メガマックでも十分食べにくいのに、
ギガマックはもっともっと食べにくい。

ハサミをいろいろつかってみる

先日のピンセットネタに引き続き、ハサミネタです。
ハサミ.jpg
現在使用しているのは上から
GEX
メインテナンスカッター 20

ライフホールディングス
ウォータープラント R シザー (アールタイプ)

ADA
プロシザース(ヌード)
の3本です。ピンセット同様メーカーバラバラですが、一種類ずつ解説したいと思います。

GEX
メインテナンスカッター 20

全長約20cm 刃先約4.6cm
オススメの一品。切れ味もなかなか。
基本の一本にどうぞ。

ライフホールディングス
ウォータープラント R シザー (アールタイプ)

全長約25cm 刃先約8cm
先の曲がったタイプが欲しくて購入。
ストレートとは違った使い方ができるので便利。

ADA
プロシザース(ヌード)

全長約31.5cm
シザーRタイプよりももっと長いのが欲しくて購入。
ちょっと高価でしたががんばりました。(笑)
このカーブがナイス。トリミングにとても便利で実に使いやすい。切れ味も非常に良い。
高価だがオススメの一品。

ニッソー
トリミングハサミ

全長約24cm 刃先約3cm
以前使っていたハサミ。どっかいっちゃった。(汗)
使いやすい印象はあまりない。

という感じです。ストレートタイプ1本、アールタイプ1本あると便利ですよ。

世間はお盆ですが

フツーに仕事のおしけんです。
いやーこの暑さはヤバいですね。かなり身体にズシンと来ております。

それにしてもお盆にGW、正月となんで混むのがわかっているのにみんな高速乗って出掛けるのでしょう?
事故も多発してます。こんなときは出掛けない方がホント賢明です。

お盆過ぎの平日に休みとろうかと思ってます。
わたしの会社、給料安くてロクな会社ではないですが、休みだけは取りやすいのでその点だけは良かったかなぁとか思う今日この頃です。

御巣鷹の日

今日は520名の命が失われた御巣鷹山に日航機が墜落した事故から22年目だそうである。

あの日、小学生だった自分は近所にクワガタを獲りに行って帰宅したばかりで、テレビの字幕の速報で「日航機がレーダーから消えた」という放送をしていたのを記憶している。

数年前にフライトレコーダーの内容が一般公開された。
それをもとにまとめたページがある。

明らかに混乱している管制官、操縦不能の機体を墜落する瞬間までなんとか立て直そうとする機長(CAP)、今できそうな対処法を冷静にアドバイスする航空機関士(F/E)、落ち着いて客室に案内をするパーサー(PUR)、操縦不能なのに最後まで機長に怒鳴られ続けながら操縦を担当する副操縦士(COP)と実に生々しい音声が記録されている。

墜落する寸前「もうだめだ!」という機長の声が聞こえる。
その瞬間までなんとかしようとしていた、機長をはじめとする乗員のプロ意識は本当にすごいと思う。

実にショッキングな内容であるが、一度は聞いてみて欲しい。

ようやく帰宅

いやー疲れました。
明日10日ぶりに休みです。
さすがに34度の酷暑続きは身体に堪えます。

レスが溜まっていて申し訳ないです。明日ゆっくりと・・・

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (11)
2017 八重山釣り旅行 (13)
2017 徳島タナゴ釣り遠征 (5)
2017 四国タナゴ釣り遠征 (12)
2017 北陸 (0)
旅行 (203)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (77)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (390)
酒・飲み物 (51)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (418)
飛行機 (101)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (10)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (110)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (64)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード