2017-03

沖縄・久米島旅行2日目 ~久米島でまったり~

12月というのにピーカンでクソ暑かった前日がウソのように、夜中から雨風が吹き荒れました。
朝、明るくなっても雨風はやまず。帰れるのか不安になってきました。
その様子はこちらに書いたとおりです。

那覇へ戻る飛行機は15時。
この天気じゃもうどこへも行けません。行っても雨風の中観光しても面白くないでしょう。
どうしよう・・・決めました。今日はもう何もするまい、と。

朝食を食べた後、11時にチェックアウトの時間まで部屋でゴロゴロダラダラ過ごします。
昨日、わたしが乗った午前中の便がやってきました。
強風のなか、フラフラしながら無事着陸しました。
ホテルのスタッフの方も言ってましたが、ここの飛行機はかなり「がんばり」ます。
あっという間に11時のチェックアウト時間を迎えてしまいました。
チェックアウトし、荷物は預かってもらい、ビーチに行ってみました。
雨は降ったりやんだりしています。
ビーチ側から見たホテル。立派です。(笑)
リーフの向こう側はすごいことになってます。それでもキレイな海ですねえ。
ビーチの入り口にはこんな看板が!
海に行くときは酢は必携だそうです。
ハブクラゲ、ホントおそろしいんですね。
酢は持ってないだけど大丈夫かな?
そんなわたしのために酢箱が用意されていました!
サービスいいですねぇ。
中を見てみたら
ちゃんとまるこめ酢が2本入ってました。
まぁ泳ぐつもりはなかったので必要はなかったのですが・・・
酢が効くのは勉強になりました。
ビーチをブラブラしているといい感じの岩がいっぱい転がっているじゃないですか!
ADAの青龍石みたいです。欲しくなりますね~
思わず岩組の練習しちゃいました。ヘタクソですね~(笑)
雨も降ってきたので、ビーチの隣の海の家みたいなところに行ってみました。
中に入ってみたら、マンガがいっぱい!しかもわたし好みのばっかり・・・
さいとうたかをのサバイバル、中学のときに全巻読破したなぁと懐かしくなって読み始めたらハマってしまい、結局、飛行機が出る時間まで読み続け、全巻読破してしまいました。汗
海の家でお昼につくってもらった沖縄ソバ。
卵にスパムが2切れ、野菜もいっぱい乗ってて350円。安くてうま~。
島唐辛子も安かったので迷わず買って帰りました。
ちょうど空港行きのバスが来たので乗りました。
雨が降っていたので助かりました。
有償運送ってのがおもしろいですね。
タダじゃあ乗せねーよ!ってことでしょうか。(笑)
久米島空港の入り口です。
雨はほとんどやんだものの、風は収まる気配はありません。相変わらず強風が吹き荒れてます。わたしが乗る飛行機は無事飛んでくるんでしょうか。
ちょっと遅れましたが、ちゃんと飛んできてくれました。さすが「がんばる」RACです。
帰りはシーサーじゃなくてJAL系塗装のRACボンバル機でした。
昨日の行きの便はターミナルに向いて駐機しましたが、今日は横に向いて止まりました。飛行機って正面の風には強いですが、横風には弱く、簡単にラダーが壊れたりするそうなので風に対して平行に止めたようです。
このあと、エンジンが止まったのにプロペラが風で勝手にグルングルン遊転していてちょっと怖かったです。
那覇までのフライトは今まで経験したことないぐらいグラングラン揺れました。
やはりプロペラ機はこういうときはちょっと怖いですね。
那覇のホテルにチェックインしまして、晩御飯は何を食べようか迷ったのですが、今回の旅行は魚介類中心で肉をあまり食べてなかったのでステーキに決め、国際通りに向かいました。
那覇行きの機内でもらったクーポンを使ってみました。飲み物半額になるそうです。
「生ビールのピッチャーでもOK?」と聞いたら、OKだそうでピッチャー即決です。
これで900円は安いな~
ステーキもちょうど半額セールでして生ビールのピッチャーとでっかいステーキあわせて2千円ちょっと。腹いっぱい、いい感じに酔っぱらせてもらいました。
てなわけで宮崎2泊、那覇2泊、久米島1泊の宮崎、沖縄旅行は最後の夜を迎えたのでありました。

久米島の2日目はどこへも行かず、サバイバル全巻読破という実にムダな時間を過ごしましたが、目的どおりゆっくりできてよかったと思います。
今回は島の1/3ぐらいしか見れなかったので、次回はレンタカー借りて中2日ぐらいでじっくり観光したいですね。1泊2日で自転車じゃムリです。(笑)

何よりも、宮崎も那覇も久米島もどこ行っても人がみな親切なのが良かったです。

目標だった47都道府県踏破も達成しましたし、良いリフレッシュになりました。

スポンサーサイト

沖縄・久米島旅行1日目 ~久米島サイクリング~

宮崎旅行に続き、沖縄に移動。那覇で一泊して海人さんのカレーをいただきました。

翌朝、那覇空港に向かい、久米島行きの飛行機に乗りました。
那覇空港の展望ロビーにて。これから乗る琉球エアコミューターのボンバル機。
垂直尾翼にはシーサーが!
偶然、久米島行きの久米商船のフェリーが那覇空港の沖を通りました。
フェリーだと4時間かかるそうです。
30分ほどのフライトで久米島に到着。ホントあっという間です。
宿は11時からチェックインできるのと、オフシーズンということもあってか比較的リーズナブルな料金だったので空港から近いサイプレスリゾート久米島というところにしてみました。
空港からホテルまではタクシーで5分ほどらしいのでチェックインまでの時間調整を兼ねて徒歩で向かいました。天気は晴れで暖かいというよりかなり暑いです。
15分ほど歩いてホテルに到着。
最上階の部屋にしてくれました。景色がめっちゃいいです。
反対側の景色もいい感じ。どこまでもサトウキビ畑です。
レンタカーを借りても良かったのですが、ホテルで自転車を借りました。
さぁ島の見所をめぐりながら一周するぞ!
ひたすらサトウキビ畑が続きます。気分はDr.コトーです。
右回りで島を回ります。
まず最初の見所はヤジャーガマ(洞窟)です。
看板の傾き具合が『危険』さを示してます。
階段を下りていくとポッカリとガマの入り口が現れました。
ガマの中は真っ暗。カメラのフラッシュを頼りに中に入っていきます。
ガマの中から見た外。怖いので10メーターぐらい進んだところで引き返しました。
ここは懐中電灯とか装備がないとムリですね。
次の見所は久米島灯台です。
いや~白い灯台はそれだけで絵になりますね。
久米島灯台を見たあたりでふと気付きました。
この島、アップダウンがかなりキツいぞ・・・ホントに一周できるのかな・・・

気を取り直し、次の見所に向かいます。具志川城址です。
ものすごい急坂を自転車で降りていきます。
急な坂を下りて具志川城址前に到着したとき、なんか焦げ臭い。
ふとブレーキを見たら煙が出ているじゃないですか!
下り坂でブレーキをかけ過ぎたようですが、ブレーキから煙が出るとは初めての体験でした。
現存しているのは石垣だけですが、かつては海沿いの立派な城だったんでしょう。
青い空に石垣が映えますね。
具志川城址の次はすぐ先にあるミーフガーという岩です。
子宝に恵まれない女性が拝むとご利益がある岩なんだそうです。
この岩女性の象徴だそうで。なるほど見事な割れ目です。
煙を吹いた急坂を自転車降りて登り、次のポイントに向かいます。
タチジャミという海岸にそそり立つ岩です。
いくつかのアップダウンを通り、またまた急坂を降りていきます。
ここからはタチジャミまでは徒歩。
見事な景色ですが、断崖絶壁の階段を降りていきます。
これをまた登るのかと思うとゾっとしてきます。汗
途中にある奇岩アンマーグスク(天宮城) おもしろい岩肌をしています。
途中には滝もありました。
思いっきり逆光で真っ黒ですが、右側がタチジャミです。
岩の真横まで行けばまっすぐ切り立っているそうですが、ここからだとただの岩にしか見えませんね。
来た道を戻ります。階段を上がって自転車に乗ります。またまた急な登り坂です。
自転車を降りて登り、次のポイントに向かいます。
メジャーな泡盛、久米仙の工場です。見学や買い物も可能なようですが、疲れきっていたので写真だけ撮りました。
ここでスタートしてから2時間半が経過していました。
地図を見るとまだ島の1/3ぐらいしか走ってません。
ハイ。わたくし久米島をナメておりました。2時間ぐらいで一周できちゃうフラットな島だと思っていました。これほどまでにアップダウンがキツいとは・・・
そういや今まで自転車に乗っている人に一人も遭っていないぞ・・・
こりゃ一周は絶対ムリだなと思い、引き返すことにしました。
帰り道の休憩中に出会った犬。やたら愛想がいい。
行きは見所を見ながら海岸沿いを走ってきたのですが、帰りは車道を走って帰ることにしたのですが・・・
あれ?違うところに来ちゃった?
どうやら曲がるところを間違えてホテルとは反対側に来てしまったようです。
やっちまったなぁー。なんかすごい岩もあるし!!
ガラサー山というらしいです。
こりゃ見事ですね。やっぱりミーフガーとペアなんでしょうか?(爆)
ちょうど小学校の下校時刻だったようで子供たちがいっぱいいました。
みんな「こんにちは!」と挨拶してくれたのがうれしかったです。
都会では『知らない人と話してはいけない』なんて教えているみたいですが、久米島の子供たちはいい教育を受けてまっすぐ育ってますね。

スーパーで泡盛なんかを買いましてホテルに戻りました。
ホテルに着いたころには日没寸前。
結局4時間ほどのサイクリングでクッタクタになりました。
見事な夕日です。10年ぶりにグリーンフラッシュを見ました。
風が気持ちよくて至福のひと時でした。一人で見るのが実にもったいなかったです。
シャワーを浴びて、ホテルの自販機で地元のオリオンビール3種類いただきます。
いやー4時間走った分、ビールがおいしい!
オリオンってクセがなくておいしいですね。
ビールのあとは泡盛。左の久米仙はメジャーですが、右側の久米島はほとんど島内で消費され、那覇も含めて島外にはほとんど出回らないそうです。
酔っ払ってすっかり寝てしまいまして、ふと目覚めたときには外に出るのも億劫になってしまったのでホテルで夕食をいただくことにしました。
地元の食材がいろいろと使われていておいしかったです。泡盛も進みました。
というわけで久米島一人旅の夜は更けていったのでありました。
ってサイクリング疲れでソッコーで寝ていたわけですが。

続く。

宮崎旅行2日目後編 ~串間温泉・都城:霧島酒造~

すっかり間が空いてしまいましたが、宮崎旅行記の続きです。

都井岬のあと、どこに行こうか決めてなかったのでしばらく考えました。
で、結論が、九州に来たら温泉と焼酎でしょ!ということでまずは都井岬からクルマで10分ほどの串間温泉へ。
地元の銭湯のような温泉施設です。スタッフの方が親切でした。
お湯はヌルヌル系。
串間温泉の別館。こちらは露天風呂で雰囲気がいいです。
温泉からあがり、食事をいただいたら、15時前。急がないと日が暮れます。
山を越えて都城へ向かいました。
途中、山道は鹿児島県の志布志に出たり、入ったりしていたようです。
宮崎の焼酎と言えば、『黒霧島』で有名な霧島酒造です。都城の市内にあります。
霧島酒造の工場のあたりには芋焼酎を仕込む甘~い香りが漂い、酒好きのわたしにはたまりませんでした。
朝か昼に来れば、工場見学もできたそうです。
焼酎の仕込みにも使われている名水。近所の人がたくさん汲みに来ていました。
ここで日も暮れ始め、宮崎観光はこれにて終了。宮崎市内へ帰ることにしました。
都城から宮崎までは高速もあるのですが、東国原知事が「宮崎と都城の間の道がひどい。ものすごく時間がかかる。だから暫定税率は維持しなければならない。」と主張していたのをニュースで見たことがあり、その道を体験してみたくて下道で帰ってみました。

どんだけひどい道なのかと思ったら、「ぜんぜんフツーの国道じゃん!!」確かに片側1車線ですが、四国の道よりぜんぜんいいです。1時間ちょっとで宮崎市内に到着しました。
四国がひどすぎるのに慣れてしまっているのかもしれませんが、「宮崎をどげんかせんといかん」としょっちゅう知事が言っていたので、どんだけひどい過疎化した県なのかと思ってやってきましたが、道も街並みも四国の方がよっぽどヤバいです。
四国の知事さん、もっと主張したほうがいいんでない?

てなわけで天気にも恵まれ、宮崎南部を満喫した二日間でありました。

宮崎で食ったうまいもの編に続く。

宮崎旅行2日目中編 ~日南海岸・都井岬~

青島の見学後、日南海岸をひたすら南下。
サンメッセ日南というところで世界で唯一イースター島公認というモアイ像を見たかったのですが、行ってみたら「社員研修旅行中」ということで休園。残念ながら見ることができませんでした。
気を取り直してさらに日南海岸を南下して都井岬を目指します。
とにかく天気が最高にいいのです!この天気だったらモアイ像も映えただろうなぁ。
穴の空いた見事な岩ですねぇ。
水草水槽の岩組みの参考にできそうです。
カツオ漁船ですね。でっかいです。
水中観光船です。乗っておけばよかったなぁ。
バックの祈大漁という倉庫がいいですね。
キレイなビーチ。12月というのに、サーファーがいっぱいいました。
都井岬を目前にして迂回路が!
片側交互通行で10分待ちで突入した迂回路はものすごい、急坂、急カーブ連続のスリル満点の迂回路でありました。
そういえばここまで来る間、いろんなところで工事しまくってました。
ついに到着しました。都井岬。宮崎県の最南端です。海の向こう側は鹿児島県。
都井岬は野生馬が名物だそうで・・・
いろんなところに注意書きが!そんなに凶暴なんですか??
いましたいました。岬馬です。碧い空に馬が映えます。
意外とたてがみがキレイですね。
黒いのと茶色いのがいました。
さらに岬の先端に行くと、ついに道が行き止まり。都井岬の先端、都井岬灯台です。
これまた碧い空に白い灯台が映えますなぁ。
灯台マニアとしては見逃せませんね!
この灯台、200円払うと内部見学、登ることができます。
もちろん200円払って登ってみました。初めての灯台内部に感激!
外に出てみると、360度近い見事な展望です。
灯台からの景色。あ~ここがガケ崩れしているので迂回させられたんですねぇ。
ホントかなぁ。種子島って鹿児島のさらに先ですよ!!
って水平線上にホントに見えるじゃん!!
見事に「年に数回」に当たったのでありました。
これも東国原知事効果かな??

続く。

宮崎旅行2日目前編 ~青島・鬼の洗濯岩~

宮崎旅行も二日目。
今日は朝からレンタカーを借りて宮崎県内を巡ることにしました。
レンタカーはネットで予約しました。低料金なのに送迎付きでサービスが良いです。

宮崎に来たら、ここには必ず行かなきゃダメという青島、鬼の洗濯岩をまず見に行くことにしました。
宮崎の道はずっと道の真ん中にヤシの木が植えられていて南国ムード満点。

通勤時間帯の宮崎市街を20分ほどのドライブで南下し、青島に到着。
どうも青島というと
チンタオビールを思いついてしまう。
宮崎の青島はチンタオじゃないです。あおしまです。あおしま。
で、あおしまというと
どうもこっちを思いついてしまうんですなぁ。
チンタオビールとレインボーブリッジ封鎖できませんっ!が頭のグルグル回る回る。
冗談はさておき、青島に渡ります。
青島は一応島なのですが、橋で九州本島と繋がっていて徒歩5分ほどで渡れます。
わたってすぐに鬼の洗濯岩のオンパレード
見事ですね。まさに鬼の洗濯岩です。
自然に作られたとは思えないほどまっすぐ岩が並んでます。

島内は奇岩だらけ。
こんな感じの水槽に入れたくなるような岩がゴロゴロ。
欲しいなぁ・・・と思ったら、
やっぱりそうでしょうねぇ。汗
島を一周して見ることにしました。
鳥居が見えます。神社があるのかな?

青島は島そのものが神社となっておりました。
それにしてもいい天気です。雲ひとつなく、神社の赤い色が実に映えます。
神社の一番奥まで行くとおもしろいものがありました。
この皿状のものを・・・
願い事を言ってから真ん中の岩めがけて投げて穴に入れば願いがかなうそうです。
さらに皿が割れればなお良いそうで・・・

さっそく挑戦してみました。穴にも入らず皿も割れず。ハイ。見事失敗です。本番に弱いです。悔しいのでもう一回挑戦したら見事真っ二つに割れ、穴に収まりました。って2回やったらご利益ないかな??

そんなこんなで青島一周ハイキングは終了いたしました。

続く

大時化!!久米島で足止め!?

激しいサイクリング(詳しくは後日)の疲れもあり、昨夜は泡盛飲んで早々に寝てしまいました。

が、夜中、ものすごい風の音で目が覚めました。
外は真っ暗なので良く見えませんが、ものすごい風で雨がカーテンのように真横に流れてます。まるで台風のようです。ちょっと心配だったものの、すぐ二度寝したのでした。
昨日はこんないい天気だったのに・・・
夜が明けてみたら・・・
こんなことになっておりました。涙
リーフの外側は大波が!!海は大時化です。
こりゃ帰れるのかなぁ?マヂで心配になってきました。
「久米島 欠航」でググってみると、こんなページもあり、より不安になってきました。
毎度おなじみ、METARを見てみますと・・・
ROKJ 050000Z 36027KT 8000 -RA FEW024 BKN040 17/14 Q1023
8時半の時点では35030KT 7000でした。
視界はまずまずあるものの、北風15メーター!!こりゃヤバいなぁ。
そう思っていたら、ホテルの隣の空港に那覇からの飛行機が降りてきました。
めっちゃフラフラフラフラしてます。
降りれるのかな??
無事着陸!
バックの海がすごいことになってます。汗
吹流しも真横向いてますので間違いなく10メーター以上吹いてますね。
乗っていた人は冷や汗モノだったんじゃないでしょうか。

風は強いですが、滑走路とほぼ平行のため、なんとか降りれるようです。
これが横風になったらヤバいですね。

ホテルの人の話だと『ここの飛行機は結構頑張って飛ぶ』とのことでしたし、天気予報によると、午後にかけてだんだん天気が良くなるそうですので、わたしが乗る夕方の便は大丈夫そうです。ちょっと安心しました。

グリーンフラッシュ!

今日は朝から飛行機に乗って久米島にやってきました。
詳しいレポートはまた後日ということで。

さて、グリーンフラッシュという自然現象をご存知ですか?
水平線に太陽が沈む瞬間、光の屈折の関係で太陽が緑色に光る現象です。
詳しいメカニズムはこちらで。

この現象、いつでも見えるものではありません。
条件があります。それは太陽が沈む水平線に雲がないこと。
この条件が意外と厳しく、学生のときに帆船でアメリカに行った帰りの日本へ向かう航海中、毎日日没を見ていましたが、一ヶ月で2回しか見ることが出来ませんでした。

今日、ホテルの部屋でオリオンビールを飲みながら日没を眺めていたのですが、どうもその条件が整っていそうな感じです。
水平線に雲がありません。いい感じです。

太陽が沈み始めました。ダルマ夕陽です。
これも四国だと年に数回しか見れない貴重な夕陽だったりします。
この次の瞬間緑色に光りました。グリーンフラッシュです。10年ぶりに見ました。
ハイ。写真的には見事に撮影失敗です。ごめんなさい。
グリーンフラッシュは遭遇自体も難しいですが、撮影も難しいと聞いてましたが、残念無念です。Wikipediaの写真を見てみてください。汗

海で夕陽を見る機会がありましたら、グリーンフラッシュが見えるかどうか、ぜひ日没の瞬間まで見届けてみてください。

というわけで1人で見るにはもったいなさすぎる夕陽でありました。

宮崎旅行3日目 ~第2回ムダに大移動 沖縄へ~

宮崎の2日目はレンタカーを借りて朝から宮崎をドライブしました。
詳しくはまた後日書きたいと思います。

さて、楽しかった宮崎旅行も今日で終わり。
またムダに大移動です。

朝食後、ホテルをチェックアウト。ホテルのそばのバス停へ。
宮崎の空港行きのバスは他の空港のようなリムジンバスではなくて、フツーの路線バスなので気をつけてバスを見ていないと空港行きとそれ以外のバスの区別がつかないので要注意。

無事空港行きのバスに乗れて、出発の1時間前に到着。
時間があったので屋上の展望室に行ってみる。展望室は有料のところが多いけど、ここは無料。JAL、ANA SNA、航空大学校の練習機とひっきりなしに飛んでいてなかなかおもしろい。
これから大阪まで乗るMD90 行きはプロペラでしたが、帰りはジェットです。
定刻より10分ほど遅れて離陸。さようなら。宮崎。楽しかった!!また来たいです。
今日も天気が良くて景色が良く見える。
高地の足摺岬です。
地図で見ると細長く感じますが、上空から見ると雰囲気違いますね。
高知湾を横断して今度は室戸岬。こちらもクッキリ見えました。
和歌山です。
伊丹に到着。昼ごはんにお好み焼きを食べる。
1時間ちょっとのインターバルで羽田へ向けて出発。飛行機は行きと同じくB777(JALの伊丹便は全部B777)
こちらも天気良好。静岡の御前崎。このちょっと北側に豊雪さんが生息中?
ほむらちゃんたちとよく行った伊豆・下田の吉佐美(こんな字だったっけ?)、多々戸浜もくっきり。今でもタイドプールにサンゴはいるのかなぁ??
羽田に到着。到着口に乗り継ぎ案内がいくつか書かれていて沖縄と書かれていたのがちょっと恥ずかしい。伊丹というのもあった。ピストン往復している人もいるんですね。
あれ?羽田からジャンボの予定だったのに、機材変更でB767に。
ちょっとイマイチな席になってしまい、残念。
羽田から2時間半ほどのフライトでようやく沖縄・那覇に到着。
那覇は日没寸前。思ったよりは暖かくない。むしろちょっと肌寒い。
関東で言えば10月末ぐらいの感じ?

モノレールに乗ってホテルへ。
朝宮崎を出発して実に10時間かかったのでありました。

明日は久米島で1泊です。

宮崎旅行1日目後編 ~宮崎県庁で東国原知事と握手~

空港から市内行きのバスに乗る。
宮崎の空港のバスはリムジンバスではなくて普通の路線バスで料金も370円と安い。
東国原知事が『宮崎をどげんかせんといかん』としょっちゅう言っているので宮崎って終わっている街なのかと思っていたが、街中についてびっくり。十分都会じゃないですか!人もいっぱい歩いていて活気あるじゃないですか!
こりゃ四国の方がぜんぜんヤバいですよ!!
ホテルのチェックイン時間にはまだ早いので荷物だけ預かってもらって街中をブラブラしてみる。
やっぱり宮崎に来てここは外せないですね。宮崎県庁です。
なかなか重厚なつくりです。母校の大学の校舎に似ているなぁ。

県庁の中に入ると東国原知事が出迎えてくれました。
この看板はあとで宮崎中で目にしました。
県庁の建物の入り口で守衛さんに声をかけられました。一瞬、『入っちゃダメよ。』と言われるのかと思ったら『観光ですか?これから知事が出てきて握手会やりますからぜひ参加してください。』と言われました。なんたる偶然!!これは参加しないと!
出てきました。東国原知事です。ものすごい数の観光客に囲まれてもみくちゃです。
ちょうどわたしの目の前を通過してくれました。
握手と、ご利益があるというおでこタッチに成功しました。笑

たまたま行った県庁で知事に会えるとはラッキーでした。
県庁の守衛さん、写真を撮ってくれたりホント親切でした。ありがとう!

それにしても宮崎にいるときはこんなこと毎日やってる知事は大変ですね。偉いです。

というわけで宮崎旅行は初日から上々の滑り出しだったのでありました。

宮崎旅行1日目前編 ~ムダに大移動~

今日から一週間の宮崎・沖縄旅行開始。

朝3時起床し、4時出発。クルマで瀬戸大橋を渡り、岡山空港へ。
自宅から1時間ちょっとで行ける上に空港の駐車場無料なので最近良く利用している。
ただ、瀬戸大橋と高速の料金が5千円ほどかかるのがネック。
土日は割引で半額になるけど、平日はETC割引のみ。せめて3千円ぐらいにしてくれないかなぁ。

5時過ぎに岡山空港着。チェックインは6時15分からなのでしばし仮眠。
チェックインのときに『今日は乗り継ぎいっぱいあるようですが、荷物はどこまで運びましょうか?』と聞かれる。「宮崎までお願いします。」

WEBチェックインなので、セキュリティでカードをタッチすると、控えの紙が乗り継ぎの便の分までゾロゾロと出てきてビックリ。乗り継ぎだとこうなるのか・・・

岡山→羽田は順調なフライト。
富士山がキレイに見える。

羽田で1時間待ち。朝食をとる。
いつもはモノレール乗ってそのまま実家に帰るのに変な感じ。
伊丹行きのB777

伊丹は10分ほど遅れて到着。次の宮崎便は1時間半待ちなのでちょうど良い。
伊丹から宮崎へはJACのボンバルディア DHC-8-400 通称Q400。
飛行機へは歩いて搭乗。ブラジル以来だなぁ。

初めて乗ったQ400。なんか狭くてバスみたい。今日はお客さん少なくて一人で2席使えたからいいけど、2人掛けだとキツいかも。
定刻どおり伊丹を離陸。離陸時に地面が近いのでものすごくスピード感がある。離陸のGもすごく感じた。
そういえば、プロペラ機に乗ったのは初めて乗った飛行機の三宅島行きのYS11以来。
窓のすぐ横がプロペラなので振動がすごい。なんかジェット機と違ってプロペラ機は「飛んでる」感じが実感できておもしろい。
大阪湾の入り口 友が島水道。左が和歌山。右側が淡路島
徳島上空を通過。ほんの数日前にここで仕事をしていたかと思うとおもしろい。
伊丹を離陸後、淡路島→徳島と通過してあとは雲の中。四国のど真ん中を通って宮崎へ向かいます。
「無事」宮崎に着陸。またまた歩いてターミナルへ。
高知空港での胴体着陸をはじめ、悪名高いボンバル機ですが、「今日は」無事足も出て計器の不具合もなかったようです。
というわけで朝4時出発で高松→岡山→羽田→伊丹→宮崎とムダに大移動したわけですが、乗り継ぎも順調でさほど疲れもなく無事昼過ぎに到着しました。

宮崎へは瀬戸内方面からは直行便はないので新幹線で小倉から特急に乗り換えるか、クルマで大分にフェリーで渡るかという選択になりますので、伊丹を経由した点を除いて羽田経由は時間的にはさほどムダなルートでもないのかなと思いました。

続く

The last Pref.

ただいま一泊二日の出張中です。
この出張から帰ったら明日から振休消化で一週間お休みです。

当然(笑)、旅行に出掛けるわけなのですが、

今現在、今年のJALの搭乗回数が33回、FLY ON ポイント(マイルを基準として国内2倍、中国1.5倍、海外1倍のポイント)が36000ポイント溜まってます。
12/31までに50回乗るか、50000ポイント貯めると来年度は特典いっぱいのサファイヤ会員となり、さらにJGCのお誘いも来ます。
これだけ飛行機に乗ることも今後はないでしょうから、今年はこれを目指してみることにしました。

50回狙いよりも、50000ポイント狙いの方がラクそうなのであと14000ポイント獲得する方向で旅行の計画を立てました。
このポイントを貯めるために、羽田⇔大阪とかを単純にピストン往復する人もいるようですが、それも味気ないのでわたしは旅行も兼ねて貯めることにしています。

当初はハワイ(5000ポイント)でも行こうかと思ったのですが、どうも1月からサーチャージが安くなりそうなので今行くのはもったいないかなと思い、国内旅行にすることにしました。
そこでどこに行くかなんですが、以前にも書いたことがありますが、
この地図は日本地図ぬりぬり で作りました。

緑が行ったことがある県でそこで宿泊したり、食事したり、観光した県
黄は陸路で通過のみ 山形 新潟 岐阜 佐賀 
赤はまったく行ったことがない県 宮崎

というわけで宮崎だけまったく行ったことがなく、残りひとつの宮崎だけ行けば、47都道府県踏破完了なので宮崎に行くことにしました。

フツーにいく場合、クルマで行ってフェリーで九州に渡るのがベストなのですが、JALのポイントを貯めるため、ちょっと遠回りして行くことにしました。

まずは瀬戸大橋を渡り、岡山までクルマで行って
岡山→羽田→大阪→宮崎と飛行機で移動。
現地では2泊して中日はレンタカー。

復路は、
宮崎→大阪→羽田
でこれでもポイントが溜まらないので
つい先日行ったばかりですが、
羽田→那覇で沖縄行っちゃいます。
那覇で一泊してオープンしたてのマイミク海人さんのカレーをいただき、

翌日は
那覇→久米島
久米島で1泊してのんびり。

翌日久米島→那覇
那覇で1泊。

翌朝
那覇→羽田 実家泊

翌日
羽田→岡山 自宅戻り

というプランです。
これで10000ポイントほど溜まり、あとは年末の帰省がらみで50000ポイント達成です。

まぁこんなムダ旅行、今後一切することはないでしょう。笑

あ、黄色の通過のみの新潟、山形、岐阜、佐賀も行って47都道府県完全制覇を目指さねば!!

沖縄旅行記1日目 ~牧志公設市場~

前の週にタイから帰ってきたばかりですが、沖縄に行ってきました。
この旅行は二ヶ月ほど前から計画していまして、旅行にほとんど行っていない母といっしょに行くことになりました。

最初は格安のツアーにしようかと思ったのですが、わたしも母も団体行動が嫌いなので割高でも自由度の高い個人計画にしました。
飛行機のチケットは事前に先特で押さえたので片道ひとり16000円と格安でした。やはり便数の多い路線はいいですね。

昼過ぎの便で羽田から那覇へ。那覇までは2時間45分のフライトです。
いつもの高松や岡山は1時間ほどのフライトですからやっぱり距離がありますね。

沖縄は10年ほど前、学生のときに行ったことがありますが、このときは大学の実習で船で行ったので飛行機で行くのは今回が初めてです。

那覇に着くとムアっとした暑さにびっくり。
バンコクやマニラに飛行機で着いたときと似ています。
東京は20度でしたのでさっそく南国を実感しました。

ゆいレールで国際通りのホテルへ。モノレールは2両編成と短く、途中で下校の高校生がいっぱい乗ってきてぎゅうぎゅう詰めになりました。荷物が大きかったので降りれなくなるかとちょっと心配でした。

今回の初日の宿はちょっとリッチにホテルJALシティ那覇にしました。
といっても朝食込みのプランでツインで16000円でしたのでリーズナブルでした。
国際通りの真ん中に建っていて立地は最高です。

チェックイン後、シャワーを浴びて国際通りから一本入った牧志公設市場へ。
ここは1階で魚や肉などを買うことが出来ます。沖縄のカラフルな魚いろいろ。
2階は食堂になっていて1階で買った食材を持っていくと500円で調理してくれます。
なかなかナイスなシステムです。
イセエビと沖縄の魚のお造り。鮮度がいいです。
刺身にしたイセエビの頭は味噌汁にしてくれました。いいダシ出てます。
ハリセンボンのから揚げ。ふぐのから揚げに似てます。
骨から身をこそぎ落とすように食べます。ビール(もちろんオリオン)のつまみに最高です。
持ち込んだ食材以外にも沖縄料理のつまみもいろいろあります。
やはりゴーヤチャンプルは王道ですね。
ミミガーの和え物 これ好きなんですよね。
てびち。豚足の煮物です。トロトロに煮えてます。
てな感じの充実のつまみでオリオンビール、泡盛がすすむすすむ。

食後は腹ごなしに国際通りの端から端までショッピングを楽しみました。

続く。

沖縄より無事生還

三泊四日の沖縄旅行でしたが、あっという間に本日最終日を迎え、無事帰ってまいりました。
今夜は実家に泊まり、明日はまた飛行機乗って自宅に帰ります。

今夜もダイヤルアップなのでブロード環境に戻ったらレポートしたいと思います。

昨日の夕方、残波岬にて
残波岬灯台 沖縄で一番高い灯台らしい。日中は昇ることも可能。
残波岬から見た夕日
拡大!タムロンの300ミリにて撮影。手ブレ補正も良く効いて、いい感じで撮れました。

沖縄に来てます。

先週タイから帰ってきたばかりでタイ旅行記も完結していないのですが、今日から母と二人で三泊四日で沖縄旅行です。

昼の便で3時間弱のフライトで那覇着。
関東は初霜のニュースもありましたが、沖縄は気温28度です。
同じ日本とは思えないぐらい暑くて汗だくになってます。
今夜は国際通り沿いのホテルで一泊です。

さっそく国際通りのそばの市場に行って刺身や沖縄料理を食べてきました。
イセエビほか刺身盛り合わせ。鮮度バツグンです。
テビチー 豚足の煮物 酒がすすみます!!
沖縄は10年前にも一度来てますが、いろいろと見るもの食べるもの新鮮で初日からホントおもしろいです。
サーチャージが高騰する現在、サーチャージがかからない沖縄が一番お得な旅行先かも知れませんね。

明日からはレンタカー借りて沖縄の史跡めぐりとちゅら海水族館、宿はリゾートです。

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
旅行 (200)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (67)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (348)
酒・飲み物 (49)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (319)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (3)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (108)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (37)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード