2017-02

ベトナム・ナゾの宗教カオダイ教を見学

クチトンネル見学のあと、向かったのがタイニンという街にあるカオダイ教という宗教の総本山。

カオダイ教は非常に変わった宗教で儒教、道教、仏教、キリスト教、イスラム教の五つの宗教をごちゃまぜにしてひとつにまとめたというベトナムの新興宗教だそうである。
正門から総本山の建物へ向かう広大なアプローチ。
かつてはこの場所まで信者であふれかえっていたらしい。
総本山の建物
総本山の入り口。彫刻が立派。
総本山のサイド。奥行き100メートルぐらいある。
総本山の裏側にあるカオダイ教幹部の墓の周辺。
植え込みのレイアウトがおもしろい。
クツを脱いで総本山の内部へ!!
内部は礼拝堂になっている。これまた彫刻がすごい。
これが御神体の目ん玉。まゆげつきなのがすごい。
この目ん玉は「天眼」と呼ばれていて「宇宙の原理」「宇宙の至上神」の象徴だそう。
目ん玉もとい御神体の裏側。宇宙をイメージしているのがよくわかる。
礼拝が始まる。朝から深夜まで1日4回礼拝があるらしい。一度の礼拝で数時間かかるらしい。
もともとの宗教によって着る服の色が違うらしい。青はキリスト教だったかな?
お経にあわせて数百人の信者が一斉に頭を下げたりするのが見事。
ただ、よく見ると信者のほとんどが老人。ガイドによると若者の信者は少ないという。
スポンサーサイト

ベトナムで食ったうまいもの


すっかり遅くなりましたが、ベトナム旅行のときに食べたうまかった料理いろいろです。

まずは海鮮系
海辺の市場、貝やカニが生きたまま売られてます。
ボイルハマグリ。ビールのつまみにぴったり
海鮮鍋。うまみたっぷりでご飯も進みます。
象耳魚(オスフロネームスグラミー)のから揚げ。海鮮系というか川魚系。
海鮮系かき玉スープ。とろ~としてておいしいのです。
ベトナムといえばエビ。ちょっと郊外行けばそこらじゅうエビの養殖場です。
肉料理系
肉と野菜(オクラ?)の炒め物。これもご飯が進みます。
肉と空芯菜の炒め物
ひき肉入りのスープ
フォー
ベトナムといえばフォー(米の麺のうどん)牛肉ダシがとてもうまいです。
こちらのチェーン店系のフォー
こちらは屋台のフォー。もやし、香菜入れ放題!
小麦急騰の日本でフォー専門店作って安く出したら絶対儲かりそうな気がするんですが・・・
フランスパン
ベトナムはフランスの植民地だったこともあり、フランスパンはポピュラー。
これがどこで食べても皮パリパリ、中しっとりでおいしいのなんの。
海外で食べるパンはたいていおいしくないので、ベトナムのフランスパンのうまさにはホントびっくり。
ビール
ベトナムでポピュラーなビール三種類。
左からアジアでおなじみタイガー、真ん中ベトナムのビール333、右はおなじみハイネケン
ホテルの屋上のレストランにて夕涼みがてらビールを飲む。
実は夕立接近中。

てなわけでメシだけはうまかったです。

ベトナム・クチトンネル

ベトナム旅行も最終日。
日本に帰る前にクチトンネルのツアーを申し込みました。
クチトンネルとはクチという街にあるベトナム戦争のときにベトコンゲリラが作ったトンネル網なのです。
当時のトンネルに実際に入ることができる。とても狭いが、これでも観光用に広げてあるという。
身体の大きなアメリカ兵が入ってこれないようにトンネルの入り口はとても小さく作られいる。
落ち葉でカモフラージュすると、入り口はまったくわからない。
一見アリ塚に見えるが、実はトンネルの換気口。

地雷で爆破されたアメリカ軍の戦車。大砲の先端の丸い傷は機銃で撃たれた跡らしい。
ブービートラップいろいろ。踏み抜くと足に矢が刺さる。
身体中に矢が刺さりながら落ちていく落とし穴。
挟み撃ちにされる落とし穴。
いや~こういうトラップでジワジワとなぶり殺しにされるぐらいなら一思いに銃で撃ち殺されたほうがいいですねぇ。
こういったトラップの矢や地雷はアメリカ軍の不発弾から作られたという。
不発弾を加工している当時の再現人形。
銃の弾屋さん?
そうなんです。ここはいろんな銃の試し撃ちができるのです。
一発1.2ドルで最低五発から撃てます。
ベトナム戦争当時のベトナム軍の主力銃AK47カラシニコフをチョイスしてみました。
銃を撃つのは今回が初めてです。
耳当てをつけてレクチャーどおりに引き金を引くと・・・
ズドオオオン!!すごい音と反動です。そして火薬の臭い。これが硝煙ってやつかと思いました。
カラシニコフはパンパン!と独特の乾いた音がするなんて話を聞いてましたが、実際にはぜんぜん違いましたね。
高校のころ流行った『右向け左』という自衛隊のパロディ漫画がありましたが、その中で上官の話を聞かないバカ隊員坂田が銃座を肩に当てずに撃って肩を脱臼するシーンがありましたが、今回体験してみてそうなるだろうなぁとよくわかりました。
それにしても、ホントにこんなの持って走りながら撃てるんですかね?
とてもムリだと思いました。
ついでにマシンガンも撃ってみないか?とオススメされました。
でも、これ全部撃つといったいいくら取られるかわからないのでやめときました。

銃を撃つのは今回が初めてだったわけですが、ホントに人を殺せる代物なんだなぁと実感しました。

というわけでベトナム戦争当時の雰囲気を感じてきたわけですが、ベトナム人って実に賢い戦いをして戦争に勝ったんだなぁと関心させられました。
それにしてもアメリカってAWAYの戦いが好きなんですなぁ。

ベトナム・メコンデルタツアー

ベトナムを流れる大河メコン川の河口付近のメコンデルタのツアーに行ってきました。
今日のツアーは混載でわたし以外に二組四人といっしょでした。
おかげで通常料金で案内してもらえました。
ホーチミンから車で二時間弱でミトーというメコンデルタの街に到着。
ここからはモーターボートで移動します。
やっぱり浮いてたホテイアオイ ホントでっかいです。
メコンデルタの中洲にある遊園地?と思いきや、ここはココナッツ教という宗教の寺院。
ココナッツ教はヤシの実以外の食べ物は食べてはいけない宗教。水ですら飲んではダメでココナッツジュースを飲んで三年耐えると一修行になるという。
メコンデルタの島のひとつに上陸。
ココナッツキャンディーを作っている。
ココナッツキャンディーの島にはあらゆるフルーツの木が生えている。マンゴスチンの木を初めてみてちょっと感動する。
この木はジャックフルーツ。
雑草?と思いきや、この葉っぱは中華料理でよく出てくる空芯采。
空芯采は水辺に良く生えているいわば水草のような植物らしい。
日本では秋口になると中華料理屋に登場するが、ベトナムでは一年中自生しているという。
馬車で移動。暑いのにすみませんね~ 道端にはドリアンが!!
中州の島の村で出てきたフルーツ各種。
左上からリュウガン、バナナ、パインアップル、ザボン、パパイヤ。
リュウガンとザボンを初めて食べる。リュウガンはライチ、ザボンは大味の柑橘系。
今度はおばちゃんの手漕ぎ船で水路を下る。
このとき初めてベトナムの三角帽子をかぶってみたが、これが軽くてなかなか涼しい。あとで思わず買ってしまった。
メコンデルタの空。雲が実に夏らしい。
ミトーの街に戻り、レストランへ。この街名物の『象耳魚」を食べる。
身を取って野菜ともに生春巻きとしていただく。
『レストランの奥に生きた象耳魚がいるので見て帰ってください』とのことだったので食後に見に行ってみる。果たして象耳魚とはどんな魚なのだろうか??
象耳魚の正体とは・・・
うわ!グラミーじゃないですか!それもでっかくなるオスフロネームスグラミー!!
エラブタが『象耳』なんですかねぇ?
いや~それにしてみアマゾンのピラルクー、コロソマといい、今回のグラミーといい、世界の熱帯魚を食べてますなぁ。次はナイルパーチでも食べてみようかな。
オスフロネームスグラミーも最近は天然モノが激減しており、養殖が盛んだそうです。
その養殖の一部が日本に熱帯魚として来ているのかなぁ??
オスフロネームスグラミーといっしょの水槽に入ってたプレコと、池で鯉といっしょにいたアルビノブレコ。もうここはいったいどこなんでしょう?

といったツアーでありました。
なかなか楽しめましたよ!メコンデルタはベトナムのツアーではオススメです。

ベトナム・マングローブの森ツアー

マングローブの森を訪れるツアーに申し込んでみました。
GW明けとあってか客はわたしだけの貸切でした。
まずはフェリーでサイゴン川を渡ります。
川に浮いているのは全部ホテイアオイです。でっかいですねー。
サイゴン川の河口付近のマングローブの森に到着です。
なんとこの一帯のマングローブはベトナム戦争で枯れ葉剤と爆撃よりすべて枯れてしまったため、戦争後にすべて植樹されたものだそうです。
こんなボートに乗ってスリル満点の水路めぐりをします。
この水路、自然にできたものではなく、ベトナム戦争のときに作られた水路だそうです。
とてもクネクネとしています。このクネクネをボートで駆け抜けるのは爽快です。
アメリカ軍のボートが入ってこれないようにあえて水深は浅くしてあるそうです。
ベトナム戦争当時を再現した人形。水雷を設置中だそうです。
サルをはじめ、いろんな動物がいます。
ワニの養殖池。ハンドバッグや財布などになるそうです。汗
ベトナムの海岸。週末にはホーチミンから来る若者でいっぱいになるそうです。
サイゴン川の河口付近のため、濁っていてあまりキレイな海ではありません。
日本で言えば、湘南あたりかな。

ベトナム・ホーチミン到着

飛行機は徐々に降下を始め、眼下にはホーチミンの夜景が見えてきた。
夜景の色合いは国によって違うから面白い。
ホーチミンはオレンジ一色のようだ。

雨のホーチミン空港に結局30分遅れで着陸。飛行機の前を車が走っている。
どうやらホーチミンの空港は車に先導されてスポットインするらしい。

イミグレーションはほとんど並ばず、荷物もすぐ出てきて税関もノーチェックで通過。
これほどスムーズな入国も珍しい。
100ドルを両替。155万ドンになる。インフレのためかすごく額になる。

空港からホテルまではツアー会社に送迎を頼んだ。
タクシーで10ドル以下で行けるらしいが、入国した空港から乗るタクシーはどこの国もトラブルが多いので40ドル払って送迎を頼んだのである。

ホテルまでは20分ほど。
それにしてもバイクの数がすごい。マニラ、シンガポール、クアラルンプールとアジアのいろんな国の大都市に行ったが、これほどまでのバイクは見たことがない。
ガイドによるとホーチミンは人口800万人に対し、バイクの数は400万台。子供以外の大半がバイクを持っているという。しかもバイクのほとんどがホンダのスーパーカブ。
ベトナムではバイクをホンダと呼ぶらしい。
バイクも車も運転はめっちゃくちゃ。これほど荒れた運転も始めて。
こりゃすぐ事故るんじゃないか?と思ったら、案の定、乗っていた車が前の車と接触。
ちょっとした接触は気にしないらしく、双方とも車を止めない。

うわーすごいとこに来てしまったなぁと思っていたらホテル到着。
感じのいいホテルマンがわかりやすい英語で対応してくれた。
ネットで予約したときに発行されたクーポンを提出してチェックイン完了。
パスポートと出国カードも預けた。
ちょっと古いが落ち着いたホテルである。深夜の到着のため、速攻で就寝。

ベトナム・ホーチミンへ

お待たせしました!ベトナム旅行レポートです。

今回海外旅行に行くことにしたきっかけは、たまたまJALのホームページでテキトーに予約を入れてみたりしてたら、非常口座席が予約できることが判明。空席さえあれば目的地がどこであれ非常口座席に座れるようだ。
どうやら、昨年のブラジル旅行の副産物、クリスタル会員になったおかげらしい。
ブラジル旅行のあと、「次回は近場のアジアで」と決めていたので、前から一度行ってみたかったベトナムに決めた。

よくよく思い出してみると、わたしはパック旅行というのに一度も行ったことがないことに気づいた。わたしの海外旅行はたいてい現地の知人を訪ねるパターンである。

今回は現地のベトナムに知人はまったくゼロで初めてのパターンであったが、パック旅行はつまらなそうなのと向いてなさそう(団体行動が嫌い、というか団体行動ができない人との行動が嫌い)なので飛行機のチケットはJALのホームページで直接購入し、ホテルはネットから予約を入れた。
当初は、島から羽田経由で当日直接行こうと思ったのだが、調べてみたら、国内の空港から通しで海外までチケットを直接買うより、バラで買った方が安いことが判明。しかも通しだと往路も復路も東京での滞在が24時間以内に限定されている。

こりゃバラで買って一旦実家に帰ったほうがいいやということでベトナム出発の前日と帰国した日を実家で1泊ずつすることに決定。この時点でチケット総額10万を超える。

島出発で韓国経由の旅行会社のベトナムパックツアーの方が断然安い。

ホテルの予約もネットのサイトで様々。同じホテルなのに数千円の開きが出てくる。
最低価格補償のところを探して予約完了。

ガイドブックを読み漁り、現地の日帰りツアーがよさそうなので何件か予約を入れた。GW明けということでほとんど一人だけの貸しきりツアーになりそうだとのことであった。

といういい感じで準備をし、出発当日を迎えた。

実家から成田空港は1時間以内で着くのでこれだけは便利だなぁといつも思う。
空港に着くと、GW明けだが、わたしのようなGW明け出発組はそこそこいるようで多少は混雑していた。いつもはチェックインでしばらく並ばされるのだが、ブラジル旅行の副産物クスリスタルカードの特典でチケットはエコノミーでもビジネスクラスのチェックインカウンターが利用できるのである。
写真のとおりガラガラのビジネスクラスのカウンター。こりゃ楽だわ~
毎度お約束の行き先電光掲示板。これを見ると海外行くんだな~っていつも思う。

300ドルほど両替して、セキュリティチェク、出国審査を通過。
出国のスタンプは変なところに押されてしまった。前回のブラジルの続きで押してほしかったんだけどな~

今回の機材はB767 マレーシア行ったときもこの機材でした。
飛行機へ搭乗開始。これまたクリスタルカードの特典で優先搭乗でビジネスクラスの人たちといっしょに搭乗できる。
ブラジル行ったときみたいに長蛇の列に並んだり、機内の頭上の荷物入れの取り合いになったりしないので非常にラクチン。
国内線ではほとんどメリットないクリスタル会員だが、国際線だと非常に効果を発揮してくれる。
席は非常口のところの窓側。前に1メートルほどの空間がある。こりゃ圧迫感がなくていい。さらに隣の席との仕切りがしっかりしているので隣の席が他人でもさほど気にならない。
こりゃエコノミーでもラクチンラクチン。

8割ほど席が埋まり、離陸、と思ったらなかなか離陸しない。
出発する飛行機で込み合っているらしい。

30分ほどかかってようやく離陸。
フライト時間は5時間ちょっと。アマゾンの30時間を考えれば実に楽勝。
ビールを飲みながら機内食を食べ、映画「釣りバカ日誌」を見入る。
ちょうどこないだいったばかりの柏島が舞台になっていた。
映画を見た後はぼーっと半分寝たような状態で過ごす。

ホーチミンまであと少し。
続く。

無事帰国

今朝方、無事帰国しました。

それにしても日本寒すぎ!
五月なのに気温9度とはびっくりです。
ほんの数時間前は35度だったのに!

てなわけで今日は朝から実家で爆睡しておりました。

あーなんだかこの休暇は自分自身の海外での戦闘力は上がったけど全然癒されなかったなあ。

明日の夜は日本でもベトナムチックな島に帰ります。
明後日からいよいよ仕事再開です。ヤダなぁ。

ベトナム最終日

レイトチェックアウトの問題はようやく決着しました。
やっぱりこちらの予約は間違いはなく、レイトチェックアウトが認められましたが、ホテルのフロントはごめんなさいの一言もありませんでした。
仕返しに部屋でドリアン食ってやろうかと思いましたが、チェックアウト時に罰金取られるのもアホらしいのでいまのところやめておいてます。

今日は、ベトナム戦争の戦跡であるクチトンネルに行ってきました。
クチトンネルは戦時中にベトコンが掘った地下トンネル基地で、現在は中に入って体験できるのですが、非常に狭く暑苦しかったです。

銃の試し撃ちコーナーがあって、米軍のマシンガンからいろいろありましたが、わたしはAK47を撃ってみました。弾は5発で10ドルほどです。
初めて銃を撃ちましたが、ものすごい音と反動があるんですね。
あんなの持って走りながら撃ったり本当にできるんですかね??

その後は変わった宗教の礼拝を見学しました。
これも帰国後に写真を公開したいと思います。

さて、これからシャワー浴びてレイトチェックアウトして、ちょっとよさげな晩飯を食って空港に向かい、明日の朝、成田着の予定であります。

ホーチミン五日目

昨夜からホテルのフロントと英語で格闘中です。

今夜、深夜の便で帰るのでレイトチェックアウトをネットで予約していたのですが、予約されていない、そんなお金はもらってないとフロントは言い張るのです。
すでに料金はネット上で決済済みなんですが・・・
ネットで予約した際の予約状を印刷しておいたのでそれをもとにずーっと交渉中です。
結果は今朝わかるらしいですが、ホント疲れました。

ホーチミン四日目

今日はツアーでメコン川の河口の三角州・メコンデルタに行ってきました。
ボートに乗って川を渡ったり、おもしろい魚を食べたりなかなか楽しいツアーでした。

おもしろい魚の正体は帰国後に公開したいと思います。

ツアー解散後、街歩きしていたら台風クラスの夕立に巻き込まれ、ズブ濡れになりました。

明日はベトナム戦争のときにトンネルがあるクチに行きます。

そして夜の便でようやく帰国です。
こんなに帰国が待ち遠しい海外旅行は人生初です。

ホーチミン三日目

今日はツアーで海辺にマングローブの森を見に行きました。
ジャングルの水路をボートで駆け抜けるのはなかなか楽しかったです。

それにしてこの街、すべてがぼったくり。
タクシー乗っても、メシ食っても、スーパーで買い物しても必ず料金やお釣りをごまかそうとしてきやがります。一瞬たりとも気が抜けません。

早くも帰りたくなってきました。
って明後日には帰れるからいいんですが。

ホーチミン二日目

今日は申し込んでいたツアーがキャンセルになり、終日自由行動で街をブラブラ。
バイクの数がすごい。交差点を渡るのにもすら苦労する。
なんか四国をそのまま外国に持ってきた感じだなぁ。

無線LANの調子がイマイチ。ブチブチ切れまくりで画像がアップできません。
もとのネット自体が追いのかも。

明日はマングローブのツアー行ってきます。

ホーチミン到着

六時間着のフライトで無事ベトナム・ホーチミンに到着しました。
そういや、初の社会主義国訪問だったりします。

でもこうしてフツーにインターネットできるのがすごいですね。

詳しくは明日から書きますね。おやすみなさい

成田より

これからベトナム・ホーチミンに向けて飛び立ちます。
一応ネット使用可の宿なのでブログ更新できそうだったら現地から生中継いたしますのでどうぞお楽しみに!

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
旅行 (199)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (66)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (344)
酒・飲み物 (49)
日常 (175)
ネタ (182)
ニュース (236)
船 (309)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (2)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (107)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (35)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード