2017-03

銅像コレクション第12弾!~タロ・ジロ~

久しぶりの銅像コレクションです。

名古屋港に行ってきました。
名古屋港には

南極観測船『ふじ』が係留・展示されています。
そして、その前にいるのが
4040302.jpg
南極観測犬のタロとジロです。
タロとジロは南極観測隊に他の22頭といっしょに南極に連れて行かれ、南極に一年置き去りにされましたが、奇跡的に生き残っていた2頭の樺太犬です。
4040303.jpg
こちらがタロで、
4040304.jpg
こちらがジロです。
って違いがよくわかりませんが・・・
このタロとジロについて何度かドラマ、映画化されていますが、この『南極物語』は小2のときに映画館に見に行った記憶があります。
わたし的には『ドラえもん のび太の大魔境』に続き、人生二度目の映画だったりします。笑

タロとジロの銅像は南極観測船『ふじ』の前にありますが、実際、タロやジロを運んだのは『宗谷』だったりします。
ですので、東京・お台場に係留・展示されている『宗谷』のそばに銅像があるほうが本当は良いかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

銅像コレクション第11弾!~山内容堂~

土佐の殿様と言えば、山内容堂でしょう。

高知には、やはり山内容堂の銅像があります。
3030601.jpg
大政奉還を慶ぶ山内容堂公像です。
アップ
3030602.jpg
酒好きだっだだけに銅像もやっぱり酒飲んでます。笑

明治維新の際に、一瞬だけ明治政府の役人になったらしいですが、かつての家臣といっしょに仕事してらんねー。とすぐやめちゃって、酒浸り、芸者呼びまくりの生活を送り、資産のほとんどを使い切り、最期は酒飲み過ぎで脳溢血で死んだらしいです。

今で言えば、社長だったのに定年退職後に平社員扱いになり、やってられないのでキャバクラ通いを始め、貯金を使い果たし、挙句の果ては酒飲み過ぎで死んじゃった。ってとこでしょうか。

まぁこういう死に方は酒好きにとっては本望でしょう。
この山内容堂象は高知の山内神社というところにあります。
3030603.jpg
その名の通り、土佐山内家を祀る神社です。
3030604.jpg
こちらが本堂です。
3030605.jpg
やっぱりお供え物は酒ですね。
土佐鶴のCMにも登場しています。以前は「酔って候の殿様」として登場していましたが、最近はストレートな表現は避けているようです。
3030606.jpg
亀石という岩です。
甲羅も頭もよく出来てます。

銅像コレクション第10弾!~岩崎弥太郎~

今日は出張で高知に来ました。

高知に来るのもこれで最後になりますので、岩崎弥太郎の銅像を見に行ってきました。
3030501.jpg
安芸市にある弥太郎の銅像です。言わずと知れた三菱財閥の創始者です。
わたしの母校の大学の創設者でもあります。
3030502.jpg
弥太郎のアップです。
3030503.jpg
弥太郎右側より
3030504.jpg
弥太郎の後ろ姿です。
岩崎弥太郎と言うと、昨年NHKで放映された大河ドラマ「龍馬伝」の香川照之演じる弥太郎のイメージが強いですが、やはり世渡り上手な人物だったようですね。

銅像コレクション第9弾!~高知城の銅像コレクション~

先日、高知城でコレクションした銅像です。
高知城には3体の銅像がありました。
101501.jpg
土佐藩初代藩主山内一豊です。
大河ドラマ『功名が辻』の主人公でもあります。
高知城を築城したのも一豊です。
101502.jpg
山内一豊の妻の見性院です。
『功名が辻』では千代とされましたが、その名前が正しいかどうかわからないそうです。
名馬を一豊に送った話は『内助の功』として有名ですね。
そのエピソードがあってか銅像は一豊も千代も馬といっしょです。
101503.jpg
板垣退助です。
明治維新の頃の土佐藩士のひとりですが、明治時代の自由民権運動の主導者として有名です。
暴漢に刺されたときに、「板垣死すとも自由は死せず」と叫んだというエピソードがありますが、実はそのときには死んでいなかったりします。
さすが歴史的に有名な街にはいいキャラ(銅像)が揃ってますね。

四国撤収前に岩崎弥太郎あたりもコレクションしたいと思ってます。

銅像コレクション第8弾!~鹿児島の銅像コレクション~

先日の鹿児島旅行でコレクションした銅像たちを紹介したいと思います。

まずは、言わずと知れた、
西郷隆盛です。
西郷隆盛像のすぐそばにあるのが、
081701.jpg
薩摩藩家老の小松帯刀です。
照国神社にあります、
081702.jpg
薩摩藩主 島津斉彬です。
島津斉彬はわたしが好きな人物です。
同じく、
081703.jpg
島津久光です。
斉彬の弟ですが、こいつは嫌いです。銅像も狡猾そうな顔をしていますね。
さらにもう一体、
081704.jpg
島津忠義です。
久光の息子です。この人は知りませんでした。汗
ザビエル公園にて
081705.jpg
真ん中が、キリスト教を日本に伝来したフランシスコ・ザビエルです。
左が日本人初のキリスト教信者ヤジロウ、右側は日本人初の洗礼を受け、ヨーロッパに留学したというベルナルドです。
081706.jpg
胸像もありました。先ほどの銅像とはだいぶ顔が違いますね。
鹿児島中央駅のそばの川っぷちにあります、
081707.jpg
大久保利通です。
鹿児島中央駅前にあります、
若き薩摩の群像です。
江戸時代末期に密出国して海外留学した17人の薩摩藩士の銅像です。
ちと、やりすぎ感がありますね。汗
ブラブラしていたら、たまたま見つけました、
五代友厚です。ダンディ坂野ではありません。(笑)
また、焼酎の五代とは関係ないそうです。


塩浸温泉にあります、
新婚旅行中の坂本龍馬と妻のお龍です。
まさに今がトレンドです。(笑)
というわけで、鹿児島は銅像の宝庫でした。
さすが歴史上の人物をたくさん輩出している土地ですね。

一回でまとめてレポートするのがもったいないぐらいです。(笑)

鹿児島の銅像おまけ編に続く・・・

銅像コレクション第7弾!~山田長政~

銅像コレクションも国際化してまいりました。笑
タイ・アユタヤで撮影した山田長政です。
安土桃山時代、タイのアユタヤで活躍した人物です。
日本では関が原の合戦やってるころで、そんな時代に海外で活躍していた日本人がいたとは驚きですね。

日本時間は8時前ですが、バンコクは6時前です。
きっちりこちらの5時半に目が覚めてしまい、まだ真っ暗です。
時差2時間でもやっぱり時差ボケしてますねぇ。

銅像コレクション第6弾!~桃太郎~

久しぶりの銅像コレクション、桃太郎です。岡山駅前にて。
犬とサルとキジに加え、大量のハトをお供にしています。

それにしても鬼退治に犬とサルとキジという動物を連れていくとは人選(動物選か?)悪すぎる!と思っていたら、桃太郎は人徳がなくて誰もいっしょに来てくれず、仕方なく動物を連れて行ったらしいです。

また、『鬼』は実は瀬戸内の島に住み着いた外人の海賊だったみたいですね。

銅像コレクション第5弾!~祖谷の小便小僧~

徳島の山の中、祖谷渓谷にある小便小僧の銅像です。
小便小僧.jpg
別に水も出てないし、ただの小便小僧の銅像なんですが・・・

え゛? 
小便小僧2.jpg

 


え゛え゛?

 

小便小僧3.jpg

 


え゛え゛え゛? 
小便小僧6.jpg

 


え゛え゛え゛え゛~???? 
小便小僧4.jpg

そうなんです。この小便小僧は断崖絶壁の岩の上に立っているんです。

もともと、この岩の上に立って小便をするのが地元の人の肝試しになっていたそうです。

ちなみにこの銅像、徳島の大学の先生が自分の子供を裸にしてそれをモデルに作成したそうです。

銅像コレクション第4弾!~中浜万次郎(ジョン万次郎)~

高知県足摺岬にある中浜万次郎(ジョン万次郎)の銅像。
それにしても高知県の岬には必ず誰かしらの銅像があるのがスゴイ。

ジョン万次郎.jpg


幕末に足摺岬の近所の中浜村に生まれた漁師の万次郎は漁で遭難。
運よくアメリカの捕鯨船に助けられ、アメリカにわたり、英語や航海術などを学び帰国。
当時、海外から戻った日本人は殺される運命だったが、当時の薩摩藩主の島津斉彬の計らいで無事帰国を果たす。その後は西洋の造船術を伝えたり、幕府の通訳として活躍。

激動の時代にこういう人物が都合よく現れるのが歴史のスゴイところだとつくづく思う。

銅像コレクション第3弾!~武市半平太~

これまた高知県の横浪というところにある武市半平太の銅像です。

武市半平太.jpg


龍馬、慎太郎と同じく維新キャラ。
土佐藩の家老吉田東洋をぶっ殺した罪で投獄され亡くなりました。
生きていたら明治政府の重要キャラになっていたでしょう。

銅像コレクション第2弾!~中岡慎太郎~

坂本龍馬と同じく高知県の室戸岬にあるのが中岡慎太郎の銅像。

中岡慎太郎.jpg


桂浜にある親友の坂本龍馬の銅像と土佐湾を挟んでお互いを見つめ合っている。と言われているが、とるテレビ番組が本当かどうか測量して確認したところ、互いの視線は大きくズレていて地球を一周してきて岐阜県のあたりで交差していることが判明した。

銅像コレクション第1弾!~坂本龍馬~

なんか旅行に行った先に銅像があると、写真を撮ってコレクションしてしまう癖があります。
というわけで銅像の写真がいっぱいあるんですが、まずは坂本龍馬です。

坂本竜馬.jpg


高知の桂浜にあります。数年前に改築されて立派な銅像になりました。
家紋が金ピカです。ゴージャス!

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
旅行 (200)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (67)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (348)
酒・飲み物 (49)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (319)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (3)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (108)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (37)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード