2017-07

タナゴ釣り2016 四国遠征7日目チバラギ着

『フェリーどうご』で朝、目を覚ますと
8073101.jpg
浦賀水道を北上中でちょうど第二海堡にさしかかった所でした。
自分で操船しているとき、ここを通るとドキドキしますが、お客で乗っている分には気楽です。(笑)
8073102.jpg
朝ごはんは自販機のもので済ませました。
インスタントの味噌汁とライスバーガーです。
8073103.jpg
船内のゲーセン。スロットと賞品が当たるゲームだけなのですが、
賞品の中に
8073104.jpg
なぜんトイレのラジコンがありました。(笑)
これは欲しい!とプレイしてみましたが当たらず残念。(笑)
8073105.jpg
東京東航路の東京ゲートブリッジをくぐります。
8073106.jpg
東京港フェリーターミナルまで戻ってきました。
8073107.jpg
車両甲板。今日は日曜のためか割と隙間がありました。

下船して湾岸の有明からそのまま首都高速に乗って常磐道の柏インターへ。日曜の早朝ということもあってか道路はガラガラ。チバラギの自宅までは45分ほどで着いちゃいました。ハイ。無事帰宅したのでありました。

というわけで予定していたミッション
・徳島でシロヒレタビラを釣る
・高知でタイリクバラタナゴを釣る
・仁淀川と四万十川でヤリタナゴを釣る
・香川でアブラボテを釣る
以上フルコンプリートできてうれしいです。ただ釣りのことだけを考え続けた一週間、実に900キロ走りましたが完璧な結果が出せて幸せです。今回は四国各地を巡ったたため移動が多くちょっと疲れちゃいました。次回は徳島だけ。とか一か所で時間かけて釣ってみたいと思います。それにしても四国に転勤で住んでいた7年の間にこの釣りを知らなかったのが悔やまれます。タナゴ釣りを知っていたらわたしの悪夢のような7年間の四国転勤生活もより良いものになっていたように思います。もったいなかったです。

いやーやっぱり一人旅はラクで癒されます。普段人間関係の濃すぎる船内生活を送っているためだと思いますがたまには一人になる時間も必要ですね。
さて、夕方からはたなきちへ戦勝報告に伺いました。

8073108.jpg
この夏話題の?サッポロラガーいただいちゃいました。おいしかったです。
みんなでひとり一品ずつつまみを作ろうという話になりまして
8073109.jpg
たなきちの厨房をお借りし
8073110.jpg
わたしはイカとアスパラの中華炒め
8073111.jpg
SMさんは唐揚げ
8073112.jpg
shinさんは数の子と昆布といくらと切り干し大根の豪華あえ
8073113.jpg
うまいつまみが揃ってヤバい焼酎が進んじゃいました。
いつもの流れで
8073114.jpg
カワセミのビールで二次会
8073115.jpg
シメはチャーシュー増し増し増しのネパールカレーつけ麺でした。(笑)

shinさん、育房さん、SMさん毎度お世話になりました。ありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ:フェリー・船旅 - ジャンル:旅行

タナゴ釣り2016 四国遠征6日目 徳島からチバラギへ

タナゴ釣り四国遠征もこれで終わり。再び徳島からフェリーでチバラギに帰ります。
昨夜の宿はこちらにしました。繁華街の中にあって一泊4000円とリーズナブルです。
ただ、どう見てもラブホでした。(笑)出入りは自由なんですけどね。
それと駐車場が近所のコインパーキングになるんですが、金曜の夜ということもあってか安いところはどこも満車。
近いところに停めたら一晩で3000円近くかかっちゃいました。涙
8073001.jpg
琴電の後ろのネットかかってる建物が宿です。
フェリーの時間に合わせてちょっと早めに徳島へ。
高速で行ったら高松道と徳島道が繋がっていました。これは便利になりましたね。
早めに着いたので一瞬、ちょっとだけタナゴ釣っていこうかな。とも考えたのですが、
8073002.jpg
タナゴ釣りに夢中になってフェリーに間に合わなくなっても困るのでミニストップのハロハロで我慢しておきました。(笑)
なんだかんだで激ウマ海鮮もさぬきうどんもまったく食べることなく四国を離れることになりました。残念。8073006.jpg
徳島のフェリーターミナルにやってきました。行きは青いカラーの『フェリーびざん』でしたが、帰りは『フェリーどうご』です。カラーはやっぱりみかん色のオレンジですね。(笑)
8073003.jpg
帰りは往復割引で帰りのみ1割引きになります。
8073004.jpg
高速で帰ると高速代が18650円。ガソリン代が5~6千円はかかりますのでやっぱりフェリーはお得です。
何より運転しなくていいのが素晴らしい!(笑)
8073007.jpg
ホントはもう2、3日いたかったんですけどね。この後の予定もあるので致し方ありません。
8073005.jpg
さぁ乗船です。
8073008.jpg
行きに乗った『フェリーびざん』とまったく同じ設計のようです。
ただ、二週間前に就航したばかりなのでどこもかしこもピカピカです。(笑)
8073009.jpg
自販機でチャーハンと徳島名物の金ちゃんラーメン食べました。
8073010.jpg
潮岬付近で日没となりました。
明日の早朝、東京港に入港です。



テーマ:フェリー・船旅 - ジャンル:旅行

タナゴ釣り2016 釣行13回目 四国遠征5日目 四万十川から香川へ 後編

さて、四万十川から香川へ移動開始です。
ここからだと最短コースは高知まわりの高知道になりますが、これまた新しくできた道を走ってみたくて宇和島・松山まわりで行ってみることにしました。
8072913.jpg
四国の景色ってどこか鉄道模型っぽいんですよね。いい感じです。

わたしがいたころにはなかった宇和島の南北の無料高速道路、この道は確かに快適でしたが、相変わらずの法定速度以下のチンタラ運転、どういうわけか追い越し車線が現れると急に車列全体のペースが上がって追い越しさせない意地悪運転にはストレス溜まりまくりでした。そうでした。ここらの道はわたしのなかで四国イチのイライラ道だったのでいつも宿毛や足摺は高知まわりで行ってたんですよね。高知は比較的交通マナーがいいのでストレスが溜まりません。うーん。やっぱり高知まわりにすればよかった。

ストレスも限界に達し、伊予のパーキングエリアで休憩。
8072915.jpg
眼下は松山市街。今回は残念ながら時間がないので愛媛県はスルーします。次回は愛媛のタナゴも探して釣ってみたいですね。
腹も減ったので
8072914.jpg
ラーメンとどんぶりいただきました。
さぁやってきました。香川。最後のミッションのアブラボテ釣りにかかります。
8072916.jpg
事前情報によるとここらあたりで釣れるみたいですがどうでしょうか。
8072917.jpg
ありゃ。タモロコですね。
8072918.jpg
ヌマチチブ!!(笑)
来た?
8072919.jpg
あー今回初のセイヨウタナゴとこギルっ子ですね。
うーん。ここじゃないのかなぁ。あちこち歩き回って、まさかこんなところにいないよなと思いつつ仕掛けを投入したら
8072920.jpg
あら。釣れちゃった!この茶色っぽい感じはアブラボテですよね。人生初ボテ釣っちゃいました!
これでミッションクリアー。まさかのミッションフルコンプリートです。
ただこの一匹が釣れただけで後が続きません。もっと釣れる場所があるハズ。とちょっと移動したら
8072921.jpg
釣れました!ここからは入れ食いです。
8072922.jpg
大き目サイズも釣れました。
って、いいペースで釣ってたのに!!
8072923.jpg
写真ピンボケですが、どういうわけか振り込もうとした仕掛けに飛んできたシオカラトンボが絡みまくり。トンボとのおまつりはこれで人生二度目です。シモリや浮きをエサと勘違いするんですかね?トンボの体に仕掛けグルグルでどうしようかと思ったのですが、仕掛け切るのもイヤですし、トンボ殺すのもかわいそうなので丁寧にほどいてやりました。トンボは無事飛び立っていきました。わたしがあの世に行ったときに『あの時、助けていただいたトンボです。どうぞわたしに乗って天国に行きましょう。』と恩返ししてくれることを祈っております。(笑)
トンボのおかげで大幅ロスタイムでしたが、ボテは釣れまくりです。
8072924.jpg
ビッグワンはこれかな。
近所の人が『何が釣れるん?』と覗きに来ました。「これです。アブラボテ。」『あ~ニガブナかぁ。それワシが子供のころからここにおるわ。昔はここで泳ぎよったんよ。今でもナマズもスッポンもおるよ。』とのこと。あまりによく釣れるので誰か増やした人が放流でもしているのかと思いましたが、昔からここにいるようですね。

さて、これだけ釣れると引き際が問題となりますが夕暮れも迫っているのでキリのいい
8072927.jpg
一束で納竿としました。途中トンボのロスタイムもありましたのでそれを差っ引くと時速80匹ぐらいでしょうか。よく釣れました。
8072925.jpg
全部でこんな感じです。小型中心ですが、中型も何匹か釣れました。
8072926.jpg
なかなかシブいいい色ですね。個人的にはコリドラス・コンコロールみたいで好きな魚色です。

さて、今回の旅は誰とも会わない一人旅のつもりでしたが、大学同期のDと高松で飲みに行くことになりました。最初はDの住む岡山で飲もうと話していたのですが、岡山で国体をやっているそうで宿がまったく取れず高松で飲むことになりました。
8072928.jpg
3年ぶりにやってきた高松。いやー商店街もキレイになりましたねぇ。
ホントは激ウマ海鮮のお店に行きたかったのですが、スタートが遅くて入れず。
8072929.jpg
こちらも四国にいたころよく行った鉄板焼きの店です。まずはこちらで乾杯。
そのあと、行きつけだったバーやスナックなどハシゴ酒。
D君、わざわざ高松まで来てくれてありがとう。

年間通算 タイリクバラタナゴ417匹 年間最高112匹/1日 年間平均46.3匹/1日 年間最高時速33匹
     ヤリタナゴ1匹 オオタナゴ60匹
四国遠征 本日 ヤリタナゴ13匹 アブラボテ100匹 
     通算 カネヒラ、シロヒレタビラ、ヤリタナゴ、イチモンジタナゴ合計179匹 
        タイリクバラタナゴ10匹 アブラボテ100匹

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

タナゴ釣り2016 釣行13回目 四国遠征5日目 四万十川から香川へ 前編

四国タナゴ釣り遠征もいよいよ終盤。今日は四万十川から香川へ移動し、残る最後のミッションのアブラボテ釣りに挑戦します。
ただ、昨日の結果があまりに不甲斐ないので四万十川のポイントを新規開拓してから移動することにしました。

まずは朝ごはん
8072901.jpg
アジの開きですが頭の部分が独特な開き方ですね。
宿を後にし、まずは昨日のポイントへ。
朝はデカヤリ入れ食い!
8072902.jpg
なんてことはなくやはりハゼが釣れまくるだけでした。
8072903.jpg
河原ののぼりに『ゴクローサン』って言われちゃいました。(笑)
やはり四万十川は本流系は難しそうなので支流系を攻めてみることにしました。
8072904.jpg
テキトーにGoogle Earthで見て来てみたポイントですがどうでしょうか。
8072905.jpg
うーん。やはり定番のカワムツさんでしたか~
って、今ヒラ打った!
8072906.jpg
釣れちゃいました。昨日のヤリっ子よりは大きいヤリです。あっさりヤリの新規ポイント発見しちゃいました。やったぁ。
8072907.jpg
そこからはポンポン釣れます。
8072908.jpg
ちょっと大き目も来ました。
こりゃバラの短竿と仕掛けで数釣りができるかも
8072909.jpg
なんて欲を出して一旦車に戻ってバラ用の竿の入った合切小袋を持って来ましたが
8072910.jpg
釣れたのはクチボソ。四国で釣ったクチボソはこれで2匹目。ほとんどクチボソが釣れないのだから不思議です。
8072911.jpg
そしてオイカワ。
ハイ。あれほどポンポン釣れたヤリが見事なまでに釣れなくなってしまいました。どうも群れが移動してしまったようですね。やはり在来タナゴは拾い釣りが基本のようです。
8072912.jpg
タイムアップ。結局13匹でした。
とりあえず釣れて良かったですが、次回は四万十川本流でデカヤリの釣れるところを見つけたいですね。
もっと上流の川遊びとかできるあたりがいいかもしれないですね。

さぁ香川に行ってボテを釣りますか!

後編へ続く

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

タナゴ釣り2016 釣行12回目 四国遠征4日目 仁淀川から四万十川へ 後編

今回の四国遠征で定めたミッションのうち、一番難しいかな。と思ったのが四万十川でのヤリタナゴ釣りです。何しろ事前情報に乏しく、四国有数の大河なのでポイントがまったく絞れません。途中の釣具屋で聞いてみましたが、『ヤリタナゴ?なにそれ?』って言われちゃいました。汗 もっとも釣りと言ったら食べる魚を狙う海釣りメインで川釣りはせいぜいアユぐらいの土地ですから仕方ありません。
そこでやってきたのが中村にあるこちらです。
8072831.jpg
トンボ公園にある四万十川学遊館あきついおです。
こちらはトンボメインの施設なんですが、併設して立派な水族館もあります。こちらで何とか情報収集できないかやってきたわけです。こちらには以前にも二度来たことがありましてこれで三度目の来館です。
8072832.jpg
なるほど固有種のヤリの他、タイバラもいるんですね。タナゴモドキはいないのかな。
8072833.jpg
タナゴ展示コーナーもあって日本各地のタナゴが展示されています。
8072834.jpg
こちらはカゼトゲかな。水族館で繁殖にも取り組んでいるみたいですね。
他にもレアな日淡がいろいろいて日淡好きにはたまらない水族館です。
さて、ヤリタナゴのポイントがわかったら聞いてみたかったのですがスタッフの方が不在のようなので自分でできるだけ情報収集してみます。
8072835.jpg
なるほど。四万十川の中流域の岸近くの浅場にいるわけですね。
って中流域ってどのあたり?中村あたりは下流域になるんでしょうか?
8072836.jpg
ちゃんと解説がありました。なるほどなるほど。中村の赤鉄橋までは中流域になるんですね。
ここでわかる情報はこれぐらいかな。
というわけで
8072837.jpg
四万十川のスター、一番のメインのアカメもほとんど見ず、
8072838.jpg
なぜかいるピラルクもスルー(笑)
一応トンボ公園も見ときましょうか。
8072839.jpg
広大なトンボ保護区があります。
8072840.jpg
休耕田をトンボ保護区に改良した素晴らしい公園です。
この水路ももうちょっと掘り下げたらタナゴ天国にできそうですね。(笑)
8072841.jpg
いやーいろんな種類のトンボもたくさん飛び交っていてホント癒されます。
せっかくなので
8072842.jpg
売店で四万十川の魚図鑑を買ってお布施してきました。(笑)
8072843.jpg
ヤリタナゴ入りの四万十川のお魚シールも買っちゃいましたよ。(笑)
さぁそれでは四万十川に行ってみましょう。
8072844.jpg
ネット情報によるとこの辺にもヤリタナゴはいるみたいですが、このあたりの四万十川って渓谷状になっていてなかなか川岸に近づけるところがありません。
8072845.jpg
佐田の沈下橋に来ちゃいました。
とりあえず橋でも歩いて渡ってどこで釣るか考えてみますか。
8072846.jpg
こういう瀬のところにはいなそうな感じです。
8072847.jpg
こういうゴロタ浜もイマイチかな。
8072848.jpg
こんな感じの泥の岸の方がよさそうですね。ただ近づけない・・・
8072849.jpg
ここはガケを降りて行ったところだったかな。とても釣り具持っていけません。汗
それと浅すぎ。
何か所か回って
8072850.jpg
この船着き場のあたりならそこそこ水深もあって泥底。小魚もいてなんとか釣りになりそうです。
さぁ釣れるかな。
8072851.jpg
やっぱりキミでしたか。(笑)
ハイ。カワムツ入れ食いゾーンでした。涙
さらに
8072852.jpg
ハゼも入れ食い。
8072853.jpg
ヌマチチブも釣れちゃいました。こりゃダメですね。
ポイントを移動
8072854.jpg
本流を諦め、こういうホソを狙ってみます。
マスのなかは・・・
カワムツの巣でした。涙
支流もあちこち行ってみます。
8072855.jpg
泥底ですがどうでしょうか。
ノーピクです。
うーん。やっぱり最初のところしかないか・・・
屋形船の船頭さんに聞いてみました。わざわざチバラギからヤリタナゴを釣りに来たと聞いてびっくりしてましたが、『確かにヤリはここにいる。網で獲ればすぐ獲れるけど釣るのはどうかな~』、『ヤリ釣りたいならトンボ公園行って聞いてみるといいよ。』とのこと。うーん。トンボ公園行ってきたんですけどねぇ。(笑)

先ほどと同じく、ひたすらカワムツとハゼのオンパレードですが・・・
あれ?
8072856.jpg
あら!これヤリっ子じゃないですか?これが2匹連続で釣れました。
やりました!小さいながらも四万十川本流でヤリタナゴ釣りました。ミッションクリアーです。
ホントは仁淀川で釣ったようなデカヤリ釣りたかったんですけどね。残念ですが、一応よしということで(笑)
バラの竿と仕掛けでヤリっ子の数釣りができそうな感じではあったのですが、今日はこれでタイムアップ。宿に向かいます。
今日の宿は最初は中村あたりのビジネスホテルにしようかと思ったのですが、せっかくなので
こちらの宿を取ってみました。予約時の楽天トラベルの評価がクチコミ150件で総合評価5.0でした。これは驚異的な数値です。
8072857.jpg
佐田の沈下橋からクルマで5分ほどの四万十川的には最高の場所にあります。
一応民宿ですが、ペンションみたいな感じですね。
8072858.jpg
親切なスタッフの方と愛想のいいニャンコに出迎えられました。これだけで好印象です。(笑)
8072859.jpg
部屋はツイン。ベッドなのもグッドです。
8072860.jpg
部屋の窓からの眺め。まさにリバーサイド。リバービューです。
部屋に風呂・トイレありますが、
8072861.jpg
グループごとの交代制の半露天風呂は湯船も大きく気持ちよかったです。
さぁ楽しみなのが食事です。
8072862.jpg
四万十川の天然アユ、カツオのタタキ、土佐牛の陶板焼き、ご飯も高知産とのこと。写真にはないですが、四万十川のアオサの味噌汁も出ました。
8072863.jpg
四万十側の川エビの唐揚げ これよく見る居酒屋のテナガエビとは違いますね。ハサミの形が違います。ミナミテガエビかな?
8072864.jpg
ウナギのかば焼き。関東ではなじみがないですが、四国をはじめ関西では尾頭付きです。

どの料理も素晴らしいのがちゃんと出来立て、揚げたてで暖かい状態で出されることです。ホントおいしい!これは評価が高いわけです。お酒は持ち込みもOKらしいですが、ビールと焼酎(栗焼酎のダバダ)も置いてありましたのでいただきました。これはお酒もごはんも進みます!

いやーこれはまた泊まりたい宿ができちゃいましたね。


年間通算 タイリクバラタナゴ417匹 年間最高112匹/1日 年間平均46.3匹/1日 年間最高時速33匹
     ヤリタナゴ1匹 オオタナゴ60匹
四国遠征 本日 ヤリタナゴ20匹 
       通算 カネヒラ、シロヒレタビラ、ヤリタナゴ、イチモンジタナゴ合計166匹 タイリクバラタナゴ10匹

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

タナゴ釣り2016 釣行12回目 四国遠征4日目 仁淀川から四万十川へ 前編

四国タナゴ釣り遠征も4日目です。今日は四万十川でヤリタナゴを釣ります。
8072801.jpg
絶景の日の出が見れました。
朝食
8072802.jpg
前から変わらずのシンプルな朝食です。
前と変わっていたのが
8072803.jpg
宿にフェレットがいました。
駐車場には
8072804.jpg
ワンコも。
ええ゛?
8072805.jpg
ミニブタも2匹!
動物路線になったんでしょうか。(笑)
さて、昨日の徳島と同じく、今朝も昨日の釣りが忘れられずちょっとだけ釣ってから移動します。
8072806.jpg
昨日とは別のポイントに入ってみました。ここも水草が生えていますが流れは速いです。
魚は結構いるようです。
今朝もキャッチアンドリリース方式で行きます。
8072807.jpg
っていきなり釣れたのはオイカワでした。
そして
8072808.jpg
来ました!ヤリです。ここのもデカいですねぇ。
8072809.jpg
水がクリアーなので完全なサイトフィッシングです。エサ食う瞬間が見えるのは楽しいですね。
8072810.jpg
昨日釣れなかった婚姻色の出ているオスヤリが釣れました。キレイですねぇ。(写真撮る前に針外れて河原に落ちちゃいましたが)
8072811.jpg
どうもヤリは日が高くなる前がいいみたいですね。ポンポン釣れます。
8072812.jpg
水中を覗いているとどうも水草の周囲を数匹の群れで周回しているようです。
8072813.jpg
また色付きのオスが釣れました。尾びれがちょっと病気っぽいですが。
8072814.jpg
こちらも色が出ています。
どうも色付きは針から外れやすい気がしてなりません。
8072815.jpg
ヒレがピーンと張っています。
ヤリを釣っているとなんかキス釣りをしているか感覚になってくるのはなぜでしょう?
8072816.jpg
口の周りの追星もスゴいですね。
なんかものすごくキレイでデカいのが釣れた!
8072817.jpg
思ったら婚姻色バリバリのオイカワのオスでした。
水面から抜き上げた瞬間はホント、ハっとするぐらいキレイでしたね。
8072818.jpg
オイカワもこんなふうに追星が出るんですね。
8072819.jpg
デカ!昨日に続きカワムツの個人レコード更新です。(笑)
おまけに
8072820.jpg
手で掴んだ瞬間にブリブリと産卵しちゃいました。汗
なんかうまそうに見えるんですが。(笑)
と言う感じで日が高くなるに連れてほとんどヤリが釣れなくなってしまいましたので四万十川へ移動することにしました。
8072821.jpg
結局1時間半ほどでヤリ18匹でした。いやー仁淀川も楽しかったぁ。
わたしがいたころにはなかった高速道路がだいぶ延伸していて快適なドライブです。
8072822.jpg
途中、ここいらの名物を売る水車亭(みずぐるまや)に立ち寄りました。
ゲットしたのは
8072823.jpg
ハイ。1キロ入りの芋けんぴです。高知のお土産には芋けんぴをぜひ!(笑)
さらに西へ西へ四万十川に向かいます。
8072824.jpg
途中、むかしコケ取り用の石巻貝を採集した川を久しぶりに覗いてみました。
前よりだいぶ海水が入っている感じで石巻貝もあまりない感じでした。

よく立ち寄った道の駅で昼飯を買おうと思ったら品揃えがイマイチになってました。
前は地元のおばちゃんが作ったサメのぬたとか防波堤にいる貝をゆでたのとかいろいろおもしろい食材を売っていたんですけどね。夏だから売らないのかおばちゃんたちがやめちゃったのかは不明ですが、ちょっと楽しみにしていたので残念でした。

後編へ続く

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

タナゴ釣り2016 釣行11回目 四国遠征3日目 徳島から高知へ

さて、昨日は徳島に泊まり、今日は高知に行くことにしました。
が、やっぱり昨日の桃源郷が忘れられず高知に行く前に一時間だけ釣ってから行くことにしました。
釣った魚はバケツにキープせず、その場でキャッチアンドリリースするタイムアタックです。
8072701.jpg
まずはカネヒラがすぐ釣れました。
エサはカットしたキジです。キジだとひとつのエサで数匹釣れるのがいいですね。
8072702.jpg
あらヤマベ(オイカワ)ですね。今回初めて釣りました。
8072703.jpg
今日もシロヒレゲットです。
8072704.jpg
キレイなカネヒラ
8072705.jpg
相変わらずスゴモロコもよく釣れます。関東だとクチボソ、徳島だとスゴモロコですね。
8072706.jpg
カメとかスッポンとかも泳いでます。(笑)
8072707.jpg
結局1時間で36匹でした。9割方カネヒラで1割がシロヒレ、今日はイチモンジはなしでした。魚影の濃さから言うとまだまだです。在来を手返し良く釣る方法は研究の余地がありますね。
8072708.jpg
さぁ高知へレッツゴー!
どうも四国の山の中を走っていると

「しっこく!しっこく!』と叫んでしまいます。(笑)
何本もトンネルを抜けやってまいりました。高知。
まずは事前情報を得てやってきたのがタイリクバラタナゴのポイントです。
在来天国の四国でわざわざタイバラ釣らなくてもいいのに。と言われそうですが、ミッションに入れましたし、せっかくですので釣っておきましょう。
って、ポイントはこんなところで釣れるのかな?という場所でした。他にもっと釣れそうな場所がないか探した結果
8072709.jpg
水草が生えてて魚がウジャウジャいる場所を見つけました。ここでやってみましょう。
8072710.jpg
うーん。釣っても釣ってもカワムツ地獄(笑)ウジャウジャいるのはすべてカワムツのようです。汗
やっぱりここじゃないのか。
もとのポイントに戻り、よく水中を眺めていると、確かにヒラ打ってます。あれひょっとしてタイバラなのかな。
8尺の竿でも短くて思いっきり手を伸ばして仕掛けを投入すると・・
8072711.jpg
釣れました!ちょっと病気っぽいですが、確かにタイバラのメスです。
これでまたひとつミッションクリアー!
その後もリーチ釣法?でポツポツとタイバラを釣っていきます。
8072712.jpg
産卵管伸ばした細長いメス。
なかなかキレイなオスが釣れなかったのですが
8072713.jpg
ようやくキレイなオスバラが来ました。
10匹釣って、つ抜けできましたので次のミッションにかかります。
8072714.jpg
途中のコンビニにいたワンコ。今日はホント暑いです。
8072715.jpg
さぁやってきました。仁淀川です。
清流としては一番メジャーな四万十川より実は仁淀川の方がキレイという説もあります。
河原まで降りていくと
8072716.jpg
確かにキレイですね。水が透き通っています。
仁淀川ではヤリタナゴを狙いますが、ポイントは大まかな場所だけ聞いておりましてピンポイント情報はなく自分で絞っていくことにしました。
8072717.jpg
まずはこちらでやってみます。小魚は見えますがノーピクでした。
何か所か移動を繰り返し、たどり着いたのがこちらです。
8072718.jpg
かなり流れが速い場所で水草がたなびいています。
8072719.jpg
デカい鯉と10センチぐらいの小魚がいますがヤリタナゴでしょうか?
何度か仕掛けを流し込んでみると
8072720.jpg
釣れました!ヤリタナゴです。デカ!このサイズのヤリタナゴは初めて釣りました。
背鰭が尻鰭がほんのりオレンジで背鰭にはヤリタナゴの特徴の黒い筋も入ってますね。さすがにこのサイズだとわかりやすいです。
これでまたひとつミッションクリアーです。
8072721.jpg
今度は小ぶりなのが釣れました。
8072722.jpg
カワムツのデカいのも釣れちゃいました。自分で釣った中では最大級です。
8072723.jpg
このヤリもいいサイズです。
ここまで浮き釣りでしたが
8072724.jpg
脈釣り(ゴツンコ)を試してみることにしました。
初めての脈釣ですが、確かに流れの速い川だと釣りやすいですね。
8072725.jpg
初めて脈釣りで釣ったヤリです。これもいいサイズです。産卵管伸びてますね。
いやーヤリタナゴ釣りも楽しいですね。
狙ったところに流してヤリがやってきてズドン!とかかったときの爽快感がたまりません。
仁淀川は徳島とはまた違った桃源郷です。(笑)
足元にデカい鯉が。と思ったら鯉なみにデカいナマズでした。こんなところにナマズが出てくるとは驚きました。水がキレイなので食べたらおいしいでしょうね。
8072726.jpg
10匹釣った所でタイムアップとなりました。
8072727.jpg
それにしても10センチ以上のいいサイズばかりです。
これで色付きだったらもっとうれしいんですけどねー。
さて、今夜の宿はこちらにしました。
四国にいたころ土佐への出張で数十回は泊まった国民宿舎土佐です。
8072728.jpg
この通り、高台にありとても眺めがいいです。ふもとに見えるのは高校野球などのスポーツ強豪校の明徳義塾。隣は四国八十八か所のお寺の一つの青龍寺です。
8072729.jpg
露天風呂からの景色も絶景です。ここの風呂に入りに行くだけでも価値があります。
さて、チェックインしてもらった食事券を見てビックリ。
8072730.jpg
四国から転出してもう5年も経つのに未だにお得意様扱いされていて驚きました。
お得意様だとどうなるかと言いますと
8072731.jpg
食事がちょっと違うものになります。いつも同じだと飽きちゃうのでその配慮をされているようです。
ここのご飯はなかかなおいしいですよ。(風呂もそうですが、食事も楽しみなのでいつも泊まっていたのですが)
8072732.jpg
せっかくなので高知のおいしい日本酒をいただきましょう。
司牡丹の自由は土佐の山間より です。日本酒でここまでど派手なラベルは珍しいです。味の方はさすが酒飲みの土地、土佐の酒だけあって超辛口でうまかったです。これはまた取り寄せて飲みたいお酒です。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【自由は土佐の山間より 特別純米酒 1800ml】
価格:3348円(税込、送料別) (2016/8/10時点)



年間通算 タイリクバラタナゴ417匹 年間最高112匹/1日 年間平均46.3匹/1日 年間最高時速33匹
     ヤリタナゴ1匹 オオタナゴ60匹
四国遠征 本日 カネヒラ、シロヒレタビラ 36匹 タイリクバラタナゴ10匹 ヤリタナゴ10匹 
       通算 カネヒラ、シロヒレタビラ、ヤリタナゴ、イチモンジタナゴ合計146匹 タイリクバラタナゴ10匹

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

タナゴ釣り2016 釣行10回目 四国遠征2日目 徳島 

朝起きると、
8072601.jpg
潮岬のあたりまで来ていました。
結構細かくウェイポイントを設定して0.1度単位でコース設定しているんですね。
8072602.jpg
20ノットで快走中です。さすが13000トンは安定感がありますなぁ。
わたしも最終的には万トン級のフェリーかRORO船に乗りたいです。
8072603.jpg
本州最南端、潮岬です。
こちら以前、陸路で行きましたね。
8072604.jpg
前面展望はこんな感じです。ガラスの前に広いデッキやウィンドラスなんかがあって高さも低いので眺めはイマイチですね。
8072605.jpg
朝飯は冷食の肉巻きおにぎり400円。フェリーは時間がかるぶんメシ代もちょくちょくかかるのが難です。(笑)
これより紀伊水道を横切って徳島には昼過ぎに入港です。
8072606.jpg
伊島に来ました。徳島の入口です。
8072607.jpg
同じフェリー会社の『フェリーどうご』が来ました。先週就航したばかりだそうです。
今乗っているのが『フェリーびざん(徳島)』、すれ違った『フェリーどうご(愛媛)』、さらにもう一隻『フェリーしまんと(高知)』があります。四隻あるので四国各県の名所から取った船名にしているようです。あれ?もう一隻の香川は?と思ったらまだ就航していないそうです。ということは『フェリーさぬきうどん』?かと思って調べてみたら『フェリーりつりん』だそうです。高松の栗林公園から取ったんですね。
8072608.jpg
徳島に定刻通り到着しました。以前とは反対岸に沖の洲に新しくターミナルができていました。
以前、徳島は左舷付けでしたが、こちらは右舷付けになっています。東京も北九州も右舷付けなのでこれで右舷付けで統一できたわけですね。左舷側に乗り降りの施設を作らなくて済むので経済的だと思います。
下船しまして、とりあえず腹ごしらえ。
8072609.jpg
久しぶりに徳島ラーメンを食べてみました。
相変わらずのご飯が進む『おかずラーメン』です。
ただ、やたらとしょっぱくて久しぶりにスープ残しちゃいました。むかしは美味しく感じたのになぁ。わたしの舌が肥えたのかこちらのラーメンの味が落ちたのか・・・
さぁ、この旅の目的の釣りです!釣り!
今回は個人的にいくつかミッションを設けました。
それは、
・四国の三大清流の吉野川、仁淀川、四万十川でタナゴを釣る!
・徳島でシロヒレタビラを釣る!
・高知でタイリクバラタナゴを釣る!
・仁淀川でヤリタナゴを釣る!
・四万十川でヤリタナゴを釣る!
・香川でアブラボテを釣る!
以上です。さぁいくつ達成できるでしょうか。
8072610.jpg
まずは吉野川に来ました。ここの水面も四国転勤時代は船で走り回っていました。懐かしいなぁ。
徳島はポイントも何も水路に水さえあればどこでも釣れるということでしたがいかがでしょうか?
8072611.jpg
確かに魚がヒラ打っています。壁面のコケを食べているようです。
海に近いのでこれってボラかも。ただ、ちょっとタナゴみたいな体形してますがどうでしょう?
8072612.jpg
いきなり最初に釣れたのはスゴモロコでした。
これは初めて釣りました。体側のスポットがいいですねぇ。
8072613.jpg
続いてカワムツの入れ食い。以前栃木に遠征したときもコレでしたが、やっぱりコレ釣れるんすねぇ。
って、四国遠征の初タナゴ来ました!
8072614.jpg
これはカネヒラ?ヤリっぽいような感じもしますがどうでしょ?
カネヒラは今まで釣ったことがなく、ヤリも小さいのを少々釣っただけなのでなんとも言えません。
とりあえず吉野川でタナゴを釣るというミッションクリアーです。やったぁ。
8072615.jpg
おお!これは文句なくカネヒラですね。初めて釣りました。
8072616.jpg
来ました!シロヒレタビラ!実はこのタナゴのカラーリングが好きで前から釣ってみたかったんですよね。
尻鰭の白と黒がたまりません。
これでまたひとつミッションクリアー。
タナゴはとにかくいっぱいいるのがわかりましたが、なかなかうまいこと釣れません。
途中で、どっかり座って釣るより移動しながら拾い釣りしていくのがいいということに気づきました。
8072617.jpg
竿も短めに変えてこのウキの仕掛けを入魂します。白地で見やすい浮きです。
これが奏功しまして
8072618.jpg
各種在来タナゴがポンポン釣れます。あまりバケツにキープしとくと弱ってしまうのでまずは30匹ほど釣った所で一杯目をリリース。
その後はだんだんコツをつかんできまして
8072619.jpg
大き目のキレイなカネヒラも釣れるようになりました。
とりあえずヒラを打っている先頭集団の鼻先に仕掛けを垂らせばかなりの高確率で釣れることが分かりました。
8072620.jpg
釣れるのがほとんどカネヒラなんですが、たまにシロヒレも来ます。
8072621.jpg
いい色、サイズのオスカネです。
8072622.jpg
大き目のシロヒレが釣れました。
8072623.jpg
バケツ2杯目リリースです。
8072624.jpg
本日のビッグワンはこのカネヒラかな。
あれ?なんか違うの釣れた。
8072625.jpg
あら!これはイチモンジタナゴじゃないですか!
これはうれしいおまけつきです。
永遠に釣れる在来タナゴに飲み物も飲まず、汗をダラダラ垂らしながら釣りに没頭してしまいました。これは楽しすぎます!わたしはついにタナゴ釣りの桃源郷にたどり着いてしまったようです。幸せ過ぎてもう死んでもいいかも。(笑)
ふと気づくともう暗くなり始めています。まだまだ釣り続けたいですが、一束釣ったところで納竿とすることに決めました。
8072626.jpg
来ました!100匹目!キレイなシロヒレでフィニュッシュできてなんとも気持ちいいです。
8072627.jpg
久しぶりの一束釣りが在来で達成とは嬉しすぎます。
8072628.jpg
三杯目。
結局、100匹うちの7割がカネヒラ、2割が白ヒレ、イチモンジ少々といった感じでした。
ヤリは入っているのかな?
ホテルに移動してちょっと休憩です。
8072629.jpg
これで一泊4000円ならお値打ちです。
驚いたのが
8072630.jpg
このホテル、扇風機の貸し出しがあります!
8072631.jpg
扇風機大好きなわたしはもちろん借りました。
今までいろんなホテル泊まってますが扇風機を借りたのは初めてです。
さぁミッション達成のお祝いです!
8072632.jpg
今日はひとり焼き肉にしました。
祝杯のビールがうまい!

さぁ明日は高知に行きます。

年間通算 タイリクバラタナゴ417匹 年間最高112匹/1日 年間平均46.3匹/1日 年間最高時速33匹
     ヤリタナゴ1匹 オオタナゴ60匹
     四国遠征 カネヒラ、シロヒレタビラ、ヤリタナゴ、イチモンジタナゴ合計100匹


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

タナゴ釣り2016 四国遠征 1日目 フェリーで徳島へ 

突然決まった一か月の休暇。さぁ何やりましょう。やりたいことがありすぎて困ります。(笑)
まずは前から行きたかった在来タナゴの釣り遠征に行こうと決めました。行くとしたら九州か四国、東北、あるいは北海道(在来ではないですが)になりますが、以前転勤で7年住んでいて土地勘のある四国に行くことに決めました。今回は急に決めたので同行者もなく気楽な一人旅となります。

目的地が決まったら次は足です。当初は飛行機で行ってレンタカーを借りようと思って飛行機を調べてみたのですが
8072535.jpg
羽田から徳島まで片道35000円!特便1割引きもありません。往復7万はいくらなんでも高過ぎです。ちょっとした海外に行けてしまえます。夏休み価格ってのもありますが、飛行機って岡山、広島、福岡といった新幹線と競合しているエリアの割引率は高いのに対して四国や山陰といった競合する交通機関がないエリアはぼったくり価格で設定されているんですよね。実に足元を見ています。

こりゃ飛行機はなし。フェリーにクルマを載せて徳島まで行くことにしました。
フェリー会社に電話してみたところ、空席があるとのこと。それではさっそく行っちゃいましょう!
って、下船して中2日でもうフェリー乗るとかどんだけ船好きなんだよ?とか言われそうですね。(笑)
8072501.jpg
チバラギから常磐道と首都高乗り継いでやってきました。東京港フェリーターミナル。有明にあります。
ちょっと渋滞していたので1時間半ほどかかっちゃいました。
8072502.jpg
係員の誘導で徳島行きのレーンにクルマを停めました。
車検証をもってターミナルへ。
8072503.jpg
本日乗船するのは東京~徳島~新門司を結ぶオーシャン東九フェリーです。
過去に5回ほど利用したことがあります。
8072504.jpg
東京フェリーターミナルを発着するフェリーは過去に南紀白浜と高知を結ぶ航路や北海道の苫小牧や室蘭、釧路航路がありましたが現在は徳島・北九州を結ぶオーシャン東九フェリーのみとなりました。まさに風前の灯火です。
8072505.jpg
ダイヤはこんな感じ。東京を夜出て、徳島には昼に着きます。約17時間の航海です。
8072506.jpg
料金は4m未満のクルマを載せてドライバーひとりの運賃込みで23760円です。徳島までは700キロ近くありますから高速代とガソリン代、それと運転する手間を考えたら安いと思います。
ちなみにこの料金は大部屋料金でプラス1万円で個室になります。ルームチャージ代なので3人まではプラス1万円で3人部屋の個室、4人だとブラス1万2000円で4人部屋の個室になります。
受付で帰りもフェリーに乗る予定と話したら
8072507.jpg
この往路証明券というのをくれました。
復路でこれを出すと復路のみ一割引きになるそうです。帰りの便が決まっていなくても割引になるのはうれしいですね。
8072508.jpg
手続きが終わり、フロントガラスに置く徳島行きの紙をもらいました。
以前は下部の注意が書かれてなかったように思います。
8072509.jpg
今日、乗船するのはこちらの『フェリーびざん』です。オーシャン東九フェリーは現在フェリーの代替えが進んでいてこの『フェリーびざん』は2016年1月に就航したばかりの新造船です。さすがにピカピカしてますね。
8072510.jpg
船尾側はこんな感じです。
長さ191m 総トン数12,641トンです。
乗船開始! 
8072511.jpg
いつもランプウェイからフェリーにクルマで乗るときはワクワクします。(笑)
8072512.jpg
車両甲板。広いですね。
車両甲板からエレベータでひとつ上のデッキへ。
女性のクルーが二人いて部屋を案内してくれました。
8072513.jpg
案内板。
このフェリー、客が利用できるデッキは車両甲板の他、居住空間とその上の展望デッキととてもシンプルです。
AとDが個室。BとCが大部屋。Eがペット同伴者の部屋となります。
8072514.jpg
いまふうのキレイな内装です。カラフルでいいですね。
部屋は16人の大部屋。ひとりで乗船だとこの大部屋になるようです。
ある程度まとまった人数だと定員数の少ない部屋にまとめてくれるのかも知れません。
8072515.jpg
ベッドは階段式の二段ベッドです。ふつうの二段ベッドや雑魚寝より断然いいです。まぁ寝るだけですからね。
今日はお客はさほど多くないらしく全員下のベッドでした。
8072516.jpg
ベッドメイクは各自でやります。
8072517.jpg
枕元に照明とコンセント、スマホが入るポケットがついています。
部屋が消灯してカーテンを閉めると完全に真っ暗になってしまい照明のスイッチの場所がわからなくなるのがちょっと難ですね。
さて、船内探検に行ってみますか。
8072520.jpg
フロント・売店は時間制で常に開いているわけではありません。
売店は四国や九州のお土産が少々。あまり品数は多くありません。
フェリーびざんグッズなんかもあるといいと思うんですけどね。

このフェリー会社では大学の同期が働いているので、この船に乗ってないか女性クルーに尋ねてみたところ、別のフェリーにチョッサーとして乗っているそうです。帰りは会えるかな。
8072518.jpg
フロントの横に記念撮影スポットがありました。後ろの画面には航海情報が表示され、現在位置などがわかります。
8072519.jpg
ゲームセンター。ほとんどスロットです。
8072521.jpg
リラクゼーションスペース。
ここがなかなか快適で、ここで過ごす時間が多かったです。
8072522.jpg
フォワードロビー。夜なのでスクリーンが閉まっていますが、日中は前面展望が楽しめます。
外にも出てみましょう。
8072523.jpg
オリのような高いフェンスが印象的でした。
8072524.jpg
なるほど。そういうことですよね。あまりにフェリーからの転落が多いですからね。
わたしも船に乗ってると、しゅっちゅう無線でフェリーからの転落の情報を耳にします。
8072525.jpg
展望デッキ。結構広いです。星空を眺めたらキレイだと思うのですが、残念ながら夜間は施錠されて立ち入ることができません。
このフェリーにはレストランがありません。
その代わりに
8072526.jpg
冷凍食品の自販機が充実しています。値段設定もまずまず良心的です。
残念ながら以前のフェリーにはあった冷凍寿司の自販機はなくなってしまいましたね。
8072527.jpg
アルコール類やジュース、缶詰やパン、レトルト食品、アイスやカップラーメンなどもあります。
両替機もあり、一万円札もくずせます。
8072528.jpg
電子レンジが何台もあり、冷凍食品の種類ごとに温め時間が設定されたスイッチを押せば簡単に温められます。
これ以外に普通の電子レンジもあります。
また、醤油などのひととおりの調味料やスプーン、フォーク、箸なども備わっています。
8072529.jpg
オーシャンプラザに、ひとり席や二人や四人のテーブル席など各種あり、自由に利用できるコンセントも用意されています。
8072530.jpg
一通り自販機で買ってみました。このプシュとできるのはフェリーの楽しみの一つですね。
ホントはフェリーに乗る前にいろいろ買ってから乗ろうと思ったのですが、チバラギの自宅からフェリーターミナルまで店が一軒もありませんでした。ビックリです。(笑)
定刻通り1930に出港!
8072531.jpg
東京ゲートブリッジをくぐって東京湾を南下。
さぁ風呂でも入りますか。
8072532.jpg
風呂に入れるのもフェリー旅の特典のひとつです。
広い展望風呂で洗い場も多くキレイで快適でした。
8072533.jpg
風呂だけでなくシャワーのみのシャワー室もあるのもいいですね。
8072534.jpg
横須賀沖まで来ました。猿島が見えます。

この後、浦賀水道を出て、増速。一路徳島へ向かいます。
スピードが上がるとシャフトから来る小刻みな振動が出始めました。部屋のベッドで寝ているとちょっと気になりましたが、そのまま眠りについたのでありました。



テーマ:フェリー・船旅 - ジャンル:旅行

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (11)
2017 八重山釣り旅行 (13)
2017 徳島タナゴ釣り遠征 (5)
旅行 (200)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (73)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (378)
酒・飲み物 (51)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (388)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (8)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (109)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (46)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード