2017-10

2015八重山旅行記 10日目 ~チバラギに帰宅~

昨日、石垣から東京まで戻ってきましたが、昨夜はPONさん宅に泊めていただきましたので家に着くまでが旅行です。ということで八重山旅行10日目最終日です。
ちと荷物が重たいので東京駅まてタクシーで出まして、絶妙なタイミングで上野東京ラインの常磐線の列車に乗ることができました。
7070801.jpg
帰りもグリーン車で楽ちん帰宅です。
7070802.jpg
10日ぶりに帰宅すると、愛犬ハルの大歓迎を受けました。(笑)
7070803.jpg
膝の上にあごを乗せてどこうとしません。
『もうどこにも行かないでぇ。』と訴えているようです。(笑)
7070804.jpg
毎度お約束のように大量の泡盛とハラガワの塩辛の瓶詰を持って帰ったのでありました。総重量30キロオーバーです。汗
というわけで、今回の八重山旅行はこれで終わりです。

今回もあれこれうまいもの食えて、普段できない体験もできて、いろんな人と出会えて最高に楽しかったです。特に与那国が良かったですね。20代のうちにもっとこういう旅行をしておけば良かったなぁ。そしたらもうちょっと違った人生だったかも知れない。なんて思いました。

ホント八重山は何度行っても楽しいですね。八重山で出会った皆さん、またお会いする機会がありましたらよろしくお願いします。ありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 9日目 ~緊急帰京~

八重山旅行9日目、黒島3日目です。
黒島にもう一泊して明日石垣島に戻り、石垣島に2泊して10日金曜日に帰京する予定でしたが、
7070702.jpg
トリプル台風がかなりヤバい感じです。
昨日の昼からJALのホームページをずっとチェックしていましたが、
7070701.jpg
昨日の夜、JALが台風迎撃態勢に入りました。
JAL的には8日水曜日の午後からわたしらが帰る予定だった10日金曜日まで飛ばす気ないみたいです。本来変更不可のチケットでも普通運賃並に変更可能モードにチェンジしました。こういうときはとにかく先手必勝なので、PONさんと協議の結果、八重山旅行はこれで打ち切り、帰京することに決め、ソッコーでJALに電話して今日の便に変更してもらいました。午前中の石垣~羽田直行便だとちょっとスケジュール的に厳しいのでホントは羽田に夕方ぐらいに着く那覇経由便で帰りたかったのですが、原則的に直行便にしか変更できないそうで19時石垣発の羽田直行便に変更となりました。

せっかくの八重山旅行の予定が短くなってしまってちょっと残念ですが、もう黒島では海にも入れませんし、石垣島でやることもないし、明日以降の宿もまだ取れてません。ヘタすると次の台風にもハマって来週半ばまで帰れなくなる可能性もあるのでまさに潮時と判断しました。わたしとしても昨日ぐらいからちょっと帰りたくなってきていたのでまさに渡りに船です。
7070703.jpg
帰らずに宿の漫画を全巻読破するのもアリかなとは思ったんですけどね。(笑)
久米島で実際やったことありますが。(笑)
7070704.jpg
宿の朝ごはん
今夜の宿泊はキャンセルさせてもらいまして、港まで送っていただきました。
7070705.jpg
この通り、まだ天気はいいんですけどね。
ちなみに昨日泳いだビーチが防波堤の手前です。その向こう側は西表島。
岸壁の掘っ立て小屋が石垣島ドリーム観光の黒島事務所です。(笑)
7070706.jpg
黒島の船客待合所。ちょっとしたお土産は売っています。
7070707.jpg
こちらは石垣島から到着した八重山観光フェリーの高速艇。西表島行きの黒島寄港便。
黒島から西表島に行くことができます。アイランドホッピングする場合はこういう便が便利ですね。
出港!
7070708.jpg
宿の方が見送ってくださいました。お世話になりました。
石垣島へは石垣島ドリーム観光の高速艇です。
7070709.jpg
なんとお客はわたしら二人だけ。(笑)
宿の方にも安栄を使うお客さんが多いのになんでドリーム?って言われましたが、PONさんのたっての希望によりドリームになりました。ドリームだと後ろのデッキがオープンの船なのでPONさんはそれが好きなんだそうです。
ただ、
7070710.jpg
海はすでに結構時化てて後ろにデッキにいるどころではありませんでした。汗
ようやく石垣港に入港。動揺も収まりました。
7070711.jpg
琉球海運のRORO船『にらいかない』が泊まっていました。
学生時代、就職はフェリー志望だったので琉球海運も入りたい海運会社のひとつだったんですが、採用がなかったんですよね。
離島ターミナルに着いたところでお昼になりましたので
7070712.jpg
売店のカツ丼弁当で腹ごしらえ(笑)
さて、夕方の飛行機までまだ時間がたっぷりありますのでお土産でも買いましょう。
7070713.jpg
マックスバリューで泡盛を中心に物色。
パッキングを済ませ空港へ。
7070714.jpg
チェックインも無事完了。ほぼ満席みたいです。早めに変更しておいて良かったです。
まだまだ時間があります。
7070715.jpg
この旅行の初日に大当たりだった源の空港店があったのでこらちで食べてみることにしました。
日によっては空港店でもカツオのレバ刺しが食べられることもあるみたいです。
7070716.jpg
今日は海鮮丼にしました。
これがこの旅行最後のオリオン。PONさんと旅のシメの乾杯をしました。
デザート
7070717.jpg
完熟の石垣島産パインとマンゴーいただきました。
これはうまい!
さて、そろそろ搭乗口まで行きますか。
7070718.jpg
搭乗口付近にあった害虫の模型!
7070719.jpg
うわっ。これは気持ち悪い!!(笑)
まだまだ時間があります。長い一日です。
7070720.jpg
南西航空時代のカラーリングの機材が到着しました。ボーディングブリッジで全体が見られず残念。
7070721.jpg
ようやく羽田行きの搭乗開始です。
この7月からスタートしたばかりのJGC特典の優先搭乗を初めて利用させてもらいました。
7070722.jpg
ついに八重山を離れます。
いつも旅行の最後に乗る飛行機のエンジン始動音を聞くとこれで旅行も終わりだなーと寂しくなります。
7070723.jpg
さぁ羽田に向けて離陸します。
7070724.jpg
離陸直後。やっぱり雲が多いですね。
7070725.jpg
東シナ海に沈む夕日がキレイでした。
7070726.jpg
夕焼けから漆黒の夜空へと刻々と変わる景色は見てて飽きません。
3時間近くのフライトで
7070727.jpg
東京の灯りが見えてきました。
羽田は22時着。チバラギのバスが終わってしまうので今夜は都内のPONさん宅に泊めていただきました。
常磐線も人身事故で止まっていたみたいでしたのでホント助かりました。PONさん、奥さんありがとうございました。



テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 8日目 ~黒島サイクリング~

八重山旅行8日目、黒島2日目です。
今日は新城島にシュノーケリングツアーに行く予定でしたが、昨夜、シュノーケリングツアーの会社から連絡があり、『台風の時化で今日が限界!明日は絶対ムリ!』とのことで残念ながらキャンセルになりました。
うーん。自然相手では仕方ありません。ただ、今日はこれから何やりましょう?昨日は仲本海岸でシュノーケリングにして今日黒島研究所に行けばよかったなぁ。

とりあえずサイクリングすることにしました。
一応、仲本海岸をチェック。
7070601.jpg
あーやっぱり時化てますね。リーフの外側から波がザバザバ打ち込んでます。
当然遊泳禁止です。
7070602.jpg
今日行く予定だった新城島が見えます。この波じゃとてもムリですね。
南風なので島の北側の方ならなんとか泳げるかなぁと思って船着き場の方に向かってみました。
7070603.jpg
台風接近で天気もイマイチです。
7070604.jpg
貞子が出てきそうな井戸を発見!怖ぇ~
7070605.jpg
途中の牧場。ガジュマルの木がいいですねぇ。
船着き場にやってきました。
7070606.jpg
船着き場の隣のこじんまりとしたビーチ。予想通り、ここなら風やうねりの影響がなくなんとか泳げそうです。
防波堤の向こう側
7070607.jpg
こちらのビーチもなかなかキレイ。
一応シュノーケリングしてみました。
港内なのであまり魚はいないみたいですが・・・
7070608.jpg
イワシの大群がいました。
7070609.jpg
なんかの稚魚。
7070610.jpg
こちらもなんかの稚魚がウジャウジャ。
7070611.jpg
あら。よく見るとタナゴの新子に似ています。
これひょっとしてタナゴの仕掛けで釣れるんじゃないかなぁ。釣り竿持って来れば良かったです。
って宿まで戻れば荷物の中にタナゴ竿もあったのですがチャリで戻るのもめんどくさいので結局釣らず仕舞いでした。
昼まで泳いでチャリでたま商店へ
7070612.jpg
ここでおにぎり弁当を買ってランチ。
お店の横にテーブルやベンチが置いてあるのでそこで食べることができます。
7070613.jpg
デザートにサーターアンダギーをいただきました。
7070614.jpg
午後からは天気が良くなってきました。
7070615.jpg
こういう空を見ていると「あー生きてるなぁ」という気がしますね。
しばらく見入っちゃいました。
7070616.jpg
ぜひその夢かなえてください。(笑)
7070617.jpg
牛の親子を眺めたり、のんびり過ごしました。
7070618.jpg
宿の夕食 
今日はちょっとゆんたくもしました。
夕方、トラブル発生。明後日から予約していた石垣の宿から『ダブルブッキングしてしまったのでキャンセルさせてほしい』と連絡がありました。うーん。ちょっとこの旅行、飽きてきたし、なんかもう帰りたくなってきたなぁ。



テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 7日目 ~小浜島から石垣島経由黒島へ~

八重山旅行7日目、小浜島3日目です。
今日は小浜島から黒島に渡ることにしました。幸い黒島の宿もPONさんのツテで予約することができました。
黒島で三泊して明日は新城島にシュノーケリングツアーに行く予定です。

宿の方に港まで送っていただきました。
7070501.jpg
だいぶ風が強くなってきてますね。台風の影響でしょうか。
7070502.jpg
小浜港旅客待合所 沖縄の離島の船客待合所ってどこも似てますね。安栄観光、八重山観光フェリー、石垣島ドリーム観光の三社が就航しています。小浜島から黒島への便はないので一旦石垣島に戻ることになります。
往路同様、石垣島ドリーム観光の船を待ちます。
石垣島から高速艇が到着。降りてきたお客さんのなかに与那国島のフィェスタでごいっしょした女性三名が!いやーみんな行くとこいっしょですねぇ。(笑)記念撮影して別れました。
7070503.jpg
小浜島を出港。なかなかいい島でしたが、わたしの中では一度行けばいい島かな。
7070504.jpg
明日、シュノーケリングツアーで行く予定の新城島(あらぐすくじま)です。
この島は、わたしが中学生のころ放映されたテレビドラマ『空と海をこえて』の舞台となったところで、前から一度行ってみたかった島なんですよね。
石垣島に戻ってきました。
7070505.jpg
ちっこい客船が泊まってました。中国あたりから来るクルーズ客船かな?
7070506.jpg
尖閣警備用の巡視船ですね。
7070507.jpg
出ました!『農協やえやま』!農協所有の牛運搬船です。
石垣島の離島ターミナルで黒島行きの高速艇に乗り継ぎ。
ちょっと時間があるので持ってくるの忘れたコンタクトレンズのケースなど買いに走ります。
7070508.jpg
ランチは離島ターミナルの売店で買った勝(カツ)カレー弁当。
ここの弁当は結構リーズナブルです。
7070509.jpg
そうそう、前に来たときにはなかった具志堅用高の銅像も撮影しときました。(笑)
台風で吹っ飛びそうですが大丈夫なんでしょうか。
高速艇で黒島までやってきました。これでまた離島コレクションが増えました。(笑)
宿の方が港まで迎えに来てくれて宿へ。
港から宿があるエリアまではクルマで10分ほど。ちょっと離れてますので歩きだとキツいです。

7070510.jpg
今日の宿はこちらの民宿のどかさん
黒島では人気の宿だそうです。
7070511.jpg
二階のお部屋。民宿というより限りなく旅館に近いキレイな宿です。
風呂場にはバスタブがありゆったりしています。
宿で自転車を無料で貸してくれるのでさっそく黒島サイクリングに出発しました。
7070512.jpg
まず向かったのが黒島研究所です。
7070539.jpg
研究所への道
7070513.jpg
やってきました。黒島研究所。平屋でいかにも研究所チックな建物です。
おもしろいのが研究所の前の小川
7070514.jpg
サメが泳いでいます。海水が流れているのです。
この研究所は主にウミガメの研究をしているそうですが、半分は黒島の資料館のようになっています。
7070515.jpg
各種ウミガメのはく製
7070516.jpg
これは黒島に漂着した日本のロケットの部品だそうです。
7070517.jpg
どういうわけかクジャクがいました。
以前、リゾートで飼われていたものが逃げ出して野生化しているそうです。
そういや、わたしが小学生のころ、飼育委員をしていて学校で飼ってたメスのクジャクの世話をしていました。たまに産んだ卵を持って帰って目玉焼きにして食べてたのを思い出しました。
7070518.jpg
数字で見る現在の黒島
人口より牛の数の方が圧倒的に多いです。
今年サキシマハブに噛まれた人はいないそうです。最初のひとりになりたくないですね。(笑)
生体の展示。
地元八重山の生き物がいろいろいて楽しいです。
7070519.jpg
サキシマカナヘビ
緑一色でキレイなカナヘビです。日本のカナヘビの中では最大種だそうです。
7070520.jpg
毎度おなじみヤシガニ。一度食ってみたいのですがなかなか食えません。
7070521.jpg
ヤエヤマイシガメ
常にカメラ目線でかわいいなぁ。
7070522.jpg
ドウクツヌマエビ
まさに和製レッドビーシュリンプといった感じのエビです。
島の井戸にいるのだとか。
7070523.jpg
ウミガメの研究所だけあってウミガメもいろいろいます。
研究所の庭
7070524.jpg
ふれあいなまこラグーン
あまりナマコとは触れ合いたくありません。(笑)
7070525.jpg
芝生の庭の小川にナマコがウジャウジャいるのはなかなかシュールな光景です。
芝生も塩水でよく枯れないなぁと感心します。
7070526.jpg
ナマコもいろんな種類がいますね。
という感じで入場料500円でなかなか楽しめるいい施設でした。
7070527.jpg
研究所に置いてあったチラシ
7070528.jpg
タナゴのトリコに渡してやりたいですが、受け取ったところで改心するような人種じゃないですね。(笑)
7070529.jpg
黒島ビジターセンター
涼しくて気持ち良かったです。(笑)
島の北東の方へ向かいます。
7070530.jpg
ひたすら牧場です。ブラジルの景色みたいだなぁ。
7070531.jpg
牛の親子
再び島の南西側に戻ってきました。
7070532.jpg
島の北側にある伊古桟橋。全長350mもあります。現在は使われいない桟橋です。
写真の通り、干潮になるとほとんど干上がってしまいます。
また
7070533.jpg
仲本海岸です。
リーフの内側が絶好のシュノーケリングポイントになっています。
付近にはシャワーや売店があり、ライフジャケットの貸し出しなどもしてくれます。
さぁシュノーケリングしますよ!!
7070534.jpg
ここもなかなかいいシュノーケリングポイントです。
7070535.jpg
さぁもっと沖に行ってみましょう。
と思った瞬間、『遊泳時間は終わりです。上がってください~』というアナウンスが!
この海岸はシュノーケリングの事故が多いので監視員の人がいて遊泳時間が決められているのです。
残念!もっと早く来ればよかった!
宿に戻って、シャワーを浴び、夕食の時間に!
7070536.jpg
ビール満載。このやる気のある冷蔵庫はいいですねぇ。
何本飲んだかチェックしておいて後で清算するシステムです。このシステムの宿は大好きです。(笑)
この宿からビール売っている売店まで自転車で15分ぐらいかかるので買いに行って戻ってくる間にぬるくなっちゃいますからコノシステムは大変ありがたいです。
7070537.jpg
泡盛は無料で飲み放題です。やったぁ。(笑)
7070538.jpg
評判通りの整った食事です。
移動やサイクリングの疲れもあって今日はゆんたくに参加せず、さっさと寝ちゃったのでありました。



テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 6日目 ~小浜島一周ドライブ~

八重山旅行6日目、小浜島2日目です。
今夜も小浜島に泊まりますので今日は終日フリー。というわけでレンタカーを借りて小浜島を一周してみることにしました。
7070401.jpg
宿に人にオススメされたこちらで借りました。宿まで送迎してくれます。
手書きの地図付きで島の見どころもいろいろオススメしてくれました。
7070402.jpg
今日の相棒はこちら。
わたしとしては原チャリがいいかな。と思ったのですが、結果的にはクルマで良かったです。
なんせ涼しいのと、通り雨でも濡れずに過ごせますから!
まずは腹ごしらえから。
7070403.jpg
昨夜に続いてまた来ちゃいました。シーサイドさん。
7070404.jpg
今日はカツ丼にしました。沖縄のカツ丼ってハズレのことが多いのですが、ここのカツ丼はわたし好みのカリカリサクサク部分が残ったおいしいカツ丼でした。
まずはレンタカー屋さんでオススメされたこちらへ。
7070405.jpg
島の北側にあるリゾート跡地です。
リゾート稼働中はプライベートビーチだったんだと思いますが、今は誰でも入れます。
確かにキレイですね。これは穴場です。
7070406.jpg
ちょうど書いたばかりなのが残っていたので拝借させていただきました。(笑)
ビーチには無数の小さな動くものが・・・
7070407.jpg
ヤドカリでした。これは見てて飽きません。
7070408.jpg
ビーチの脇にある岩の割れ目。向こう側の景色が見えて窓のようです。
続いて、島一番の高台の大岳へ。
7070409.jpg
標高99mの頂上までは10分ほどで着きます。
島の360度見渡せるいい景色です。沖縄の島のあちこちの展望台に行きましたが、ここがベストかも。
手前の小島は嘉弥真島ですね。あそこもいつかは行きたいなぁ。その向こうは石垣島になるのかな。
7070410.jpg
南の方向。黒島や新城島も見えます。
7070411.jpg
こちらは西側。西表島ですね。
7070412.jpg
パノラマ撮影もしてみました。
続いて島の西側へ。
ちゅらさんの碑がある展望台に行こうと思ったら現在は立ち入り禁止なんだそうです。
それではこちらへ。
7070413.jpg
西表島の対岸のここはマングローブ林になっています。
7070414.jpg
庭園みたいな小島がいいですね。バックはウ離島(ウばなりじま)かな。
7070415.jpg
ここも生き物が豊富で見てて飽きません。
ベタな観光地
7070416.jpg
NHKの朝ドラ『ちゅらさん』のロケ地です。
南西側の細長い先っちょまで来ました。
7070417.jpg
向こう側は西表島。この間の海峡はヨナラ水道と言うそうです。
7070418.jpg
漁港の岸壁。大漁祈願!
さらに島の南東部のリゾートホテルへ。
7070419.jpg
リゾートホテルのマスコット?の子ヤギちゃんです。かわいいなぁ。
7070420.jpg
池には水牛がいました。ここでタナゴ釣れないかなぁ。(笑)
フロントで聞いてみたら外来者でも喫茶店とか使っていいとのことでしたので
7070421.jpg
プチリゾート気分を味合わさせていただきました。(笑)
7070422.jpg
島のまっすぐ道路で有名なシュガーロード。両サイドにサトウキビ畑が広がります。
これで一周完了。半日もあれば十分な島です。
レンタカーを返してまたまたシーサイドさんへ!
7070423.jpg
生オリオンいただきます。うめ~
7070424.jpg
つまみにいろいろ頼んでみました。どれもおいしいです。
三度目のシーサイドさんで十分腹いっぱいだったのですが、
昨日から気になっていたのが島のスーパーの刺身です。
7070425.jpg
ひとパック500円ぐらいでたっぷり入ってます。
ただ、刺身の盛り合わせというのがなくてひとパック一種類にどっさりです。
PONさんもわたしも、刺身もいろいろ食いてぇ。ということで
7070428.jpg
3パック買っちゃいました。(笑)
すんごいボリュームです。
7070426.jpg
宿に戻って2次会スタート!(笑)
7070427.jpg
この旅行、いったい何本目のオリオンなのか。(笑)
さすがに食いきれず
7070429.jpg
残りはヅケにしました。(笑)
小浜島の魚屋さん、ぜひ盛り合わせのパックも作ってください!(笑)
一応シメ用に
7070430.jpg
シーサイドさんでから揚げ丼弁当作ってもらって持ち帰っていたのですが、さすがに腹いっぱいで食えないので明日の朝ごはんにすることにしました。

ハイ。小浜島に来てからすべての食事をシーサイドさんでいただいたのでした。(笑)



テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 5日目 ~与那国島から石垣島経由小浜島へ~

八重山旅行5日目、与那国島4日目です。
今日はわたしもPONさんも激しく二日酔い。当初の予定では朝イチの飛行機で石垣島に渡り、昼ごろの高速艇で波照間島へ行く予定でしたが、
7070301.jpg
南風が強く、波照間島行きの高速艇の欠航がずーーーっと続いていて今日も欠航になりました。今日、石垣島で一泊して明日再トライ。というのも考えたのですが、
7070302.jpg
気象庁HPより。
台風がダブルで来てます。さらにもう一個台風ができそうでトリプル台風接近です。
7070303.jpg
米海軍台風予報より。まっすぐ沖縄に向かってきています。
7070325.jpg
こちらの台風も石垣島に来そうな感じです。
それにしても、わたしが沖縄に行くと、必ず海が大時化になるのはなぜなんでしょう?今回もトリプルで台風来てますし。汗

というわけで、波照間島は、明日以降仮に行けても今度は戻れそうにないので今日は小浜島に変更しました。石西礁湖の中の島なら多少時化ても船は出るので安心です。
二日酔いも激しいので石垣島行きの飛行機も昼便に変更しました。変更可能な往復運賃で良かったです。


昼まで宿でまったり過ごさせてもらいました。
7070304.jpg

今回で3度目の与那国ですが、最高に楽しかったです。与那国は何度来ても飽きないです。
特に今回泊まったゲストハウス フィエスタ、ホントオススメです。ぜひ行ってみてください。
写真はヘルパーのしげちゃんが磨いた夜光貝のランプシェードです。キレイですね。


ヘルパーのかなちゃんに空港まで送っていただきました。
かなちゃんもしげちゃんもいろいろよくしてくれてありがとう。
7070305.jpg
次はいつ来れるかな。
空港のカウンターの人がやけに丁寧で非常口座席に一人ずつ座らせてくれました。
初回の与那国の台風で欠航になった件でリマークでも入っているのかな。(笑)
7070306.jpg
ボンバルでも非常口座席だとそこそこ快適です。(笑)
さあ出発。と思ったらなかなか滑走路に出ません。
やっと滑走路に出た。と思ったら、滑走路の端でそのまま止まってしまいました。
なんかトラブル?と思ったら、『なかなか離陸できないのは風速が規定値を超えた。』という機長からのアナウンスが入りました。
7070307.jpg
って、窓の外の滑走路脇の吹き流しを見るにどう見てもcross wind(横風)ではなくtail wind(追い風)。
飛行機は基本的に風に向かって離陸します。与那国島は管制官がいないので機長の判断で滑走路を選ぶことになってるらしいです。おそらく、こちら側から離陸すると旋回せずに石垣島まで飛べるのでこちら側からの離陸をチョイスしたら追い風が規定値を超えてしまい離陸できなくなって規定値に収まるまで待っているんだと思います。たぶんなかなか出発しなかったのも滑走路のどちらから飛ぶか判断に迷っていたんだと思います。反対側から離陸すれば良かったのに滑走路のチョイスミスですね。
結局15分ほど待ってようやく離陸しました。
7070308.jpg
眼下に祖納の集落が見えます。
7070309.jpg
六畳浜が見えます。次回はここでシュノーケリングしたい!
7070310.jpg
東崎も見えました。さよなら与那国。
7070311.jpg
西表島の川が見えました。そういえば、このあたりにカエルのTanakaさんが今滞在中なんだよな。と思ったり。
7070312.jpg
これから行く小浜島も見えてきました。手前の小島は嘉弥真島ですね。ここもいつか行かなきゃ。
7070330.jpg
竹富島ですね。石垣島まであとちょっと。

7070313.jpg
石垣島の海も上空から見るとキレイですね。
7070314.jpg
石垣島上空まで来ました。これから行く離島ターミナルも見えます。
7070315.jpg
一旦、白保の海を飛び越えて旋回して着陸です。
7070316.jpg
離島ターミナルから高速艇で小浜島へ。
7070317.jpg
途中、減速したと思ったら竹富島の横で航路の浚渫をしていました。
『八重山を満喫して良い思い出を』なかなかいいメッセージですね。
7070318.jpg
後ろからものすごいスピードで西表島行きの双胴船が追い抜いていきました。
この航路はホント激しいです。(笑)
7070319.jpg
小浜島に着きました。これでまた沖縄の離島コレクションがひとつできました。
今日の宿はこちらです。


7070320.jpg
ペンションそうナンヨウさんです。
ペンションと名はついてますが、
7070321.jpg
芝生の敷地にプレハブの部屋がいくつか並んでいるだけです。
7070322.jpg
部屋は二段ベッドがふたつ。割と新しく、エアコン、テレビ、冷蔵庫完備で快適です。
シャワーとトイレは別のプレハブになります。
昨日、飲み過ぎたので今日は酒抜きます。
7070323.jpg
宿から徒歩5分の軽食シーサイドさんでフーチャンプル定食いただきました。
ハイ。わたくし沖縄料理でフーチャンプルが一番好きなのでよく食べます。(笑)
調子に乗って
7070324.jpg
ソーキそばもいただいちゃいました。
もう腹いっぱいです。ああおいしかった。


テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 4日目 ~与那国島ラストナイト~

シュノーケリングから戻ると、オーナーのしげさんたちがお昼ご飯を作っている真っ最中でした。
7070211.jpg
わたしらもご相伴にあずかりました。魚の入ったおじやとフーチャンプルが絶品でした。おいしかったです。ごちそうさまでした。
今日の夕方、原チャリを返さないといけないのでひとっ走り行ってきました。
目的地はやっぱりこっちの方です。
7070212.jpg
テキサスゲートを超え、
7070213.jpg
風車と牛を眺め、
7070214.jpg
東崎。やっぱり与那国でここが一番好きです。
7070215.jpg
昨日、てっぺんまで登った宇良部岳。
7070216.jpg
3日間ありがとう。いい走りをしてくれました。
やっぱり離島の旅は原チャリで走り回っているのが一番楽しいです。
7070217.jpg
夕方、釣りをしてみますが、今日もボーズ。やっぱり離島の釣りはかなり難しい。
人が簡単に入れそうな場所はまずスレてます。
さぁ晩飯。
ところが、カジキ釣り大会を控えているのでどこの店も予約済みや貸し切りでなかなか入れず。
7070218.jpg
こちらのワンコがいるお店も満席。
7070219.jpg
このままでは夕飯難民になっちゃう!!マヂで。(笑)
7070220.jpg
なんとかこちらのお店に滑り込みセーフ。
7070221.jpg
ヒラヤーチとソーメンチャンプル。
7070222.jpg
ナーベラー。
今夜は与那国ラストナイト。PONさんとの議論もヒートアップ。
宿に戻ってからも飲みまくり、泥酔してほとんど記憶飛びました。汗

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 4日目 ~与那国島シュノーケリングその2~

八重山旅行4日目、与那国島3日目です。
今日もゆっくり起きて、まずはなでしこのイングランド戦をテレビ観戦。なでしこ劣勢。でも、まさかのイングランドのオウンゴールで日本の決勝進出決定。日本ツイてるなぁ。

さて、観戦後はシューノーケリングです。
7070201.jpg
今日もエントリーはこちらから。今日は足ヒレ借りられました。
とにかくクソ暑いので海に入っているのが一番です。汗も流れますからね。
7070202.jpg
砂地ゾーンもあります。よく見ると生き物も一応いますね。目立ちませんが。
今日のこの時間は満潮でリーフの外側から波が打ち込むので干潮だった昨日と比べると若干濁ってます。それでも十分キレイですけどね。
7070203.jpg
ゴマチョウチョウウオかな。
7070204.jpg
リーフのエッジに深い穴を発見。
7070205.jpg
ここの穴はいろいろいて楽しめます。
7070206.jpg
しばらくここで魚見てました。
7070207.jpg
カラフルなイラブチャー(ブダイ)もいますね。
7070208.jpg
モンツキハギとか相変わらずニザダイ系が多いです。
7070209.jpg
右側の2本線が入ってるのはゴマニザかな。
リーフの外側もトライしたのですが、やっぱり怖くて引き返しました。
ハイ。チキン野郎です。(笑)



テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 3日目 ~与那国島海釣り&晩メシ~

一日中、やたらとクソ暑い与那国です。まるで真夏の名古屋の暑さです。風が吹いても熱風が過ぎ去るだけでまったく清涼感がありません。初回は8月に来ましたがこんなに暑かったかなぁ。と思ったら今年の暑さは異常だそうで雨もほとんど降ってないそうです。そんなわけで日中は何もやる気もせずひたすら宿で昼寝。エアコン付きの離れの個室なので快適です。

さて、夕方になってちょっと涼しくなったので釣りに行くことにしました。
まず釣り餌を買いに行きます。そう言えば与那国で海釣りをしたことなかったですね。釣り餌はスーパーや商店じゃなくて工務店で売ってるそうです。宿から工務店までは徒歩5分ほどですが、行ったら閉まってました。汗 内地の感覚だとまだ16時ぐらいの感じなんですが、実際は18時過ぎているんですよね。仕方なくPONさんはスーパーで竹輪を買ってエサにし、わたしはジグで釣ることにしました。
7070131.jpg
日本最西端、日本最後の夕日をバックにひたすらジグを投げますがノーピク。
てかルアー釣りめんどくせー。汗 すっかり手軽に良く釣れるタナゴ釣りに染まってしまったわたしです。もはやタナゴ釣りしかできない身体になってしまったのかも知れません。(笑)
7070132.jpg
日本最後の夕日withクレーン台船。(笑)
与那国も初回は毎日のように夕日を撮りに行ってましたが、三度目ともなるとこの通り超テキトーです。(笑)
ジグのわたしもエサ釣りのPONさんもノーピクに終わり、晩メシを食いに行くことにしました。
宿に戻ると、夜光貝を獲ってきたお客さんとヘルパーのしげちゃんが料理して食べさせてくれました。
7070133.jpg
こちらはお刺身。
7070134.jpg
こちらはアヒージョ。昨日のバーベキューで焼いたものも食べましたが、この貝は生よりも火を通した方がおいしいと思いました。
ご馳走様でした。
このまま宿で一杯やってもいいかなと思ったのですが、やっぱり飲みに行くことにしました。
7070135.jpg
毎回来てますが、やっぱりここでしょう。ビアガーデン国境(はて)です。
与那国の夕食は予約必須(予約しないと最悪食いはぐれる。)なのですが、電話がつながらず直接行ってみたところギリギリ入れてもらえました。地元のお客さんでいっぱいです。やっぱりどこ行っても地元のお客さんが多い店は間違いないですね。
7070136.jpg
カジキのスペアリブのフライ。ビールのつまみに最高です。
7070143.jpg
海鮮サラダ。お刺身頼まなくてもいいぐらい海鮮たっぷりです。(笑)
7070137.jpg
魚フライは何の魚か聞いたらシイラとのこと。シイラもうまい魚ですよね。
7070138.jpg
刺し盛りです。ちなみにこんなラインナップだそうです。
7070142.jpg
7070139.jpg
中身チャンプルー
7070140.jpg
島豆腐の奴三種載せ。一番右側のはタナゴじゃなくスクガラス(アイゴの稚魚の塩漬け)です。
7070141.jpg
シメは寿司いただきました。にぎりがデカくてうまい!!

ああ今日もこんなうまいものばかり食っていいのだろうか。幸せな一日でした。(笑)

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 3日目 ~与那国島ランチ&宇良部岳登山&タナゴ捜索?~

シュノーケリングから宿に戻り、腹も減ったのでランチを食べに行くことにしました。
原チャリで一山越えて比川へ。初回に来たときにランチを食べた光里食堂に行ってみたら閉店していました。手作りの豆腐料理がおいしかったのに残念。
7070121.jpg
そこでこちらの食堂に行ってみました。
日替わりランチ一択で今日はアジフライだそうです。

7070122.jpg
なかなか肉厚でジューシーなおいしいアジフライでした。
ランチのあとは登山です!与那国島の最高峰の宇良部岳(標高231メートル)に登っちゃいますよ。
とは言っても原チャリでてっぺんまで行くだけですけどね。(笑)
7070123.jpg
ハイ。楽勝で到着です。こちらは東崎の方向。
7070124.jpg
こちらは西崎の方向。
7070125.jpg
こちらは島の北側、祖納の方向です。
って前回も前々回も来ましたね。ハイ。わたくし高いところが大好きです。(笑)
さて、次はタナゴ釣りのポイント探しますよ!
7070126.jpg
いい感じの川がありました。(笑)
7070127.jpg
小魚もいますねぇ。ってこれはオオクチユゴイの幼魚だと思います。
って前回もここで釣りをしてノーピクだったんですよね。汗
うわっ今回はなんか魚がいっぱいいます。
7070128.jpg
こりゃどうもティラピアみたいですね。
こんなのかけたらタナゴ竿なんて一発で折れますので今回は竿を出すのはやめときました。(笑)


テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 3日目 ~与那国島シュノーケリング~

八重山旅行3日目、与那国島2日目です。
昨日は遅くまでちと飲み過ぎました。あまりよく覚えてないですが、PONさんによると『幸せそうに飲んでたよ。』とのことでしたので楽しいお酒だったんだと思います。(笑)

さて、酒を抜いて、シュノーケリングに行くことにしました。
宿のフィエスタさんでフィンやマスクなど無料で貸してくれるのですが、わたしは持参したマスクとシュノーケルを使い、フィンだけ借りようと思ったらサイズがなく・・・仕方ないので今日はフィンなしで挑むことにしました。

ポイントは宿からすぐの二畳浜です。
7070101.jpg
確かに二畳ぐらいのこじんまりとしたビーチがあります。ここは4年前に与那国に初めて来たときにシュノーケリングしたことがあります。あのときは台風接近で濁っていて流れも強く、離岸流に持って行かれそうになって肝を冷やしました。
7070102.jpg
ここからエントリー。この時点ですでに十分キレイです。(笑)
7070103.jpg
いきなり出会ったのはベラ系?ナメラベラあたりでしょうか。
さらに進むと・・・
7070104.jpg
スコーンとキレイになりました。かなりの透明度です。
今日の今は大潮の干潮でリーフの外側から波が打ち込まないので濁らず透明度も高いようです。
こりゃ楽しめそうですね。
7070105.jpg
魚も結構いますね。ニザダイ系の魚が多いようです。
7070106.jpg
オレンジの線が入っているのはモンツキハギかな?
7070107.jpg
チョウチョウウオもいろいろいますね。右上のはチョウハンで真ん中のは並チョウかな?
7070108.jpg
ニセフウライチョウはデカいですね~。最大30センチになるらしいですが、この個体は25センチぐらいあったと思います。
7070109.jpg
サンゴは少々。直接荒波が打ち込む場所なので定着しないんだと思います。
7070110.jpg
それでもソフトコーラル系も少々います。
7070111.jpg
イバラカンザシもいろんな色のがいました。
小物系好きなのでうれしいです。
7070112.jpg
カラフルなイラブチャー(ブダイ)とキレイな尻尾のベラ系の魚。これはいろいろ調べたけど同定できず。なんて魚なんでしょ?
7070113.jpg
砂地のところはオジサンかヒメジみたいのが多いですね。
7070114.jpg
ニジハギもいました。カラフルです。
7070115.jpg
ツノダシなんかもいますね。
リーフの外側に挑戦!
7070116.jpg
お!ガーラ(カスミアジ)がいました。これ釣りたいなぁ。
このままリーフの外側を進みましたが、やっぱりフィンがないのは怖いので戻ることにしました。
7070117.jpg
二畳浜のすぐそばでチョウチョウウオの幼魚とウズマキ(サザナミヤッコの幼魚)がいました。
これは真横から撮りたかったなぁ。

という訳でリーフの外側へは行けませんでしたが、透明度の高いリーフの内側でいろいろ魚が見られて楽しかったです。
また明日リベンジしたいと思います。


テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 2日目 ~与那国島一周原チャリツーリング~

今回の与那国の宿はこちらです。
当初は、前回、前々回と泊まった民宿にしようと思ったのですが、民宿のオーナーがわたしの滞在期間中出かけるそうでNG。他の民宿もあちこち電話してみたらどこも満室。ようやく取れたのがこちらのゲストハウスFiestさんでした。
オーナーのしげさんが空港まで迎えに来てくれました。
7063021.jpg
こちらがゲストハウスFiestさん。祖納の集落の港の近くにあります。
7063022.jpg
ゲストハウスですが、ドミトリーの他にセミダブルの個室や離れなどもあって、今回わたしらはこちらのプレハブに泊まることになりました。
7063023.jpg
プレハブは手作りの二段ベッド(わたしらが泊まった時はまだ未完成)と床に一名のトリプルで泊まれます。料金は二人で5千円でした。エアコンと扇風機があり大変快適です。
7063024.jpg
Fiestaさんの原チャリを1台と近所の旅の館・阿檀さんで1台借りてきてPONさんと与那国島一周ツーリングに出発です。
ハイ。わたしは沖縄の離島に来ると原チャリで走り回るのが大好きなのです。(笑)
反時計回りで島を一周します。
7063025.jpg
ダンヌ浜
7063026.jpg
日本最後の夕日が見える丘
7063027.jpg
フェリーよなくに
7063028.jpg
西崎の日本最西端の碑
ってここまで逆光3連発。(笑)
人生で三度も日本最西端に来るとはねぇ。(笑)
7063029.jpg
西崎から見た久部良港
ここから見る景色が好き。
7063030.jpg
南牧場。相変わらず馬がいっぱい。自衛隊基地建設中。
この基地建設で作業員が民宿にたくさん泊まっていて宿が空いていないそう。一年半先まで予約が入っているのだとか。
7063031.jpg
南牧場から見た海。海が与那国ブルーっぽくなってきました。
7063032.jpg
ここ最近、南風が吹き荒れているそうで海も時化。海底遺跡へは行けない日々が続いているらしい。
7063033.jpg
Dr.コトーのセットも健在。またドラマやればいいのになぁ。
7063034.jpg
比川浜
7063035.jpg
立神岩。ようやく与那国ブルーの海が拝めた。やっぱり与那国の海の色はこれですよ!
7063036.jpg
別角度からの立神岩。

7063037.jpg
東崎を望む。
7063038.jpg
あら、前回、前々回来たとき崩壊していたサンニヌ台が新しくなってるじゃないですか!!
7063039.jpg
三度目の与那国訪問でついに軍艦岩を見ることができました。確かに潜水艦っぽいですね。
7063040.jpg
東崎。曇ってしまってちょっとイマイチ。晴れてるとキレイなんですよね。ここは。
7063041.jpg
六畳浜。相変わらず浜まで降りるのはおっかない。
数年前、ここに貨物船が座礁したらしいのですが、座礁の原因はワッチしていた航海士の下痢だったそう。トイレ行ってる間に座礁してしまったのだとか。なんともうーんですねぇ。汗
7063042.jpg
『一億円の墓』も相変わらず健在です。バリの寺院みたいですねぇ。
与那国島一周ツーリングを終え宿に戻ると、これから比川でハーベキューをするので行きませんか。と誘われました。
もちろん快諾しまして、お酒など仕込んで比川へ。
7063043.jpg
バーベキュー会場は与那国馬風(う)牧場さんです。
7063044.jpg
与那国馬が見ている前で、馬、豚、鶏、貝、野菜など焼いていただきます。
なんともシュールな光景です。(笑)
馬肉のスペアリブは固かったですが、味が濃くておいしかったです。焼いた夜光貝もうまかったです。
7063045.jpg
馬刺しもいただきました。実においしかったです。
食後は一っ風呂浴びてから帰ります。
7063046.jpg
初体験の五右衛門風呂です。真っ暗闇で入っていたら放牧された与那国馬がこちらの様子を見にやってきました。(笑)
こちらも最高に気持ち良かったです。
今日はお酒我慢してくれたPONさんの運転で宿に戻り、二次会は宿のお客さんたちとスナック『来夢来人(ライムライト)』へ。
こちらのママに大変サービスしていただいちゃいました。
7063047.jpg
ママ手作りのヒラヤーチー(韓国のチヂミみたいな、沖縄の薄いお好み焼き)を何枚もいただいちゃいました。
ごちそうさまでした。

というわけで与那国初日から大変濃い、長い長い一日を過ごしたのでありました。

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 2日目 ~石垣島から与那国島へ~

昨夜はいい感じで酔っぱらって床に就いたものの、2時間ほど寝たところで隣の客の激烈ないびきに起こされ、そこから一睡もできませんでした。ドミトリーの宿命とは言え、一晩中いびきをかき続け、朝になってもなかなか起きない隣の客には恐れ入りました。ひょっとして脳卒中にでもなったんじゃないかと逆に心配してみたり。(以前、朝から電車で激烈ないびきをかき続け、終点になってもまったく起きない客がいて車掌に通報したことがあります。)

本来は今日は離島ターミナルに向かって、フェリーで与那国島を目指す予定だったのですが、行きのフェリーの予定は今日で確定していたものの帰りのフェリーの予定がカジキ釣り大会のため流動的ということでなかなか確定せず、それでは片道フェリーで帰りは飛行機にしようと思って調べてみたら、石垣~与那国の飛行機は片道だと12000円、往復だと往復割引で15000円。という実に不思議な料金設定。それなら行きも帰りも飛行機でいいや。という話になったのでした。だったら石垣も泊まる必要もなかったわけですが、まぁ昨日はうまい魚が食えましたので良しとしましょう。

そんなわけで軽い二日酔いと寝不足のままタクシーで新石垣空港へ。
空港は新しくなりましたが、相変わらずJGCレーンはありません。一般客と同じレーンに並んでチェックインすることになります。
7063001.jpg
空港のフードコートでやいまそばいただきました。ちと高かったですが、味は良かったです。
デザート!
7063002.jpg
マンゴーと島かぼちゃのアイスだったかな。さすがにマンゴーはマンゴーそのものの味がしておいしかったです。
腹も満たされたところで搭乗ゲートへ。
搭乗ロビーも狭いですね。高松空港あたりと大差ない感じです。
7063003.jpg
搭乗口はJALもANAも兼用なんですね。ただ、改札機は別々なので迷っているお客が多かったです。
ここでテレビを見ながら待っていたら、新幹線の焼身自殺のニュースが飛び込んできました。いやーおっかないですねぇ。ホント日本も恐ろしい時代に突入してしまった感じがします。ホント身の回りで起きないことを祈るばかりです。
そんなおっかないニュースを見た直後に搭乗開始。
7063004.jpg
歩いて飛行機まで向かいます。いやー南国そのもののエプロンは気持ちいい!
沖縄の離島と言えばこの機材!
7063005.jpg
ボンバルディアのダッシュ8です。
ほぼ満席でちょっと遅れて出発。
7063006.jpg
さぁ離陸しますよ!
7063007.jpg
空港のターミナルビルが良く見えます。ボーディングブリッジは4つですかね。
7063008.jpg
与那国島に向けて石垣島上空を上昇していきます。
7063009.jpg
昨日泊まった旧空港周辺。旧空港の滑走路もそのまんま残っているんですね。建物は解体したのかな?
7063010.jpg
石垣港。離島ターミナルも見えます。与那国から戻ったらここから波照間に行きますよ!
7063011.jpg
雲が多いですが、黒島が見えました。ここも今回行く予定です。
7063012.jpg
だいぶ雲が多いですが、曲がりくねった川が見えます。日本のアマゾン西表島です。
西表島を過ぎるとあとは与那国島まではひたすら海です。
ふと海を眺めていたら
7063013.jpg
真下を『フェリーよなくに』が与那国島に向けて航行していました。ここで追い抜いたわけです。
ちなみに石垣~与那国はフェリーだと4時間、飛行機だと35分です。
降下の際、雲の中に突入してジェットコースターのように揺れました。これぞプロペラ機の醍醐味です。(笑)
7063014.jpg
さぁ与那国島が見えてきました。東崎ですね。ここからストレートに与那国島に着陸するようです。
前回来たときはサークリングアプローチで反対側の滑走路に着陸しましたが、いずれにしろ与那国島へは左舷側の席がオススメです。
着陸の様子を動画で撮影しましたのでご覧ください。

7063015.jpg
無事与那国島に到着です。
若干湿度が高いようで海がぽやーんとしています。与那国の紺碧な海はここではまだ見れず。
7063016.jpg
いやー日本最西端の島、与那国にまた来ちゃいました。2011年から実に3度目です。(笑)
7063017.jpg
やたらちっこい回転台の内側に与那国島の模型があります。実に特徴を捉えてますね。
さて、宿の方は迎えに来てくれているでしょうか。

続く

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

2015八重山旅行記 1日目 ~チバラギから石垣島へ~

40歳になるのもあと少し。仕事も私生活も人生これでいいのかなぁと思う今日この頃です。
いろいろと新しいことを始めようかと考えていた矢先にとあるいいお話をいただきまして、その実現のための視察と人生のリセットも兼ねて八重山旅行に出かけることに決めました。

FBで「人生リセットしてきます。」なんて書いたせいで何人かの方から『まさか自殺じゃないですよね?』なんてメッセージもらっちゃいました。変な書き方してご心配おかけしてすみません。まだまだ死にませんよ!!(笑)

さて、今回の予定は、

6/29 月 羽田→石垣
6/30 火 石垣→与那国
7/1 水 与那国
7/2 木 与那国
7/3 金 与那国→石垣→波照間
7/4 土 波照間
7/5 日 波照間→石垣
7/6 月 黒島小浜パナリ等
7/7 火 黒島小浜パナリ等
7/8 水 黒島小浜パナリ等
7/9 木 黒島小浜パナリ等
7/10 金 石垣→羽田

といった感じです。7/5の波照間まではすでに宿や飛行機、船を押さえ、波照間以降は現地で様子を見て決める。ということにしました。
昨日は船の仕事のあと、じっくり準備する予定だったのですが、予定外の飲み会でガッツリ飲んでしまい、今朝慌てて準備して出発したのでありました。

バスで最寄駅まで行き、ついこの春開通したばかりの上野東京ラインで品川駅まで行きます。
7062901.jpg
日中は1時間に一本だけですが、品川までダイレクトに行けるようになったのは非常に大きいです。
日中なので普通席でも余裕で座れるのですが、大荷物で普通車に乗るのも気が引けるのでグリーン車で行きます。
常磐線の二階建てグリーン車は車端部の一階、二階、地下と三層構造になっていて、普段は静かで揺れが少なく、窓枠が低く肘が置きやすい地下を利用するのですが、旅行でスーツケースを抱えているときは車端部の一択です。
7062902.jpg
グリーン車内の階段を上り下りする必要がなく座席の後ろにスーツケースを置くことができるので便利なのです。
品川で京急の空港行きの快特に絶妙なタイミングで乗り継ぎ、羽田空港へ。
今まで上野と浜松町で2回乗り継いでいたときと比べると大変便利になりました。

さて、空港で今回の旅の同行者のPONさんと合流。
JGCカウンター、専用セキリュティとまったく並ばずにラウンジへ。
7062903.jpg
久しぶりのラウンジ生ビールです。旅の出発を祝ってPONさんと乾杯!
7062904.jpg
チェックイン前に仕込んでおいた空弁をいただきます。
7062905.jpg
ちょっと高めの空弁ですが、なかなかおいしかったです。
いぶりがっこ+クリームチーズはなかなかイケました。これはパクらせてもらおう。(笑)
搭乗時刻も迫ってきたのでゲートへ。
7062906.jpg
端っこの6番からの搭乗です。
ほぼ定刻で出発。一路石垣島へ3時間のフライトです。
離陸するとすぐ雲の中に入っちゃいました。
7062907.jpg
ようやく視界が開けたと思ったら浜名湖上空でした。ここも仕事でよく来たなぁ。
7062908.jpg
JALのカップ。なかなかいいデザインです。
わたしはコーヒー苦手なのでいつもスープをもらいます。(笑)
機長からのアナウンスによると、これから梅雨前線を越えるので揺れが予想されるとの事です。
7062909.jpg
確かに一面、まっ平だった雲海がモコモコしているところが見えてきました。
ここが梅雨前線なんでしょうか?
7062910.jpg
この後、雲の中に突入し、結構揺れました。
梅雨前線の実物を初めて見ちゃいましたね。(笑)
7062911.jpg
ようやく雲が晴れるとキレイなリーフが見えてきました。宮古島の北部にある池間島の北側ですね。
7062912.jpg
まあるい多良間島も見えてきました。次回はここ行こうかな。
さぁまもなく石垣島到着です。
7062913.jpg
石垣島のリーフが見えてきました。こうして見るとキレイですねぇ。
ほぼ定刻で新石垣島空港に着きました。
石垣島は何度か来ていますが、空港が新しくなってから来たのは今回が初めてです。
7062914.jpg
さすがに出来てから数年ですのでなかなかキレイな空港ですが、あんまり大きくはないですね。
空港からタクシーで今日の宿へ。
旧空港のそばにあるアートボックスです。
7062915.jpg
空港からタクシーで2500円ほどでした。2人だとバス代+500円ずつという感じです。
7062916.jpg
わたしは宿はビジネスホテル派でしたが、今回はあえてゲストハウスを中心に宿泊します。
こちらのゲストハウスはキレイで快適です。共用スペースもたっぷり取ってあって居心地いいですね。
7062917.jpg
居室。いわゆるドミトリー形式ですが、三面を壁で囲まれており、ある程度プライバシーは確保されますので快適です。
一泊2000円はお値打ちです。
さぁ、さっそく晩御飯行きますよ!
宿でオススメされた、海人居酒屋 源 平得店に15分ほど歩いて到着。
7062918.jpg
この旅行初のオリオンの生ビールで乾杯!うめぇ。
ここの魚料理が大当たり!
7062919.jpg
刺し盛りたっぷり。
何よりも驚いたのが!
7062920.jpg
なんとカツオのレバ刺しです。まったく臭みなどなく、牛や豚のレバ刺しそのものです。現在、牛や豚のレバ刺しが禁止になっていますが、まだこの手があったんだ!と驚きました。
ちょっとでも鮮度が落ちたら臭くて食えないと思います。この居酒屋、カツオ船を持っているのでこういうメニューが提供できるみたいです。
7062921.jpg
こちらはカツオの心臓。ハツ刺しという感じです。これもうまい!
7062922.jpg
あまりにつまみがおいしいので、ついついお酒が進んで八重泉のボトル空いちゃいました。(笑)

さぁ旅行初日から食って飲んで大満足です。この旅行はぜったいうまくいくに違いない!と確信したのでありました。

明日は与那国島に渡ります。


テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (11)
2017 八重山釣り旅行 (13)
2017 徳島タナゴ釣り遠征 (5)
2017 四国タナゴ釣り遠征 (11)
2017 北陸 (0)
旅行 (203)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (77)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (390)
酒・飲み物 (51)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (418)
飛行機 (101)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (10)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (110)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (64)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード