2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌマチチブ

先日のタナゴ釣りのときに友人Yが釣ってくれたヌマチチブです。
最初はヨシノボリかと思っていたのですが調べたらヌマチチブでした。
6121301.jpg
こうして見ると熱帯魚に負けず劣らずカラフルです。
6121302.jpg
顔のスポットがいいですね。こういう模様の魚好きです。(笑)
6121303.jpg
合計4匹、我が家の日淡水槽の仲間入りとなりました。
手賀沼にはヌマチチブの他にトウヨシノボリとウキゴリもいるらしいのでそちらも採集して来たいと思います。



スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

透明鱗のタイリクバラタナゴ

タナゴ釣りをしているとときどきちょっと変わったタナゴがかかることがあります。
6120801.jpg
こちらの透明鱗のタイリクバラタナゴです。このとおり釣りたては紫色っぽいので明らかに他のタイリクバラタナゴとは違うのがわかります。
6120802.jpg
上の写真の個体を観察ケースに入れて撮影してみました。
エラブタ、腹、筋肉がスケスケで内臓や骨が見えます。
6120803.jpg
こちらは手賀沼で釣った透明鱗のタイリクバラタナゴ。
フラッシュを使って撮影してみました。
6120804.jpg
上と同じ個体。こちらはフラッシュ無し。タイリクバラタナゴのレントゲン写真を撮ってる気分です。(笑)
調べてみたら、鱗の皮の間に光彩層っていう光を反射する部分があるあるのがふつうの魚で、ないのが透明鱗だそうです。自然発生率は3万匹に1匹の確率なのだとか。わたしは数千匹釣って2匹なので比較的高確率なのかも知れません。ただ、この個体が自然のものなのか放流されたものなのかわかりませんので後者のものだった場合は確率はもっと高くなるのかもしれませんね。

次はアルビノのタイリクバラナゴを釣ってみたいですが、釣れるかな?(笑)


テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ツチフキ

コリドラスやプレコなどの熱帯魚も海水魚も底モノが好きなわたしですが、日淡も底モノが好きです。
先日のタナゴ釣りのときに日淡の底モノ、ツチフキがいて友人が釣ってくれたので撮影してみました。
6120306.jpg
手賀沼にて釣りたてのツチフキです。
本来は近畿以西の分布のようですが、東日本にも移入種として分布しているようです。
6120302.jpg
こんな感じの場所にいました。泥底のホソです。
写真ではわかりにくいですが、タイリクバラタナゴやカダヤシの群れの下に何匹もツチフキがいます。
手賀沼にはたくさんいますが、絶滅危惧種なんですね。
カマツカは砂地を好むようですが、ツチフキはこういう泥底を好むようです。まさに手賀沼の環境が適しているんでしょうね。
6120401.jpg
マクロで撮影してみました。このドジョウとハゼを足して二で割ったような顔つきがいいですねぇ。(笑)
まさに和製コリドラスです。
6120402.jpg
横から。なかなかメタリックなボディをしています。
6120403.jpg
上から。ハゼやコチみたいな胸鰭や腹鰭をしていますね。やっぱり底モノですね。
撮影後、我が家の日淡水槽に収容しました。底モノが欲しかったところなのでちょうど良かったです。
コリドラス同様残りエサだけだと餓死してしまうらしいので気を付けてあげたいと思います。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

タイリクバラタナゴは貝がいなくても繁殖できる?

日本在来のタナゴが激減してしまった理由は卵を二枚貝に産み付けるという繁殖形態にあります。
タナゴや貝が生息する水路の三面護岸化や農薬により二枚貝が激減してしまってその結果タナゴの繁殖ができなくなってしまったわけです。
ただ、タナゴそのものはクチボソと大差なく多少汚れた川でも平気で棲息できる魚だと感じてます。

タイリクバラタナゴも日本の在来種のタナゴと同じく二枚貝に卵を産み付けることで繁殖するわけですが、
6112001.jpg
手賀沼をはじめ、いるところにはとんでもなく爆殖しています。
いくら手賀沼が浄化されたとは言え、ヘドロ底メインの手賀沼でこれだけのタイバラが繁殖できるほどの二枚貝がいるのか多いに疑問です。
その疑問の答として可能性が高いのはタイバラは二枚貝がなくても繁殖できるのではないか。ということです。実際、タイバラを飼育していた人の話として水槽に二枚貝を入れてないのに新子が泳いでいたと事があったそうです。
確かにタイバラが二枚貝がなくても繁殖できる能力を得ていたとしたらこれだけ爆殖していてもおかしくありません。
また、最近増えているオオタナゴもこの能力がある可能性があります。

在来種のタナゴにはこの能力がないために多少浄化されても二枚貝が十分にいないので復活できないのかも知れませんね。

わたしもタイバラを飼育していますので二枚貝がなくても繁殖するのか確かめてみたいと思います。
水産学部の研究テーマとしてもおもしろいと思いますが、いかがでしょう?

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

日淡飼育はじめました

釣りのポイントを探索中、メダカゾーンを発見!
6092104.jpg
ウジャウジャいます。
6092105.jpg
一網でこの通り。
6092106.jpg
とりあえず庭の水草キープ桶のボウフラ対策用にメダカ一網分と小さ目のフナ5匹をキープしました。
6092107.jpg
外来種のカダヤシだったらイヤだなぁと思って調べてみたら、ちゃんとした在来種のメダカでした。
6092108.jpg
在来種は尻鰭が平行四辺形に、目の上がブルーに光るのが特徴だそうです。
なんか魚持って帰ってきたら飼育欲がワラワラと出て来ちゃいましたよ。(笑)6092102.jpg
使い古しの水槽と台を庭にセット。
アマゾンの白砂と岩をテキトーに入れて完成。
6092101.jpg
メダカの群泳いいね~(笑)
6092103.jpg
フナかわいいねぇ。(笑)
今までなんで熱帯魚ばかりで日淡飼ってなかったんだろう。(笑)
とりあえず濾過なし、水替えで対応しますが、外に設置できるブロアー買って水作エイトでも入れてやろうかと考えてます。

テーマ:メダカ - ジャンル:ペット

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (9)
旅行 (200)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (67)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (348)
酒・飲み物 (50)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (319)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (4)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (108)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (37)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。