2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣・西表旅行記 4日目 ~石垣~那覇~羽田 JALジャンボラストフライト~

石垣港離島ターミナルからはタクシーで石垣空港に向かいます。

正直、沖縄のタクシー=ボラれる・遠回りされる。というイメージ(実際沖縄本島で何人も知人が被害に遭っている)があったので極力タクシーには乗りたくなかったのですが、荷物もありますし、バスの本数も少ないので意を決してタクシーにしました。

不安は杞憂に終わり、タクシー乗り場に各地の目安の料金(空港は千円)が書かれていて、乗ったタクシーの運ちゃんも感じのいいじいさんでした。
夏川○みの家を教えてくれたり、さとうきびの収穫の仕事は歩合制。とかいろいろ話をしてくれておもしろかったです。

タクシーの運ちゃんにまたおいで~と言われ、石垣空港に到着しました。
3081511.jpg
石垣空港ってなんかレトロな感じで好きなんですよね。
数年後に新しい石垣空港が完成すると、ここもなくなっちゃうんですよね。
3081512.jpg
空港のなかのレストランです。ここもなんか昭和のテイストで好きです。
3081513.jpg
昼ごはんに焼肉定食をいただきました。
3081514.jpg
帰りも歩いてB737-400に搭乗です。
3081515.jpg
帰りの席も一番前でした。この機材はかなり足元が広いです。
同じJAL系のB737-400でも機材によって一番前の席の足元の広さはまちまちです。
少なくとも、この機材のように、かなり広い、まあまあ広い、壁まですぐで広くない。の3パターンはありますね 。
石垣からは1時間かからずに那覇に到着しました。
3081516.jpg
那覇空港には海上自衛隊の対潜哨戒機のP3Cのほかに航空自衛隊のF15イーグルがズラっと並んでました。意外とF15イーグルってデカいですね。
以前来たときは那覇基地に配備されていたのはF4ファントムだったんですが、ちょっと前にF15イーグルに配備換えされたんですよね。
石垣からは羽田まで直行便もチョイスできたのですが、2点ほど目的があり、あえて那覇経由便にしました。

まずひとつの目的がここ、那覇のサクララウンジです。
3081517.jpg
これでまた国内のサクララウンジ巡りがひとつクリアーできました。
3081518.jpg
那覇のサクララウンジの生ビールはもちろんオリオンです。
また、泡盛サーバーもあり、ソフトドリンクはグァバジュース、シークァーサージュース、さんぴん茶と琉球テイストが揃ってます。
そして、もうひとつの目的がこれ!
3081519.jpg
まもなく(3月末)JALから全機退役するジャンボジェットB747-400に乗るためでした。
このジャンボのずんぐりむっくり感が好きなんですよね。
3081520.jpg
シートはクラスJ、ドアの前の一番いい席に座れました。
3081521.jpg
これまた足元広々としていて快適です。

羽田着陸の前、前に座っていたチーフパーサーともいろいろ話をしました。
CAになって最初に乗ったのがジャンボで、このフライトが最後のジャンボ搭乗となるそうで、お客が降りた後にクルー全員でちょっとした打ち上げがあるとか、この機材は整備が行き届いているので相場より高く売れたとかいろいろ教えてくれました。
3081522.jpg
羽田にて。これがJALのジャンボの見納めです。

思い起こしてみるとブラジルもハワイも香港もタイも沖縄も北海道もJALのジャンボで行ったんですよね。
ジャンボってホント広くて快適で大好きな飛行機だっただけにJALから全機退役してしまうとは残念でなりません。
今回の旅はホント宿も人も良かったですし、西表島の大自然を満喫することもできました。
もともと沖縄は好きでしたが、今回の旅行でさらに沖縄が、沖縄の離島が好きになりました。ホント沖縄最高です!

これから死ぬまでに沖縄の離島、ぜんぶ制覇するぞ!!

というわけで旅行から半年以上引っ張ってしまいましたが、これで3泊4日の石垣・西表旅行記を終わります。

スポンサーサイト

石垣・西表旅行記 4日目 ~再び石垣島へ~

早朝トレッキングから宿に戻り、朝食をいただきました。
この日は宿泊者が少なかったようで、バイキングではなく、定食でした。

朝食後、宿を出発、大原港まで送ってもらいました。
3081501.jpg
船客待合所です。
立派なビルがあるように見えますが、目の錯覚です。笑
待合所内にて
3081502.jpg
時間ズレ※注意 が笑えます。
ちなみに10分ぐらい遅れてました。さすが島時間!
石垣島からわたしたちが乗る船がやってきました。
3081503.jpg
ドリーム7です。
さすがに行きのようにプレミアムドリームではありませんでした。笑
3081504.jpg
それでも定員86人の立派な船です。

行きはプレミアムドリームに2人だけでしたが、帰りは・・・もう一人お客がいて3人でした。
行きも帰りも明らかに赤字で申し訳ないです。汗
西表島と石垣島の間は石西礁湖というさんご礁の海域のため、航路が細く、フェリー同士がじゃんじゃかとすぐそばを行き交うので船好きにとってはなかなかおもしろいところです。

高速艇同士がお互いの引き波をものともせず全速力ですれ違います。
3081505.jpg
八重山観光フェリー サザンキング
3081507.jpg
安栄観光 うみかじ
3081508.jpg
石垣島ドリーム観光 ドリーム6
高速艇ばかりかと思いきや、こんなのんびりした船も走ってました。
3081506.jpg
八重山観光フェリー 貨客船かりゆし 99トン
石垣~鳩間~西表を結ぶフェリーです。
あっという間に40分ほどで石垣港に着いちゃいました。
3081509.jpg
水産庁の漁業取締船 龍星丸 499トン が停泊していました。
現代の日本で、これほどまでに旅客船が行きかっているところは、ここ石垣以外にないと思います。港に活気があるのはホントいいですね。

石垣・西表旅行記 4日目 ~早朝トレッキングツアー 後編~

さて、日の出も拝んで、夜も明けてきましたので、ここからは自然観察をしながら下山します。
3081401.jpg
登ってきた道はこんな道でした。いろんな植物が生えまくってます。
3081403.jpg
巨大なシダ植物ヒカゲヘゴです。
これだけでもジュラシックパークの世界みたいですよね。
3081405.jpg
ヒカゲヘゴの巨大なぜんまいです。
食べられるそうです。 なかなか食べ応えありそうですよね。
3081402.jpg
ギランイヌビワです。幹から直接実がなります。
3081404.jpg
これは何の実だったかな?
3081406.jpg
クワズイモです。
見た目どおりイモ科の植物ですが、毒があるそうです。
昔は傘代わりに使ったりしたそうですが、クワズイモの汁に触れるとかぶれるそうです。

クワズイモってなんか水草のアヌビアス・バルテリーそっくりですよね。
まぁどちらもイモ科なので、似ていてもおかしくないのですが。(笑)
3081407.jpg
こちらはオオタニワタリです。
ところどころ葉がちぎれているのは食用にするため人の手によってむしられているからです。特に先っちょは軟らかくておいしいので人の手が届くところのオオタニワタリはたいていむしられています。(笑)

なんか、これまた水草のミクロソリウムっぽいなぁと思いました。

3081408.jpg
木イチゴです。
3081409.jpg
これはアダンの実ですね。熟すとオレンジ色になります。
3081410.jpg
シダの群生です。
3081411.jpg
キレイなシダの葉ですね。
思わずニュージーランドのオールブラックスを思い出しちゃいました。(笑)

で、動物なんですが、冬場だったので特に出会えませんでした。
時期によってはセマルハコガメがいたりするそうです。
3081412.jpg
カタツムリの貝殻だけ見つけることが出来ました。
という訳で本土は真冬で茶色の世界ですが、西表島は緑一色の世界でとても癒されました。

石垣・西表旅行記 4日目 ~早朝トレッキングツアー 前編~

2月に行った、石垣・西表島旅行の旅行記、まだ完結していないのに与那国島に行ってしまいました。汗
与那国島旅行記を始める前に石垣・西表島旅行記を完結させねば!!

というわけで、石垣・西表島旅行も今日で最終日です。
朝食のあと、船で石垣島へ戻り、石垣空港から那覇経由で羽田へ。チバラギの実家に帰ります。

この日は朝食前にラ・ティーダのアクティビティのひとつ、早朝トレッキングツアーをお願いしました。海岸コースと林道コースがあるのですが、林道コースをチョイスしました。
3081201.jpg
まだ夜が明ける前から出発します。あたりは真っ暗です。

ラ・ティーダのスタッフがクルマで林道の入り口まで連れて行ってくれて、そのままガイドしてくれます。
クルマを降りると、懐中電灯を渡され、足元を照らしながら歩いて行きます。
一応ハブがいる可能性があるので慎重に歩を進めます。

40分ほど歩き、展望台に着くと、あたりはだいぶ明るくなってきました。
3081202.jpg
ここは2日目の仲間川カヌーツアーで来たのと同じ場所です。
3081203.jpg
日中来るのとはまた違った雰囲気がありますね。
3081207.jpg
うっすらとかかった雲がまたなんともいい雰囲気です。
さて、このアクティビティのメインイベントの日の出は拝めるのでしょうか?
この時期の西表島は曇り空であることが多くて、日の出や夕陽はなかなか見られないようですが・・・
3081204.jpg
お!いい感じで太陽が昇って来ました!!
3081205.jpg
おぉ~見事な日の出です。朝日がまぶしい~
3081206.jpg
幸運にも、まさに太陽1個分の雲と雲の隙間で西表島の日の出を見ることができました。
相変わらず晴れ男パワーを発揮しております。笑

この後、太陽は上の雲に隠れちゃいました。

後編は自然観察です。続く。

石垣・西表旅行記 3日目 ~最後の晩餐~

西表島ドライブを終え、今日の晩メシはどうするか考えました。
ホテルのメシも間違いなくうまいのですが、ちと飽きてきたので別のものにしよう、でもレンタカーは返してしまうので遠くへは食べにいけない。ということでスーパーで晩メシを調達するこにしました。

出張先でもよくスーパーに行くのですが、地元ならではの食材を探すのが楽しいんですよね。

まずは酒!
3070201.jpg
泡盛を買い漁りました。(笑)
3070202.jpg
スーパーで買った刺身です。
上からマグロ、たぶんウツボ、下のはわかりません。(笑)
絶品だったのがこれです。
カツオの腹皮の塩辛です。
カツオの腹皮の干物は大好物でよく食べますが、塩辛は初めてです。
この塩辛、原材料が腹皮だけに脂が乗っていてめちゃくちゃうまいのです。
ご飯がいくらでも食べられます。
変り種がこちら
3070203.jpg
スクガラスという塩辛です。
3070204.jpg
このとおり、アイゴの稚魚がビッシリと入っております。
アイゴって毒魚なんですが、なぜその稚魚なんでしょうかね?
味はだいぶクセがあります。
ネットで見てたら、冷奴の上に載せたりするといいみたいです。

ネットでも買えますので良かったらどうぞ~
というわけで、これらをつみまにして泡盛を1本空け、西表島ラストナイトはへべれけに酔っ払って終了したのでありました。

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ8 日本最南端コレクション~

西表島には日本最南端のものがいくつもあります。
端っこマニアにはたまりません!いろいろコレクションしてきました。
以前、紹介した日本最南端の温泉 
3070102.jpg
日本最南端を走るバス
 
3070101.jpg
日本最南端のバス停
このバス停のそばのスーパーでは、この日本最南端のバス停キーホルダーが売られています。
3070103.jpg
これは日本最南端のポスト・・・ではなく、最南端のバス停の前にありました。
いい感じの傾き加減でしたので!
3070104.jpg
日本最南端の信号機
波照間島には信号機はなく、ここが日本最南端の信号機になります。
島に2つしかない信号機ですが、不思議と通るたびに赤信号にひっかかります。笑
これ以外にも、日本最南端の診療所、日本最南端のトンネルなどもあったのですが、撮りはぐってしまいました。

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ7 南風見田の浜へ~

来た道を戻り、西表島の道路の南の端っこ南風見田の浜に向かいます。

この道中、カンムリワシを何度も見ることが出来ました。
3062901.jpg
頭に冠のような毛が生えているのでカンムリワシと呼ばれています。
イリオモテヤマネコ同様、たいへん貴重な生き物で、特別天然記念物です。
石垣島と西表島にあわせて200羽ほどしかいないそうです。
が、電柱や電線によくとまっているので見つけやすく、たくさんいるように感じてしまいます。
3062902.jpg
こちらは巣の材料になりそうなものを掴んでいます。これから巣作りでしょうか。

ちなみに、

具志堅用行の別名は「カンムリワシ」なんだそうです。(笑)
こんな鳥もよく見かけます。
3062903.jpg
道路をピューと走りながら横断していきます。
3062904.jpg
シロハナクイナ という留鳥です。飛ぶことはできないそうです。
昨日、カヌーに乗った仲間川を渡ります。
3062905.jpg
昨日、ミナミコメツキガニの大群を見たのはこの干潟です。
ここは一眼を持ってまた行きたいなぁ。
着きました。ここが西表島の南側の道路の端っこです。
3062906.jpg
西表島には島を一周できる道路はなく、クルマで行けるのはここまでです。
クルマをとめて、徒歩で南風見田の浜に向かいます。
3062907.jpg
初日の夜、全裸のねーちゃんが走り回っていたのがここです。汗
3062908.jpg
だいぶ遠浅で岩だらけの浜です。
こんなところで全裸で走り回って、ねーちゃん、ケガしなかったのかなぁ?汗
遥か沖に・・・
3062909.jpg
波照間島が見えました。
日本最南端の有人島です。ここにもいつかは行かなきゃなぁ。

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ6 大見謝ロードパーク~

宿に戻る途中に立ち寄ったのが大見謝ロードパークです。
3061601.jpg
ロードパークと言っても、道端に駐車場があって、遊歩道と展望台がちょっと整備されているだけの場所です。

まずは橋の下の大見謝川
水があると、つい覗いてみたくなる性でして・・・
3061602.jpg
ちょっとした急流になっています。
3061603.jpg
エビでもいないかなぁ?と思って覗いてみましたが、冬場のためか何もいませんでした。
次は展望台
3061604.jpg
だいぶ潮が引いて干潟になってますね。ここは天気良かったらキレイかも。
次は遊歩道を海岸の方に降りていきます。
3061605.jpg
木道が整備されていて、このとおりマングローブがバッチリ観察できます。
3061606.jpg
だいぶいい雰囲気です。
魚も泳いでいました。
3061607.jpg
木道の先端、河口部です。
というわけで、あまりパッとしませんでしたが、季節と天気さえ良ければ、おもしろい場所かも知れません。

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ5 日本最南端の温泉~

腹もいっぱいになり、次に向かったのは日本最南端の温泉です。
3051901.jpg
ここ西表島温泉が日本の最南端にある温泉だそうです。
端っこマニアとしては見逃せません!(笑)
3051902.jpg
看板はまだまだ引っ張ります。(笑)
3051903.jpg
パイヌマヤリゾートというリゾートの中にあります。
宿泊はもちろん、温泉だけでも利用可能です。
内湯と露天風呂がありまして、露天風呂は水着着用となっています。
3051904.jpg
手前がプール、奥が露天風呂です。
3051905.jpg
ハイ!これが日本最南端の温泉です。
湯船に入っている人がいたので看板だけ撮ってきました。
バックがシダのジャングルになっているのがなんともいい雰囲気です。
泉質はナトウリム・カルシウム硫酸温泉です。要は海水風呂という感じでした。
日本最南端の温泉の隣にあったのが・・・
3051906.jpg
日本最西端!の温泉でした。(笑)
ハイ。ここは日本の最南端と最西端の温泉に同時に入れるんですねぇ。

ここより南に波照間島、西に与那国島がありますので、そこに温泉ができたら、あっさりと最南端と最西端は返上。ということになります。汗
プールもあったので入ろうと思ったら・・・
3051907.jpg
思いっきり真水で入れませんでした。いくら南国の西表島でも2月の真水はムリです。汗
少しだけでも温泉入れてくれたらいいのになぁ。
というわけで日本の端っこコレクションがまたひとつできました。

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ4 唐変木でランチ~

1ヶ月ぶりに石垣・西表旅行記再開いたします。

昼も過ぎ、腹も減ったので、上原の唐変木というお店に入りました。
3041201.jpg
以前このお店に来たことがある会社の元上司のオススメで来てみました。
地元の食材を使った料理を食べることが出来ます。
3041202.jpg
メニューです。地元料理が並んでます。
わたしはカニ汁定食を、弟は猪チャンプル定食を頼みました。
3041203.jpg
猪チャンプル定食です。
3041204.jpg
猪チャンプルです。臓物とか猪のいろんなブイの肉が入ってておいしかったです。
カニ汁定食です。
3041205.jpg
でっかいノコギリガザミがブツ切りになって入ってます。
3041206.jpg
別名マングローブ蟹だそうです。すんごいハサミしてますね。
カニ汁はカニミソもタップリでダシがよく出ていておいしかったです。
身はバッキバキに折って余すところなくいただきました。
カニ汁完食です。
3041207.jpg
汁を飲み干すと器の底に唐変木と書いてあるのが見られます。
ホテルの食事もいいですが、やはり地元の料理を食べるのもいいですね。
わたしも弟も大満足でありました。

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ3 浦内川・白浜~

星砂海岸の次は西表島の端っこ、白浜を目指します。

その途中にあるのが浦内川です。
3031001.jpg
浦内川は昨日、カヌーに乗った仲間川と同じぐらいの西表島では大きな川です。
こちらでもカヌー、リバークルーズなどのツアーが盛んに行なわれています。
3031003.jpg
浦内川の河口部です。
3031004.jpg
やはり岸辺はマングローブです。岸だけ見るとアマゾンそのものですね。

浦内川に架かる橋のそばに展望台があります。
3031005.jpg
マングローブのジャングルが一望できます。
3031006.jpg
ここだけ見るとベトナムのメコンデルタみたいですね。
白浜地区までやってきました。
3031002.jpg
なんかこの島、形が気に入りました。
3031007.jpg
西表島は一周できる道はなく、道はここで終わりです。まさにここが端っこです。
が、この先に船浮という集落があり、そこには船でしか行くことができません。
ホントに船でしか行けない場所に人が住んでいるというのは日本でも珍しいのではないでしょうか。
そこに行くツアーもあるようです。次回は行ってみようかな。
3031008.jpg
白浜港にあった標識です。ここからまたもと来た道を反対側の端っこに向けて走ります。
帰り道・・・
なんかモニュメントらしきものがあったのですが、思わずスルーしちゃいました。
後から調べてみたら子午線モニュメントだそうで・・・
3031013.jpg
Google Earthより。

東経123度45分6.789秒がここを通っているのだそうです。
これはノーマークでした。汗
このあたりをドライブしていて気になったのがこれらの看板です。
3031009.jpg

3031010.jpg

3031011.jpg

3031012.jpg
思わず、すべての看板をコレクションしちゃいましたが、実は当初はこの看板に書かれているリゾートに泊まるつもりだったんですよね。

宿を決めるのに、西表島の情報を調べていたら、このリゾートは地元の合意のないまま着工したとかで、この看板に書かれているように環境破壊をしているとか、やたら評判が悪くて、中にはこのリゾートに泊まっている客はお断り。なんていう店やツアーもあるとかで、旅行中にそんなことでイヤな思いをしたくないので、別の宿にすることにしたんですよね。

環境保護と便利さのバランスを取るのは難しいと思いますが、何よりも環境が一番の観光資源の島ですので、それを損なうことなく、なんとかうまいことやって欲しいものですね。

続く

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ2 ピナイサーラの滝・星砂海岸~

由布島から再び牛車に乗り、西表島に戻りました。
帰りの牛車はわたしら二人だけで貸切状態でした。またまたいいタイミングです。
牛車の乗務員さんは東京から出稼ぎに来たらしいです。
このあたりって意外と人手不足みたいですね。

またレンタカーに乗って西表島の端っこを目指します。
3030801.jpg
西表島はこの通りアップダウンが結構激しいです。自転車だとかなり辛いと思います。
以前、久米島で痛い目に遭ってますので、もう絶対自転車で回ろうなんて無茶はしません。(笑)
3030802.jpg
西表島の車窓から。田んぼと山です。ホント日本の景色には見えませんね。
走っているうちに道路がやたらまっすぐのところに来ました。
3030803.jpg
ここは船浦港にかかる橋です。
3030804.jpg
この橋から海側を見れば、当然キレイな海が。
山側を見れば・・・
3030805.jpg
滝があります!ピナイサーラの滝です。
沖縄県下最大の落差70メートルあるそうです。この滝の下まで行くツアーもあります。
それにしても、手前から海、マングローブの森、ジャングル、滝、山が同時に見られる、なんともゴージャスな景色です。
これほど水量が豊富な島はここ西表島以外、あまり日本にはないんじゃないでしょうか?
次に向かったのが、星砂海岸です。西表島の最北端にある砂浜です。
3030806.jpg
こんな怪しい階段を降りていきます。
3030807.jpg
シュノーケリングしたら楽しそうなキレイな海です。
3030808.jpg
ここの砂浜はその名の通り、星砂が見られる海岸です。
砂浜を良く見ると、色が濃い部分があります。
この色が濃い砂に手のひらを押し付けると・・・
3030809.jpg
この通り、星砂がくっつきます。
拡大!!
3030810.jpg
角が取れてしまっている星砂も多いですが、キレイな星型のものも結構ありますね。
星砂はこういう形の生物の死骸なんだそうです。
星砂海岸は星砂も多いんですが、ゴミも大量に漂着しています。
3030811.jpg
中国か台湾から流れてきたんでしょうか?
怪しい中国語で書かれたタバコ(中身入り)が大量に打ち上げられてました。
なんか事件性を感じますね。汗

日本は中国や台湾、韓国の「下流」になるので、日本各地でこういうゴミが大量に漂着して問題になってます。
ホント、こういうキレイな海を外国に汚して欲しくないですよね。


つづく

石垣・西表旅行記 3日目 ~由布島 後編 ナゾのオブジェの数々~

由布島にはナゾのオブジェがたくさんありました。
3030407.jpg
水牛です。またがることもできます。
3030403.jpg
こちらは子牛でしょうか?
3030404.jpg
イノシシです。こちらもまたがり可。
3030402.jpg
イリオモテヤマネコです。
3030401.jpg
ドラゴンボートですねぇ。
3030406.jpg
こちらはマンタ
3030405.jpg
ジンベエザメです。
3030408.jpg
著作権?そんなの関係ねぇ!!
そして、一番怖かったのがこれ
3030409.jpg
蝶々です。って、これモスラですか?怖すぎます。汗


いやー このチープさ、B級さは癒されますねぇ。(笑)

石垣・西表旅行記 3日目 ~由布島 前編~

この記事、完成寸前でIEがバグって終了しちゃいました。
この持って行き場のない怒りはどこにぶつけたらいいのだろう?(怒)

って、わたしも何度このミスを繰り返すんですかねぇ。汗
さて、気を取り直して再アップします。小まめなセーブは忘れずに!!

西表島 端から端ドライブで、まず立ち寄ったのが由布島です。
3030301.jpg
由布島は西表島のすぐそばにある周囲2キロの小さな島です。
西表島から由布島まで交通手段はこれです。
3030302.jpg
水牛!!
見事なツノですね。
3030303.jpg
西表島から由布島までは遠浅の海でつながっており、この水牛が引く牛車で渡ります。
よく沖縄のCMなんかで見るのはこの牛車ですね。
20人近く乗せて引っ張っていきますのでかなりのパワーです。
3030304.jpg
わたしらが乗ったのはこの牛車です。
3030305.jpg
ちゃんと名前もついてます。牛名ゴン太くんです。
さて、由布島に向けて出発です。
由布島までは距離にして400メートルほどで10分ぐらいで到着します。

乗務員さんが『ゴン太は海に入るとすぐウ○コします。』と言ってましたが、ホントに海に入ったらすぐウ○コして、車中は大爆笑でした。さすがウ○コネタは鉄板です。
3030306.jpg
海に入ると、乗務員さんは手放し運転で三線を引き、島唄を聞かせてくれます。
なんとものんびりとしたひと時です。

乗務員さんが『ゴン太は島唄が始まるとすぐサボります。』と言ってましたが、ホントに島唄が始まるとスピードが落ちました。
ムチでペチペチお尻を叩いてお仕置きです。するとスピードが元に戻りました。
3030319.jpg
水深はこんなもんです。
干潮になると完全に干上がって砂浜になってしまいますので、満潮のときに乗ったほうが雰囲気がいいと思います。
3030307.jpg
由布島までは徒歩で渡ることもできます。
牛車は1300円ですが、徒歩で渡ると入島料300円です。
由布島で働く地元の人は歩いて渡るようです。
由布島到着前、ふと振り向くと・・・
3030320.jpg
観光バスが何台もやってきて、ツアーのお客さんがゾロゾロと降りてきました。
牛車もこのとおりピストン輸送です。早めに来て良かったなぁと思いました。

3030308.jpg
由布島には水牛の家計図もあります。
3030309.jpg
先ほどのゴン太もいました。
水牛は2歳ぐらいで牛車の調教をされ、3歳ぐらいでデビューするらしいです。

3030310.jpg
由布島は亜熱帯植物園になっており、動物も何種類かいて、ちょっとしたテーマパークのようになっています。
3030311.jpg
道は自由。ということで由布島の端から端まで歩いて見ることにしました。

3030312.jpg
道は自由。ですが、水牛が通るところもあるのでツノには気をつけなければいけません。
3030321.jpg
由布島の道はいかにも南国の島の道です。フィリピンの島の道もこんな感じだったなぁ。
3030322.jpg
さすが亜熱帯植物園だけあって木も変わってます。
3030323.jpg
由布島小中学校の跡地です。
島の端のブーゲンビレアガーデンまで来ました。
3030313.jpg
ブーゲンビレアが咲き誇っています。
いかにも南国チックでキレイですね。
由布島には動物もいます。
3030314.jpg
ヤギ、ポニー、インコ、イノシシがいました。
貝殻の博物館もあります。
3030315.jpg
ホネガイですね。これは一度生きているところを見てみたいです。
蝶々園です。
3030316.jpg
オオゴマダラが温室の中で放し飼いにされています。
3030317.jpg
オオゴマダラのサナギです。「黄金のサナギ」と呼ばれています。
本当に金ピカですね。
由布島の周りの海です。
3030318.jpg
マングローブが1本だけ生えていました。引っこ抜いて持ち帰りたくなります。(笑)
一見キレイな海ですが、水牛のウンコが流れているので泳がないほうがいいと思います。(笑)

続く

石垣・西表旅行記 3日目 ~西表島ドライブ~

石垣・西表旅行は早くも3日目。終日フリーなのは今日が最後です。。
今日は朝からレンタカーを借りて西表島の端から端までドライブします。

まずは朝メシ!
3022501.jpg
今日もホテルでいただきます。
昨日と同じく沖縄料理と手作りハンバーガーの洋食のバイキングです。
3022502.jpg
日替わりで違う沖縄料理が出てくるのがうれしいですね。
左がフーチャンプルー(麩の炒め物)、右がナーベランブシー(へちまと肉の味噌煮込み)です。
3022503.jpg
こちらはアーサー(ヒトエグサ)の天ぷらです。
3022504.jpg
今日はハンバーガーは作りませんでしたが、やっぱり朝からガッツリいっちゃいました。汗
朝食後、レンタカー会社の方に迎えに来てもらい、手続き後、大原港のあたりからドライブ出発です。
3022505.jpg
今日はホンダのライフが出てきました。
端から端まで50キロぐらいの島ですので軽四で十分です。
旅先で借りたレンタカーの写真のコレクションも増えてきましたので、そろそろブログのネタにできそうです。(笑)
3022506.jpg
由布島、星砂海岸などに立ち寄りつつ、島の端っこの白浜港を目指します。
出発してすぐに・・・
3022507.jpg
マングローブの川を発見!
やっぱり川があると覗いてしまう性です。(笑)
3022508.jpg
ハイ。見事にジャングルです。(笑)
道端にはこんな看板がいっぱい立ってます。
3022509.jpg
突然ヤマネコが出てくるかも知れないのでゆっくり走ります。
狭い島ですので急ぐ必要もありません。
ちなみに去年は3頭ぐらい轢かれて死んでしまったそうです。
3022510.jpg
花の蜜を吸っているメジロがいました。
さぁ、最初の目的地、由布島が見えてきました。

続く

石垣・西表旅行記 2日目 ~ラティーダ西表の夕食2日目~

今日は1日カヌーを漕ぐので、ホテルに戻ってから夜になって出直す気にはならないだろう。ということで事前にホテルの夕食を頼んでおきました。
やっぱりこれが大正解でありました。(笑)
3022401.jpg
本日のメニュー。今日も昨日と同じく地元の食材を生かしたコース料理になっています。
3022403.jpg
琉球ハーブ鶏のパテ・ド・カンパーニュ
3022402.jpg
西表冬瓜のポタージュ ミーバイ(ハタ)のベニエ添え
3022404.jpg
石垣牛もも肉のロティ 島大根のジャポネソース 島豚ソーセージと黒紫米のパエリア

3022405.jpg
西表黒糖のフィナンシェ いちごの生チョコ マンゴーのソルベ
というわけで今日もおいしいご飯に大満足でしたが、ちょっと飲み足らなかったので・・・
3022406.jpg
沖縄のビールと言えば、オリオンでしょ!
ということでホテルの売店でオリオンビール3種類買ってみました。
左はオリジナルのビール、右2つは発泡酒です。
左のオリオンはもちろんのこと、真ん中の麦職人も結構うまかったです。
右のサザンスターは安かったですが、ちょっとイマイチかな・・・

オリオンビールと言えば、BGMはやっぱりこれでしょ。(笑)

カヌーの心地良い疲れの中、ビール飲んでいい感じに酔っ払って眠りについたのでした。
嗚呼幸せ。

石垣・西表旅行記 2日目 ~仲間川カヌーツアー後編~

展望台でお昼を食べていたら、また鶴○真由ご一行がやってきました。
行くところはみんないっしょみたいですね。

昼食後は再び河口に向けてカヌーで出発です。
3022119.jpg
Google Earthより。写真上の部分が展望台です。右下が河口になります。
1キロほど下ったところで干潟に上陸します。
3022110.jpg
上のGoogle Earthの写真の右下の中洲です。
3022111.jpg
午前中、ボートで通ったときはまだ水面下でした。引き潮になると現われる干潟です。
アマゾンの川岸で足の付け根までハマったことがあったので、ビビりながら歩き始めたのですが、ここはしっかりとした砂なのでズブズブ潜ることはありません。(笑)

3022112.jpg
ここでは何種類かのマングローブが観察できます。
3022113.jpg
マングローブの林の中に入っていきます。
白い砂にモコモコとマングローブの根が生えてておもしろいです。
再びカヌーで川を下ります。
引き潮なので、たまにカヌーの方向を修正しながらそのまま流れに乗っていくだけなのでとてもラクです。
途中でカヌーで釣りをしている人がいました。いつか、わたしもカヌー買って釣りをしたいなぁ。

さて、ゴールの河口の橋が見えてきました。
3022114.jpg
この干潟で最後の上陸です。
この干潟ですごかったのがカニ!
3022115.jpg
水際の青いツブツブ、これすべてカニなんです!
拡大!
3022118.jpg
人が近づくとカニが砂に潜るのですが、ものすごい数のカニがいるのでザワザワザワザワ、カニが潜る音が聞こえるんです。
また、カニが食べたあとの砂が丸まって干潟に大量に落ちているのですが、これを裸足で踏むとやたら気持ちいいのです。
3022116.jpg
これが大量にいたカニの正体です。このカニはミナミコメツキガニというカニで、普通カニは横歩きですが、このカニは縦に前に歩くカニで、ピンチになるとすぐ砂に潜る特技を持っています。
やたらと、どん臭くてすぐ捕まえることができます。
3022117.jpg
こちらはヒメシオマネキです。片手のハサミがでっかいですね。
このハサミは敵に襲われて取れたりするともう片方の手が大きくなるそうです。
したがって右手が大きいシオマネキと左手が大きいシオマネキがいるのです。

いやーこういうカニも水槽で飼ってみたいですねぇ。

写真は撮れなかったのですが、川に足を浸しておくと、ドクターフィッシュのように足を突きに来るハゼもいました。

さて、カヌーツアーもラストスパート。ゴールの桟橋に向けて出発です。
ちょうど向かい風になってちょっと漕ぐのが大変でしたが、無事到着しました。
気付いてみれば時間は夕方の16時過ぎ。あっという間の1日でした。

今日も天気に恵まれ、顔や腕は真っ赤に日焼けしています。
ホテルへの帰り道、迎えに来た時と顔が違う!とガイドの方に爆笑されました。

いやーホント楽しかったです。西表島に来ることがあったらぜひまたカヌーに挑戦したいと思います。

石垣・西表旅行記 2日目 ~仲間川カヌーツアー前編~

さて、朝からガッツリ食べてしまいましたが、カヌーツアーに出発です。
ガイドの方がホテルまで迎えに来てくれました。クルマで船着場まで移動します。

出発までちょっと時間があるとのことで、町の博物館に立ち寄ってくれました。
ここには西表島の生き物の剥製がいろいろ展示しています。
イリオモテヤマネコの剥製もありました。

今日はカヌーに乗るので一眼はホテルに置いてきましたので携帯だけで撮影です。
3022101.jpg
仲間川河口の船着場。マリンレジャー金盛さんというところでお世話になりました。
ラ・ティーダと提携しているようです。

船が出るまで、船着場でしばらく待っていたのですが、なんかセレブな一行がやってきたなぁと思ったら女優の鶴田○由でした。どうやらプライベートな家族旅行だったようです。
船を1隻チャーターして一家で上流に消えていきました。

鶴田真○ご一行様のあと、ボートにカヌーを乗せて上流に向けて出発しました。
今日のカヌーツアーはわたしたち兄弟二人だけだそうです。やったぁ!貸切です!
3022102.jpg
しばらくボートで仲間川を遡って行きます。
雰囲気はかなりアマゾンに似てますね。水の色が違いますが。
3022103.jpg
うーん。流木もいい感じ。アマゾンのネグロ川を思い出しました。
まずは西表の巨木サキシマスオウノキの見学です。
3022104.jpg
板状に根が張り出すのが特徴の木です。
昔はこの板の部分を切り出して船の舵にしたそうです。
この木は樹齢400年ぐらいだそうです。関が原の戦いのころからここにあったんですねぇ。すごいです。
さらにもうちょっと遡ったところで、カヌーを水面に下ろしてカヌーの旅の始まりです。
3022105.jpg
なんともいい雰囲気です。カヌーを漕ぐ水の音と風と鳥の声しか聞こえません。
水もキレイで透き通っています。ときどき魚も泳いでいるのも見えます。
しばらく仲間川を遡ります。
このツアーはただひたすらカヌーを漕ぐだけでなく、ポイントポイントで上陸させてくれます。
3022106.jpg
ちょっとした滝に着きました。
足を川に浸けましたが、まだちょっと泳ぐには冷たかったです。
ここでUターンして河口へ向かいます。
ちょうど潮が引き始めました。引き潮に乗っていけばいいのでラクチンです。
仲間川の中流部分には展望台に登るための船着場があります。
そこにカヌーをつけて上陸、10分ほど山道を登り、展望台に到着しました。
ここでお弁当の昼食をいただきます。
3022107.jpg
この通り、見事なジャングルです。とても日本とは思えません。
しばらく眺めていると、じゃんじゃかじゃんじゃか、お客で満員の遊覧船がやってきます。
実はこの時期が一番西表島に来るツアー客が多いらしいです。
石垣島から日帰りでやってくるパックツアーの客がほとんどだそうです。
3022108.jpg
さきほど通ってきた仲間川のカーブの内側の砂浜部分です。
アマゾンでもこんな砂浜は良く見ましたね。
3022109.jpg
さて、昼食後は写真の真ん中、仲間川の河口に向けて出発です。

続く

石垣・西表旅行記 2日目 ~ラ・ティーダ西表の朝食バイキング~

やたら長くて濃かった1日目でしたので、昨夜はグッスリと眠りました。
3022001.jpg
今日も朝からいい天気です。相変わらずの晴れ男パワーを発揮しております。

さて、お待ちかねの朝食バイキングです。
ホテルの朝食も旅行の楽しみの一つなんでよすね。
昨日の夕食と同じく、ラ・ティーダ西表の本館の2階のレストランでいただきます。
3022002.jpg
こちらは和食。沖縄料理が中心です。
沖縄料理大好きなので、沖縄料理がいろいろ並んでいてうれしいです。
3022003.jpg
朝からガッツリいっちゃいました。(笑)
もうひとつが洋食コーナーです。
3022004.jpg
ふつうのパンだけでなく、丸いパンズやタコスの皮も並んでいます。
3022005.jpg
そうなんです。ここでは自分でハンバーガーやタコスを作ることができるんです。
これは面白い!もし自分がホテルやることあったら絶対パクリます。(笑)
ちなみに、ハンバーガーやタコスも沖縄の食文化なんですねぇ。
3022006.jpg
和食ガッツリのあとでしたが、ひとつ作ってみました。
あれこれ材料を挟んで作っていくのはなかなか楽しいですね。
というわけで朝から食いすぎて腹いっぱい・・・汗
食後の腹ごなしにちょっと散歩してみました。
3022007.jpg
ホテルの裏の海へ続く道です。
3022008.jpg
ちと怪しい小道を降りていきます。
すると・・・
3022009.jpg
小さいながらもビーチがありました。こじんまりしていていい感じです。
ただ、満ち潮のときはビーチはないかも。汗
このあと、カヌーを漕ぎに行くのですが、腹いっぱいで大丈夫なのか??(笑)

続く

石垣・西表旅行記 1日目 ~地元のおっちゃんと行くナイトツアー~

1日目はまだまだ終わりません。(笑)

宿泊したラ・ティーダ西表はオプションのアクティビティが充実しています。
今日は『地元のおっちゃんと行くナイトツアー』に参加してみました。

夕食後、地元のおっちゃんが迎えに来ました。
ひたすら歩いていくのかな?と思っていたら、クルマに乗って出発です。
何かいたらクルマを止めて観察させてくれるそうです。こりゃラクチンです。

まずは真っ暗なサトウキビ畑の真ん中にクルマを止めて星空を眺めます。
満天の星空を眺めるのは何年ぶりだろう。とてもキレイです。

次に天然記念物のイリオモテヤマネコを探します。

クルマでゆっくりゆっくり走りながらポイントポイントを巡っていきます。

あ!おっちゃんがクルマを止めました。
道端の杭にとまっていたのは・・・
3021901.jpg
フクロウでした。わたしは全く気付きませんでした。さすが地元のおっちゃんです。

クルマは山の方に入って行きます。
クルマを止めて山道を歩いていきます。
ハブがいるかも知れないので足元をライトで照らしながら慎重に歩きます。
3021902.jpg
大きなシダ植物がいかにも南国のジャングルの雰囲気です。
3021903.jpg
道端の川には小さなエビがピチピチと跳ねていました。
3021904.jpg
写真の真ん中に陸生のカニがいます。
山のポイントではヤマネコは発見できませんでした。
今度は海沿いのポイントへ。
ハブがいた!とおっちゃんはクルマを止めたのですが、逃げられてしまいました。
冬場はハブもじっとしていることが多いそうですが、今日は久しぶりに暖かったのでハブも道路に出てくるそうです。

ヤマネコは夜間に道路を横断していることが多いそうで、目が光るのでわかるそうです。

って、あ!前で目が光っている!!ついにヤマネコ発見か???
3021906.jpg
と思ったら、ヤギでした。残念。
南風見田の浜に来ました。
ヤマネコはカニも食べるそうで海岸にいることもあるそうです。
3021905.jpg
こんな白いカニがいました。目が長くてかわいいです。
結構どんくさくてすぐ捕まります。

このとき、この浜に先客のグループがいたのですが、おっちゃんがライトを照らすと、若いねーちゃんが奇声を発しながら全裸で海に飛び込んでいました。汗
酒かクスリかナチュラルハイなのかよくわかりませんが、こりゃちとヤバそうとおっちゃんも思ったのか、関わる前に足早に浜を立ち去ったのでありました。汗

というわけで、結局ヤマネコは見られませんでした。残念です。
もっとも、このツアーで昨年は7回しか見られなかったそうです。
また、テレビ番組の撮影なんかでも一週間島にこもって1回見られるかどうかだそうです。
島中に100頭ぐらいしかいなそうですから、ホントレアになんですねぇ。

ちなみにヤマネコそっくりなイエネコも大原地区に1匹いるそうで、おっちゃんでも間違えそうになることがあるそうです。(笑)
以前に一度だけ親子でヤマネコが出てきたこともあったそうです。それはぜひとも見てみたかったです。

ヤマネコは見られませんでしたが、おっちゃんにいろいろ島のことを聞けましたし、フクロウやカニ、夜のジャングルなんかも見れてなかなか楽しいツアーでありました。

これでようやく長い1日が終わりです。(笑)
明日は仲間川でカヌーに乗ります。

石垣・西表旅行記 1日目 ~ホテル ラ・ティーダ西表~

西表島に到着すると、ホテルの人が迎えに来てくれていました。
今回宿泊するのはラ・ティーダ西表です。
実は、当初は西表島北部のリゾートホテルにしようと思ったのですが、評判がすこぶるよろしくなく、こちらのラ・ティーダの評判がとても良かったのでラ・ティーダに決めました。

西表島は大きく分けて北部の上原地区と南部の大原地区に分かれているのですが、こちらは南部にあります。
フェリーを降りた大原港から3キロほど、クルマで5分ほどのところにある小さなリゾートホテルです。
3021801.jpg
こちらが本館です。1階がフロント、2階がレストラン、3階が客室になっています。
3021804.jpg
宿泊したのはこちらのコテージです。防風林の向こう側はすぐ海です。

3021802.jpg
コテージはとても広く、5人ぐらいでも泊まれそうなくらいです。
3021803.jpg
ちょっとアジアンテイストな内装になってます。

さて、とても評判の良い夕食の時間です!
3021805.jpg
食事は本館の2階のレストランでいただきます。眺めがとてもいいです。
3021806.jpg
本日のメニュー。地元の食材を生かしたコース料理になっています。
3021807.jpg
近海キハダマグロのタリアータ ミモザ風
3021808.jpg
じゃがいものポタージュ 琉球ハーブ鶏の低温調理添え
3021809.jpg
沖縄ロイヤルポークのロティ フォンドヴォーとキノコのソース

3021810.jpg
デザート 読谷村紅芋のプリン 西表黒糖のラスク 南国フルーツのソルベ

という感じで、ウワサどおりのおいしいディナーでありました。
3021811.jpg
レストランから夕陽もバッチリ見えました。


旅行1日目はまだまだ終わりません。(笑)

(続く)

石垣・西表旅行記 1日目 ~西表島へ~

足早に4時間ほどで石垣島を一周しまして、最後に寄ったのがMaxValuです。
3021701.jpg
まぁイオン系のスーパーですね。石垣島に4店舗あるらしいです。
わたしは旅先や出張先でスーパーを覗くのが好きなのですが、沖縄でも例外なく覗きました。WAONも使えますし、お土産屋より安く沖縄のお土産や泡盛を入手できるのがナイスです。
レンタカーを返して、レンタカー会社の送迎車で石垣港離島ターミナルまで送ってもらいました。
3021703.jpg
文字通り、石垣島から近辺の離島に向けてひっきりなしに船が出ています。
これほどまでに旅客で活気のある港は日本ではここ石垣ぐらいじゃないでしょうか?
パックツアーに含まれている西表島への乗船券をここでゲットします。
3021702.jpg
船会社はいくつもありまして西表島に行く船も何社かあるのですが、スケジュールの都合で、石垣ドリーム観光の船になりました。
桟橋に行くと、船が待ってました。


3021704.jpg
この船かな?と思ったら・・・
3021705.jpg
こちらのこんな立派な船でした。
プレミアムドリームという2階建ての大きな船です。
3021706.jpg
このとおり、双胴船(カタマラン)になっています。
3021707.jpg
こんな感じの航路で石垣港から竹富島の南を通り、小浜島と黒島、新城島の間を通り、宿に最寄の西表島の大原港に向かいます。
出港してビックリ!!
3021708.jpg
こんな新しくて立派な船に、わたしと弟の2人しか乗ってません。汗
後で、この話を西表の人にしたら、最初は「あーたまにはそんなこともありますよ」と言っていたのですが、「え゛?プレミアムドリームで二人?そりゃ聞いたことないですねー。」と驚かれました。
確かにこんな大きな船に二人だけじゃ、港から出るまでの燃料代にもなりません。
ホント申し訳ない気持ちでいっぱいです。
出港してすぐ、大型船が見えてきました。
3021709.jpg
ありゃ!先日ブログネタにした、客船にっぽん丸です。
こんなところで出会うとはびっくりしました。
にっぽん丸とはこれまで、晴海、サンフランシスコ、高知、高松で出会ってます。
何か縁のある船ですね。一度は客として乗ってみたいです。
次に見えてきたのが・・・
3021710.jpg
巡視船はてるまです。舷側の黒焦げ部分はもしや例の尖閣で?
と思ったら、尖閣の事件にもこの船は参加してましたが、直接中国船とぶつかったりはしなかったようです。
黒い部分は排気でススけているみたいですね。
出港してからずーっと海が青いままです。
3021711.jpg
竹富島のすぐそばです。
3021712.jpg
普通は港から離れると深くなって海は濃い青色になるものなのですが、この航路はずっとこんな感じです。
石垣島と西表島の間は石西礁湖と呼ばれる珊瑚礁の海域が続いているため、こんな感じで青いんですね。
つまりずっと浅いままです。ちょっと船で走るには怖い水域ですね。

40分ほどで西表島に着くと、ものすごい数のお客さんが桟橋で待ってました。
どうもツアーで来たお客さんです。このお客さんを乗せるために、でっかい船を出したようですね。

てなわけで一日がかりでようやく西表島までやってきたのでした。

続く。

石垣・西表旅行記 1日目 ~川平湾~

石垣島ドライブは反時計回りで石垣島を一周します。
次に向かったのは川平(かびら)湾です。

川平と言えば・・・やっぱり
慈英でしょ。(笑)

ということで川平湾に着く前から
いーんです!く~~~
のモノマネ連発、浮かれっぱなしのバカ兄弟でありました。
さて、くだらない前置きはこの辺で、着きました。川平湾!
3021601.jpg
うわ~めっちゃキレイです。
海外でもこんなにキレイな海はなかなか見られないですよね。
3021602.jpg
結婚式の撮影もやってました。絵になりますねぇ。いいなあ。
グラスボートに乗ってみました。
駐車場でチケットを買ったら、海岸で船が待ってます。とのことで行ってみたら・・・
3021603.jpg
出てきたのはゴンドラ1号。うーん。正直ボロくて小さいなぁ・・・汗
と思ったのも束の間・・・
3021604.jpg
出港したらこの青い海です。リーフの内側なのでほとんど揺れません。
文字通りピンポイントでサンゴの真上に船をつけて海の底を見せてくれます。
3021605.jpg
底をすることも、サンゴを傷つけることもありません。見事な腕です。
3021606.jpg
この青いサンゴは初めて見るような・・・
3021607.jpg
デバスズメの群れに混じってクマノミもいました。ハマクマノミかな?
3021608.jpg
黄色いヤガラもいました。
3021609.jpg
ウミヘビも発見。こちらだとイラブですね。

というわけで大満足のグラスボートでした。ボロ船とか言ってごめんなさい。
海から上がり、昼食です。
3021610.jpg
川平湾に隣接する公園内にある公園茶屋で沖縄そばをいただきます。
3021611.jpg
こちらが八重山そばで、
3021612.jpg
こちらがソーキそばです。
でっかいソーキがトロトロでうまかったです。
キレイな海を見て、お腹もいっぱいになって、すでに大満足なんですが、まだまだ旅は始まったばかり。
これからこの旅の本番、西表島に渡ります。

続く

石垣・西表旅行記 1日目 ~石垣島ドライブ~

羽田で預けた荷物は一番最初に出てきました。こういうときはホントJGCになって良かったとつくづく思います。

出迎えに来てくれたレンタカー会社の送迎車でレンタカー会社へ向かいます。
出迎えは女性の方が、プロ野球のロッテがキャンプやってるとか、そのキャンプの見物客狙いのネズミ捕りやっているとか、いろいろ教えてくれてうれしかったです。
3021501.jpg
旅行出発数日前にネットで調べて、Jネットレンタカー
というところで借りました。このフィットを1日借りて2800円です。安ぅ~!!

さっそく石垣島一周ドライブに出発です。
3021502.jpg
このとおりの天気です。
20度前後で暑くもなく、寒くもなく最高に気持ちいいです。
3021503.jpg
石垣島の並木道。もうずっとドライブしていたくなります。
走り出してすぐ現われたナゾの看板。
3021504.jpg
え゛?何の見学台なんでしょう?気になるので行って見ました。
3021505.jpg
!!!工事現場じゃないですか!!しかもやたら広大な!
なんなんでしょ?ここは?
3021506.jpg
ハイ。ここは新しい石垣空港の建設現場だったんですねぇ。
便利になるのはいいですが、環境破壊が起きませぬように。

わたしらと同じように気になったのか、レンタカーが2台着いてきてました。(笑)
さて、再びドライブ出発です。
3021507.jpg
お~海が見えてきました。青いですねー。
3021508.jpg
今からこの展望台に登ります。(もちろんクルマで)
3021509.jpg
王取崎の展望台です。何が見えるんでしょうか?
3021510.jpg
まずはハイビスカスが咲き誇ってました。いやー沖縄らしいですねー。
3021511.jpg
展望台からは石垣島の「くびれ」部分が見えます。空と海がキレイです。
展望台を後にし、再びドライブ。
ここからは完全に浮かれモードで、見たものをそのまま叫ぶ叫ぶ。(笑)
3021512.jpg
うまー!!
3021514.jpg
はしーー うみーー そらーー

3021513.jpg
かわーー やまーー もりーー
バカ兄弟の浮かれ沖縄旅行はまだまだ始まったばかりです。(笑)

続く

石垣・西表旅行記 1日目 ~石垣島へ~

今日はホテルを4時起きし、5時出発のホテルの空港送迎バスに乗りました。
泊まったのはこのホテルですが、ツインで8400円、ミネラルウォーター付き、空港送迎無料とサービス満点でした。

空港には5時20分ぐらいに到着しました。まだ真っ暗です。
チェックインは5時半からだそうで、10分ほど待ちました。
羽田の始動は5時半なんですね。こんな早朝の便は初めて乗ったので勉強になりました。

誰もいないラウンジでちょっと休憩したのち、石垣島行きのゲートに行くとほとんど搭乗が終わっていました。
一番前の席だったので足元も広くラクチンです。

後ろの席にどっかで見たことある派手なおばちゃんがいるなぁ。と思ったら、山田○子でした。ググって見たら石垣島でキャンプ中のロッテの応援に行くようです。

ほぼ定刻で羽田を出発しました。
離陸してすぐ日の出が見られました。なかなか幸先いいですね。

所要時間3時間半の国内最長路線なのでひたすら時間を潰します。
あまり視界が良くなく、左舷側の席なので雲しか見えなかったのですが、1時間半ほど経ったところで島が見えてきました。
3021001.jpg
鹿児島県の喜界島です。
ここからは島伝いに目的地の石垣島に向かっていきます。
奄美大島、徳之島、沖永良部島と通過し、
3021002.jpg
伊平屋島です。ここから沖縄県になります。
3021003.jpg
粟国島です。短い滑走路があります。那覇から飛行機で20分で着きます。
お、このコースはひょっとして・・・
3021004.jpg
予想通り、久米島のハテの浜が見えてきました。
以前、久米島には行ったのですが、このハテの浜には行けなかったので、いつか行ってみたいところのひとつなんですよね。
このハテの浜の隣に市橋が潜伏していたオーハ島があります。
飛行機の真下に見えたのですが、角度的に撮影できませんでした。残念。
その後、宮古島、下地島と通過し、
3021005.jpg
丸い形の多良間島を通過すると、石垣島への着陸態勢に入ります。
石垣島をぐるっと周りながら石垣空港に降りていきます。
石垣空港は滑走路が短いため、ものすごい急ブレーキで止まりました。

この日は偏西風が弱かったのか、予定よりもだいぶ早く9時45分に着いちゃいました。
ほとんど国内最長路線という割には楽勝の快適フライトでした。
3021006.jpg
タラップを降り、歩いてターミナルに向かいます。
歩いて乗り降りする飛行機は久しぶりです。

天気はめっちゃいいです。やった~!!

続く

石垣・西表旅行4日目

旅行も今日で最終日。
あっという間に最終日です。涙

今日は早起きして早朝トレッキングツアーへ。

夜明け前から山に登り、日の出を見て、自然観察をしながら山から降りてきました。

ホテルをチェックアウト後、船で石垣島へ。帰りは那覇経由で東京へ戻りました。

実家にはそのまま戻らず、門前仲町に寄り道してマイミクPONさんと魚三で一杯やってたら酔っぱらってしまい、PONさん宅に泊めていただきました。汗

明日、実家に戻ったらいろいろアップしたいと思います。コメントのお返事も滞っていてすみませんです。

石垣・西表旅行3日目

今日は朝からレンタカーを借りて西表島を端から端まで巡ってきました。
昼飯で食ったノコギリガザミがうまかったです。

楽しかった旅行も明日でついに最終日。東京は雪らしいですね。帰りたくないです。汗

石垣・西表旅行2日目

今日は朝から1日カヌーを漕いでました。

ただ、カヌーを漕ぐだけでなくポイントポイントで上陸したり、ガイドの方がいろいろと解説してくれて面白かったです。

今日もいい天気で、かなり日焼けしました。
1日カヌーを漕いでましたので全身筋肉痛です。汗

明日はレンタカー借りて西表島島内巡りをします。

石垣・西表旅行

今日はネットが使えないので携帯から更新です。

いよいよ今日から今年の初旅行『石垣・西表旅行』スタートです。

今朝は4時起きで羽田空港へ。
6時半の飛行機で石垣島に飛び立ちました。
快適なフライトで石垣島に到着、レンタカーを借りて石垣島を一周ドライブしました。

午後から西表島に渡り、先ほどナイト観察ツアーに行っていま帰ってきたところです。

正月からずっと雨だったらしいのですが、相変わらずの晴れ男パワーを発揮しまして、めっちゃいい天気になりました。
ホント暑からず寒からずのちょうどいい気候で実に過ごしやすいです。

明日はカヌーに挑戦です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

おしけん

Author:おしけん
楽天ブログから引っ越しました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
2006 マレーシア (4)
2007 北陸 (11)
2007 北海道 (13)
2007 アマゾン (58)
2008 ベトナム (15)
2008 バリ (21)
2008 タイ (17)
2008 宮崎・沖縄 (14)
2009 香港 (15)
2009 山陰 (7)
2009 北海道 (10)
2009 セブ (13)
2009 ハワイ (17)
2010 鹿児島 (14)
2010 タイ (29)
2010 北海道 (7)
2011 石垣島・西表島 (29)
2011 与那国島 (57)
2011 波照間島 (45)
2012 紀伊半島 (31)
2012 九州・四国 (35)
2012 南大東島 (74)
2012 ペルーアマゾン (149)
2013 タイ (11)
2013 ペルーアマゾン (62)
2014 粟国島 (8)
2014 伊豆・箱根 (8)
2014 福島浜通り (3)
2014 沖縄 (26)
2015 セブ (9)
2015 八重山 (14)
2015 キューバ (3)
2016 沖縄プレコ狩り (8)
2016 伊豆 (3)
2016 沖縄釣り旅行 (8)
2016 四国タナゴ釣り遠征 (9)
2016 バリ (7)
2017 中四国タナゴ釣り遠征 (9)
旅行 (200)
アマゾン (16)
四国旅行 (33)
温泉 (27)
出張 (162)
熱帯魚 (268)
日淡 (5)
水草 (115)
犬・猫 (67)
水族館・動物園 (24)
食べ物 (348)
酒・飲み物 (50)
日常 (175)
ネタ (183)
ニュース (236)
船 (319)
飛行機 (100)
鉄道 (40)
車・原チャリ (42)
クルージング (34)
海 (16)
釣り (237)
2017 タナゴ釣り (4)
天気 (111)
スポーツ (91)
カメラ・デジタル関係 (108)
toto・宝くじ (150)
アクセス記録 (80)
銅像 (12)
youtube (29)
映画・音楽 (12)
楽天 (6)
植物 (13)
模型 (37)
転職 (10)
放射能 (5)
ガーデニング (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。